❝ 月下陽香からのおしらせ ❞

  ♪:*:.:*:♪ ・らいぶ情報・ ♪:*:.:*:♪

     ❤ 2017年2月11日(土・祝)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-(選べる1ドリンク&1フード付き)
18:00 オープン  19:00 スタート
★月下陽香&井上タイキ・HAT TREAT ツーマンライブ!!

     ❤ 2016年11月6日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1500-+1ドリンク別途要

     ❤ 2016年5月22日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1000-+1ドリンク別途要

     ❤ 2015年12月25日(金)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 
「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-



  ♪:*:.:*:♪ ・CD情報・ ♪:*:.:*:♪

  ◆ ファーストシングル ・ 花いばら ◆
            2曲入り ¥500-
            2014.5.24 発売
花いばら

  ◆ セカンドアルバム ・ 生きてるからね。 ◆
            6曲+1曲入り ¥1000-
            2011.8.21 発売

いきてるからね。

※ こちらからもお買い求め頂けます。
  「お便りはこちら❤」から お名前とご連絡先をお知らせ下さい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

赤い毒に向けた牙。(転居後前半・35)

      ・・いつも応援ありがとうございます。ブログランキングに参加しております。
           今日もどうかバナーをクリックして応援して下さい。・・



「人の血は人の体でしか作り出せないんだよ。」





ふと思い出した言葉が
繰り返し
頭の中を回った。


数年前
付き合いを絶った人。


もう要らないとか

傷付けられたからとか


そういう理由では無く


大切に想うからこそ

お互いの未来に
関わり合わない方が良いと考え

一切の連絡を取る事を止めた人。



その人が言ってた言葉。


「人の血は人の体でしか作り出せないんだよ。」



私の

自傷癖を知っても

たくさんの愛を注いで
繋がり続けてくれた友人だった。












2013年から

月下陽香が

ステージの上で必ず口にして真ん中に掲げてきた

「摂食障害」

「リストカット」

「自傷」。


私にとって「摂食障害」と「自傷」は
人生のほとんどを埋め尽くすものである。


これらと共に生きた20年間と
向き合って生きる事を始めたこの10年間を経て。


摂食障害や自傷の始まりであった
小学生の頃から
現在の私に至る足跡を

2013年7月7日以来記事として書き続けて居る。


2014年7月7日より
2年目を迎え
それについても触れて居る。

【「自傷と摂食障害を晒す選択。」 (2014.7.6)】


順番に綴ってきた記事は
「かてごり。」に時代別に分けてあります。


【「1・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(小学生の私)】
   ※4つの記事があります。

【「2・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(中学生の私)】
   ※7つの記事があります。

【「3・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(高校生の私)】
   ※12の記事があります。

【「4・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(大学生の私)】
   ※17の記事があります。

【「5・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代前半の私)】
   ※61の記事があります。

【「6・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代後半頃の私)】
   ※50の記事があります。

【「7・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(30代前半頃の私)】
   ※現在執筆中。





時に過程の続きから離れて現状や想いを記しながら。

【「召された彼女と地内だ小指。」 (2014.8.19)】



過程を綴る記事は30代前半頃の私を書いている途中。

【「親も嘔吐も自傷も選んだのは己なら。」(転居後前半・34) (2014.8.23)】






摂食障害も
自傷も

治らない。


誰にも治せない。

そう思い知った。



そんな時に
出会った本には書かれていた。



“人は
 生まれる前から
 次は何を学ぶ為に
 どの親の子供になろうか
     自分で考えて決めて居る”。


そのような内容だった。


人は皆

自分の親を
自分で選んで
生まれてくるんだと。


空の上から現世を覗きながら

あのお母さんが良いなとか
お父さんはあの人が良いなとか

自分で
考えて決めて

この世に宿るらしい。


この世で

次に自分が
経験し学ぶべき課題を

クリア出来るように

それに合う環境を
自分で選んで

生まれるらしい。



本当はどうなのか
私にはわからない。


でも
その時は
それを信じたいと思った。


あの母も
父も

自分で選んだのだと。


摂食障害も
自傷も

自分で選んだ人生なのだと。


そう考えれば少し楽に思えた。


そう考える事で
自分の存在を否定する気持ちが
少し小さくなる気がした。


例え
勘違いで在っても

現状に感謝まで出来る気もした。


結局は
どうしようもない自分を
自分に都合の良い捉え方に導いて

痛みを摩り替えたり
誤魔化したりしてるだけの
インチキなのかも知れないけれど

そう考えてみた。






私は
重たいアルバムを開いた。


時代を感じる
ベルベットの赤い布の貼られた表紙の
重たいアルバム。



大阪へ越して来た時。

ほとんどの写真を捨てた。


でも。
子供の頃のアルバムは
捨てずに持ってきていた。



異常にヒステリックながらも

恐らくは
まだ母親が母親で在り

父と母と私と妹
家族4人が一緒に暮らしてた頃の
母親が作ってくれていた
アルバムだった。


生まれてから
小学校へ進学した頃までの私の写真。



ページを捲りながら思った。

心の底から恨んでる母親。

だけど。

感謝した。

このアルバムを残してくれていた事。





もう一度見直して気付いた。

一番始めのページ。


私の写真は
2ページ目から貼られていて。

その裏側に当たる1ページ目。



そこには
赤ちゃんだった頃の母親が
母親(私の祖母)に抱かれた
写真が在った。



これは
母親に返してあげないといけないのではないか。

とてもそう思った。

母の住所はわからない。

祖母の住所は
変わっていないはずだから

そこに送ってみる事にした。



その時の事を書いた記事が過去にひとつ在る。

【「赤い毒を吐き出し滴る夜を抱き締め刻まれた就縛に。」(2013.5.29)】



その写真を
アルバムから剥がそうとしたけど

長い年月が流れて
糊は固まり
写真が破れてしまいそうになった。


破れないように

私は
そのページごと
アルバムから切り離した。


1ページ目と
2ページ目は

背中合わせ。

2ページ目には
私の写真も貼り付いたまま


私の連絡先と
ありがとうの言葉を添えて

送った。




数日が流れた。


写真が届いたのか
気になって居た。



ある日
電話が鳴った。


もしかして母親かと
ドキドキした。

緊張しながら受話器を取った。


「もしもし」




「めぐみちゃん?」

直ぐにわかった。
母親の声。



ほんの一瞬に
私の頭の中では
想像と期待が膨らんでしまった。


「元気?」って。

「写真ありがとう。」って。

言ってくれると。
言われたいと。



でも。

次の瞬間

怒鳴りつけられた。



“あんな写真を送ってこられて
 私がどんなに嫌な想いをしてるか
          お前にわかるか”って。


“お前を身ごもってる時の写真なんか
       二度と見たくないのに”って。

“お前は最低だ”って。





写真が。
破れてしまわないように。

大事に大事に。
一生懸命切り離した

アルバムの1ページ。


赤ちゃんだった母親の写真の
裏側のページには


私を腹に宿して居た頃の
母親の写真が
1枚在った。




30分程
ただただ
一方的に

叱られて怒鳴られて。


それが

最後に聞いた母親の声となった


以来

そのアルバムは

紐で
固く十字に閉じられ

開けられた事が無い。




自分で選んだ母親だと
思おうとした。

今でも
そう思うように心掛けては居る。



でも
それが本当かどうかなんてわからない。


そうとでも考えなければ
やってられないから

そう思い
前を向こうとしてるだけなのかも知れない。



運命を受け入れようと
努力を始めた途端に
またどん底に落とされた。




私は
母を母だと思う事をやめた。

母だと思うから憎い。

そして恋しい。



受け入れて
関わろうとしても

傷付くだけならば

関わらない人生を選べば良い。



この人生は
この世に産まれる前から
自分で選んで居たと言うのなら

選べば良いんだろう?



もう
あの女性は
私の母ではない。

私に母は居ない。

そう決めた。






今も覚えてる。

幼い私に女が言った。

「この花には毒があるから触ったらダメ!!」



私は
ほんの数年前まで

ずっとその約束を守ってた。



・・・・・・・・・・・・・

赤い毒を吐き出し
曼珠沙華が咲いた
滴る夜を抱き締め
曼珠沙華が咲いた

れんげ畑 埋もれる笑顔
「高い高い」で 届くお日様

その手の先に 繋がれる者
青いお空と花飾り

赤い嘘を晒して
曼珠沙華が泣いた
刻まれた就縛に
曼珠沙華は泣いた

渡された鍵 消えた足音
ふたりの秘密 見届けた月

その指先が 置いてゆく者
要らなくなった食べ残し

赤い涙流して
曼珠沙華が呼んだ

我が身を裂かれ焦がれて
曼珠沙華は呼んだ

赤い涙失くして
曼珠沙華は涸れた

細い首をはねられ
曼珠沙華は枯れた

崩れ落ちるように
干かれからびてゆく

お別れの時だね
曼珠沙華は枯れた。

    『 毒 華 』 詞・曲 月下陽香

・・・・・・・・・・・・・







治療の薬を再開して

まだ今日までは
通常の半量を日に1度だけ。


明日からは

一度の量は半分だが
12時間おきの投薬となる。


副作用と拒絶反応が
どうなるかまだわからない。


どうか
動ける状態を保ちながらの治療が
続けられるように願ってる。


もう少しだけ

苦しまない生活を送りたい。





※ 申し訳ありませんがしばらくの間コメント欄の設置をお休みしております。

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*

このぶろぐ。
『 癒え待ちよすが -イエマチヨスガ- 』は
「にほんブログ村」のランキングに参加しています。

下のバナーをクリック頂けるとカウントされます。
    どうか…ぽちっと
応援をお願い致します。 ヽo(´∇` 陽)oノ


にほんブログ村

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*




関連記事
スポンサーサイト
自己紹介。

月下陽香

Author:月下陽香
「月下陽香(げっかようこう)」の
ステージネームで
オリジナル楽曲を発信しながら

創作陶芸作家としても活動中。


このブログには
私がかつて
「摂食障害」・「自傷癖」と
共存して居た頃の出来事を綴った記事も
多く置いて居ます。


私にご興味を感じて頂ける
御訪問者さまや

初めてお立ち寄り下さった方は

まずこちらをご覧頂けると
このブログが見やすくなるかと
思って居ります。

【このブログ「癒え待ちよすが」について。】 ←クリック


リンクから
月下陽香のYouTubeなども
ご覧頂けます。


よろしくお願い致します。

カテゴリ。
Twitter。
最新記事。
カレンダー。
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
きんぎょ。
QRこーど。
QRコード
月別アーカイブ。
検索。
リンク。
カウンター。
ランキング参加中。
にほんブログ村参加中。
「このブログに投票」ボタンから
ぽちっといただけるとうれしぃです♡
お便りはこちらから❤

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。