❝ 月下陽香からのおしらせ ❞

  ♪:*:.:*:♪ ・らいぶ情報・ ♪:*:.:*:♪

     ❤ 2017年2月11日(土・祝)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-(選べる1ドリンク&1フード付き)
18:00 オープン  19:00 スタート
★月下陽香&井上タイキ・HAT TREAT ツーマンライブ!!

     ❤ 2016年11月6日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1500-+1ドリンク別途要

     ❤ 2016年5月22日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1000-+1ドリンク別途要

     ❤ 2015年12月25日(金)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 
「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-



  ♪:*:.:*:♪ ・CD情報・ ♪:*:.:*:♪

  ◆ ファーストシングル ・ 花いばら ◆
            2曲入り ¥500-
            2014.5.24 発売
花いばら

  ◆ セカンドアルバム ・ 生きてるからね。 ◆
            6曲+1曲入り ¥1000-
            2011.8.21 発売

いきてるからね。

※ こちらからもお買い求め頂けます。
  「お便りはこちら❤」から お名前とご連絡先をお知らせ下さい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自傷も嘔吐も誰にも止めさせられぬだろうに。(転居後前半・33)

      ・・いつも応援ありがとうございます。ブログランキングに参加しております。
           今日もどうかバナーをクリックして応援して下さい。・・





今日は8月22日。


22日は
月命日だ。


大切でたまらない
愛おしい命が

この手の中で果てたのは


6月22日。


やっと2ヶ月。



これまでにも
命を看取って来たけれど


見送ってきた命
それぞれの
月命日を全て意識して
現在を生きて居る訳では無い。


時間の流れの中で

失った
悲しみや寂しさは

少しづつ形を変え


命日こそ

思い出し
意識しても


毎月のように
立ち止まり
痛んで在る訳では無い。




22日も

いつの日か

自然に過ぎゆく日となるのだろう。


その頃には

人生で最後の猫と
共に暮らして居るのかも知れない。




今は
まだそうではない。


やっと
2ヶ月が過ぎた事を考え


また

その2ヶ月は

心身ともに

疲れ果てた
底を這うような日々であり


私は
まだ

身動きの取れない環境で


心も体も

息切れをしながら
毎日静けさを探してる。











2013年から

月下陽香が

ステージの上で必ず口にして真ん中に掲げてきた

「摂食障害」

「リストカット」

「自傷」。


私にとって「摂食障害」と「自傷」は
人生のほとんどを埋め尽くすものである。

これらと共に生きた20年間と
向き合って生きる事を始めたこの10年間を経て。


摂食障害や自傷の始まりであった
小学生の頃から
現在の私に至る足跡を

2013年7月7日以来記事として書き続けて居る。

2014年7月7日より
2年目を迎え
6日の記事でそれについて触れて居る。

【「自傷と摂食障害を晒す選択。」 (2014.7.6)】


順番に綴ってきた記事は「かてごり。」に時代別に分けてあります。


【「1・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(小学生の私)】
   ※4つの記事があります。

【「2・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(中学生の私)】
   ※7つの記事があります。

【「3・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(高校生の私)】
   ※12の記事があります。

【「4・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(大学生の私)】
   ※17の記事があります。

【「5・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代前半の私)】
   ※61の記事があります。

【「6・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代後半頃の私)】
   ※50の記事があります。

【「7・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(30代前半頃の私)】
   ※現在執筆中。





時に
過程の続きから離れて現状や想いを記しながら。

【「召された彼女と繋いだ小指。」 (2014.8.19)】





過程を綴る記事は
30代前半頃の私を書いている途中。

【「住み付く不足と重ねた女。」 (転居後前半・31)(2014.8.13)】

【「揺らぐ不足に断ち切れぬ欲。」(転居後前半・32) (2014.8.20)】






続きをね。

少しだけ書くね。





正方形の待合室。

真ん中には観葉植物が在って。


正方形の辺に沿って
壁にもたれるように
敷き詰めた長椅子。



診察室は殺風景で広くて。
大きな窓があり明るかった。



私が
行ってみようと思った

心療内科。



ばれて入っていけば

椅子に座っていたのは男性医師。

背は低そうで
小太りで

顎には髭を蓄えて

半袖の白衣から
飛び出した腕は毛むくじゃら。


熊みたいなおじさんだった。



第一声

熊みたいな医師が私に言った。


「あなたは
  ここがどのような病院か
    わかった上で来ましたか?」



「はい」


私は答えた。



なぜ今日
ここに来たのか
医師に問われた。



摂食障害の事

自傷癖の事

2年前に
一度精神科を受診した事

その際に
診察もされずにアルコール依存者扱いされ

他の専門病院に
一方的に回され

納得できずに

通院を続けなかった事を伝えた。




医師が言った。


「なんでそんな病院に行ったの?」



「あなたはアルコール依存症ではないですよ」


この言葉を聞いた時
安心した。

わかってくれる医師に
やっと会えたと思った。


あの時

あの病院で言われた事を
鵜呑みにして
通院を続けなくて良かったと

間違って居ないと

やっと思えた。



検査の後
当面の投薬が決まった。

主に
安定剤と抗うつ剤が処方された。



私は医師に聞いた。

「治りますか?」



医師は笑顔で言った。

「大丈夫。治りますよ。」




この時は

その言葉を信じたいと思った。


20年以上も止められなかった事が
こんな薬だけで
止められる訳が無い。


心の中ではそう思ってる。

確実に
私はそう思ってる。


でも

それでも
どこかでは

信じてみたいなと思った。


そんな未来が在ったら

いいなって。




この心療内科には
しばらくは通ってみた。

嫌ではなかったから。



でも

少しの月日が過ぎて思った。

嘘つきって。

治らないじゃない。

やっぱり

摂食障害も
自傷も治らない。


病院に行ったって治らない。



誰も治してくれない。


そう思った。


もう
一生このままで朽ちるんだなって。


すごく思ってた。




続きはまた。












ここまで
ボロボロになるまで

そっとしといては
くれなかった人たちが

たくさん居るのはなぜ?



いつもそうだった。


いつもいつも。

どうか
そっとしておいて欲しいと

訴える程に

必ず誰かが
何かを起こして


私は

ひとつも癒えぬまま

無理を重ねて
くたびれて。




なぜ今それを言うの?

なぜ今
ここにそれを書くの?


悪気が
明らかに在るだろうものも在る。


そうでないものも在る。

そうでないものは更に厄介。



自己主張は
自分の場所でしてよ。

良く知らないのに
今そんな事言わないでよ。


なんでここで
そんな言い方するの?



繰り返し

繰り返し。

馬鹿みたい。


壊れたのは私だけ。

あほらしい。



ここまで壊れて

やっと

いろんな者が
そっとしといてくれて居て。


見守ってくれる
あたたかい人も居れば


責任とれずに
お気楽に
逃げてく者も居る。



そっとしといて欲しい時に

うるさく
冷たく

文字を送り続けて来た者ほど


ぼろぼろになって
それも伝え始めた途端に

放置する。


いらん事は言いまくるくせに

欲しい時に
欲しい言葉は

与えてくれない。




いろんな感情と
向き合って在るこの2ヶ月。



自分が選んでしまう
傾向も
少し理解出来た。


今後の
人間関係の断捨離も
少し見えた。




明日はまだ見えない。

明日がまだ見えないから
少し先なんてわからない。



自分が

いつ歌いたくなるのか

知りたい。


歌いたくなれて

再び
ステージに立てるのか

知りたい。






治療の為に始めた投薬。

副作用に苦しみながら
必死で我慢してたけど

どうしようもなくて


副作用軽減の為に
薬を増やせば

吹き出した
じんましん。


呼吸困難になる程に
酷いじんましんに襲われ

治療を中断。


数日
アレルギー症状を抑える治療に専念した。



今夜から
また投薬を再開する。


拒絶反応が起こる事はわかっている。


だから

副作用も
拒絶反応も

抑える為の薬も

同時投与する。


それでも
どうなるか

やってみないとわからない。



今夜は
また苦しむのか

明日は
もっと動けなくなってるのか

全くわからない。



出来れば
もう少しでいいから

楽に1日を過ごして居たい。






※ 申し訳ありませんがしばらくの間コメント欄の設置をお休みしております。

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*

このぶろぐ。
『 癒え待ちよすが -イエマチヨスガ- 』は
「にほんブログ村」のランキングに参加しています。

下のバナーをクリック頂けるとカウントされます。
    どうか…ぽちっと
応援をお願い致します。 ヽo(´∇` 陽)oノ


にほんブログ村

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*






関連記事
スポンサーサイト
自己紹介。

月下陽香

Author:月下陽香
「月下陽香(げっかようこう)」の
ステージネームで
オリジナル楽曲を発信しながら

創作陶芸作家としても活動中。


このブログには
私がかつて
「摂食障害」・「自傷癖」と
共存して居た頃の出来事を綴った記事も
多く置いて居ます。


私にご興味を感じて頂ける
御訪問者さまや

初めてお立ち寄り下さった方は

まずこちらをご覧頂けると
このブログが見やすくなるかと
思って居ります。

【このブログ「癒え待ちよすが」について。】 ←クリック


リンクから
月下陽香のYouTubeなども
ご覧頂けます。


よろしくお願い致します。

カテゴリ。
Twitter。
最新記事。
カレンダー。
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
きんぎょ。
QRこーど。
QRコード
月別アーカイブ。
検索。
リンク。
カウンター。
ランキング参加中。
にほんブログ村参加中。
「このブログに投票」ボタンから
ぽちっといただけるとうれしぃです♡
お便りはこちらから❤

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。