❝ 月下陽香からのおしらせ ❞

  ♪:*:.:*:♪ ・らいぶ情報・ ♪:*:.:*:♪

     ❤ 2017年2月11日(土・祝)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-(選べる1ドリンク&1フード付き)
18:00 オープン  19:00 スタート
★月下陽香&井上タイキ・HAT TREAT ツーマンライブ!!

     ❤ 2016年11月6日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1500-+1ドリンク別途要

     ❤ 2016年5月22日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1000-+1ドリンク別途要

     ❤ 2015年12月25日(金)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 
「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-



  ♪:*:.:*:♪ ・CD情報・ ♪:*:.:*:♪

  ◆ ファーストシングル ・ 花いばら ◆
            2曲入り ¥500-
            2014.5.24 発売
花いばら

  ◆ セカンドアルバム ・ 生きてるからね。 ◆
            6曲+1曲入り ¥1000-
            2011.8.21 発売

いきてるからね。

※ こちらからもお買い求め頂けます。
  「お便りはこちら❤」から お名前とご連絡先をお知らせ下さい。

召された彼女と繋いだ小指。

      ・・いつも応援ありがとうございます。ブログランキングに参加しております。
           今日もどうかバナーをクリックして応援して下さい。・・



17日の日曜日。

前回の記事を
更新した頃。



じんましんの原因は
これではないかと考え


治療の為の薬の副作用を
軽減する為に飲み始めた薬を
止めてみたら


副作用の
吐き気や気持ち悪さは

また酷くなったけれど

じんましんは
治まったように思ったのに。



ぽつぽつと出始めて


参ったな…って
思ってた。




記事を更新して
少し過ぎた頃。


少し治まったように感じた。


でも
そんなのは一瞬だった。



夕方には

腕の一部に出始め

首全体に
ぶつぶつと広がり


掻けば
どんどん繋がり
首が腫れ上がり

腕にも大きく広がり



脇・腹・背中・尻・足


次々に
んましんが吹き出して

掻きむしれば繋がって


これまでに
体験した事のないじんましんが
全身に吹き出して


辛くて辛くて


救急に走ろうか
真剣に悩む程に酷くなり


でも
掛かり付けの医師に診て貰いたくて


朝まで
ただただ我慢してた。




開院の30分前から
病院の前に並んだ。

息が苦しくて
立って居られなかった。


30分後に受付が開き
診察券を入れて

診療開始まで30分待ち

それから
順番が来るまで1時間待ち


やっと呼ばれて
返事をしたものの

もう歩けなくて

看護師に支えて貰い
診察室へ入り

速攻点滴。


夕方まで
病院で過ごす事となった。




一体
何が合わないのかわからない。


じんましんが治まるまで
数日は
今月から始めた治療の為の薬を止めて
アレルギーの治療を優先する事になった。


じんましんの症状が落ち着いたら

また
少しづつ

投薬を再開する。




上手くいかない。

何もかも

上手くいってない。


2014年の夏の中で

私は

置いてけ堀の縁に立ち

足首を掴まれて居る。











2013年から

月下陽香が

ステージの上で必ず口にして真ん中に掲げてきた

「摂食障害」

「リストカット」

「自傷」。


私にとって「摂食障害」と「自傷」は
人生のほとんどを埋め尽くすものである。

これらと共に生きた20年間と
向き合って生きる事を始めたこの10年間を経て。


摂食障害や自傷の始まりであった
小学生の頃から
現在の私に至る足跡を

2013年7月7日以来記事として書き続けて居る。

2014年7月7日より
2年目を迎え
6日の記事でそれについて触れて居る。

【「自傷と摂食障害を晒す選択。」 (2014.7.6)】


順番に綴ってきた記事は「かてごり。」に時代別に分けてあります。


【「1・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(小学生の私)】
   ※4つの記事があります。

【「2・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(中学生の私)】
   ※7つの記事があります。

【「3・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(高校生の私)】
   ※12の記事があります。

【「4・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(大学生の私)】
   ※17の記事があります。

【「5・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代前半の私)】
   ※61の記事があります。

【「6・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代後半頃の私)】
   ※50の記事があります。

【「7・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(30代前半頃の私)】
   ※現在執筆中。





過程を綴る記事は30代前半頃の私を書いている途中。

【「住み付く不足と重ねた女。」 (2014.8.13)】




前回までは
2回続けて現状や考えを記した。

【「苦の底を這いながら。」 (2014.8.17)】





今日も過程の続きはお休みする。






今日は彼女の誕生日。

【「彼女が召されたあの日。」 (2013.12.11)】



私に

「月のしずく」を下さった彼女は

美空ひばりさんと
同じ難病を抱えて居た。


彼女の肺は
片方はもう使えていなくて

もう片方も
少しづつ弱っていた。


10程年上だけれど
小柄で
ベビーフェイスで
そんな風には見えなくて。


親近感のとても感じる
可愛らしい女性だった。


彼女が持つと
オートハープがとても大きく見えた。


初めてお会いした時には
彼女は歌を歌って居た。


でも。

病が進行する程に
歌声は続かなくなっていった。


いつも笑顔の彼女が

ステージで泣いた。




歩く事も
彼女には大変な事なのに

簡単に甘える事もしなかった。


本当に動けなくなるまで

接客の仕事をし

自分で収入を得て生きて居た。


すごく頑張る人だった。



彼女の周りには
たくさんの人が居た。

とても愛されて居た。



きっとそれは

彼女が
たくさんの愛を与えて
生きて居たからだ。



私にも
いくつもの愛を与えて下さった。


ポストには
よく彼女からの便りが届いた。


可愛いシールや
猫模様のメモ帳なんか見付けると

いつも
手紙を添えて送って下さった。



「陽ちゃんの頑張ってる足音が
         いつも聞こえてくるよ」って。





今日は

彼女がこの世に居なくなって
2回目の誕生日。




きっと

向こうでも
たくさんの人たちに囲まれて
過ごしてるように思う。


そして

向こうでは

歌いたいだけ
歌って居ると思う。



歌って居ると思う。


キラキラした大きな瞳を
輝かせて歌ってると思う。





私には
歌えなくなってゆく悲しみがわかる。






彼女に言われた言葉を思い出す。

「もっとたくさん人を愛した方がいいよ。」


恋愛も
友人への愛も
家族への愛も。

たくさんの
愛を知って欲しいと

言ってくれた夏の日。










今年は
暑中見舞いも書けなくて

先日
大切な方々数人に送った残暑見舞いは

葉書ではなくて
花の栽培キッドになったカードにした。


花は
送る方を思い浮かべて
それぞれに選んだ。


たくさんの言葉は
まだ
今の私には添えられなかった。




“届いたよ”って
“ありがとう”って
メールを下さったり

ツイート下さったり


ご自身の大切なブログに
記事として書いて下さっていたりするのを


ひとつひとつ
受け止めながら

有難いなってとても思った。




その中で
ある方の記事を読みながら
あれ?って思った。




私には
毎日のようにブログを覗いて
その言葉に会いに行き
毎日想う
大切な女性たちが数人居て

その方はその中のひとり。



そこには

その方が
少し前に
花の栽培キッドを見付けた事が
書かれてあった。


それを見て
私に
送ってあげたいなって
思って下さっていた事や


でも
私の現状を感じて
今はそのタイミングじゃないなって
想って下さっていた事が

書かれて在った。



とてもうれしかった。


お互いに
花の種を見て
お互いを想って居た事が知れて

とてもうれしかった。





私が
残暑見舞いのカードを選んだ時

実は
とても迷った物が在った。





これ。


ちゅーって
ストローからお水を吸い上げて
背負ってるお花を育ててくれるキッド。





かわいいでしょ?


そこでは
猫ちゃんとぶたさんが売っていた。


私は
カエルさんを探した。


カエルが在ったら

私は
その方にはこれを送りたかったんだよね。


でも無くて。


その方には
“ももいろたんぽぽ”が咲くキッドを選んだ。


で。

自宅に
ぶたさんを買ってきた。





まだ芽は出ていない。

出てきたら報告するね。








心が繋がってるって
こういう事なのかなって
感じる事が出来た時

痛む気持ちが救われるね。


想う人たちの幸せを
願う自分を
呼び戻せたりするね。




昨日はね。

すごくそう思ったよ。


体はとてもしんどかったけれど

辛い時程
孤独を知ってしまうのだけど


今の私は

少し前よりも
決して孤独ではないと


思える時間が在った。






※ 申し訳ありませんがしばらくの間コメント欄の設置をお休みしております。

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*

このぶろぐ。
『 癒え待ちよすが -イエマチヨスガ- 』は
「にほんブログ村」のランキングに参加しています。

下のバナーをクリック頂けるとカウントされます。
    どうか…ぽちっと
応援をお願い致します。 ヽo(´∇` 陽)oノ


にほんブログ村

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*






関連記事
スポンサーサイト
自己紹介。

月下陽香

Author:月下陽香
「月下陽香(げっかようこう)」の
ステージネームで
オリジナル楽曲を発信しながら

創作陶芸作家としても活動中。


このブログには
私がかつて
「摂食障害」・「自傷癖」と
共存して居た頃の出来事を綴った記事も
多く置いて居ます。


私にご興味を感じて頂ける
御訪問者さまや

初めてお立ち寄り下さった方は

まずこちらをご覧頂けると
このブログが見やすくなるかと
思って居ります。

【このブログ「癒え待ちよすが」について。】 ←クリック


リンクから
月下陽香のYouTubeなども
ご覧頂けます。


よろしくお願い致します。

カテゴリ。
Twitter。
最新記事。
カレンダー。
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
きんぎょ。
QRこーど。
QRコード
月別アーカイブ。
検索。
リンク。
カウンター。
ランキング参加中。
にほんブログ村参加中。
「このブログに投票」ボタンから
ぽちっといただけるとうれしぃです♡
お便りはこちらから❤

名前:
メール:
件名:
本文: