❝ 月下陽香からのおしらせ ❞

  ♪:*:.:*:♪ ・らいぶ情報・ ♪:*:.:*:♪

     ❤ 2018年2月3日(土)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-(選べる1ドリンク&1フード付き)
17:00 オープン  18:00 スタート
★月下陽香イキザマ晒し劇場【 千秋楽 】・(活動休止前イベント)
出演:月下陽香 / えんちゃん / HATTREAT

     ❤ 2017年2月11日(土・祝)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 
「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-(選べる1ドリンク&1フード付き)
18:00 オープン  19:00 スタート
★月下陽香&井上タイキ・HAT TREAT ツーマンライブ!!



  ♪:*:.:*:♪ ・CD情報・ ♪:*:.:*:♪

  ◆ ファーストシングル ・ 花いばら ◆
            2曲入り ¥500-
            2014.5.24 発売
花いばら

  ◆ セカンドアルバム ・ 生きてるからね。 ◆
            6曲+1曲入り ¥1000-
            2011.8.21 発売

いきてるからね。

※ こちらからもお買い求め頂けます。
  「お便りはこちら❤」から お名前とご連絡先をお知らせ下さい。

住み付く不足と重ねた女。(転居後前半・31)

      ・・いつも応援ありがとうございます。ブログランキングに参加しております。
           今日もどうかバナーをクリックして応援して下さい。・・



副作用がきつすぎて

8月は
まだ1日も
思うように動けて居ない。


普通に1日を過ごす事が出来ない。


毎日

気持ち悪さや吐き気や頭痛
だるさや眠気や

苛立ちや落ち込みが

とても激しくて

メールひとつまともに出来ない。

仕事も遅れている。


このままでは
治療も続けられると思えないし
仕事も失ってしまう。


副作用を軽減する薬を処方して貰い
昨日から飲み始めた。

が。

昨日は
その薬が合わなかったのか

とても辛くて
夜には酷く鬱に落ちた。




今日。

やっと少しだけ楽な気がする。

今の所
吐き気に襲われていない。


吐き気に襲われずに
午前中を過ごせるのは

今月は今日が初めて。

13日振りだ。


この状態が続いてくれたらいいな…


そうしたら
少し位出掛ける事も
出来るだろうに。












2013年から

月下陽香が

ステージの上で必ず口にして真ん中に掲げてきた

「摂食障害」

「リストカット」

「自傷」。


私にとって「摂食障害」と「自傷」は
人生のほとんどを埋め尽くすものである。

これらと共に生きた20年間と
向き合って生きる事を始めたこの10年間を経て。


摂食障害や自傷の始まりであった
小学生の頃から
現在の私に至る足跡を

2013年7月7日以来記事として書き続けて居る。

2014年7月7日より
2年目を迎え
6日の記事でそれについて触れて居る。

【「自傷と摂食障害を晒す選択。」 (2014.7.6)】


順番に綴ってきた記事は「かてごり。」に時代別に分けてあります。


【「1・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(小学生の私)】
   ※4つの記事があります。

【「2・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(中学生の私)】
   ※7つの記事があります。

【「3・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(高校生の私)】
   ※12の記事があります。

【「4・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(大学生の私)】
   ※17の記事があります。

【「5・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代前半の私)】
   ※61の記事があります。

【「6・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代後半頃の私)】
   ※50の記事があります。

【「7・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(30代前半頃の私)】
   ※現在執筆中。




日々の想いも綴りながら・・・。

【「吐き気と鬱と灰色の空。」 (2014.8.10】


過程を綴る記事は30代前半頃の私を書いている途中。

【「偽りが呼ぶ嘔吐と自傷。」 (2014.8.11)】



続きを書いておこう。




歌声を失くして

音楽から離れて


空いた穴に詰め込んだ
うつわ作り。


でも

心に空いた大きな穴が
埋まる事は無かった。



それでもうつわを作り続けた。


摂食障害も
自傷癖も
相変わらず共存しながら

持病の通院治療はきちんと続けていた。




陶芸教室に行けば
講師と話す。

病院に行けば
看護師や医師と話をする。


大阪に越してくる前からの付き合いの友人は
時々会いに来てくれて
会えばいろいろな話をする。

夜になれば
主人が帰宅するから話が出来る。


でも

改めて考えてみれば

大阪に来てから出来た友人
という存在が自分には居ない。


近所を歩いても
知らない人ばかり。

それはとても気楽だけれど
とても心細い。


歌えなくなった事への

痛みや
苛立ちを

言える人も居ない。


父と過ごす時間を
頑張って作ってみても

本当は
それがとても苦痛である事を

言える人も居ない。



何をして居ても

自分は
常に

不足していると
感じた。


不足は

これまでにも感じてきた事だけれど

今までと
感じ方がどこか違って居た。




主人は
いつも
とても穏やかで

私を束縛する事もなければ
何かを押し付ける事もない。

私がやりたい事に
反対する事もしないし

やる事に何か言う事もない。


仕事もまだ出来ないけれど

働かなくても

私は
通院も生活も出来て
習い事にも行けている。


摂食障害も
自傷癖も抱えた女が
嫁に貰って頂いている。

恵まれて居ると思う。


だけど。

ちっとも満足しない。



もしかしたら
主人よりも
私をしあわせに出来る人が居るんじゃないか…

なんて考えも
頭の中には生まれて居た。

主人よりも良い人が現れたら
乗り換えれば良い。

そんな考えも浮かんだ。


そう考える時は
母の顔が浮かんだ。


母も
もしかしたら

ずっと
そう思ってたんじゃないのかな…


同棲して居た恋人を
一方的に捨てて
父と一緒になり

中絶の後
私と妹を産み

父を一方的に捨て

私のバイト先の上司と一緒になり
妹を連れて消えた母。


母も

どこにも満足が無くて

探して
生きて居たのかも知れない。

そんな事を思った。





大阪での生活。


始めの1年は
当時「死に場所」と決めたステージに
向かって生きた。


家族の自死に直面し
生きる事を決意し

次の1年は
治療に専念したが

歌声を失った。


3年目の春を迎えながら

心に感じて居たのは

大きな不足。



当時の私は
この不足が一体何なのか
まだ気付けないで居た。


足りないのは
与えてくれる人が
居ないからだと考えて居た。


満足出来ないのは

環境のせいだと思ってた。



違う。

不足は自分が作り出してるんだ。

でも
当時はそうは思えなかった。





体は少し動けるようになってきていた。

働く事を考え始めた。


外に出れば
知り合いも出来るだろう。

良い出会いだって
あるかも知れない。

近くで働けば
この土地の事も知れるだろう。


自分の稼ぎも欲しかった。

自分は
「社会」の中に居ないように感じて居たから
何かしたいと思った。


毎日フルで働ける程の
体調では全くないけれど

週に数日
数時間のパートくらいなら
出来るんじゃないかと考え始めた。




続きはまた。





先日

ギタリストさんが届けてくれた花には

このクマがくっついてた。



3週間。

彼の音を聴いて居ない。
歌の練習をして居ない。


少しだけ
心は

「歌ってみようかな」と

時々思うようになった。


心が
もう少し
今より歌いたくなって

体が
もう少し楽になったら

彼のギターで
また歌えたらと思う。






数年前から
呼吸器の疾患が見付かっては居た。


でも
軽い投薬で
十分に維持できる範囲だった。


昨年夏
悪化が見られ薬を変えた。

将来的に
酸素ボンベを引き摺っての生活になる可能性も
高いと言われていた。


医師からは
専門的な治療と禁煙を勧められたが

この時は私は

“今は無理だと思う”

と答えた。



1年前の夏と言えば

私は
大切な命が急変して以来

いつ何が起きるかわからない
張り詰めた毎日を送って居て


私には
最優先すべき事は
猫を守る為の生活であり

また

これ以上にストレスを抱えたなら
私の心が壊れると感じたから

治療も禁煙も先延ばしにした。



ぽんちゃんが亡くなる前の2ヶ月は
全ての治療も投薬も止まった。


その後
通院を再開したものの

自分でも驚いた速さで悪化して
治療が始まった。


禁煙も考えたけれど
薬の副作用で
毎日はろくに動けない生活となり


とても苦しかったが

ひとつだけ良かった事は

その余りにも大きな副作用による不調は
タバコも受け付けない程の苦痛だった為

我慢したり
吸いたい感情に襲われる事もなく

タバコが吸えなくなった事だった。


苦労せずに
禁煙は出来たのかも知れない。



あとは
副作用が
このまま落ち着いてあってくれればと願ってる。




※ 申し訳ありませんがしばらくの間コメント欄の設置をお休みしております。

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*

このぶろぐ。
『 癒え待ちよすが -イエマチヨスガ- 』は
「にほんブログ村」のランキングに参加しています。

下のバナーをクリック頂けるとカウントされます。
    どうか…ぽちっと
応援をお願い致します。 ヽo(´∇` 陽)oノ


にほんブログ村

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*





関連記事
スポンサーサイト
自己紹介。

月下陽香

Author:月下陽香
「月下陽香(げっかようこう)」の
ステージネームで
オリジナル楽曲を発信しながら

創作陶芸作家としても活動中。


このブログには
私がかつて
「摂食障害」・「自傷癖」と
共存して居た頃の出来事を綴った記事も
多く置いて居ます。


私にご興味を感じて頂ける
御訪問者さまや

初めてお立ち寄り下さった方は

まずこちらをご覧頂けると
このブログが見やすくなるかと
思って居ります。

【このブログ「癒え待ちよすが」について。】 ←クリック


リンクから
月下陽香のYouTubeなども
ご覧頂けます。


よろしくお願い致します。

カテゴリ。
Twitter。
最新記事。
カレンダー。
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
きんぎょ。
QRこーど。
QRコード
月別アーカイブ。
検索。
リンク。
カウンター。
お便りはこちらから❤

名前:
メール:
件名:
本文:

ランキング参加中。
にほんブログ村参加中。
「このブログに投票」ボタンから
ぽちっといただけるとうれしぃです♡