❝ 月下陽香からのおしらせ ❞

  ♪:*:.:*:♪ ・らいぶ情報・ ♪:*:.:*:♪

     ❤ 2017年2月11日(土・祝)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-(選べる1ドリンク&1フード付き)
18:00 オープン  19:00 スタート
★月下陽香&井上タイキ・HAT TREAT ツーマンライブ!!

     ❤ 2016年11月6日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1500-+1ドリンク別途要

     ❤ 2016年5月22日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1000-+1ドリンク別途要

     ❤ 2015年12月25日(金)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 
「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-



  ♪:*:.:*:♪ ・CD情報・ ♪:*:.:*:♪

  ◆ ファーストシングル ・ 花いばら ◆
            2曲入り ¥500-
            2014.5.24 発売
花いばら

  ◆ セカンドアルバム ・ 生きてるからね。 ◆
            6曲+1曲入り ¥1000-
            2011.8.21 発売

いきてるからね。

※ こちらからもお買い求め頂けます。
  「お便りはこちら❤」から お名前とご連絡先をお知らせ下さい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

偽りが呼ぶ嘔吐と自傷。(転居後前半・30)

      ・・いつも応援ありがとうございます。ブログランキングに参加しております。
           今日もどうかバナーをクリックして応援して下さい。・・



台風が過ぎ去り

青空が見えた今日。



朝から通院だった。


お盆休み前の病院は
いつも以上の混み様だった。


朝9時過ぎ病院に到着し

診察や検査が終わり
処方箋を受け取ったのは


午後3時。



持病の悪化と
新たな疾患。


投薬による治療を始めたものの
副作用がとてもきつくて

仕事も思うように出来ないし
生活も全くまともに出来て居ない。


毎日毎日
座っているのも難しい程の
気持ち悪さと
だるさで

落ち込みも激しく

これが
この先も続くなら

治療を続けられると思えないので

今日はその相談もしてきた。


治療の為の薬は
止める事が出来ない。


副作用を軽減する為の薬を
いくつか出して貰った。



少しは楽になれるかな…


今のままの状態が続くと

本当に
何も出来ないから


何の為に
通院治療を選んでるかわからない。


副作用の苦痛が
減ってくれる事を物凄く願ってる。











2013年から

月下陽香が

ステージの上で必ず口にして真ん中に掲げてきた

「摂食障害」

「リストカット」

「自傷」。


私にとって「摂食障害」と「自傷」は
人生のほとんどを埋め尽くすものである。

これらと共に生きた20年間と
向き合って生きる事を始めたこの10年間を経て。


摂食障害や自傷の始まりであった
小学生の頃から
現在の私に至る足跡を

2013年7月7日以来記事として書き続けて居る。

2014年7月7日より
2年目を迎え
6日の記事でそれについて触れて居る。

【「自傷と摂食障害を晒す選択。」 (2014.7.6)】


順番に綴ってきた記事は「かてごり。」に時代別に分けてあります。


【「1・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(小学生の私)】
   ※4つの記事があります。

【「2・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(中学生の私)】
   ※7つの記事があります。

【「3・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(高校生の私)】
   ※12の記事があります。

【「4・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(大学生の私)】
   ※17の記事があります。

【「5・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代前半の私)】
   ※61の記事があります。

【「6・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代後半頃の私)】
   ※50の記事があります。

【「7・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(30代前半頃の私)】
   ※現在執筆中。






日々の想いも綴りながら・・・。

【「吐き気と鬱と灰色の空。」 (2014.8.10】




過程を綴る記事は30代前半頃の私を書いている途中。

【「刃に刃を向けた自死の結末。」 (2014.7.31)】

【「苦しまぬ明日は無く。」 (2014.8.7)】

【「鳴けぬ屍。」 (2014.8.8)】







私は歌えなくなった。

歌声を失くしてしまった。



心に空いた真っ黒な大きな穴。



何かを詰め込まなくては

生きて在る事が苦し過ぎる。




私は
陶芸にのめり込み
その穴を
創作で埋めようとして居た。


一生懸命学び
たくさんのうつわを作っていった。

作る程に上達した。
楽しくもなった。


でも

穴は埋まらない。



ぽっかりと空いた穴は

「歌」であり

「うつわ」ではない。



形の違うピースを
無理矢理ねじ込んでも

パズルが埋まる訳がない。




歌いたい。

歌いたい。

心は叫ぶ。

心の耳を塞ぐ。




歌ってる人が
憎たらしくて
たまらなかった。


音楽関係の知り合いとも
距離を置いた。



歌えなくなった事を
知られたくなかった。

歌えなくなった事は
誰にも言いたくなかった。



私は

私の意志で
今は
歌ではなく
陶芸を学ぶ為の時間を優先しているように

見せて居た。



そう見せる程に
食べられなくなった。


せっかくうつわを仕上げても
そこに何かを盛り付けて
食べようとは思えなかった。






体は
治療を続けながら

月に1度位は
友達と会ったりも出来るようになってきた。



大阪に越してくる前からの
僅かな友人たちが
時々
大阪まで来てくれて共に過ごした。



ある日。


真夏のミナミは
人が多くて
とても暑くて。



友人とふたり
夕食時まで
カラオケボックスに入る事にした。


歌う為というより
涼んで時間を潰す為。


いろいろと話し込んでいたが
友人が歌い始めた。

私は歌わなかった。


自分ばかり歌うのが
申し訳なく思う友人は
私も歌うように声を掛けてくれる。


でも

私は

人前で歌いたくなんかない。



友人は
全く悪くは無いのだが

私には非常に迷惑だ。


“今日は喉の調子が悪いから”

とか言って
一生懸命断るのだけれど


1曲でいいから
何か歌ってくれと

友人は繰り返す。



どうしようもなく
1曲
小声で呟くような静かな曲を入れた。


曲が流れ出し
歌い始めた。


何とかして
歌わなければと
必死で頑張った。



でも。

歌声にならなかった。



聴かれたくなかった。

今の自分の

歌にならない歌声を

聴かれたくなかった。




曲が終わって。


友人が言った。


ものすごく
ものすごく
申し訳ない表情で言った。


「ごめん・・・」




とても苦しかった。
悔しかった。


友人とは
夕食をとり別れたが

帰宅後も
その痛みは消えなかった。

帰宅してすぐに行ったのは

嘔吐だった。






歌えなくなって。

それでも
生きて居なければいけなくて。



治療を続けながら

うつわを作りながら。


父と
出来るだけ連絡を取るようにして居た。



私と父の関係は良くは無い。

このままではいけないような気がした。


これまでの距離や空白を
埋める努力を
一度してみようと考え始めた。



時々電話をかけて
長電話に付き合ったり

泊りに来ないかと誘ってみたり。




父はとても喜んだ。


喜ぶ父を見て

私は
自分がして居る事が
とても良い事なんだと
自分に言い聞かせた。


私が今して居る事は
良い事で正しい事だと。



だけど。

その正しいだろう事をする度に
切りたくなった。

しばらく減って居た自傷が
再び始まった。





父との長電話は
ほとんどが愚痴と悪口だった。


出て行った

母と妹


自分の家族や

職場の人間

近所付き合い


父の口からは

とにかく
愚痴と
悪口ばかりが吹き出した。



私は

それをただただ聞いた。

もう
嫌で嫌で仕方ないのに

聞き続けた。



父が泊りに来れば

寝床も
食事も
用意して出迎えた。



朝の早い主人が眠った後も

深夜まで
つまみを出し
酒を出し

飲んだ後は食事を出し


その間も
話を聞き続け

ベロベロに酔っぱらった父が眠るまで

どんなに辛くても
しんどくても

耐えて付き合った。



酔っぱらった父は

私を
出て行った母と間違えたりする。

私に

「お母さん」(父は私の母をそう呼んでいた)と
呼んだりする。


父と会う度に

私は

苛立ち

傷付き

疲れてゆく。


それでも頑張った。



これが正しい事だと
自分に言い聞かせて

頑張った。



頑張って

頑張って

我慢した。


我慢しなくてはいけないと思ってた。

何年も。



2年程前に
父と距離を置く事を決めるまで。
ずっと我慢をしてた。





続きはまた。






これは

先日
ギタリストさんが送ってくれた

写メールの写真のひとつ。

余りにも可愛くて
気に入って。

見て見てって
言いたくて。


ひとつだけね。

見せちゃう。



こうして
あんまり記事やTwitterに載せると
恥ずかしいって彼は言うから
ひとつだけ。


赤い寝そべったダルマさんは
私がプレゼントした物。

お風呂に見立てたうつわは
うつわ展でお買い上げ下さった物。


うつわの外の
はなかっぱくんは
私があげたガチャガチャ。

(私がはなかっぱに出て来る“ももかっぱ”に似てるって言われた事があるから。。)


彼の描くクマさんとの
コラボした「ごくらく温泉」



彼はやっぱりすごいなって思った。

いつも思うんだ。
すごいなって。


ムカつく事も在る。

なんで?って思う事も在る。

わからない事も在る。


でも。やぱり思う。
すごいなって。


そして思う。

私は
彼と出会えていなかったら
今こうして生きて居ないんだろうなって。


彼は

神様が引き合わせて下さった
ギタリストであり
友人であり
親であり
人間なんだと思う。





そして。

今夜も彼は花を届けてくれた。






※ 申し訳ありませんがしばらくの間コメント欄の設置をお休みしております。

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*

このぶろぐ。
『 癒え待ちよすが -イエマチヨスガ- 』は
「にほんブログ村」のランキングに参加しています。

下のバナーをクリック頂けるとカウントされます。
    どうか…ぽちっと
応援をお願い致します。 ヽo(´∇` 陽)oノ


にほんブログ村

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*




関連記事
スポンサーサイト
自己紹介。

月下陽香

Author:月下陽香
「月下陽香(げっかようこう)」の
ステージネームで
オリジナル楽曲を発信しながら

創作陶芸作家としても活動中。


このブログには
私がかつて
「摂食障害」・「自傷癖」と
共存して居た頃の出来事を綴った記事も
多く置いて居ます。


私にご興味を感じて頂ける
御訪問者さまや

初めてお立ち寄り下さった方は

まずこちらをご覧頂けると
このブログが見やすくなるかと
思って居ります。

【このブログ「癒え待ちよすが」について。】 ←クリック


リンクから
月下陽香のYouTubeなども
ご覧頂けます。


よろしくお願い致します。

カテゴリ。
Twitter。
最新記事。
カレンダー。
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
きんぎょ。
QRこーど。
QRコード
月別アーカイブ。
検索。
リンク。
カウンター。
ランキング参加中。
にほんブログ村参加中。
「このブログに投票」ボタンから
ぽちっといただけるとうれしぃです♡
お便りはこちらから❤

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。