❝ 月下陽香からのおしらせ ❞

  ♪:*:.:*:♪ ・らいぶ情報・ ♪:*:.:*:♪

     ❤ 2017年2月11日(土・祝)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-(選べる1ドリンク&1フード付き)
18:00 オープン  19:00 スタート
★月下陽香&井上タイキ・HAT TREAT ツーマンライブ!!

     ❤ 2016年11月6日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1500-+1ドリンク別途要

     ❤ 2016年5月22日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1000-+1ドリンク別途要

     ❤ 2015年12月25日(金)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 
「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-



  ♪:*:.:*:♪ ・CD情報・ ♪:*:.:*:♪

  ◆ ファーストシングル ・ 花いばら ◆
            2曲入り ¥500-
            2014.5.24 発売
花いばら

  ◆ セカンドアルバム ・ 生きてるからね。 ◆
            6曲+1曲入り ¥1000-
            2011.8.21 発売

いきてるからね。

※ こちらからもお買い求め頂けます。
  「お便りはこちら❤」から お名前とご連絡先をお知らせ下さい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

苦しまぬ明日は無く。(転居後前半・28)

      ・・いつも応援ありがとうございます。ブログランキングに参加しております。
           今日もどうかバナーをクリックして応援して下さい。・・





窓際の
観葉植物には

小さな
小さな

新しい葉が生まれてた。




私は

今日も副作用に苦しんで居る。


吐き気止めを貰ってきて
少しは楽になったけれど

いつも通りに

働いて
生活が出来るようになるには
まだまだ遠い状態。


こうして記事を書きこむ事も

めちゃくちゃな
苦労をしなければ出来ない。

溜息ばかり。。


心が
文字を生み出す事に

こんなにも
苦労する事は少ない。


それでも

記憶をまた少し
書いておかなくてはと思った。













2013年から

月下陽香が

ステージの上で必ず口にして真ん中に掲げてきた

「摂食障害」

「リストカット」

「自傷」。


私にとって「摂食障害」と「自傷」は
人生のほとんどを埋め尽くすものである。

これらと共に生きた20年間と
向き合って生きる事を始めたこの10年間を経て。


摂食障害や自傷の始まりであった
小学生の頃から
現在の私に至る足跡を

2013年7月7日以来記事として書き続けて居る。

2014年7月7日より
2年目を迎え
6日の記事でそれについて触れて居る。

【「自傷と摂食障害を晒す選択。」 (2014.7.6)】


順番に綴ってきた記事は「かてごり。」に時代別に分けてあります。


【「1・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(小学生の私)】
   ※4つの記事があります。

【「2・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(中学生の私)】
   ※7つの記事があります。

【「3・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(高校生の私)】
   ※12の記事があります。

【「4・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(大学生の私)】
   ※17の記事があります。

【「5・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代前半の私)】
   ※61の記事があります。

【「6・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代後半頃の私)】
   ※50の記事があります。

【「7・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(30代前半頃の私)】
   ※現在執筆中。





前回までの数回は
過程の続きの記事をお休みして
日々の想いを綴って居る。

【「傷む体と割けた心。」 (2014.8.6)】





過程を綴る記事は30代前半頃の私を書いている途中。

【「刃に刃を向けた自死の結末。」 (2014.7.31)】




摂食障害と自傷を覚えた
小学生の頃からを
順番に記してきた記事は



30歳頃の私の生活を
記憶を掘り起し綴って居る。


結婚をし
知らない土地で始まった
新しい生活で


精神科での治療を試みたものの
納得出来ず通院を止め


約1年後のイベント出演を叶えたら
終えてしまおうと

死に向かって生き始めた途端に

自傷にも
嘔吐にも
罪悪感は薄れ

その日を待ちわびる私は

比較的
安定を保って在るように思えて居た。


その日が約2週間後となった時

直面した家族の自死。


見せ付けられた現実に
私は自死を選べなくなった。

生きる事を決めた。


親に自死された遺族となった私たちに
世間は汚かった。


自分たちの浅さも思い知った。

記事は

その時に体験した出来事を
書き終えたところだ。






自死により起きる出来事に
費やした数ヶ月。


やっと
いつもの生活を取り戻し始めたように思えた。

それは一見平和なようにも思えた。


でも

「自殺」と言う言葉には
神経をつかった。

禁句のようだった。


テレビのニュースやドラマを観ていても

「自殺」

と言う言葉が聞こえると
話を変えたりしてた。




この日まで生きれたら
終えて良いと決めて
目指していたステージは

生きる事を
自ら止めてはいけないと

思い
立つステージとなったものの


行き先が180度変わってしまった事に

私は
私の心をまだ整理しきれては居なかった。


でも
1年間引き延ばした手術を
受けようと考えた。




私の顎には腫瘍が在る。

将来的に悪性となり
顔も歌も失う事にもなり兼ねない。

改めて検査を受け説明を受けた。


1年以上放置したのは私だ。

とても悪化している事も

今から治療しても
元には戻らないだろう事も理解した。

他の疾患も在る。

顎の治療だけをすれば良い訳では無い。

一度に取りきる事は
私にはとても大きな負担となる。


話し合った結果
数回に分けて除去する事となった。



術日を決めた時。

なぜ話したんだろう。

カウンセラーでもなく
精神科医でも無いのに。


私は医師に
摂食障害である事を告げた。


返ってきた医師の声は
とても穏やかだった。


静かな口調で

これからの治療には
体力がとても必要な事を説明し

術後の回復を早める為にも
ちゃんと食べる事を
意識して欲しいと言った。


そんな言葉で
摂食障害が
治る訳がないのだけれど

この時の言葉は

違和感なく
胸に入って来たように感じた。



私は
半年を掛けて
順番に
顎の腫瘍を取り除いた。
とても疲れる繰り返しだった。


その半年間は
他の疾患の
ケアもしながら過ごして居たけれど

なかなか良くはならなかった。

体が楽になるようには
全く感じられなかった。

いつもとてもしんどかった。



日々
発声は
とても難しく感じるようになっていった。

滑舌もとても悪くなった。

物を口に入れて
噛む事も大変になった。

噛み千切る事も
固い物を噛み砕く事も出来ない。


自分が考えて居たよりも
酷い状況だった。

次第に慣れてくると言われたが
とても不安だった。




10年間
所属していたバンドを解散し

まだ
大阪に知り合いもおらず
音楽活動は当たり前に止まって居た。


メンバーを探して
またバンドをしたい気持ちは在ったが

顎の治療が終わるまでは待とうと
考えていたけど。


今の私に何が出来るんだろうと思った。






経過の中で

好きな歌を口ずさむと

そこには
“ボーカリスト”としての歌声が無かった。

話す”声“は出ても

治療が進む程に
歌う”声“が出なくなった。


どんなに振り絞って
頑張っても
歌えない。


ならば
軽く鼻歌を歌ってみたが
それでも1曲も歌えない。


その後
何回も試してみたが

私は歌が歌えなくなって居た。

歌声を失った。


それは
私にとって

とても苦しくてたまらない年月の始まりだった。



続きはまた。











台風が近付いてる。


週末には
大阪に来て以来
毎年楽しみにしてるイベントが在る。


いつも
同じメンバーで集まる事になっている。

とは言え

体調や
猫の看護で

私が一番出席率が悪い。


今年は
もう時間を気にしなくても
大丈夫になったんだから

何とか動けたなら
少しだけ出掛けたいけれど


体調も
お天気も

どうなるかわからないね。





友人のお誕生日が近付いてる。

体調が良ければ
買い物に出掛けて

いろいろと見て
探したかったんだけど


それも難しくなってしまったから

お気に入りのブランドのアクセサリーを
ネットで購入した。


プレゼントだから

何を選んだかは
ここには書かないけれど。。


その時に

ひとつ
自分にも買ってしまった。





ひとつひとつ
手作りされている
ここのアクセサリーは

見て居て

いつも心が和むから


今の自分にも
ひとつ
プレゼントした。

大きめのピアス。




お洒落して
出掛けられる
体と心に

早く

なれたらいいのにな。




今夜も早く眠ろう。






※ 申し訳ありませんがしばらくの間コメント欄の設置をお休みしております。

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*

このぶろぐ。
『 癒え待ちよすが -イエマチヨスガ- 』は
「にほんブログ村」のランキングに参加しています。

下のバナーをクリック頂けるとカウントされます。
    どうか…ぽちっと
応援をお願い致します。 ヽo(´∇` 陽)oノ


にほんブログ村

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*





関連記事
スポンサーサイト
自己紹介。

月下陽香

Author:月下陽香
「月下陽香(げっかようこう)」の
ステージネームで
オリジナル楽曲を発信しながら

創作陶芸作家としても活動中。


このブログには
私がかつて
「摂食障害」・「自傷癖」と
共存して居た頃の出来事を綴った記事も
多く置いて居ます。


私にご興味を感じて頂ける
御訪問者さまや

初めてお立ち寄り下さった方は

まずこちらをご覧頂けると
このブログが見やすくなるかと
思って居ります。

【このブログ「癒え待ちよすが」について。】 ←クリック


リンクから
月下陽香のYouTubeなども
ご覧頂けます。


よろしくお願い致します。

カテゴリ。
Twitter。
最新記事。
カレンダー。
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
きんぎょ。
QRこーど。
QRコード
月別アーカイブ。
検索。
リンク。
カウンター。
ランキング参加中。
にほんブログ村参加中。
「このブログに投票」ボタンから
ぽちっといただけるとうれしぃです♡
お便りはこちらから❤

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。