❝ 月下陽香からのおしらせ ❞

  ♪:*:.:*:♪ ・らいぶ情報・ ♪:*:.:*:♪

     ❤ 2017年2月11日(土・祝)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-(選べる1ドリンク&1フード付き)
18:00 オープン  19:00 スタート
★月下陽香&井上タイキ・HAT TREAT ツーマンライブ!!

     ❤ 2016年11月6日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1500-+1ドリンク別途要

     ❤ 2016年5月22日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1000-+1ドリンク別途要

     ❤ 2015年12月25日(金)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 
「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-



  ♪:*:.:*:♪ ・CD情報・ ♪:*:.:*:♪

  ◆ ファーストシングル ・ 花いばら ◆
            2曲入り ¥500-
            2014.5.24 発売
花いばら

  ◆ セカンドアルバム ・ 生きてるからね。 ◆
            6曲+1曲入り ¥1000-
            2011.8.21 発売

いきてるからね。

※ こちらからもお買い求め頂けます。
  「お便りはこちら❤」から お名前とご連絡先をお知らせ下さい。

キズグチの悲鳴に傾けて。

      ・・いつも応援ありがとうございます。ブログランキングに参加しております。
           今日もどうかバナーをクリックして応援して下さい。・・




今日から8月。


少しの間だけ

歌の練習をお休みする事を

決めて迎えた8月。





焦りが無いと言えば嘘だ。

不安でない訳が無い。


歌は

私にとっては

紡ぐ言葉と同じく

表現したい自分の
真ん中に在る物だ。

私が生きて在る上で

私の中に
在り続ける不足を

支える物。




それは

私が誰よりもわかって居るのに

歌う事が
たまらなく苦しくなってしまった。


どんなに

頑張っても
頑張っても


わーっと声を上げて
泣き出しそうな位に

歌う事が
辛くてたまらなくなってしまった。



もう駄目だと思った。


壊れそうなんじゃなくて

壊れてしまってるんだと思った。




悩んで悩んで

少しの間
練習を休む事を決めた。



この決断は
とても大きな事だった。


自分の真ん中を
止めてしまうのだから


それは余程の事であり


だけど

それがどんなに大きな傷であるかは
私以外の誰にもわからない。


誰も気付いてなんてくれない。

だから自分で決めて止めた。













2013年から

月下陽香が

ステージの上で必ず口にして真ん中に掲げてきた

「摂食障害」

「リストカット」

「自傷」。


私にとって「摂食障害」と「自傷」は
人生のほとんどを埋め尽くすものである。

これらと共に生きた20年間と
向き合って生きる事を始めたこの10年間を経て。


摂食障害や自傷の始まりであった
小学生の頃から
現在の私に至る足跡を

2013年7月7日以来記事として書き続けて居る。

2014年7月7日より
2年目を迎え
6日の記事でそれについて触れて居る。

【「自傷と摂食障害を晒す選択。」 (2014.7.6)】


順番に綴ってきた記事は「かてごり。」に時代別に分けてあります。


【「1・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(小学生の私)】
   ※4つの記事があります。

【「2・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(中学生の私)】
   ※7つの記事があります。

【「3・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(高校生の私)】
   ※12の記事があります。

【「4・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(大学生の私)】
   ※17の記事があります。

【「5・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代前半の私)】
   ※61の記事があります。

【「6・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代後半頃の私)】
   ※50の記事があります。

【「7・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(30代前半頃の私)】
   ※現在執筆中。






我が子のように愛し
19年を共に暮らした愛猫との
看護であり介護であった生活も

終末を迎え

現在は“ペットロス”と向き合う想いや日々も綴って居る。

【「手を上げ叩いた私の過ち。」 (2014.7.17)】

【「心の空虚と塗り替える記憶と。。」 (2014.7.20)】




過程を綴る記事は30代前半頃の私を書いている途中。

【「刃に刃を向けた自死の結末。」 (2014.7.31)】



このところ
ほぼ連日に渡り

過程の続きを更新し続けてきた。



昨年夏より書き続けてきた
私の足跡は

現在は

一度結婚し
その1年後に
家族の自死により起きた出来事を記してきた。



今日は
続きではなく

想いを書いておこうと思う。





私の毎日は
歌を休む事を除けば

通院しながら
仕事をし家事をして


日々の生活は
いつも通りに消化されながら


愛猫は6月22日に亡くなり

もう
看護に介護に追われる事も無く

何かに縛られる事無く

むしろ自由に過ぎてゆくのだろう。



練習を休む事を決めた
月下陽香には

この夏は
とても大切で貴重な時間となるだろう。




余りにも傷んだままの自分と
向き合うこの時間を

ちゃんと歩けるように

想いを書いておく事は大事に思える。








いつから
私はこんなにも疲れて居たのだろう。



やりたい事をするに当たり
大変な時があったり
しんどい時があったりするのは

当たり前の事だ。


そのやりたい事について
向上したいと思えば

苦しい想いを重ねる事は
当たり前だと理解している。



それをきちんと理解した上で

いつ頃から
限度を超えて疲れ続けてきたのか


改めて自分に問うて


きっと
月下陽香として活動を始める前


バンド「月陽」のボーカルとして
活動していた頃からだった事に気付いた。


大きな自己犠牲の中でしか
歌えなかった月日。

そこで
大きく傷付き

疲れ果てて居ながら



鼻歌すら口ずさむ事も出来ない体となり
約5年間の歌えない年月を
闘い抜いて
やっと再び辿り着けた歌の活動を

もう止めたくはなくて

始めたのが月下陽香。



止まってる余裕なんて無かった。

持病の悪化は自分が一番わかっている。

歌声を出す行為は
どんどん難しいものになってゆく事を知って居る。




今の内

今の内…

必死だった。



でも

その月下陽香も

現在のギタリストとの活動に至るまでには

深く傷付く事は多発し

私は

歌を歌う為には
吐き気がして自傷したくなる苦痛を

飲み込んで居なければ
ならなかった。




やっと
今のスタイルに辿り着いた2年程前。


私の体は
既にかなり悪化して居たし
心はもう磨り減って居た。


それでも頑張った。


やっと
安心して歌える環境を
手に入れられたから。




どんなに頑張ったって
時間とお金を注ぎケアしたって
動けなくなってゆく中


ライブ回数を減らさなければ
もうこなせなくなった。

けれど
止まる事だけはしたくなくて

やはり無理をした。






私は

ひとつのステージに立つ際

それが
どんなに短い時間のもので在れど

ワンマンのように
長時間のもので在れど


全て
全力で出し切るやり方しか出来ない。



私は
ステージに

自分のイキザマを掲げ晒し立つ。



それは
自分で選んだ事では在れど

そうする事への
恐怖は
いつも恐ろしく大きい。



立たせて頂くお店にも
共演者にも
月下陽香以外の出演者を
観にきている観客にも

ものすごく神経を遣う。


選曲もMCも衣装も
とことんこだわって作り上げながら

宣伝や集客にも
自分なりに懸命に注ぐ。


それらは当たり前でもある。


しかし
これは
私が勝手に感じて居るだけの事だが


そこまで全てに
細かく注がなければ立てないアマチュアシンガーは

私の知る範囲ではとても少ない。


そこまでせずに立てる人を
否定している訳では無い。


それが出来ない自分が
とても負担になると言う事を言いたいだけ。





もうくたくただった。



だけど歌いたくて。

毎日毎日
ものすごく頑張る事を続けて来た。





昨年4月30日に愛猫が急変し
命こそ失わずに在れたが


この痛みは
経験した人でないとわからないと思うが


毎日は
いつその命が消えるのか
怯えて張り詰めており



その丁度1年後
再びの急変の後


私は

看護であり
介護である生活を

6月22日の亡くなる日まで続けた。



本当に
「看取るまでの付きっ切りの状態」であったのは
最期の2ヶ月程だろう。


これは
猫を看取るまでの7年間を
ずっと布団に横になる事なく
看続けてきた時間を思えば

ほんの僅かである。




しかし

この2ヶ月は

酷く過酷だった。





大切な命が
日々衰えてゆく過程を

この目で見
この手で触れ

感じてゆく毎日は


私には
余りにも大きく悲し過ぎた。



これまでに感じた事のない
深い深い
寂しさで
悲しみで在った。



それと向き合う日々を
記事として綴りながら


私には
いろんな人たちから
様々な言動が寄せられた。



その大半は

私を想い
心配し
与えてくれる

言葉だったり
文字だったり
行動だったりした事は

理解して居る。



でも
いつも思った。


反対の立場なら

きっと
それは

今は言われたくない言葉で在ると言う事を
どうして気付いてくれないのかな…


私に言ってあげたい言葉や
してあげたい行動ではなくて


それは

あなた自身が

言いたい言葉で在り
したい事で在り


その言動により
あなたは満足出来るのかもしれないけれど


与えられる・・というよりも
押し付けて
置いて行かれる私は


もう疲れ切って居るのに

受け取らなければいけなくなる。





我慢して

我慢して

文字を
言葉を

飲み込む程に

体にまで拒絶反応が起こって
酷い吐き気に襲われる。



いつ逝かれるかわからない危機感の中で
少しでもそばに居たい想いまで

それらに割かれて磨り減らす。






たくさんの
痛みの中で迎えたステージは

とても大切なもので


それでも

そこに辿り着くまでに
私はもう
たくさんの力を使い果たして居り


でも
頑張って
頑張って


たくさんの
疑問や不満も
ただ飲み込んで

その日を迎えた。


そこまで飲み込まなくても

例えばそれを

信頼できる人に打ち明けたり
お願いしたりして居れば
良かったのだろうけど

それをする力も
もう見当たらず



大事なステージでは
心の真ん中は悲しみに溢れて在り

いつも通りには注げなかった事を悔い


ステージの後は

この手の中で命が尽きるまで

限界を超え過ぎた
心と体で

飲み込んで
飲み込んで生きた。





大切な命が召されて

もう
今の私には

無理をする事が出来ない事を
痛い程感じ


でも
何回か練習に臨み


歌う程に
壊れてゆく自分を知り


やっと休む事を決めた。








傷付いた経路を
今日の私は
ここまで整理し理解出来た。


だからどうしてゆけば良いのか
どう変わるべきなのか

見付け実践してゆける自分を探そう。



月下陽香の
少しの間の夏休み。

本当に
少しの間でお休みを終われるように


自分に問うて

自分の声を
叫びを

丁寧に聞いて考え


少しづつ

力を取り戻してゆけたらと思って居る。






歌の夏休み。


音楽関係の店に行く事も
イベントに参加する事もしない。

今は嫌だなって
自分が思う事は
仕事等でなければしない。

無理して出掛けたり
無理して人に会ったりしない。


わがままになるのはいけないけど

必要以上に
もう我慢をしないで過ごして居たい。



体のケアをきちんとしながら

嫌な事は嫌だって言える人たちと

体調を見ながら

時々
会ったりしながら


キズグチに埋め込んだ種に水をやり
また咲く時を今はただ待つ。





私は

花がとても好きだが

サボテンもすごく好きだ。




このサボテンは
まぁるくて小さな子だった。


私の不注意で
ナメクジにやられた。



体を食べられて

穴を空けられて

その中に入られて

食い潰される所だった。


もう駄目かなって思ってた。



けどね。


穴が空いて
潰れた部分から

新しい自分を作り上げて


今は

その体のあちこちに
小さな子供たちを抱えてる。



歪んでしまったその体は

とても

逞しく


愛おしい。






※ 申し訳ありませんがしばらくの間コメント欄の設置をお休みしております。

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*

このぶろぐ。
『 癒え待ちよすが -イエマチヨスガ- 』は
「にほんブログ村」のランキングに参加しています。

下のバナーをクリック頂けるとカウントされます。
    どうか…ぽちっと
応援をお願い致します。 ヽo(´∇` 陽)oノ


にほんブログ村

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*




関連記事
スポンサーサイト
自己紹介。

月下陽香

Author:月下陽香
「月下陽香(げっかようこう)」の
ステージネームで
オリジナル楽曲を発信しながら

創作陶芸作家としても活動中。


このブログには
私がかつて
「摂食障害」・「自傷癖」と
共存して居た頃の出来事を綴った記事も
多く置いて居ます。


私にご興味を感じて頂ける
御訪問者さまや

初めてお立ち寄り下さった方は

まずこちらをご覧頂けると
このブログが見やすくなるかと
思って居ります。

【このブログ「癒え待ちよすが」について。】 ←クリック


リンクから
月下陽香のYouTubeなども
ご覧頂けます。


よろしくお願い致します。

カテゴリ。
Twitter。
最新記事。
カレンダー。
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
きんぎょ。
QRこーど。
QRコード
月別アーカイブ。
検索。
リンク。
カウンター。
ランキング参加中。
にほんブログ村参加中。
「このブログに投票」ボタンから
ぽちっといただけるとうれしぃです♡
お便りはこちらから❤

名前:
メール:
件名:
本文: