❝ 月下陽香からのおしらせ ❞

  ♪:*:.:*:♪ ・らいぶ情報・ ♪:*:.:*:♪

     ❤ 2017年2月11日(土・祝)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-(選べる1ドリンク&1フード付き)
18:00 オープン  19:00 スタート
★月下陽香&井上タイキ・HAT TREAT ツーマンライブ!!

     ❤ 2016年11月6日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1500-+1ドリンク別途要

     ❤ 2016年5月22日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1000-+1ドリンク別途要

     ❤ 2015年12月25日(金)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 
「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-



  ♪:*:.:*:♪ ・CD情報・ ♪:*:.:*:♪

  ◆ ファーストシングル ・ 花いばら ◆
            2曲入り ¥500-
            2014.5.24 発売
花いばら

  ◆ セカンドアルバム ・ 生きてるからね。 ◆
            6曲+1曲入り ¥1000-
            2011.8.21 発売

いきてるからね。

※ こちらからもお買い求め頂けます。
  「お便りはこちら❤」から お名前とご連絡先をお知らせ下さい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自死に付け込む汚い大人。(転居後前半・25)

      ・・いつも応援ありがとうございます。ブログランキングに参加しております。
           今日もどうかバナーをクリックして応援して下さい。・・



今日は内科への通院。

今週は午前中はほとんど病院だ。



自転車を止めて
しゃがんで見てたのは

この花。





フェンスに
絡みついて咲く小さな花。


数日前に気付いてから
ずっと気になっていて

通る度に見てる。











2013年から

月下陽香が

ステージの上で必ず口にして真ん中に掲げてきた

「摂食障害」

「リストカット」

「自傷」。


私にとって「摂食障害」と「自傷」は
人生のほとんどを埋め尽くすものである。

これらと共に生きた20年間と
向き合って生きる事を始めたこの10年間を経て。


摂食障害や自傷の始まりであった
小学生の頃から
現在の私に至る足跡を

2013年7月7日以来記事として書き続けて居る。

2014年7月7日より
2年目を迎え
6日の記事でそれについて触れて居る。

【「自傷と摂食障害を晒す選択。」 (2014.7.6)】


順番に綴ってきた記事は「かてごり。」に時代別に分けてあります。


【「1・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(小学生の私)】
   ※4つの記事があります。

【「2・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(中学生の私)】
   ※7つの記事があります。

【「3・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(高校生の私)】
   ※12の記事があります。

【「4・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(大学生の私)】
   ※17の記事があります。

【「5・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代前半の私)】
   ※61の記事があります。

【「6・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代後半頃の私)】
   ※50の記事があります。

【「7・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(30代前半頃の私)】
   ※現在執筆中。





我が子のように愛し
19年を共に暮らした愛猫との
看護であり介護であった生活も

終末を迎え

現在は“ペットロス”と向き合う想いや日々も綴って居る。

【「手を上げ叩いた私の過ち。」 (2014.7.17)】

【「心の空虚と塗り替える記憶と。。」 (2014.7.20)】





過程を綴る記事は30代前半頃の私を書いている途中。

【「笑わない死体に誓い。」 (2014.7.28)】




今日はこの続きだね。








義父が自死し
骨となった。


義姉と主人と私は
遺品整理をしながら

その理由を考える中


いくつかの想いこそ浮かんだが
真実は何もわからず


無念だけが深く刻まれた。




最期となるはずだった
最後のステージを終え

私には
音楽活動が無くなり


体の治療を始める決意をし

陶芸教室だけは続けながら


まずは
義姉や主人と共に

自死した義父の遺したものを
整理する事を中心に置いた。




義父の暮らしていた部屋からは

全ての荷物を運び出し

念入りに部屋の掃除をし

マンションの管理会社に連絡をした。



室内の確認の為

管理会社の担当の人と
義父の部屋で会う事になった。





約束の日。

義姉と主人と私
3人で部屋で待ってると

担当者が現れた。



そこで私たちは

”200万程を請求したい”

と言う話をされた。




義父が自死した事で

その部屋が事故物件となり

暫くは借りて貰えないだろうとの事。


また
同じ階に住む家族が
近々引っ越しをすると申し出て来た事から

それによって生じる

損害額を
支払って欲しいという内容だった。





即答は出来なかった。


義父は確かにこの建物で自死した。
大きな迷惑をかけた。


しかし

室内ではない。

室内を酷く汚した訳でもない。



同じ階の住人が
退居する事に関しても

その理由は明らかにされていない。


義父の事が起きたからだとは
聞いて居ない。


季節は春。
引っ越しの多い時期だ。

タイミングが
偶然重なっただけの事とも考えられる。




こういう事が起きた場合

損害を支払わなければいけないのか

払わなければいけないのなら
200万は見合った額なのか


私たちには判断が出来なかった。



何度も繰り返し読んだ事のある本
「自殺のコスト」を思い出したけど

私にも判断して言える事がなかった。




その日は
鍵を返し

後日改めて話し合う事となった。




帰宅後
契約書を隅々まで読んだ。


“事件や事故等を起こした際には
    敷金は全額返金されない”

という項目は存在した。



しかし

損害を支払わなけれないけないという言葉は
どこにもなかった。





遺体を搬送した時

私たちは
葬儀会社の人に

恐らくは騙されたと思って居る。


状況に足元を見られ
若さを馬鹿にされ

都合よくふっかけられたと思って居る。

【「見せ付けられた自死に。」 (2014.7.24)】




今回もそうなのだろうか。



支払うべきならば
きちんと詫びて払うべきだ。


ただ
義父が遺した物はとても僅かで


それは
義姉と主人に遺された
大切な遺産だ。


彼らは
この先もう
何も親に与えては貰えない。


支払うにしても
出来るだけ
額を下げてもらえるように
交渉する必要も在るように思う。





いろいろと考え

私は
その日から
あらゆる情報を集めた。





振り返れば
私なりに

これまでに
あらゆる修羅場を体験し
対応してきたはずだ。


当時の私の周りに居たのは
ごく普通の人たちばかりではなく

お偉い方々も
カタギでは無い方も
罪を犯した人も
当たり前に居て


そこから私は

良くも
悪くも

たくさんの知識や
知恵も教わってきたはずだ。



これに関しては
私がふたりを守らなくてはと思った。





事故物件における
告知義務についても

あちこちで調べた。


過去に起きた
同じような出来事の判例も
出来る限り調べて読んだ。



弁護士にも相談に行った。




ある弁護士事務所には
知り合いの紹介で伺った。


相談料は
30分5000円だと言われた。



私は2つの茶封筒を用意し

片方には5000円札を
もう片方には1万円札を入れ

主人と事務所を訪ねた。



前もって説明はして居たので
簡単な説明の後
本題に入った。



答えは何も見付からなかった。

それまでに私が調べてわかった事と
内容は変わらなかった。




基本的に決まりは無いと言う事。

個々の状況により様々であると言う事。

お詫びとして
こちらからいくらか支払うとしても

室内での自死ではないので

200万という額は
とんでもなく大きいという事。




弁護士と話しながら
私は常に時計を見て居た。


話は20分程で進展しなくなった。

終わりだなと思った。


後は
お礼を述べたら

5000円札を入れた方の封筒を渡して
帰るだけだと思った。



その時

弁護士がいきなり話を変えた。



それは
相談内容とは全く関係の無い話。

紹介してくれた知り合いの話や
天気の事など

急に話し始めた。



時計の針が
30分を過ぎた途端

話を元に戻して


相談内容ではあるが
もう既に聞いた話を

再び繰り返した。


45分を過ぎる頃に

話は
弁護士により締め括られた。



どう考えても
時間を引き延ばされたとしか思えない。


私は

とても嫌な気持ちで
1万円札を入れた方の封筒を渡し

そこを出た。


歩きながら
主人にその事を話したが

私と違い
とても素直な彼は
それに気付いてもいなかった。




彼はとても頭が良い。
私の知らない事をたくさん知って居る。

私には絶対に出来ない事を
真面目にやり続けて居る姿に
尊敬もして居る。



私と彼は
時に目線が全く違う。


その違いは
これまでの環境や
経験から
個々に学んだものだろう。


どちらかが劣っている訳でも
優れている訳でも無く


私たちのこれまでの生きて来た環境が
違い過ぎるだけの事なのだけど。



心の綺麗な彼に
今必要なのは

裏側を知る
汚れた自分なのかも知れないと


この考え方は
間違って居るのかも知れないが

この時は

今ここに
自分はとても必要な存在であると思えた。





200万の請求。

この件は
絶対に私が何とかするんだと思った。




続きはまた。











昨年の7月7日から

ここに

摂食障害と自傷と共に生きてきた
私の人生を順番に書いている。


日々

記憶や
想いや
現状を

言葉にし
文字として並べて

ここに更新を続けて居る。



今朝早く
昨年の記事を少し読み返してみた。


この詞をここに記した時の自分を
思い出したくなったから。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  【無縁骨】     詞・陽

人を殺しては いけないのですか。
この手を汚して
あの人を殺やめる事は罪ですか。

牛や鳥を殺し
その肉から 内蔵までも 食べてしまうのに。


煮えたぎる憎悪も 与えた痛哭も
あなたを責めはしない。
壊れゆく程の落涙 背負うのは誰だ …


あなたの罪は 問われないのですか。
この手を下して
我が身を殺やめる事が罪ですか。

山羊や蛇は殺し 血を飲み干し
皮までも剥ぎ 纏いたがるのに。


吹きこぼれる愛も 幾多の邂逅も
我を追い詰めて止まず。
壊れんばかりの落胆 背負うのは何故だ …


幸せなど願えない。
求めぬ代わり願えない。
あの人の幸せを 願いたくない。
幸せなど願えない。
求めぬ代わり願わない。
あの人の幸せは 決して願えない。

堕ちてしまえばいい。
堕ちてしまえばいい。
堕ちてしまえばいい。
堕ちてしまえ。

ここまで。  堕ちてくればいい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


【「この目がある限り見えてしまうものに何を宿そうか。」 (2013.5.28)】



過去記事を読み返すと

言葉にし
文字にし
文章とする力が

当時より
ついてきている事を感じて

それに関しては
自分を誉めてやれる。

良く頑張ってるねって。







矛盾無くして人は存在出来ない。


私の中にも
矛盾は常に在り続ける。



テレビから流れてくる出来事に
悲しい痛みを感じる。



いつも思う。


もしかしたら

それは

もう一人の私かも知れない。


ひとつかふたつ

選ぶものを間違えて居たならば


そこに居たのは

私かも知れない。





※ 申し訳ありませんがしばらくの間コメント欄の設置をお休みしております。

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*

このぶろぐ。
『 癒え待ちよすが -イエマチヨスガ- 』は
「にほんブログ村」のランキングに参加しています。

下のバナーをクリック頂けるとカウントされます。
    どうか…ぽちっと
応援をお願い致します。 ヽo(´∇` 陽)oノ


にほんブログ村

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*




関連記事
スポンサーサイト
自己紹介。

月下陽香

Author:月下陽香
「月下陽香(げっかようこう)」の
ステージネームで
オリジナル楽曲を発信しながら

創作陶芸作家としても活動中。


このブログには
私がかつて
「摂食障害」・「自傷癖」と
共存して居た頃の出来事を綴った記事も
多く置いて居ます。


私にご興味を感じて頂ける
御訪問者さまや

初めてお立ち寄り下さった方は

まずこちらをご覧頂けると
このブログが見やすくなるかと
思って居ります。

【このブログ「癒え待ちよすが」について。】 ←クリック


リンクから
月下陽香のYouTubeなども
ご覧頂けます。


よろしくお願い致します。

カテゴリ。
Twitter。
最新記事。
カレンダー。
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
きんぎょ。
QRこーど。
QRコード
月別アーカイブ。
検索。
リンク。
カウンター。
ランキング参加中。
にほんブログ村参加中。
「このブログに投票」ボタンから
ぽちっといただけるとうれしぃです♡
お便りはこちらから❤

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。