❝ 月下陽香からのおしらせ ❞

  ♪:*:.:*:♪ ・らいぶ情報・ ♪:*:.:*:♪

     ❤ 2017年2月11日(土・祝)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-(選べる1ドリンク&1フード付き)
18:00 オープン  19:00 スタート
★月下陽香&井上タイキ・HAT TREAT ツーマンライブ!!

     ❤ 2016年11月6日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1500-+1ドリンク別途要

     ❤ 2016年5月22日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1000-+1ドリンク別途要

     ❤ 2015年12月25日(金)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 
「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-



  ♪:*:.:*:♪ ・CD情報・ ♪:*:.:*:♪

  ◆ ファーストシングル ・ 花いばら ◆
            2曲入り ¥500-
            2014.5.24 発売
花いばら

  ◆ セカンドアルバム ・ 生きてるからね。 ◆
            6曲+1曲入り ¥1000-
            2011.8.21 発売

いきてるからね。

※ こちらからもお買い求め頂けます。
  「お便りはこちら❤」から お名前とご連絡先をお知らせ下さい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

笑わない死体に誓い。(転居後前半・24)

      ・・いつも応援ありがとうございます。ブログランキングに参加しております。
           今日もどうかバナーをクリックして応援して下さい。・・



今日は少し涼しい。


40度を切る事が
ほとんど無い夏の作業部屋も

今日は過ごしやすく
長時間作陶出来そうだ。




今朝は
初めての病院に検査に行った。


とても体調が悪いので
そこで詳しく調べる事にした。

次にそこに行くのは金曜日。




暑さで切り花の持ちが悪く
骨壺の回りが寂しくなるのが辛くて


帰り道
花屋に寄ったけれど

欲しいと思う切り花には出会えなかった。


明日は内科通院だから
違う花屋に寄って見てこよう。




切り花には出会えなかったけれど

一目見て
連れて帰ろうと決めたのは

このサボテン。






かわいいでしょ。

足みたいで
面白くて


気に入った。












2013年から

月下陽香が

ステージの上で必ず口にして真ん中に掲げてきた

「摂食障害」

「リストカット」

「自傷」。


私にとって「摂食障害」と「自傷」は
人生のほとんどを埋め尽くすものである。

これらと共に生きた20年間と
向き合って生きる事を始めたこの10年間を経て。


摂食障害や自傷の始まりであった
小学生の頃から
現在の私に至る足跡を

2013年7月7日以来記事として書き続けて居る。

2014年7月7日より
2年目を迎え
6日の記事でそれについて触れて居る。

【「自傷と摂食障害を晒す選択。」 (2014.7.6)】


順番に綴ってきた記事は「かてごり。」に時代別に分けてあります。


【「1・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(小学生の私)】
   ※4つの記事があります。

【「2・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(中学生の私)】
   ※7つの記事があります。

【「3・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(高校生の私)】
   ※12の記事があります。

【「4・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(大学生の私)】
   ※17の記事があります。

【「5・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代前半の私)】
   ※61の記事があります。

【「6・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代後半頃の私)】
   ※50の記事があります。

【「7・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(30代前半頃の私)】
   ※現在執筆中。





我が子のように愛し
19年を共に暮らした愛猫との

看護であり
介護であった生活も
終末を迎え

現在は“ペットロス”と向き合う想いや日々も綴って居る。

【「手を上げ叩いた私の過ち。」 (2014.7.17)】

【「心の空虚と塗り替える記憶と。。」 (2014.7.20)】





過程を綴る記事は30代前半頃の私を書いている途中。

【「自死がその命を掛けて教えた事。」 (2014.7.27)】



今日はこの続きだね。









それは

約2週間前の出来事だった。

義父が自死し

骨となった。




義姉と主人と私は
遺品整理をしながら
その理由を考えてた。


義父が暮らして居たマンションには
いくつかの不可解な事は在れど

それにより
いくつかの想いこそ浮かんだが

真実は何もわからなかった。






とても大変な中
迎えたステージ。



約1年前から
主催の方が
私の為に立ち上げて下さったイベントだった。


絶対に立ちたかった。

それでも状況は難しかった。


主人が立たせてくれた。

互いの趣味に
全く関わらない私たちだが
この日は主人も会場に居た。





約1年前。

このイベントが決まった時

私は
この日まで生きれたら
後はもうどうなっても良いと思って居た。



摂食障害と
自傷と共に生きて

20年以上が過ぎ


もう生きてゆきたくなかった。

死に焦がれて居た。


この日が過ぎれば
死んで良いと思って居た。


その為に
身辺も整理し
準備もしてきた。




なのに。

ステージ2週間前に
義父が自死した。



単身で暮らして居たマンションの
共同スペースである非常階段の踊り場。

ビニール紐をぶら下げて
首を掛け

外に向かってぶら下がる格好で
命を捨てた。



これまでにも
私は

何人かの知り合いの自殺を見てきた。


どれも悲しかったが

痛みは他人事でしかなかった。



義父は
血の繋がった家族でもなければ
私はまだ嫁いで1年。


嫁として歓迎もされていなかったし
嫌われていたと思える。

共に過ごした事も数えられる程しかない。



でも。

長男の嫁として
それを受け止め

共に関わる立場で感じる自死は
今までに感じたものとは
まるで違った。


余りにも痛々しく
寂しいものだった。



遺された者に植え付けられる
無念というものが

どれ程に
悲しく痛むものか
心底味わえた。




死に向かう為に
選んで目指したステージに

私は

「生きる事」を掲げて

立つ事を決めた。






イベントタイトルは
「れんげそうの咲く頃に」


出演者は4組。


主催の方が
とても力を尽くし
素晴らしい方々をこのイベントに呼んで下さった。

プロの素晴らしいシンガーも出演される中で
私たちはトリに立った。



会場にはたくさんの観客。

私は全身黒の衣装を選んだ。


裸足で
ステージの上を
動けるだけ動いて歌った。



メンバーの音で歌える最後の夜。


「最期」になるはずだった

「最後」の夜。




10年間所属したバンドだった。


私たちは「人」だから

小さな不満を言い始めたらキリがなく

でも
私は

このメンバーと出会え
このメンバーの音で歌えた事に
心から感謝し

解散を寂しくも思い

歌声を発した。



腫瘍を抱えたまま
立ったステージ。

このステージを終えたら

生きる為に
治療を受けようと思えた。






ステージもラストに近付いた時。

MCで。

何を話したか
今でもよく覚えて居る。



私は
「笑顔」について話した。



「笑顔」は

人に
生きて在る人に

与えられた特権ではないかと。



家で留守番をさせた
3匹の猫たちは
とても可愛く愛くるしい。

でも誰も笑わない。


嬉しそうな表情はわかる。

おもちゃで遊んでやれば
とても楽しそうにしてる。


けど。
笑わない。


くしゃくしゃな笑顔を誰もしない。




義父は

主人に言わせても
父親としては大きく問題の在った人だった。


声を荒げた事のない
いつも穏やかな主人が
必ず言って居たのは

「おやじのようにはなりたくない」

という言葉だった。




だけど。

義父は
とても良い笑顔をする人だった。


なんとも憎めない
屈託のない
可愛い
優しい笑顔で笑う人だった。



遺体安置室で会った義父は
もう笑わなかった。

家に帰り
横たわる義父も

棺の中の義父も

もう笑わなかった。




そうだ。


笑うって

生きてる人間の特権であり

生きて在ると言う事だ。




そんな話をしながら
客席の主人を見た。

一瞬泣きそうになった。

「今日ここに立たせて下さってありがとうございます」と
心の中で言えた。







その夜は遅くまで飲んだ。

名残惜しんでたくさん飲んだ。



気を遣うだろうに。
主人もみんなと笑って話してた。

その笑顔は

義父と
とてもよく似て居た。







家族の自死。


世間は
とても汚く

弱みに付け込み
利用しようとする大人たちと

私たちの戦いは

まだ
これからが始まりだと言う事を

この夜は考えて居なかった。



これから少し先に

私が

歌声を失う事も

想像すら出来なかった。




続きはまた。











先日

ある女性が言って下さった言葉で
とてもうれしく想うものがあった。


このぶろぐもいつも読んで下さっている方。



「陽さんは人の事を書くけれど
  必ず自分の事も書いてるよね。」


それには
“フェア感”とでも言うのか
そういうものを感じると

言って下さった。


これは
とてもうれしい言葉だった。





こうして記事を書き続ける中で

それは
いつも
なかなか理解をして貰えない事だからだ。


親しい人たちでも
それに気付かない事がとても多い。

特に
私の場合は

周りの女性よりも男性には
気付いて下さる人がとても少ない。



私が

一方的に
誰かの悪口をたらたらと書き綴り

たくさんの毒を吐き

つらつらと
恨み辛みを書き並べて居るように

捉えて居る人たちは
実際にとても多い。



私が心底信頼をしている
ギタリストさんでも

つい最近までは
そういう捉え方をして居たんだろうなと思う位


このぶろぐや
記事を書く私の本当の考えは
なかなか伝わらない。



もちろん
私は
それも覚悟の上で書き続けて居る。





彼女がくれた言葉。

「陽さんは人の事を書くけれど
  必ず自分の事も書いてるよね。」



この言葉が胸に届いた時に

私の心は

「そうだよ。」って

「そうなんだよ!」って

声には出さないけれど叫んでた。




それは
私が記事を書く時に

常に意識して
掲げるスタイルのひとつだから。




人の悪口を
書き並べたいが為に

私は過去を晒して居る訳ではない。



人の事を書く時には
必ず

その時の
自分の言動も
考えも

それが
どんなに愚かで在ろうと
書く事を決めて居る。




親の事

家族の事

以前に関わった事のある人や
現在関わる人たちの事・・・


良い事も書く。

うれしかった事や
楽しかった出来事

感動した想いや
感謝の気持ち

直接上手くは言えなくても
ここには書いて残す。



けれど

嫌な事も書く。


傷付いた事や
疑問を持つ事も書く。


何を言われ

何をされて傷付いたのか


腹が立ったのか
悲しかったのか

苦しんで居るのか


相手が特定はされない形で
ここには書く。



だけど

自分が
どんなに
ずるく汚いのかも

不足し
足掻いて
もがいて在るのかも


その愚考も
愚行も
必ず書く。





人は

きっと誰もが

どこかで
矛盾する感情を抱えてる。





心のどこかに
必ず

正しくない考えや
想いを
抱いた経験が在ると思う。




それは

豊かな感情を持つ人間にとって

個々が

経験から
考え
知りながら

成長してゆく為には

とても
必要な現象なのだと思って居る。




私にとってそれは
とても伝えたい事であり

だからここに

摂食障害と自傷と共に生きた
無様なイキザマを正直に綴る。




似た経験の中で
痛む想いを知る人に


「大丈夫だ」と


今よりも
迷わず
落ちずに

力強く伝えてゆける大人に



いつかは辿り着きたい。






※ 申し訳ありませんがしばらくの間コメント欄の設置をお休みしております。

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*

このぶろぐ。
『 癒え待ちよすが -イエマチヨスガ- 』は
「にほんブログ村」のランキングに参加しています。

下のバナーをクリック頂けるとカウントされます。
    どうか…ぽちっと
応援をお願い致します。 ヽo(´∇` 陽)oノ


にほんブログ村

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*




関連記事
スポンサーサイト
自己紹介。

月下陽香

Author:月下陽香
「月下陽香(げっかようこう)」の
ステージネームで
オリジナル楽曲を発信しながら

創作陶芸作家としても活動中。


このブログには
私がかつて
「摂食障害」・「自傷癖」と
共存して居た頃の出来事を綴った記事も
多く置いて居ます。


私にご興味を感じて頂ける
御訪問者さまや

初めてお立ち寄り下さった方は

まずこちらをご覧頂けると
このブログが見やすくなるかと
思って居ります。

【このブログ「癒え待ちよすが」について。】 ←クリック


リンクから
月下陽香のYouTubeなども
ご覧頂けます。


よろしくお願い致します。

カテゴリ。
Twitter。
最新記事。
カレンダー。
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
きんぎょ。
QRこーど。
QRコード
月別アーカイブ。
検索。
リンク。
カウンター。
ランキング参加中。
にほんブログ村参加中。
「このブログに投票」ボタンから
ぽちっといただけるとうれしぃです♡
お便りはこちらから❤

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。