❝ 月下陽香からのおしらせ ❞

  ♪:*:.:*:♪ ・らいぶ情報・ ♪:*:.:*:♪

     ❤ 2017年2月11日(土・祝)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-(選べる1ドリンク&1フード付き)
18:00 オープン  19:00 スタート
★月下陽香&井上タイキ・HAT TREAT ツーマンライブ!!

     ❤ 2016年11月6日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1500-+1ドリンク別途要

     ❤ 2016年5月22日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1000-+1ドリンク別途要

     ❤ 2015年12月25日(金)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 
「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-



  ♪:*:.:*:♪ ・CD情報・ ♪:*:.:*:♪

  ◆ ファーストシングル ・ 花いばら ◆
            2曲入り ¥500-
            2014.5.24 発売
花いばら

  ◆ セカンドアルバム ・ 生きてるからね。 ◆
            6曲+1曲入り ¥1000-
            2011.8.21 発売

いきてるからね。

※ こちらからもお買い求め頂けます。
  「お便りはこちら❤」から お名前とご連絡先をお知らせ下さい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自死がその命を掛けて教えた事。(転居後前半・23)

      ・・いつも応援ありがとうございます。ブログランキングに参加しております。
           今日もどうかバナーをクリックして応援して下さい。・・



7月もあと少し。


8月が来て
22日を迎えたら

大事な命が消えて2ヶ月。


その頃には
今より少し楽になれてるのかな。



心も

体も

歌いたくなれてるのかな。



今週は
週半ばから酷く体調が悪い。

明日から数日
たくさんの検査がある。


上手くケアしてゆけたらいいなと思う。






マンションの木には
たくさんの蝉がとまってる。

小学生が採りにくる。

うるさくて正直少し迷惑でもある。



先日

ふと
作業部屋から外を見た時に



男の子が

捕まえた蝉を
鳴かないからと言って

地面に叩き付けて殺した。



“オマエが叩き付けられたらいい”



心で言ってしまった私は


男の子より

残酷な生き物なんだろうなと思った。












2013年から

月下陽香が

ステージの上で必ず口にして真ん中に掲げてきた

「摂食障害」

「リストカット」

「自傷」。


私にとって「摂食障害」と「自傷」は
人生のほとんどを埋め尽くすものである。

これらと共に生きた20年間と
向き合って生きる事を始めたこの10年間を経て。


摂食障害や自傷の始まりであった
小学生の頃から
現在の私に至る足跡を

2013年7月7日以来記事として書き続けて居る。

2014年7月7日より
2年目を迎え
6日の記事でそれについて触れて居る。

【「自傷と摂食障害を晒す選択。」 (2014.7.6)】


順番に綴ってきた記事は「かてごり。」に時代別に分けてあります。


【「1・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(小学生の私)】
   ※4つの記事があります。

【「2・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(中学生の私)】
   ※7つの記事があります。

【「3・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(高校生の私)】
   ※12の記事があります。

【「4・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(大学生の私)】
   ※17の記事があります。

【「5・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代前半の私)】
   ※61の記事があります。

【「6・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代後半頃の私)】
   ※50の記事があります。

【「7・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(30代前半頃の私)】
   ※現在執筆中。





我が子のように愛し
19年を共に暮らした愛猫との

看護であり介護であった生活も
終末を迎え

現在は“ペットロス”と向き合う想いや日々も綴って居る。

【「手を上げ叩いた私の過ち。」 (2014.7.17)】

【「心の空虚と塗り替える記憶と。。」 (2014.7.20)】






過程を綴る記事は30代前半頃の私を書いている途中。

【「自死に至る理由を。」 (2014.7.26)】



今日はこの続きだね。








義父が自死し
骨となった。


義姉と主人と私は

遺品整理をしながら
その理由を考えていた。

いくつかの想いこそ浮かんだが
真実は何もわからなかった。




我が家は神道である。

神道の法事は10日毎に行われる。


一般に“初七日”と呼ばれる法要は
神道では“十日祭”となる。

“四十九日”は“五十日祭”。


暫くは親族で集まる事が増えた。




その度に
伯母は繰り返し嘆いた。


花が好きな伯母は
四季折々の花を愛でる事が好きだった。


春の梅や桜も
いつも見に行っていた。


でも

今年は

綺麗な花を見ても
綺麗だと感じないと言った。

悲しみの深さを感じた。






義父が暮らして居たマンションの
遺品整理は済ませた。


後は
掃除をして引き払う為に
日時を決めなければいけなかった。


十日祭の後
話していたら
義姉がこの週末はどうかと言い出した。




義父の死から
約2週間後に当たるその日は

私のライブだった。

どうしようかと思った。

出演を辞めようとは思えなかった。


でも
主人や義姉と一緒に居るべきだとも思った。


私が言葉を選べずに居たら

主人が
ライブである事は一言も言わずに

その日は仕事が休めないから
翌週にして欲しいと
義姉に言ってくれた。






1年前に私は
このライブを「死に場所」と決めた。

その翌日には
この世を去ろうと

それを
とても楽しみに
計画を詰めて生きて来た。


何も知らない主人は
隔週で泊りがけで練習に行く私を
応援してくれていた。




父親が亡くなり大変な時なのに

私が
死に場所だと
決めて目指していたステージに

立たせてくれようとして居た。




自ら死ぬなんて
してはいけないと思った。



この約1年間。

私はずっと思って居た。

やっと楽になれると。

もうすぐ死ねるんだと。

強く思って居たはずだった。



しかし

このステージに
私は


生きてゆく事を選んで
立とうと決めた。



主人に
同じ想いを
もう絶対にさせてはいけない。


自死だけは
してはいけないと

強く強く心に決めて居た。





このたった2週間。

その2週間で

私の考えは
ごっそりと入れ替わった。




義父は
私を嫌って居た。

とてもそう思う。


義父に何かして貰った事もなかった。


嫁として歓迎された事もなかった。


「口は出さんが金も出さん。」
そう言われてきた。

私なんかこんなもんだと思って居た。



でも
義父は

今まで誰も教えてくれなかった
自死により
与える無念が
どれ程に残酷で在るかという事を

その命を掛けて
私に教えてくれた。







バンドの解散ライブ当日。


繁華街のビルのひとつ。

コンクリート剥き出しの壁には
あちこちにポスターが貼られ


地下へ繋がる階段を下りて行けば
2枚扉の向こうには
焦がれた店が
変わらずに在った。



主催者の方が
物凄く力を入れて
立ち上げて下さったイベントは

出演者も素晴らしかった。


プロの物凄いシンガーも居られた。


その中で
私たちはトリに立つ事となって居た。




懐かしい人たちが駆け付けてくれた。

いつも
ライブを観に来ていた女の子たちが
私の好きだった
バーボンを買って持って来てくれた。



会場は多くの観客で溢れた。

その中には主人も居た。



お互いの趣味に
一切関わらない私たち。

でも
主人は
この日のライブは観に来てくれて居た。






これから
私たちには
まだ

大きな試練が立ち塞がる事になる。


30歳そこそこの私たちは
自分たちでは
もう十分に大人だと思って居た。


でも

世間や大人は
私たちを

“騙せるだろう浅い若者”として

扱う事を思い知る。


自分たちには
導きを与えてくれる親も大人も
居ない現実に気付くんだ。



この日はまだ
それらを深くは考えられなかった。


とにかく私は
このステージをやり遂げようと思って居た。





続きはまた。











今日
和歌山から届いた大きな段ボール。


いつも気に掛けて下さる女性からの贈り物。



可愛い切手とシールが貼られた
段ボールを開ければ

ぎゅうぎゅうに詰め込まれた
福袋みたいだった。





キティちゃんのうちわや
海老の佃煮
お供えの金魚のお菓子

暑さに負けて
仕事が遅れてしまってる私に

塩分を摂取できるように
考えて選んで下さった
キャンディや飲み物。


そして

私とギタリストさんに
お揃いの夏のお菓子。


みなさま
いつもギタリストさんの事も気に掛けて下さって
とてもうれしく思う。

彼もいつも
“僕にまでいろいろとして頂いて”って

すごく感謝をしています。




隙間には
うつわの梱包で使えるように
ぷちぷちを入れて下さっていて


いつもいつも
捨てる物が一切入っていない
贈り物の詰め合わせ。



ありがとう。

全部大事にいただこう。





私ね。

この数ヶ月で

人に

歌に

人から送られる文字に

酷く疲れ切って居てね。



我慢いっぱいして

無理を繰り返して

それでも

踏ん張って

踏ん張って


尽きてしまったんだよね。



毎日は
痛みながらの探し物中で。



そんな中に

やさしさをいっぱい


本当にありがとう。






※ 申し訳ありませんがしばらくの間コメント欄の設置をお休みしております。

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*

このぶろぐ。
『 癒え待ちよすが -イエマチヨスガ- 』は
「にほんブログ村」のランキングに参加しています。

下のバナーをクリック頂けるとカウントされます。
    どうか…ぽちっと
応援をお願い致します。 ヽo(´∇` 陽)oノ


にほんブログ村

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*





関連記事
スポンサーサイト
自己紹介。

月下陽香

Author:月下陽香
「月下陽香(げっかようこう)」の
ステージネームで
オリジナル楽曲を発信しながら

創作陶芸作家としても活動中。


このブログには
私がかつて
「摂食障害」・「自傷癖」と
共存して居た頃の出来事を綴った記事も
多く置いて居ます。


私にご興味を感じて頂ける
御訪問者さまや

初めてお立ち寄り下さった方は

まずこちらをご覧頂けると
このブログが見やすくなるかと
思って居ります。

【このブログ「癒え待ちよすが」について。】 ←クリック


リンクから
月下陽香のYouTubeなども
ご覧頂けます。


よろしくお願い致します。

カテゴリ。
Twitter。
最新記事。
カレンダー。
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
きんぎょ。
QRこーど。
QRコード
月別アーカイブ。
検索。
リンク。
カウンター。
ランキング参加中。
にほんブログ村参加中。
「このブログに投票」ボタンから
ぽちっといただけるとうれしぃです♡
お便りはこちらから❤

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。