❝ 月下陽香からのおしらせ ❞

  ♪:*:.:*:♪ ・らいぶ情報・ ♪:*:.:*:♪

     ❤ 2017年2月11日(土・祝)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-(選べる1ドリンク&1フード付き)
18:00 オープン  19:00 スタート
★月下陽香&井上タイキ・HAT TREAT ツーマンライブ!!

     ❤ 2016年11月6日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1500-+1ドリンク別途要

     ❤ 2016年5月22日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1000-+1ドリンク別途要

     ❤ 2015年12月25日(金)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 
「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-



  ♪:*:.:*:♪ ・CD情報・ ♪:*:.:*:♪

  ◆ ファーストシングル ・ 花いばら ◆
            2曲入り ¥500-
            2014.5.24 発売
花いばら

  ◆ セカンドアルバム ・ 生きてるからね。 ◆
            6曲+1曲入り ¥1000-
            2011.8.21 発売

いきてるからね。

※ こちらからもお買い求め頂けます。
  「お便りはこちら❤」から お名前とご連絡先をお知らせ下さい。

自死に至る理由を。(転居後前半・22)

      ・・いつも応援ありがとうございます。ブログランキングに参加しております。
           今日もどうかバナーをクリックして応援して下さい。・・



暑さに負けて
鉢植えがひとつ枯れ始めた。


とても心苦しい。



骨壺を囲む花が

枯れる度に
苦しいなら


飾る事を止めれば良いのに


苦しいから
また買ってきてしまう。



体調がとても悪くて
今日は買いに行けそうにない。


来週は通院予定がたくさんあるから
帰りに花屋へ寄ろう。












2013年から

月下陽香が

ステージの上で必ず口にして真ん中に掲げてきた

「摂食障害」

「リストカット」

「自傷」。


私にとって「摂食障害」と「自傷」は
人生のほとんどを埋め尽くすものである。

これらと共に生きた20年間と
向き合って生きる事を始めたこの10年間を経て。


摂食障害や自傷の始まりであった
小学生の頃から
現在の私に至る足跡を

2013年7月7日以来記事として書き続けて居る。

2014年7月7日より
2年目を迎え
6日の記事でそれについて触れて居る。

【「自傷と摂食障害を晒す選択。」 (2014.7.6)】


順番に綴ってきた記事は「かてごり。」に時代別に分けてあります。


【「1・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(小学生の私)】
   ※4つの記事があります。

【「2・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(中学生の私)】
   ※7つの記事があります。

【「3・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(高校生の私)】
   ※12の記事があります。

【「4・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(大学生の私)】
   ※17の記事があります。

【「5・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代前半の私)】
   ※61の記事があります。

【「6・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代後半頃の私)】
※50の記事があります。

【「7・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(30代前半頃の私)】
   ※現在執筆中。




我が子のように愛し
19年を共に暮らした愛猫との

看護であり介護であった生活も
終末を迎え

現在は“ペットロス”と向き合う想いや日々も綴って居る。

【「手を上げ叩いた私の過ち。」 (2014.7.17)】

【「心の空虚と塗り替える記憶と。。」 (2014.7.20)】







過程を綴る記事は30代前半頃の私を書いている途中。

【「自死に知る無念と。」 (2014.7.25)】



今日はこの続きだね。






単身赴任で暮らしていたマンションの
共同スペースである非常階段に

ピニール紐をかけて
首を吊り
自殺をした義父。



親族は大きな無念に包まれたまま
通夜を迎えた。





外は土砂降りの雨。

大粒の雨が激しく叩き付ける中
たくさんの人が訪れた。



そこで生まれ育った主人の父母は
同級生だった。

友達の多い人だった。


主人がまだ子供の頃は
父母の友人家族がよく遊びに来ていたらしい。

主人が社会人になり間もない頃
母が癌で亡くなった際も
多くの人が訪れたそうだ。




お茶出しや食事の準備等
義父の同級生の人たちが皆で手伝って下さった。





翌日は葬儀。

昨夜の雨が嘘のように晴れ上がる空。


通夜に引き続き
多くの人たちが訪れ手を合わせ

火葬場へ向かう私たちを見送った。



2日間で
200人を越える人たちが
義父との別れに足を運んで下さっていた。





棺が閉じられる前

うちは神道なので
花ではなく榊を順番に入れながら

最期の別れをした時


白い
動かない義父の顔を見て

触れたいと思った。


でも。

しなかった。


後で後悔した。

その頬に触れておけば良かったと。






義父は骨となった。






翌週末
義姉と主人と私3人で
義父が住んでいたマンションに行く事にした。


遺品整理をして
引き払わなければならない。



日当たりの悪い
風通りはとても良い
7階建てのマンションの最上階。


住人に会わぬよう
気を付けながら

静かに部屋に向かった。



部屋に入ると
テーブルの上には書置きが在った。


義姉と主人に当てた

短い言葉。


“二人仲良くするように”




紙は
スーパーか何かの
黄色い広告の裏だった。

改めて準備した物では無い。


自死は
前から計画されていたものではなくて

突発的に
魔が刺しての出来事だったのではないか。


酒が入り
感情が勢い付いての
出来事だったのではないか。

そんな気がした。




タンスから衣類を取り出し
本棚からは本やビデオを取り出し
箱に詰めながら


どこかに
理由を知れるものが無いのか
探していた。



壁のあちこちには
血が飛び散ったような跡があり
気になった。




キッチンでは
食器や調理道具を片付けながら


冷蔵庫を開ければ
何も入っておらず


電源が抜かれていた。



普通に生活をして居れば
冷蔵庫のコンセントを抜く事は無い。


抜かれていたと言う事は
亡くなる前に
自らの意志でそうしたとしか考えられなかった。


という事は

自死は
明確に意識した中で
行われたという事か。




留守番電話には
疑わしいメッセージが残っていたが
それが誰なのか私たちにはわからなかった。




遺品回収をしてくれる業者に来て貰い
家具と家電を引き取って貰った。


冷蔵庫を動かした時に
冷凍庫から水が溢れた。


製氷皿の氷が溶けた物だった。


コンセントは抜いたけど
氷はそのままにして居たようだ。


きっと
亡くなる寸前に抜かれたんだろうと
思った。






義父はよく
ひとりで飲みに行く人だった。


行き付けの店の人には
未収が残っていないか連絡をした。
“つけ”はしていないようだった。





義父はとても稼ぎの良い人だった。

給料は家には義姉の生活費を入れたら
後は全部使い切った。

貯金は一銭も無かった。


手帳には
使った金額が日々書き込まれていた。

相当な額を日々使って居た。



義父には
再婚したいと思う女性が居たようだった。

スナックで働くホステスだった。

義父は本気で考えて居たが
相手はそうではなかった。

大金を
使い切っただけだった事が想像できた。



義姉が
元ホステスであった私を嫌がる理由が
わかった気がした。






いろいろと調べて居たら
消費者金融に借金が在る事がわかった。

500万。




義父は預金もせず
保険にも入っていない。

私たちに遺したのは

もう少しで定年だった所で亡くなってしまったから
大きく削られた退職金と

震災で大きく揺れた為に
あちこち傷んだまんまの家と土地。




とにかく
亡くなった事を連絡しなくてはいけない。

消費者金融に状況を伝えた。





この3ヶ月ほど前

義父と話した際に
とても気になった言葉が在った事は

記事にも書いた。

【「自傷出来ぬ夜の耳に。」 (2014.7.21)】

【「魅せる自傷と死の匂いがして。」 (2014.7.22)】




“死んだら返さなくてもいいんだ”





本当だった。
その通りだった。


私たちは
義父の消費者金融での借金を
払わずに済んだ。





一体

いつから

義父は
自死を考えて居たのか益々わからなくなった。




続きはまた。











木曜日辺りから
とても体調が悪い。

暑さに負けている事が大きいのかな…


夏の作陶は
物凄く体への負担が大きくて

この3日は作業を減らした。





うちの近くには大きな神社が在って

お客さまとの打ち合わせで
参道の飲食店をよく利用するんだけど


そこで売ってるお菓子に
「レインボーラムネ」ってのがある。


私は
ラムネ菓子が苦手だから
興味無かったんだけど



少し前にテレビで
その「レインボーラムネ」の事を知った。


幻のラムネって言われてて
なかなか買えないんだって。

そこではいつも買えるのにね。



一体どんなお菓子かなって思って
買ってみた。

ギタリストさんの分も買った。





まぁるくてかわいい。


私が苦手だったラムネとは
食感が違って食べやすい。

丁寧に手作りしてるのが伝わる感じ。



手作りって
大変だけど

やっぱり素敵だなぁと


創作陶芸を仕事にしながら


暑さにダウンしながらだけど

なんだか思う。





※ 申し訳ありませんがしばらくの間コメント欄の設置をお休みしております。

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*

このぶろぐ。
『 癒え待ちよすが -イエマチヨスガ- 』は
「にほんブログ村」のランキングに参加しています。

下のバナーをクリック頂けるとカウントされます。
    どうか…ぽちっと
応援をお願い致します。 ヽo(´∇` 陽)oノ


にほんブログ村

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*


関連記事
スポンサーサイト
自己紹介。

月下陽香

Author:月下陽香
「月下陽香(げっかようこう)」の
ステージネームで
オリジナル楽曲を発信しながら

創作陶芸作家としても活動中。


このブログには
私がかつて
「摂食障害」・「自傷癖」と
共存して居た頃の出来事を綴った記事も
多く置いて居ます。


私にご興味を感じて頂ける
御訪問者さまや

初めてお立ち寄り下さった方は

まずこちらをご覧頂けると
このブログが見やすくなるかと
思って居ります。

【このブログ「癒え待ちよすが」について。】 ←クリック


リンクから
月下陽香のYouTubeなども
ご覧頂けます。


よろしくお願い致します。

カテゴリ。
Twitter。
最新記事。
カレンダー。
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
きんぎょ。
QRこーど。
QRコード
月別アーカイブ。
検索。
リンク。
カウンター。
ランキング参加中。
にほんブログ村参加中。
「このブログに投票」ボタンから
ぽちっといただけるとうれしぃです♡
お便りはこちらから❤

名前:
メール:
件名:
本文: