❝ 月下陽香からのおしらせ ❞

  ♪:*:.:*:♪ ・らいぶ情報・ ♪:*:.:*:♪

     ❤ 2017年2月11日(土・祝)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-(選べる1ドリンク&1フード付き)
18:00 オープン  19:00 スタート
★月下陽香&井上タイキ・HAT TREAT ツーマンライブ!!

     ❤ 2016年11月6日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1500-+1ドリンク別途要

     ❤ 2016年5月22日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1000-+1ドリンク別途要

     ❤ 2015年12月25日(金)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 
「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-



  ♪:*:.:*:♪ ・CD情報・ ♪:*:.:*:♪

  ◆ ファーストシングル ・ 花いばら ◆
            2曲入り ¥500-
            2014.5.24 発売
花いばら

  ◆ セカンドアルバム ・ 生きてるからね。 ◆
            6曲+1曲入り ¥1000-
            2011.8.21 発売

いきてるからね。

※ こちらからもお買い求め頂けます。
  「お便りはこちら❤」から お名前とご連絡先をお知らせ下さい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自死に知る無念と。(転居後前半・21)

      ・・いつも応援ありがとうございます。ブログランキングに参加しております。
           今日もどうかバナーをクリックして応援して下さい。・・



体調を酷く崩している。

暑さに完全に負けて居る。


昨日は月下陽香の練習だったけれど
発声は大きく苦痛だった。

最近練習がとても辛い。



心も

体も

少し歌を休みたいと
とても思って居る。


ほんの2週間とか3週間


歌う事から離れたいと

とても思う。



ものすごく辛過ぎて

このままだと

「歌」が
大嫌いになってしまう気がする。


辛い。












2013年から

月下陽香が

ステージの上で必ず口にして真ん中に掲げてきた

「摂食障害」

「リストカット」

「自傷」。


私にとって「摂食障害」と「自傷」は
人生のほとんどを埋め尽くすものである。

これらと共に生きた20年間と
向き合って生きる事を始めたこの10年間を経て。


摂食障害や自傷の始まりであった
小学生の頃から
現在の私に至る足跡を

2013年7月7日以来記事として書き続けて居る。

2014年7月7日より
2年目を迎え
6日の記事でそれについて触れて居る。

【「自傷と摂食障害を晒す選択。」 (2014.7.6)】


順番に綴ってきた記事は「かてごり。」に時代別に分けてあります。


【「1・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(小学生の私)】
   ※4つの記事があります。

【「2・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(中学生の私)】
   ※7つの記事があります。

【「3・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(高校生の私)】
   ※12の記事があります。

【「4・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(大学生の私)】
   ※17の記事があります。

【「5・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代前半の私)】
※61の記事があります。

【「6・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代後半頃の私)】
   ※50の記事があります。

【「7・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(30代前半頃の私)】
   ※現在執筆中。




我が子のように愛し
19年を共に暮らした愛猫との
看護であり介護であった生活も

終末を迎え

現在は“ペットロス”と向き合う想いや日々も綴って居る。

【「手を上げ叩いた私の過ち。」 (2014.7.17)】

【「心の空虚と塗り替える記憶と。。」 (2014.7.20)】






過程を綴る記事は30代前半頃の私を書いている途中。

【「魅せる自傷と死の匂いがして。」 (2014.7.22)】

【「見せ付けられた自死に。」 (2014.7.24)】



今日はこの続きだね。









義父が死んだ。


単身赴任で暮らしていたマンションの
共同スペースである非常階段に
ピニール紐をかけて

首を吊り自殺をした。



遺体を確認し
検案の後引き取り
実家まで搬送した。







実家に帰れば
近所に暮らす親族が駆け付けてくれていた。


布団を敷き
義父を寝かせた。



通夜や葬儀の段取りに入る前に
親族に状況を説明した。


伯母の涙が悲しかった。


皆が繰り返した。

「何故・・・?」




何度繰り返しても誰にもわからない。



伯父が言った。

悲しい怒りのこもる表情で言った。


「無念。」・・・・・




これが

「無念」という言葉の
本当の意味で在る事を

私は初めて
きちんと理解した。





死に場所と決めた
ステージに向かって生きて来た1年。


私が
楽しみに目指していたのは

こういう事なんだと思い知った。


私がしようとしていた事は

こんなにも
消えない無念を焼き付けてしまう事だったのだと

思い知った。





その後
伯父伯母にも同席して貰い
通夜と葬儀の打ち合わせ。

どちらも自宅で行う事にした。




急いで飛び出してきたから

喪服も家に置いているし
猫たちの食事も
多くは置いて来て居ない。



打ち合わせの後
私たちは一度大阪へ帰った。



帰り道
義父のマンションに寄った。


義姉は見なかったが
主人と私は
そこでどのような形で自死したのか
詳しく聞き
見せて貰える物は見て確認をしている。


その場を見に寄った。



時間がなかったから中には入らず。


住人に会わないように
確かめながら

足音を忍ばせて
扉の前まで行った。


そして

静かに

非常階段へ向かった。



マンションの7階の非常階段は
外に面しており

そこに身を吊ったと思われた。


踊り場から1階にかけて
大量の水をまき
洗い流された跡が在った。





主人がぽそっと言った。


「ここに花を置いてあげたい。」



主人の希望を叶えてあげたかったけれど
私はやめた方がいいと言った。

他の住人が見た時に
良い想いをしないだろうから。


主人もそれに納得して
そのまま大阪に戻り

準備をして
直ぐに実家へ向かった。


渋滞していなくても
片道3時間近くかかる。


気を紛らわそうと
一生懸命主人に話し掛けてみる。

実家までの道のり

こんなに話し掛けた事は今までに無かった。






実家に着けば
義父は綺麗に整えられて居た。


翌日の通夜の準備をし

遅くまで
親族と
義父の居る部屋で過ごした。


私には
義父との思い出がほとんど無い。

伯父や伯母たちが話してくれる
知らない出来事を一生懸命聞いて居た。






携帯が鳴った。

父からだった。


明日からの
通夜や葬儀についてだろうと思った。

何かわからない事があって
かけてきたのなら

今夜中に伝えておいてあげないといけないと思い

部屋を出て電話を取った。




耳に入って来る父の声は

明らかに酔っぱらって居た。

ぐちゃぐちゃに酔っぱらって

泣きながら

何度も何度も
同じ事を繰り返し言うだけ。


“なぜこんな事になったのか”

“何があっても自分は自殺はしないから”



義父の死は
確かに父にもショックでは在っただろう。


しかし
私以上に
会った回数も少なく
付き合いもして居ない。



日頃から
睡眠薬を飲まないと眠れない父は


それでも寝付けない夜は
大量に飲んで
べろべろに酔っぱらって
寝付く事を繰り返している。


その夜もそうだっただけだろう。



睡眠薬に飲酒が重なって

酷く酔って

感情的になっているだけ。




「辛いのはオマエじゃないだろうが」

私の心の中には
呆れた怒りが吹き出した。




義父のそばで
親族と過ごして居る大切な時間だ。

私には何が出来るのか
考えて動かなくてはいけない重要な時間だ。



酔っ払いの相手なんかしていられない。


もう電話を切ると
何度言っても父は切らない。



いつもいつも
私の立場なんて考えない。


自分の自己満足を押し付けて
消化したいだけ。


30分を越えて付き合わされた後
強引に切り
部屋に戻った。





部屋を出て話して居たとは言え
同じ家の中。

私の声は親族に聞こえて居る。

しばらくとても気まずかった。






深夜も2時を過ぎる頃になると
親族は
ひとりひとり
一度家に帰ってゆく。


義姉も2階の自分の部屋に行った。


義父のそばには
主人と私と伯父だけが残った。



伯父は
少しでも眠るようにと声を掛けてくれたけど

私はそこを動かなかった。




今まで

こんなにも長い時間

こんなにも近くで

義父と過ごした事が無い。


私は嫌われていたけれど
今夜は近くで居たいと思った。

居なくてはいけないと
とても思った。


朝方30分ほどだけ棺の横で仮眠した。






翌日は朝から忙しかった。

午後からはたくさんの人が訪れた。

私の知らない人ばかり。
訳がわからない状態。



この時は
この夜の通夜と
明日の葬儀の事で頭はいっぱいだった。




これから

義父の亡くなったマンションの
遺品整理をしなくてはいけない事も

まだ考えられなかったし


マンションが事故物件となる事で
高額を請求される事なんて

予想も出来ないで居た。





続きはまた。











サウナのように暑い部屋での作陶に
脱水状態が酷くて
点滴に行ったものの
今日は仕事どころではない。


食欲も無い。


朝食はとるように心掛けているが
冷たいコーヒーを飲めばもう食べたくない。


昼食はかき氷やヨーグルトくらい。


夕食は
必ず何か作って
冷房の効いた部屋で飲みながら食べるけど

余り食べられない。


一昨日食べた物は
おでんが2つだけだった。



これじゃ駄目だと思い
昨日は早くからキッチンで料理を作った。


ギタリストさんにも渡そうと
気合を入れて作った。





先日
お墓参りに出掛けた先で

「バターピーナツかぼちゃ」

という野菜を買ってきた。





普通のかぼちゃよりも柔らかくて
皮もピーラーで剥ける。






鶏もも肉を一口サイズに切り
オリーブオイルで焼いてから
一度皿に上げて


スライスしたかぼちゃを焼いて
これも皿に上げ


フライパンに
ホワイトソースと牛乳を入れて煮立たせ

塩は入れずに
黒コショウを多めに入れて


そこに

焼いた肉とかぼちゃと
湯がいておいたマカロニを少々入れて

温めながら絡ませる。


そして。

これが私流。


そこに塩昆布を入れてしまう。


ホワイトソースと塩昆布ってすごく合うのね。





昨日の夕食は

これを温めて
カイワレと粉チーズをかけて

もう
めちゃくちゃ頑張って食べた。



上手に出来たなって思った。


ギタリストさんも
“なかなか良い”って言ってくれた。



張り切って作って
一生懸命食べたのに


今日は
朝からがっつりとダウン。。



作業は明日に回して

事務仕事しながら体を休めよう。





※ 申し訳ありませんがしばらくの間コメント欄の設置をお休みしております。

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*

このぶろぐ。
『 癒え待ちよすが -イエマチヨスガ- 』は
「にほんブログ村」のランキングに参加しています。

下のバナーをクリック頂けるとカウントされます。
    どうか…ぽちっと
応援をお願い致します。 ヽo(´∇` 陽)oノ


にほんブログ村

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*


関連記事
スポンサーサイト
自己紹介。

月下陽香

Author:月下陽香
「月下陽香(げっかようこう)」の
ステージネームで
オリジナル楽曲を発信しながら

創作陶芸作家としても活動中。


このブログには
私がかつて
「摂食障害」・「自傷癖」と
共存して居た頃の出来事を綴った記事も
多く置いて居ます。


私にご興味を感じて頂ける
御訪問者さまや

初めてお立ち寄り下さった方は

まずこちらをご覧頂けると
このブログが見やすくなるかと
思って居ります。

【このブログ「癒え待ちよすが」について。】 ←クリック


リンクから
月下陽香のYouTubeなども
ご覧頂けます。


よろしくお願い致します。

カテゴリ。
Twitter。
最新記事。
カレンダー。
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
きんぎょ。
QRこーど。
QRコード
月別アーカイブ。
検索。
リンク。
カウンター。
ランキング参加中。
にほんブログ村参加中。
「このブログに投票」ボタンから
ぽちっといただけるとうれしぃです♡
お便りはこちらから❤

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。