❝ 月下陽香からのおしらせ ❞

  ♪:*:.:*:♪ ・らいぶ情報・ ♪:*:.:*:♪

     ❤ 2017年2月11日(土・祝)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-(選べる1ドリンク&1フード付き)
18:00 オープン  19:00 スタート
★月下陽香&井上タイキ・HAT TREAT ツーマンライブ!!

     ❤ 2016年11月6日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1500-+1ドリンク別途要

     ❤ 2016年5月22日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1000-+1ドリンク別途要

     ❤ 2015年12月25日(金)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 
「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-



  ♪:*:.:*:♪ ・CD情報・ ♪:*:.:*:♪

  ◆ ファーストシングル ・ 花いばら ◆
            2曲入り ¥500-
            2014.5.24 発売
花いばら

  ◆ セカンドアルバム ・ 生きてるからね。 ◆
            6曲+1曲入り ¥1000-
            2011.8.21 発売

いきてるからね。

※ こちらからもお買い求め頂けます。
  「お便りはこちら❤」から お名前とご連絡先をお知らせ下さい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

見せ付けられた自死に。(転居後前半・20)

      ・・いつも応援ありがとうございます。ブログランキングに参加しております。
           今日もどうかバナーをクリックして応援して下さい。・・



朝から
蝉が競い合うように鳴いている。


朝日が差し込む作業部屋は
早朝からとても暑い。


数日
暑さに大きく負けて居る。

点滴にマメに通わなければ

仕事が出来ない季節。





骨壺を囲む花も
枯れるのが早い。

それでも
まだ

私は
花を飾らなければ

寂しくて仕方ない。












2013年から

月下陽香が

ステージの上で必ず口にして真ん中に掲げてきた

「摂食障害」

「リストカット」

「自傷」。


私にとって「摂食障害」と「自傷」は
人生のほとんどを埋め尽くすものである。

これらと共に生きた20年間と
向き合って生きる事を始めたこの10年間を経て。


摂食障害や自傷の始まりであった
小学生の頃から
現在の私に至る足跡を

2013年7月7日以来記事として書き続けて居る。

2014年7月7日より
2年目を迎え
6日の記事でそれについて触れて居る。

【「自傷と摂食障害を晒す選択。」 (2014.7.6)】


順番に綴ってきた記事は「かてごり。」に時代別に分けてあります。


【「1・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(小学生の私)】
   ※4つの記事があります。

【「2・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(中学生の私)】
   ※7つの記事があります。

【「3・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(高校生の私)】
   ※12の記事があります。

【「4・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(大学生の私)】
   ※17の記事があります。

【「5・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代前半の私)】
   ※61の記事があります。

【「6・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代後半頃の私)】
   ※50の記事があります。

【「7・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(30代前半頃の私)】
   ※現在執筆中。




我が子のように愛し
19年を共に暮らした愛猫との

看護であり
介護であった生活も
終末を迎え

現在は“ペットロス”と向き合う想いや日々も綴って居る。

【「手を上げ叩いた私の過ち。」 (2014.7.17)】

【「心の空虚と塗り替える記憶と。。」 (2014.7.20)】





過程を綴る記事は30代前半頃の私を書いている途中。

【「魅せる自傷と死の匂いがして。」 (2014.7.22)】


今日はこの続きだね。








3月の晴れた日。


「死に場所」だと

心に決めたステージまでは
あと2週間となった。



主人の携帯が鳴った。

義姉からだった。

状況を把握出来ぬまま
私たちは
急いで待ち合わせの場所に向かった。





義姉と合流し警察へ。


義姉が
車中状況を説明するものの
全てがよくわからなかった。



警察に着き
聞いた話は

とても気を遣い
遠回しに言葉を選ばれており


決定的な言葉は弾かれていたが


話の後

遺体確認して貰えるかと
問われた時に

何が起きてしまったのかは
理解出来た。



刑事は
私たちそれぞれと遺体との関係を尋ねた。

娘と息子と
息子の嫁だと伝えると

「お嫁さんはここで待ちますか?」

と聞かれた。


主人が私を見た。

私は

「私も会いたいので行きます。」

と答えた。




いちばん後ろを着いて行った。



地下の駐車場の奥。


重たい鉄扉を開ければ
とても寒い
殺風景なスペースがあり


体にも
顔にも

白い布を掛けられ
横たわる遺体があった。


義父だった。



義姉と主人が
小さな声を漏らし泣き出した。

私はとても静かな気持ちだった。

これが「死」なんだと思った。


結婚して1年。

会った回数も数えられる。

ほんの数回の短い時間。

主人の実家で数日を過ごした事も一度だけ。

嫁として好まれていない事も感じて居る。

時間を重ね
理解し
情を感じられるような年月も
まだ過ごして居ない。



寂しいとか
悲しいとか

そんな感情は全く無かった。



年明けに
義父との会話の中で感じた
「死」のイメージが

そのままに
目の前に在る事に


私は

私が殺したような気持ちになった。





泣かなきゃいけないんじゃないかと

自分に言った。

ここは泣いておくべきだろう。



でも
もう涙が出て居た。


何に対して涙が出たのだろう。

遺体に少し触れて泣いた主人が
とても悲しくて

義姉が背負うものの大きさが
余りにも痛々しくて

横たわる義父が
余りにも人形のようで


処理出来ない感情に涙が出た。





遺体が父である事を
主人と義姉が認めた。


一度安置室を出て
案内されたのは
天井の高い静かな部屋だった。


遺体の検案を待つ間
3人で待った。


主人が私の手を握って言った。

「すまない。苦労をかけるな。」


そう言わなくてはいけない状況に立たされた
主人を想うと胸が痛かった。

主人には私が居る。

そこに
ひとりで向かわなくてはいけない義姉を想うと
助けたいと思った。




トイレに行くと言って
一度ひとりで部屋を出た。

父に言っておかなければいけない。


結婚式や葬儀等に行く事になる度に

何を着れば良いか
いくら包めば良いか

父はいつも
全て私に尋ねなければ何も出来なかった。


今回は父の面倒を見ていられない。


電話をし
事情を説明し
着る物や
香典の事など細かく伝えておいた。






検案が終わり

透明なビニール袋に入れられた
義父の着衣や持ち物を渡され

遺体と共に
主人の実家に帰る事になった。



葬儀は
地元で代々お世話になっている方に依頼をするが


実家まで
遺体を運ばなくてはいけない。


運ぶ為に
警察で紹介された葬儀社に依頼をした。
自分たちで探してる余裕なんてなかった。



すぐに葬儀社の人が来て
遺体の搬送について説明をした。


その際に

“決して決まりではありませんが
 ご遺体を搬送する事は大変な事なので
 運転手に
 5000円なり1万円なりの謝礼を渡してあげて下さい“と

何回も言われた。


何回も

“決まりではありませんが”

           と。




後で調べてみれば
費用はきちんと支払うのだから
そんな必要は無いらしい。


状況に
足元を見られて

まだ30歳そこそこの私たちは
業者にふっかけられたんだろう。





話を聞いた後
車を待って居たら


“決まりではありませんが”と

何度も説明した人と
同じ人が運転をしてきた。


謝礼を渡せと言った人が搬送をする。
おかしいなと思った。





主人の車には私

葬儀社の車には
義父の遺体と義姉が乗り

実家に向かった。


謝礼を要求し
運転をした人に

私たちは
ティッシュに包んで5000円を渡した。






義父は
単身赴任で暮らしていたマンションの
共同スペースである非常階段に
ピニール紐をかけて
首を吊り
自殺をした。




続きはまた。











昨日は

暑い中
頂いたご依頼のうつわの
打ち合わせの為に


日頃から
仲良くして下さっている方でもある
お客さまが

近くまで出て来て下さった。



うちの近くには大きな神社があり

ご依頼に関する打ち合わせは
電話やメールではなく
直接お会いして行う場合は
交通費を頂く事になるので

参拝を兼ねて
そこまで来て下さる方がとても多い。



昨日は
遅い昼食をとりながら


その方の
妹さんに贈られるお祝いのうつわの
打ち合わせをして頂いた。


お客さまで在るのに
お土産を持って来て下さった。

とてもうれしかった。





タオルハンカチの模様はぺんぎん。
色違いでお揃いの物を選んで下さった。


猫を亡くしてから
大好きだった猫グッズを買わなくなって
今は頂くもの少し苦しくて。


そんな中
ぺんぎんの模様のハンカチはとても優しかった。



お客さまと私と
共通で知って居る
ぺんぎんが大好きな女性が

召されてから1年と3ヶ月程。

21日は彼女の誕生日だった。



お客さまと彼女の話もした。


近況を伝え合ったり
これからの夢を話したり。


そういう時間が
今の私にはとても必要で大切だと感じる。




ぽんちゃんが亡くなって1ヶ月。

通院を再開し
ケアしているが

まだ体はかなりキツイ。


少しづつ整えたら

やっと自由になったこの夏は

出来るだけ遊びを経験したい。


寝込まない程度の
小さなものでいい。

気持ちを許せる人たちと
食事をしたり
話したり


そういう事をしたいと思う。






※ 申し訳ありませんがしばらくの間コメント欄の設置をお休みしております。

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*

このぶろぐ。
『 癒え待ちよすが -イエマチヨスガ- 』は
「にほんブログ村」のランキングに参加しています。

下のバナーをクリック頂けるとカウントされます。
    どうか…ぽちっと
応援をお願い致します。 ヽo(´∇` 陽)oノ


にほんブログ村

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*





関連記事
スポンサーサイト
自己紹介。

月下陽香

Author:月下陽香
「月下陽香(げっかようこう)」の
ステージネームで
オリジナル楽曲を発信しながら

創作陶芸作家としても活動中。


このブログには
私がかつて
「摂食障害」・「自傷癖」と
共存して居た頃の出来事を綴った記事も
多く置いて居ます。


私にご興味を感じて頂ける
御訪問者さまや

初めてお立ち寄り下さった方は

まずこちらをご覧頂けると
このブログが見やすくなるかと
思って居ります。

【このブログ「癒え待ちよすが」について。】 ←クリック


リンクから
月下陽香のYouTubeなども
ご覧頂けます。


よろしくお願い致します。

カテゴリ。
Twitter。
最新記事。
カレンダー。
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
きんぎょ。
QRこーど。
QRコード
月別アーカイブ。
検索。
リンク。
カウンター。
ランキング参加中。
にほんブログ村参加中。
「このブログに投票」ボタンから
ぽちっといただけるとうれしぃです♡
お便りはこちらから❤

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。