❝ 月下陽香からのおしらせ ❞

  ♪:*:.:*:♪ ・らいぶ情報・ ♪:*:.:*:♪

     ❤ 2017年2月11日(土・祝)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-(選べる1ドリンク&1フード付き)
18:00 オープン  19:00 スタート
★月下陽香&井上タイキ・HAT TREAT ツーマンライブ!!

     ❤ 2016年11月6日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1500-+1ドリンク別途要

     ❤ 2016年5月22日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1000-+1ドリンク別途要

     ❤ 2015年12月25日(金)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 
「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-



  ♪:*:.:*:♪ ・CD情報・ ♪:*:.:*:♪

  ◆ ファーストシングル ・ 花いばら ◆
            2曲入り ¥500-
            2014.5.24 発売
花いばら

  ◆ セカンドアルバム ・ 生きてるからね。 ◆
            6曲+1曲入り ¥1000-
            2011.8.21 発売

いきてるからね。

※ こちらからもお買い求め頂けます。
  「お便りはこちら❤」から お名前とご連絡先をお知らせ下さい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自傷出来ぬ夜の耳に。(転居後前半・18)

      ・・いつも応援ありがとうございます。ブログランキングに参加しております。
           今日もどうかバナーをクリックして応援して下さい。・・



大切で愛しくてたまらない命が
この腕の中で召されたのは先月。
6月22日。


家の中から気配が消えて

部屋がとても広く感じられて

明日から2ヶ月目。


私は今日も骨と暮らしてる。





猫たちの
看護・介護を終え

7年振りに
寝室で寝るようになり

気付いたのは

西日の当たる寝室が
夜とても暑い事。



今日は
仕事を済ませたら
カーテンを買いに行こう。

遮光か遮熱出来る物に変えよう。


帰りに花を買ってこよう。












2013年から

月下陽香が

ステージの上で必ず口にして真ん中に掲げてきた

「摂食障害」

「リストカット」

「自傷」。


私にとって「摂食障害」と「自傷」は
人生のほとんどを埋め尽くすものである。

これらと共に生きた20年間と
向き合って生きる事を始めたこの10年間を経て。


摂食障害や自傷の始まりであった
小学生の頃から
現在の私に至る足跡を

2013年7月7日以来記事として書き続けて居る。

2014年7月7日より
2年目を迎え
6日の記事でそれについて触れて居る。

【「自傷と摂食障害を晒す選択。」 (2014.7.6)】


順番に綴ってきた記事は「かてごり。」に時代別に分けてあります。


【「1・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(小学生の私)】
   ※4つの記事があります。

【「2・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(中学生の私)】
   ※7つの記事があります。

【「3・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(高校生の私)】
   ※12の記事があります。

【「4・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(大学生の私)】
   ※17の記事があります。

【「5・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代前半の私)】
   ※61の記事があります。

【「6・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代後半頃の私)】
   ※50の記事があります。

【「7・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(30代前半頃の私)】
   ※現在執筆中。




我が子のように愛し
19年を共に暮らした愛猫との
看護であり介護であった生活も

終末を迎え

現在は“ペットロス”と向き合う想いや日々も綴って居る。

【「手を上げ叩いた私の過ち。」 (2014.7.17)】

【「心の空虚と塗り替える記憶と。。」 (2014.7.20)】




過程を綴る記事は30代前半頃の私を書いている途中。

【「白く静かに眠る骨に。」 (2014.7.18)】


今日はこの続きだね。







腫瘍を摘出せずに通院を続けながら
バンドの練習と
陶芸教室に通っていた私。



具体的に

「この日まで生きれたらもうそれで良い」と

思えてしまえば

今までよりも生きる事は楽だった。


自傷も嘔吐も

止めたいと思っても
止めようと試みても

止められなくて


ずっと
自分を責めて来たけれど

そんな感情も小さくなった。


あと少しなら
やりたいだけやれば良いと思った。


切る事や
吐く事への
罪悪感が失せた途端に


全ての自傷が
それまで以上に

大きな快感となった。




練習の度に
父の家に泊まれば

大きな不満に息が詰まった。


それもあと少し。

先に逝くと思えば聞き役に耐えれた。


我慢は
幼い頃から植え付けられて来たのだから
あと少しだと思えば過ぎれるはずだ。




主人は相変わらず何も言わない。
私がする事に彼は決して意見をしない。


主人は
私を全く干渉しない。束縛しない。

私も主人に干渉も束縛もしない。

私たちは趣味が全く合わないから
相手の趣味を理解が出来ない。

だけど否定もしない。


お互いのやりたい事に
一切首を突っ込まない。

そんな主人は
私にはとても楽でやりやすい人だった。







死に場所に向かいながら
季節は流れて行った。




年末になり
初めて
主人の実家で数日を過ごす事になった。



私の父は
相変わらず
正月準備の全てを私に任せた。

主人の実家にも
手ぶらで行く訳にはいかない。



父の正月の買い物だけでも大変。

なんせ
大晦日から1週間程の食料を準備しなくてはいけないから
酷く疲れてしまう。


12月は
30日31日と
私はほとんどをキッチンに立って過ごす事になる。


3段の重箱にお節を作り

その他
冷蔵や冷凍で日持ちする物を
あれやこれや大量に作り


年越し蕎麦や
雑煮も
温めるだけで食べれるように準備しておく。


31日には
父がそれをごっそり取りに来る。


2時間も車を飛ばして来るのなら
なぜ
少し位自分でしようと考えられないのか呆れる。


来たら来たで
お茶やら軽食位は出して
また愚痴を聞きながら


主人の実家に持って行く料理を作り
重箱に詰める。


父が帰れば
主人の実家へ向けて出発。

体はくたくたで
神経はピリピリと苛立つ。

安定剤を飲んで助手席で眠る。





主人の実家に着けば
迎えてはくれるけど
とても居心地が悪い。

要らぬ事は言わぬよう
ニコニコしながら磨り減らす。

もちろんタバコも吸えない。



私は

ここに嫁ぎ
戸籍上はこの人たちの家族になったけれど

いつか家族として認められる日が来るとは
考えられなかった。




夕食は鍋だった。


主人も義姉も飲まないが
義父はとてもたくさん飲む人だった。


主人の実家では嘔吐が出来ない。

そう思うとほとんど食べられない。


タバコは吸えなかったが
アルコールについては何も言われなかったから
義父と飲んだ。


酔っぱらった義父の話を
笑顔で相槌を打ちながら
ただただ聞いた。


そういうのは慣れてる。
元ホステスだしね。




そこで義父が言った。


”自分の老後は義姉が嫁に行かずに見てくれるから
見てくれなくていい”と。


それを聞いて居た義姉は
明らかに怒りを露わにした表情をしてた。


嫁いで8ヶ月。
初めての実家での宿泊。


これからずっと先の事を
そこで既に拒否された。


私は
余程嫌われてるんだなと思った。




突然話が変わり
義父が消費者金融について話し出した。


死んだら返済しなくても良いんだよって。


なぜ
そんな事を言い出すのか

とても引っかかった。


その後
義父が眠たくなり
主人が止めるまで飲んで眠ったけど。


その時の
義父の会話がずっと気になって居た。




続きはまた。










昨日は
冷蔵庫の掃除と整理をした。

中の物を全部取り出して
隅々まで拭いて


ひとつひとつ
賞味期限を確かめながら中に戻して行った。



冷凍庫は
ぐちゃぐちゃになっていた先入れ先出しを
整えて居れた。

野菜室は
必要な物は新聞紙にくるんで入れ直した。





冷蔵庫の奥から出て来たのは

「インシュリン」




2匹目の猫が死ぬまで

その子の背中に
毎日
私が針を刺して投与してきた物。


もう使用期限は過ぎて居る。


もう必要ないのに
捨てられなかった。



“絶対に無くてはならない物”

として
植え付けられた感情が


亡くなって4年と7ヶ月が過ぎるのに
消せなくて

冷蔵庫の奥に入れたままで居た。


昨日はこれも捨てた。


2匹目に
たらちゃんが召されてから
4年半。

ぽんちゃんはがんばってくれて居たんだなと
改めて思った。




もう要らない物を
選別して捨てる。

捨てる事で
新しいものを取り入れてゆける。



これは物だけでなく

考え方や
人との関わりにも言える事。



少しづつ

今の自分の心も
そうして行けたらと思う。






※ 申し訳ありませんがしばらくの間コメント欄の設置をお休みしております。

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*

このぶろぐ。
『 癒え待ちよすが -イエマチヨスガ- 』は
「にほんブログ村」のランキングに参加しています。

下のバナーをクリック頂けるとカウントされます。
    どうか…ぽちっと
応援をお願い致します。 ヽo(´∇` 陽)oノ


にほんブログ村

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*






関連記事
スポンサーサイト
自己紹介。

月下陽香

Author:月下陽香
「月下陽香(げっかようこう)」の
ステージネームで
オリジナル楽曲を発信しながら

創作陶芸作家としても活動中。


このブログには
私がかつて
「摂食障害」・「自傷癖」と
共存して居た頃の出来事を綴った記事も
多く置いて居ます。


私にご興味を感じて頂ける
御訪問者さまや

初めてお立ち寄り下さった方は

まずこちらをご覧頂けると
このブログが見やすくなるかと
思って居ります。

【このブログ「癒え待ちよすが」について。】 ←クリック


リンクから
月下陽香のYouTubeなども
ご覧頂けます。


よろしくお願い致します。

カテゴリ。
Twitter。
最新記事。
カレンダー。
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
きんぎょ。
QRこーど。
QRコード
月別アーカイブ。
検索。
リンク。
カウンター。
ランキング参加中。
にほんブログ村参加中。
「このブログに投票」ボタンから
ぽちっといただけるとうれしぃです♡
お便りはこちらから❤

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。