❝ 月下陽香からのおしらせ ❞

  ♪:*:.:*:♪ ・らいぶ情報・ ♪:*:.:*:♪

     ❤ 2017年2月11日(土・祝)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-(選べる1ドリンク&1フード付き)
18:00 オープン  19:00 スタート
★月下陽香&井上タイキ・HAT TREAT ツーマンライブ!!

     ❤ 2016年11月6日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1500-+1ドリンク別途要

     ❤ 2016年5月22日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1000-+1ドリンク別途要

     ❤ 2015年12月25日(金)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 
「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-



  ♪:*:.:*:♪ ・CD情報・ ♪:*:.:*:♪

  ◆ ファーストシングル ・ 花いばら ◆
            2曲入り ¥500-
            2014.5.24 発売
花いばら

  ◆ セカンドアルバム ・ 生きてるからね。 ◆
            6曲+1曲入り ¥1000-
            2011.8.21 発売

いきてるからね。

※ こちらからもお買い求め頂けます。
  「お便りはこちら❤」から お名前とご連絡先をお知らせ下さい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

心の空虚と塗り替える記憶と。

      ・・いつも応援ありがとうございます。ブログランキングに参加しております。
           今日もどうかバナーをクリックして応援して下さい。・・





昨日も骨を連れて出掛けた。


昨日は海の見える所まで車で出掛けた。


車は渋滞に巻き込まれ
とても時間が掛かった。


午前中に着けるようにと早くに出発したが
到着した時にはもう昼を回っていた。





3月に来て以来だ。


その時は
ぽんちゃんをお留守番させて居たから
行って用事を済ませたら
直ぐに帰宅した。


これまでも
何度も行った場所だけれど


この7年はゆっくり行った事も無かった。

いつも時計ばかり見て過ごした。



昨日は違った。

もう焦る必要が無い。

もう居ないんだって事は
随分と心で理解出来るようになった。






そこに行けば必ず会う人たちが居る。


振り返ればいろいろとあり
付き合いに
疲れ果てた過去も在ったけれど

今は
お互いに特別近寄りはしないが

それなりに平和に繋がれて在れる。


恐らくは
大きな意味が在って
この世で知り合った人たちなんだと思って居る。



この人生の
少し先に
何が起こるかなんてわからない。


わからないけれど

想定内外関わらず

自分が居る場所というのは

全て
自分が選んで在るものなんだろうと

今の私はとても思う。












2013年から

月下陽香が

ステージの上で必ず口にして真ん中に掲げてきた

「摂食障害」

「リストカット」

「自傷」。


私にとって「摂食障害」と「自傷」は
人生のほとんどを埋め尽くすものである。

これらと共に生きた20年間と
向き合って生きる事を始めたこの10年間を経て。


摂食障害や自傷の始まりであった
小学生の頃から
現在の私に至る足跡を

2013年7月7日以来記事として書き続けて居る。

2014年7月7日より
2年目を迎え
6日の記事でそれについて触れて居る。

【「自傷と摂食障害を晒す選択。」 (2014.7.6)】


順番に綴ってきた記事は「かてごり。」に時代別に分けてあります。


【「1・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(小学生の私)】
   ※4つの記事があります。

【「2・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(中学生の私)】
   ※7つの記事があります。

【「3・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(高校生の私)】
   ※12の記事があります。

【「4・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(大学生の私)】
   ※17の記事があります。

【「5・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代前半の私)】
   ※61の記事があります。

【「6・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代後半頃の私)】
   ※50の記事があります。

【「7・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(30代前半頃の私)】
   ※現在執筆中。



過程を綴る記事は30代前半頃の私を書いている途中。

【「白く静かに眠る骨に。」 (2014.7.18)】


我が子のように愛し
19年を共に暮らした愛猫との
看護であり介護であった生活も終末を迎え

現在は“ペットロス”と向き合う想いや日々も綴って居る。

【「手を上げ叩いた私の過ち。」 (2014.7.17)】








昨日は
現地に着き

まず墓参りをした。


ここに来る時は
必ず共に参る
ある家族と合流し

共に手を合わした。



その墓の下に眠る人たちを
私はひとりしか知らない。


ただ
この墓が移動する事になった際に
そこに立ちあった事が在る。


その時に

古い墓石の下に安置された
全ての骨壺を取り出し

古い物を開けて
中の骨を布袋にまとめ


新しい墓の下に
収める作業を共にしたから

その中に何が在るかは知って居る。





参った後は共に昼食を頂く。
これもいつものパターンだ。


その家族には小学生の女の子が居る。





私は子供が苦手である。

苦手と言うか
怖いんだと思う。


自分が子供の頃を思い出すと
どう対応すべきかわからなくなるから

疲れてしまう。



本当は何を考えているんだろうかって
直ぐに考えてしまう。


幼少期の自分が

いつも良い子で在るように
大人に気を遣い
怯えて生きて居たから

でも

心の中では
いつもいつも

大人の矛盾に叫んで居たから



ついつい置き換えて
そう考えてしまう。


何を話せば良いのかわからなくなる。






言う事をなかなか聞かない
幼稚園児位の子になると
怒りを覚える事も在る。


自分が
いつも
大きな抑圧の中にいた事を思い出してしまうから。


私は
いつも母親に力でねじ伏せられた。


だから
それが当たり前のように考えてしまう時が在る。


泣きわめき
駄々をこねる様子を見ていると

苛立ちがむくむくと湧き上がる。



自分の中に
吹き出してしまう感情に疲れるから

子供は苦手で
どこか怖い。

好きではない。



でも
この家族と会い
その子供と話す時は

不思議と穏やかで居られるようになってきた。



猫たちに想っていたように

全てには理由が在るんだろうと
考えて対応が出来る。



何よりも
その子は

幼い頃の私とは違い

正しく愛されて
育てられて居る事がわかる。



良い経験をさせて頂いて居ると思える。






日頃から
私は大抵
自分より年上の人たちの中に居る。


10代の頃からずっとそうだった。


仕事でも
趣味でも遊びでも


共に何かする人は
ほとんどが年上の方々ばかりだった。


そのせいか
年下の人と関わると
慣れて居なくてとても気を遣う。

年上の人以上に
言いたい事が言えなかったりする。

無駄に背負って疲れてしまう事が在る。



そういう事も最近は無くなってきた。




子供でも

年下でも

ひとりの「人」として

私が
向き合えるように
少しだけ
なれてきたからなんだと思って居る。




昨日も
小学1年生の彼女とも少しだけ遊んだ。






家族と別れてからは

もう一組
お会いしたいご家族の家を訪れた。

私が大好きなご夫婦だ。


ご主人はもう90歳位。
奥様も80歳位。


とても長身だったご主人は
最近はとても背が小さくなられた。

奥様は
ここ数年同じ事を繰り返し話されるようになったが

昨日は
何度も何度も同じ会話の繰り返しだった。




私には
自分の祖父や祖母と言う存在が無い。

だから老いる事がよくわからない。

どんなふうになってゆくのかよく知らない。



ぽんちゃんが
命をかけて
それらを教えてくれたけれど


それでも

このご夫婦の変化に
心が上手く対応出来ない。


笑顔でそこに居ても
不意にとても悲しくなる。


でも会えて良かったと思う。


ご夫婦に合うと
家に帰ってきたような
疑似体験をしているのかも知れない。


いつも

「おかえり」って

迎えてくれるから。





ご夫婦と別れてからは
あちこちと寄り道をした。

ひまわり畑を見付けて立ち止まったり

その土地のお野菜や
お土産を買ったり

気楽なドライブをしながら帰って来た。






大切な命が
この世から消えてもうすぐ1ヶ月。


やっと。
朝起きて慌てる事も無くなった。



家に帰り鍵を開ける時

もう居ないから大丈夫なんだって
自分に言う。

慌ててドアを開けて
様子を確認する事も無い。




とても寂しくなり
まだ心には穴が空いたままだけど

とても楽になった事は
心底感じて在れるようにもなった。






まだ

音楽関係の場所に伺いたいと思っても
次のステージを決めたいと思っても

足が止まってしまうけれど


生活の中で
ひとつづつ
整理してく気持ちは留まらなくなってきた。




世の中は連休。
私は関係ないけれど
仕事の合間に掃除をしたい。


今日は冷蔵庫の中を掃除して整理した。
それだけで家に居る居心地が変わる。




自由になった生活を

こうして
ひとつづつ

自分に新しく叩き込んでゆく。






過程の続きはまた次回から書きますね。








※ 申し訳ありませんがしばらくの間コメント欄の設置をお休みしております。

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*

このぶろぐ。
『 癒え待ちよすが -イエマチヨスガ- 』は
「にほんブログ村」のランキングに参加しています。

下のバナーをクリック頂けるとカウントされます。
    どうか…ぽちっと
応援をお願い致します。 ヽo(´∇` 陽)oノ


にほんブログ村

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*


関連記事
スポンサーサイト
自己紹介。

月下陽香

Author:月下陽香
「月下陽香(げっかようこう)」の
ステージネームで
オリジナル楽曲を発信しながら

創作陶芸作家としても活動中。


このブログには
私がかつて
「摂食障害」・「自傷癖」と
共存して居た頃の出来事を綴った記事も
多く置いて居ます。


私にご興味を感じて頂ける
御訪問者さまや

初めてお立ち寄り下さった方は

まずこちらをご覧頂けると
このブログが見やすくなるかと
思って居ります。

【このブログ「癒え待ちよすが」について。】 ←クリック


リンクから
月下陽香のYouTubeなども
ご覧頂けます。


よろしくお願い致します。

カテゴリ。
Twitter。
最新記事。
カレンダー。
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
きんぎょ。
QRこーど。
QRコード
月別アーカイブ。
検索。
リンク。
カウンター。
ランキング参加中。
にほんブログ村参加中。
「このブログに投票」ボタンから
ぽちっといただけるとうれしぃです♡
お便りはこちらから❤

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。