❝ 月下陽香からのおしらせ ❞

  ♪:*:.:*:♪ ・らいぶ情報・ ♪:*:.:*:♪

     ❤ 2017年2月11日(土・祝)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-(選べる1ドリンク&1フード付き)
18:00 オープン  19:00 スタート
★月下陽香&井上タイキ・HAT TREAT ツーマンライブ!!

     ❤ 2016年11月6日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1500-+1ドリンク別途要

     ❤ 2016年5月22日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1000-+1ドリンク別途要

     ❤ 2015年12月25日(金)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 
「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-



  ♪:*:.:*:♪ ・CD情報・ ♪:*:.:*:♪

  ◆ ファーストシングル ・ 花いばら ◆
            2曲入り ¥500-
            2014.5.24 発売
花いばら

  ◆ セカンドアルバム ・ 生きてるからね。 ◆
            6曲+1曲入り ¥1000-
            2011.8.21 発売

いきてるからね。

※ こちらからもお買い求め頂けます。
  「お便りはこちら❤」から お名前とご連絡先をお知らせ下さい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

傷んで知るものを。

      ・・いつも応援ありがとうございます。ブログランキングに参加しております。
           今日もどうかバナーをクリックして応援して下さい。・・





最期の日は雨が降っていた。


この腕の中で召された命は
私の願いを全て叶えて力尽きた。


1.5kgまでに痩せた小さな体は
最期まで自分の足で立ち上がろうともがいた。


命が尽きた時に雨は上がり

翌日は晴天の中
小さな体は骨となった。



そのイキザマは
私には
余りにも衝撃的で

愛おしく悲しくて

亡くした今

まだ
私は
喪失感でいっぱいで

辛くない日が無い。



骨壺の回りは
今日も花で囲まれている。

ギタリストさんがよく花を届けてくれる。


仏花しか買った事のない彼は
いつもいろいろ悩んで花を選び届けてくれる。


先日頂いたガーベラは

色もそれぞれに美しいけれど

その花びらの形は
全て違って居て可愛らしい。











2013年から

月下陽香が

ステージの上で必ず口にして真ん中に掲げてきた

「摂食障害」

「リストカット」

「自傷」。


私にとって「摂食障害」と「自傷」は
人生のほとんどを埋め尽くすものである。

これらと共に生きた20年間と
向き合って生きる事を始めたこの10年間を経て。


摂食障害や自傷の始まりであった
小学生の頃から
現在の私に至る足跡を

2013年7月7日以来記事として書き続けて居る。


綴ってきた記事は「かてごり。」に時代別に分けてあります。


【「1・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(小学生の私)】
   ※4つの記事があります。

【「2・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(中学生の私)】
   ※7つの記事があります。

【「3・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(高校生の私)】
   ※12の記事があります。

【「4・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(大学生の私)】
   ※17の記事があります。

【「5・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代前半の私)】
   ※61の記事があります。

【「6・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代後半頃の私)】
   ※50の記事があります。

【「7・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(30代前半頃の私)】
   ※現在執筆中。




過程を綴る記事は30代前半頃の私を書いている途中。

【「そこに逝く為に。」 (2014.7.12)】



ブログのスタイルを変え
摂食障害と自傷について書き始めて
7月7日から2年目を迎えた。

6日の記事でそれについて触れて居る。

【「自傷と摂食障害を晒す選択。」 (2014.7.6)】




5月・6月と
介護が必要になった飼い猫との
暮らしや想いを多く綴りながら。

その介護も終末を迎え

我が子のように愛し
19年を共に暮らした愛猫は

とうとう召されて骨となり

現在は亡くした喪失感と向き合う日々も綴って居る。

【「亡骸が消えてから。」 (2014.6.27)】

【「胸いっぱいの寂しさを食べながら。」 (2014.7.2)】






19年という年月。


この世で出会った誰よりも
私と長く共に暮らしてくれたのは猫だった。


3匹居た猫たちは順に亡くなり
先月最後の1匹が19歳で亡くなった。


血の繋がる家族とも
早くに離れてしまったし

こんなにも
深く与え合い
求め合った事は無かった。


私には
誰よりも大きな家族だった。



19年間
私は家でひとりになった事がなかった。


絶対に
家の中にはもうひとつの息があった。

必ずどこかに気配があった。


居なくなった家は
余りにも静かで広い。



振り返れば私は
7年間
猫たちの看護をし
介護をし続けてきた事に気付く。


その間
布団の上で体を伸ばしてゆっくり眠った日は
1日も無かった事に気付いた。


7年振りに
ベッドで体を伸ばして眠るようになった。



夜が辛くて早く眠る。

朝早く起きて一生懸命働く。

でも
想い出が足枷のようにまとわりつく。



会いたい。

触れたい。


毎日思う。

思う度に辛い。

頑張っても
頑張っても
心が前に進めない。






5月のライブ以来
日々悪化してく猫を看取るまで

自分の通院治療も放り投げて
付きっきりで過ごし


看取って以来
通院や仕事以外の外出をしないで居た。

しようと思っても出来なかった。




月下陽香の練習は2回だけしたけれど
それも辛く感じた。

ギタリストさんと会えるのはうれしい。
でも歌うのが苦しい。

何も目指せないままに
痛い顎を動かしてなぜ歌うのかわからない。


ライブバーではいろいろなセッションデーがある。

そこに行けば
誰かしら知り合いに会えて
共に過ごす事も出来る。

でも行きたくない。


深い付き合いでなければ
私の近況など知らないだろうし

そういう関係にある人たちに
いろいろ聞かれるのもしんどい。


中途半端に知る人ほど

“猫は元気?”とか
悪気なく言うのだろうし

もう
そんな繰り返しに
今は耐えられないから

人と会いたくない。





私の心はひどく人を避けて居た。






昨日は良い天気だった。

誘い出してくれた女性が居た。


そこに行く事を
私はとても悩んだ。


人のステージを観る気分ではなかった。


とても悩んだ。

悩んで悩んで。
行こうと思った。

彼女に会いたいと思った。


何か変わるかも知れないと思った。

時間に怯えずに
出掛けられるようになった事を
感じてみようと思った。


ステージの上の大好きな方も
観てみようと思った。




月下陽香は
現在着物でライブをして居る。


5月のライブで着た浴衣は
とても気に入っているひとつだった。


でも
そのステージは
私にはとても苦しい選択だった。


「命が消えないで欲しい。」

「生きて待って居て欲しい。」


あの日の想いが着物を見る度に蘇る。

クリーニングにも出せずに置いたままだった。



出掛けようと決めて
浴衣を洗った。

汗をかきながらアイロンを当てた。


これを着て出かけよう。

この浴衣に沁み付いた
痛む記憶を

上書きしようと思った。





朝から
近所の神社の参道にある和菓子屋さんに買いに行った
お土産を抱えて

途中でギタリストさんと合流して
彼女との待ち合わせの場所へ。

彼女はもう着いていて待っててくれていた。


3人で歩いて会場へ。
こんなふうに外を歩くのは久し振りだった。


会場はお祭りで。


空の下で
彼女と飲みながらたくさん話した。

人とこんなに話すのも久し振りだった。


たくさん話した。


大好きな方のステージも観れた。


この日は
どのステージも
彼女と話しながら観てた。

じっとステージに集中するよりも
それが心地よくて
その方が歌声が心に入ってきた。


大好きな方は
昨日も美しくて素敵だった。

勝ち取ってきた強いオーラを放っておられた。




誘い出してくれた彼女は
昨日も手作りの贈り物を下さった。

花器の下に敷けるようにと編んで下さった“ドイリー”




キャンディやゼリーも頂いた。

ステージに立たれた方のお客さまが
持ってこられたお野菜も分けて頂いた。





たくさん飲んで
たくさん話して

何よりも

私は

久し振りに笑った。





人にとても傷んだ。

とくに
この3ヶ月弱はとても傷んだ。


でも
昨日は人に救われた。







今日は雨。

納品と集金に出掛けよう。


明日は浴衣をクリーニングに出して
来週は海の見える場所に行こう。





月下陽香は
いつステージに戻れるだろう。

そこに
私は何を連れてゆくのだろうか。





※ 申し訳ありませんがしばらくの間コメント欄の設置をお休みしております。

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*

このぶろぐ。
『 癒え待ちよすが -イエマチヨスガ- 』は
「にほんブログ村」のランキングに参加しています。

下のバナーをクリック頂けるとカウントされます。
    どうか…ぽちっと
応援をお願い致します。 ヽo(´∇` 陽)oノ


にほんブログ村

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*

関連記事
スポンサーサイト
自己紹介。

月下陽香

Author:月下陽香
「月下陽香(げっかようこう)」の
ステージネームで
オリジナル楽曲を発信しながら

創作陶芸作家としても活動中。


このブログには
私がかつて
「摂食障害」・「自傷癖」と
共存して居た頃の出来事を綴った記事も
多く置いて居ます。


私にご興味を感じて頂ける
御訪問者さまや

初めてお立ち寄り下さった方は

まずこちらをご覧頂けると
このブログが見やすくなるかと
思って居ります。

【このブログ「癒え待ちよすが」について。】 ←クリック


リンクから
月下陽香のYouTubeなども
ご覧頂けます。


よろしくお願い致します。

カテゴリ。
Twitter。
最新記事。
カレンダー。
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
きんぎょ。
QRこーど。
QRコード
月別アーカイブ。
検索。
リンク。
カウンター。
ランキング参加中。
にほんブログ村参加中。
「このブログに投票」ボタンから
ぽちっといただけるとうれしぃです♡
お便りはこちらから❤

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。