❝ 月下陽香からのおしらせ ❞

  ♪:*:.:*:♪ ・らいぶ情報・ ♪:*:.:*:♪

     ❤ 2017年2月11日(土・祝)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-(選べる1ドリンク&1フード付き)
18:00 オープン  19:00 スタート
★月下陽香&井上タイキ・HAT TREAT ツーマンライブ!!

     ❤ 2016年11月6日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1500-+1ドリンク別途要

     ❤ 2016年5月22日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1000-+1ドリンク別途要

     ❤ 2015年12月25日(金)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 
「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-



  ♪:*:.:*:♪ ・CD情報・ ♪:*:.:*:♪

  ◆ ファーストシングル ・ 花いばら ◆
            2曲入り ¥500-
            2014.5.24 発売
花いばら

  ◆ セカンドアルバム ・ 生きてるからね。 ◆
            6曲+1曲入り ¥1000-
            2011.8.21 発売

いきてるからね。

※ こちらからもお買い求め頂けます。
  「お便りはこちら❤」から お名前とご連絡先をお知らせ下さい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

心の穴と新たな傷と。(転居後前半・12)

      ・・いつも応援ありがとうございます。ブログランキングに参加しております。
           今日もどうかバナーをクリックして応援して下さい。・・


愛おしい命が消えてから

私は自由になった。


ほぼ付きっ切りで世話をした3年間が終わり

やっと眠れるかと思ったら
直ぐに次の看護が始まり


家を空ける度に時間を気にし続けた4年間

自宅でトイレに行く事さえ思うように出来ない程の
付きっ切りになった最期。


7年間を越えて

私はやっと自由になった。


なのに。


それがとても悲しく

空いた穴は
まだ大きく深く痛んでる。





昨日は贈り物を頂いた。


ここにも書いてきたが
先月はいろいろとあり。


6月16日だった誕生日に
「おめでとう」と言って良いのか

辛い想いをさせないか

とても考えて下さり
この時期に送って下さった。





月に寄りそう星が揺れるとても可愛らしいピアス。



京都におられるミュージシャンの方からだった。

諸口あきらさんのライブで知り合った方で

私が時間に縛られていた事や
遠出の出来ない体調である事から
お会い出来た回数は少ないが

毎年誕生日を祝って下さるおひとり。


今までにもたくさんの贈り物を頂いていて

アクセサリーは
プライベートでもとても良く使っているが


ステージに立つ時に
私の身には必ずどこかに
この方から頂いた物が着けられている。




今年の誕生日は

命がいつまで続くのか

終わりは
今日なのか
明日なのか

いつ何が起きてもおかしくない中


それでも
お祝いを贈って下さった方々のおかげで

私は
気に掛けて頂ける喜びを感じて在れ

それはとても有難く
うれしい事だったが


今思えば

今年の誕生日は
余りにも張り詰めた恐怖の中に居たから

思い出す事も苦しくて
どこかで
閉じ込めてしまいたい感情が在る。



私の気持ち的には

誕生日がいつ来たのか
理解出来てないような感じだった…。



昨日頂いた贈り物を見て

「あぁ…私誕生日だったな…。」って
やっと思えた。


誕生日に頂いた
みなさまからの贈り物も
改めて手に取って喜べた。

私を想って下さった物なのに
どうしても
どこか辛くなってしまう気持ちがあって

そんな自分がとても嫌だった。


だけど
それも

やっと喜びに変わった。



添えて下さったメッセージに
「おめでとう」の言葉は無かった。

でも
お礼のメールに頂いたお返事には

「がんばったね」って

言葉が在った。


自分でも
自分に言ってやれた。


私。

がんばったって。











2013年から

月下陽香が

ステージの上で必ず口にして真ん中に掲げてきた

「摂食障害」

「リストカット」

「自傷」。


私にとって「摂食障害」と「自傷」は
人生のほとんどを埋め尽くすものである。

これらと共に生きた20年間と
向き合って生きる事を始めたこの10年間を経て。


摂食障害や自傷の始まりであった
小学生の頃から
現在の私に至る足跡を

2013年7月7日以来記事として書き続けて居る。


綴ってきた記事は「かてごり。」に時代別に分けてあります。


【「1・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(小学生の私)】
   ※4つの記事があります。

【「2・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(中学生の私)】
   ※7つの記事があります。

【「3・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(高校生の私)】
   ※12の記事があります。

【「4・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(大学生の私)】
   ※17の記事があります。

【「5・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代前半の私)】
   ※61の記事があります。

【「6・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代後半頃の私)】
   ※50の記事があります。

【「7・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(30代前半頃の私)】
   ※現在執筆中。





5月・6月と
介護が必要になった飼い猫との
暮らしや想いを多く綴りながら。

その介護も終末を迎え

我が子のように愛し
19年を共に暮らした愛猫は
とうとう召されて骨となり

現在は亡くした喪失感と向き合う日々も綴って居る。

【「亡骸が消えてから。」 (2014.6.27)】

【「胸いっぱいの寂しさを食べながら。」 (2014.7.2)】


ブログのスタイルを変え
摂食障害と自傷について書き始めて
7月7日から2年目を迎えた。

6日の記事でそれについて触れて居る。

【「自傷と摂食障害を晒す選択。」 (2014.7.6)】



過程を綴る記事は30代前半頃の私を書いている途中。

【「血の匂いがする。」 (2014.7.7)】

今日はこの続きだね。






“もう歌えなくなるかも知れない。”


突きつけられた現実に
想いは一気に溢れだした。


もう一度歌いたい。





メンバーから連絡が来た。

長い話し合いの末
私たちは最後のステージに立つ事を決めた。


1年後。

思い出の詰まった大好きな大切な店のステージに
メンバーの音で歌う私で立つんだ。




20代のほとんどを
私はそのバンドに所属して過ごして居た。


学校でも
職場でも

いつも
私は上手く馴染めなかった。


周りが
違和感なく受け入れてくれている状況に在っても

上手く仲良くやってるように見えても

私には居心地が悪かった。


本当の私を
必死で隠していなければ

そこに在れなかったからだ。


周りの人たちが思ってる
私は私でないからだ。



親しい人たちが話す自分の事を
私は私なりに一生懸命聞く。

だから
その人たちの事は
見せてくれる範囲ではとても理解している。


でも私は話さない。


私が
その人たちに話す自分の事は

本当の事じゃなかったり

無難な事だけを浅く伝えるだけだから

それは私では無い。


周りの人たちは
私が話す私の事だけを聞いて

私の事を
すごくわかってると思い込んで接してくれるけど


本当は何にもわかってない。


だから居心地が悪い。


馴染めない。



歌の世界で私は
初めて
少しだけ自分を見せていたのかも知れない。

そこでしか表現できない想いが在って

そこに行けるから
生きて居たいと思った時代だったんだろう。





直ぐにでも摘出すべき腫瘍を抱えたまま

私は手術を受けない事に決めた。


ライブが終わるまで
顎にメスを入れない。
そう決めた。


その日まで生きれたら良いと思った。

その翌日に死んでも
もういいと
なぜかとても真剣に思った。



続きはまたね。










この日の記事の始めに書いた出来事。

【「死を受け止めながら。」 (2014.6.29)】


この時の出来事に感じた感情を
処理出来なくて
自分の中で
確認と整理と問いかけを繰り返してる。



5月24日のライブは
リハーサルも遅刻して行く位
私は大変な状況にあった。

ステージでもそれについて触れた。

以降
愛猫ぽんちゃんの具合は
すごい速さで悪化して行った。

それはここに記してきた。



6月の始め頃あるイベントがあった。
5月のライブを観て居てくれた方々も出演するイベントだった。

みなさまとても気合を入れているご様子で
私も伺う予定にしていたが
外出出来ない状況となり

前日連絡を入れた。

“付きっきりの状態になってしまったから伺えない”事と
“私は伺えないがギタリストが応援に行きます”という事。



その後
一度電話があったが出れる状況でもなく

それからは
互いに連絡もなく20日近い時間が過ぎ


電話が鳴ったが出られる心境に無く
頂いたメールには
“猫と陽ちゃんは元気?”とあった。



私は胸がえぐられる想いだった。

“1週間前に死んだよ”って言えばいいの?

電話で話しても苦しくて泣くだけだよ。

メールにすれば
悲しみを説明する文字を打ち
読み返し
送信する作業をしなくてはいけない。


とても苛立ち
とても傷付いた。



私はなぜこの出来事に傷付いたのか。

それはわかっていた。


“付きっきり状態”になってしまった事は伝えていた。

いつどうなるかわからない事は
伝わったと思って居た。



もし私なら。


そう言われた時に

その人のブログを知って居るのだから

連絡をする前に一度チェックをする。

何かと良く関わってきた仲ならば
まずそうする。

万が一の事が
起きているかも知れない事を想像してそうする。



でもその方はそれをしない。


それは
人それぞれの考え方であり
自由であり

私が決める事ではないのに

なぜそれをしてくれなかったのかと
私は傷付いた。

苛立ってしまった。



だから“ブログを見て下さい”と伝えた。

その方は
その時一度だけ見に来て下さったのかなと
アクセス解析からの判断だけだが感じて居る。




その後メールを下さったので

私は
“ブログを見て下さい”と
感情を押し付けてしまった事に対して
その方にお詫びのメールを入れた。

その押し付けは
私が間違って居る。





でも全く消化出来て居ない。


なぜだろうか。


傷は
今回の出来事だけに
ついたものではない事が理解出来た。


今回の出来事は
ただの引き金だ。


少し前から信じられなくなってたんだ。


“もう少しちゃんと話を聞いてよ”って。

“大変な状況でも頑張ってるんだから
 もう少し助けてよ”って。

私はずっと思ってたんだ。


でも
それを伝えずに我慢してたから
気持ちが切れてしまったんだ。



結局は
自分が招いた傷でもあるって事。




この過程と感情を
どう処理してゆこうかまだ思い付かない。

これを乗り越えないと
その方との関わりに次を見れない。



今は
失くした喪失感の中で

毎日は感情に息切れをして居る。


まずは
そのケアを
いちばんに考えないと

何も出来ないね。




※ 申し訳ありませんがしばらくの間コメント欄の設置をお休みしております。

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*

このぶろぐ。
『 癒え待ちよすが -イエマチヨスガ- 』は
「にほんブログ村」のランキングに参加しています。

下のバナーをクリック頂けるとカウントされます。
    どうか…ぽちっと
応援をお願い致します。 ヽo(´∇` 陽)oノ


にほんブログ村

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*


関連記事
スポンサーサイト
自己紹介。

月下陽香

Author:月下陽香
「月下陽香(げっかようこう)」の
ステージネームで
オリジナル楽曲を発信しながら

創作陶芸作家としても活動中。


このブログには
私がかつて
「摂食障害」・「自傷癖」と
共存して居た頃の出来事を綴った記事も
多く置いて居ます。


私にご興味を感じて頂ける
御訪問者さまや

初めてお立ち寄り下さった方は

まずこちらをご覧頂けると
このブログが見やすくなるかと
思って居ります。

【このブログ「癒え待ちよすが」について。】 ←クリック


リンクから
月下陽香のYouTubeなども
ご覧頂けます。


よろしくお願い致します。

カテゴリ。
Twitter。
最新記事。
カレンダー。
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
きんぎょ。
QRこーど。
QRコード
月別アーカイブ。
検索。
リンク。
カウンター。
ランキング参加中。
にほんブログ村参加中。
「このブログに投票」ボタンから
ぽちっといただけるとうれしぃです♡
お便りはこちらから❤

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。