❝ 月下陽香からのおしらせ ❞

  ♪:*:.:*:♪ ・らいぶ情報・ ♪:*:.:*:♪

     ❤ 2017年2月11日(土・祝)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-(選べる1ドリンク&1フード付き)
18:00 オープン  19:00 スタート
★月下陽香&井上タイキ・HAT TREAT ツーマンライブ!!

     ❤ 2016年11月6日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1500-+1ドリンク別途要

     ❤ 2016年5月22日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1000-+1ドリンク別途要

     ❤ 2015年12月25日(金)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 
「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-



  ♪:*:.:*:♪ ・CD情報・ ♪:*:.:*:♪

  ◆ ファーストシングル ・ 花いばら ◆
            2曲入り ¥500-
            2014.5.24 発売
花いばら

  ◆ セカンドアルバム ・ 生きてるからね。 ◆
            6曲+1曲入り ¥1000-
            2011.8.21 発売

いきてるからね。

※ こちらからもお買い求め頂けます。
  「お便りはこちら❤」から お名前とご連絡先をお知らせ下さい。

血の匂いがする。(転居後前半・11)

      ・・いつも応援ありがとうございます。ブログランキングに参加しております。
           今日もどうかバナーをクリックして応援して下さい。・・





もう

この世に居ないのに

もう

会えないのに

会いたくてたまらない。


その体を撫でて

あのクリクリの目が
こっちを向く姿を

見たくて仕方ない。



どうしても湧きあがってしまう感情は
まだ反らす事も上手く出来なくて

その度に泣くだけだ。


泣いて過ぎる事しか
今は出来ない。


そういう状況に落ちると
人との関わりも上手くこなせない。


頂いたメールへの返事すら出来ない。

だけどもう
今は無理をしない。


壊れてしまうから。






愛猫ぽんちゃんが急変した時に

流動食や
ペット用の水や
お金を送って下さった方々がいらっしゃった。


亡くなった時
直ぐにお花を送って下さった方や

後日ギフト券を送って下さった方がおられた。


先週は
そんな方々にお礼のお手紙を書いた。

メールでも良いのだけれど
書こうと思った。



手紙にはそれぞれに
お渡ししたいと思う物を
小さな物だが同封した。



ある方にはボールペンを同封した。

私が
日頃仕事で使っている物の色違いにした。


私はこのピンク色のペンの

重さや書き味が
とても気に入って使って居る。


その方は
言葉を紡ぐ機会の多い方でいらっしゃるので
おそばに置いて頂けたらと願ってそうした。

お二人連名で頂いたお悔やみのお花。

お二人共に
月下陽香に優しい光を与えて下さる方だ。


そのお二人に
どちらがどのペンを選んでも
きっとお似合いだと思う色を考えて選んだ。




昨日は

想い出が足枷となり

酷く悲しくて
辛くてたまらなくて


記事を更新した後は
ネット環境からも離れ

仕事を早めに切り上げて
いつもより多く飲んで勢いで眠った。



朝が来て。

数日置きとか
更新時だけではなく

私が
絶対に毎日伺う
3つのブログを訪問したら


そのひとつに
贈ったボールペンの写真と記事が在った。

有難かった。






ブログのスタイルを変え

摂食障害と自傷について書き始めて

今日から2年目を迎える。


昨日の記事で
それについて触れて居る。

【「自傷と摂食障害を晒す選択。」 (2014.7.6)】


これからも書き続けてゆく。








2013年から

月下陽香が

ステージの上で必ず口にして真ん中に掲げてきた

「摂食障害」

「リストカット」

「自傷」。


私にとって「摂食障害」と「自傷」は
人生のほとんどを埋め尽くすものである。

これらと共に生きた20年間と
向き合って生きる事を始めたこの10年間を経て。


摂食障害や自傷の始まりであった
小学生の頃から
現在の私に至る足跡を

2013年7月7日以来記事として書き続けて居る。


綴ってきた記事は「かてごり。」に時代別に分けてあります。


【「1・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(小学生の私)】
   ※4つの記事があります。

【「2・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(中学生の私)】
   ※7つの記事があります。

【「3・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(高校生の私)】
   ※12の記事があります。

【「4・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(大学生の私)】
   ※17の記事があります。

【「5・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代前半の私)】
   ※61の記事があります。

【「6・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代後半頃の私)】
   ※50の記事があります。

【「7・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(30代前半頃の私)】
   ※現在執筆中。



5月・6月と

介護が必要になった飼い猫との
暮らしや想いを多く綴りながら。


その介護も終末を

迎え我が子のように愛し
19年を共に暮らした愛猫は

とうとう召されて骨となり

現在は亡くした喪失感と向き合う日々も綴って居る。

【「亡骸が消えてから。」 (2014.6.27)】

【「胸いっぱいの寂しさを食べながら。」 (2014.7.2)】




過程を綴る記事は30代前半頃の私を書いている途中。

【「どこまで失えばいい。」 (2014.7.5)】



今日からはこの続きだね。






“もう歌えなくなるかも知れない。”


活動は休止状態にあったけれど

きっとまた歌えると
私はどこかでは思って居た。

そう思わなければ苦し過ぎたんだろう。




メンバーの暮らす土地からは
離れて暮らす事を選び

また
メンバーそれぞれにも環境は変わりゆき


家庭を持ち親となる者や
男手ひとつで我が子を育てゆく選択をした者も居り

継続が難しい事はわかっていても

二度と歌えなくなる未来を
想像はして居なかった。

しないようにしていた。




約10年間所属したバンド。


その10年は
私にとっては激動の年月であり


出口の無い痛みに満ちた中
歌だけが支えで在った時代が
存在する事は事実。


このまま有耶無耶に消えてなくなりたくはない。

きちんと解散をしたい。
ステージの上で解散をしたい。


もう歌えなくなるかも知れない。

その前に
もう一度だけ
メンバーの音で歌わせては貰えないだろうか。



私はメンバーに手紙を書いた。
想いを伝え返事を待った。




検査結果が出た。

私の顔の両の顎上下には腫瘍が出来て居た。

現時点では幸い悪性ではない。
ただいつそうなるかはわからない。
そうなれば摘出部分もとても大きくなる。

顎は毎日とてもたくさん動かす所だ。
実際に
既に開閉に苦痛を感じ
発声ににも違和感を感じて居る。

1日でも早く取り除かなければいけない。
他にも疾患があるから
主に内科との連携の中で一刻も早い処置を行うべきとの事。



すぐには答えを出せなかった。


メンバーからの返事を待って居たからだ。






メンバーに手紙を書く前
まだ口腔外科での検査を受ける少し前の頃だった。


お世話になっていた方から連絡が入った。


バンドが精力的に活動出来ていた頃
その方の主催するイベントでも
私は大きくお世話になっていた。

大阪へ越す事を告げて来たひとりだった。


大阪へは仕事でよく来ているとの事で
近々来るから少し会わないかと
声を掛けて下さった。



私の状況も
これまでの過程も
特別知って居る人ではない。

浅くしか付き合った事は無い。

会って
今の私がその人と何を話すのかも想像出来ない。

でも会おうと思った。とても思った。
会いたかった。




その日。
私は半袖の服を着た。


大阪へ来るまでは
安易に腕を晒す事は無かった。


店でドレスを着る時は
ファンデーションで隠して居たし

そのままの腕を晒す事は
それこそセックスでもしなければ在り得なかった。


基本的に
いつも

黒い長袖の服を着て居て

前髪で顔を覆い
濃い化粧をし


そうすれば
本当の自分を隠せるように感じて居た。



でも
その日

私は傷だらけの腕を晒して出掛けた。


歩く事もうまくこなせない体調。

足を引き摺るように
時々左右に流れながらでしか歩けない背中を
支えて貰いながら

多くの人が行き交う都会の繁華街を歩き

昼からふたりで飲んだ。


帰宅ラッシュの人たちが
慌ただしく行き交う頃まで
ただただ飲んで話した。




彼は言った。


「お前は血の匂いがするんだ。」


「それが何故だかわからないが血の匂いがすると思ってた。」


「その傷は何?」

「お前どんな生活してるんだ?」




傷だらけの腕を見ながら
彼はたくさんの問いかけを私にした。


その答え全てに

「わからない。」

と繰り返した。



わからないけれど知りたい。

そんな風に見えた。



私が言うのはおかしいだろうが

彼の思考はとても変わって居て

その高い社会的地位の中で
素晴らしい仕事をこなす彼しか
知らない人には想像できないだろうが


平凡からは
かけ離れた意識を持ち合わせて居て

心に
なんかしらのスリルを
いつも求めているような人だった。



「わからない。」と繰り返す彼は

わかるフリをして
“可哀想だ”と言う言葉を向ける人たちよりも
話して居て心地よかった。




彼と音楽の話もした。

メンバーの音で最後に歌いたいと。
大好きなライブハウスで
もう一度だけ歌いたいと。




そうしたら彼が言った。

“1年後ならどうだ?”と


1年の準備期間を経た後
最後のステージを僕が用意すると。


私が歌う為のイベントを立ち上げるという事。


出演者や会場等
仕事をしながら準備するには
1年欲しいと考える彼と

数年活動が止まっているバンドが

メンバーの暮らす土地から
離れてしまったボーカルの私と
練習を重ねステージに立てる状態に立ち上げるには

それくらいの期間は必要だろうと考えた上で
与えられた提案だった。



夢が叶うようだった。

私はそこを目指したかった。

バンドの最後のステージに立ちたかった。

どうしても立ちたかった。






そんな出来事も在り

また
そこに検査結果も絡み

私はメンバーに手紙を書いたんだ。




続きはまた。












今日も
自分に問いかけて
言い聞かす。


あといくつ夜を越えたなら

悲しみは薄らぐのだろうか。



薄らぐどころか

亡くなった後の1週間よりも


次の週


そして
今日の方がとても苦しい。


悲しみに痛む事に
とても疲れてしまって居る。


くたくたに疲れてる。


私。

笑ってないや。





※ 申し訳ありませんがしばらくの間コメント欄の設置をお休みしております。

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*

このぶろぐ。
『 癒え待ちよすが -イエマチヨスガ- 』は
「にほんブログ村」のランキングに参加しています。

下のバナーをクリック頂けるとカウントされます。
    どうか…ぽちっと
応援をお願い致します。 ヽo(´∇` 陽)oノ


にほんブログ村

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*


関連記事
スポンサーサイト
自己紹介。

月下陽香

Author:月下陽香
「月下陽香(げっかようこう)」の
ステージネームで
オリジナル楽曲を発信しながら

創作陶芸作家としても活動中。


このブログには
私がかつて
「摂食障害」・「自傷癖」と
共存して居た頃の出来事を綴った記事も
多く置いて居ます。


私にご興味を感じて頂ける
御訪問者さまや

初めてお立ち寄り下さった方は

まずこちらをご覧頂けると
このブログが見やすくなるかと
思って居ります。

【このブログ「癒え待ちよすが」について。】 ←クリック


リンクから
月下陽香のYouTubeなども
ご覧頂けます。


よろしくお願い致します。

カテゴリ。
Twitter。
最新記事。
カレンダー。
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
きんぎょ。
QRこーど。
QRコード
月別アーカイブ。
検索。
リンク。
カウンター。
ランキング参加中。
にほんブログ村参加中。
「このブログに投票」ボタンから
ぽちっといただけるとうれしぃです♡
お便りはこちらから❤

名前:
メール:
件名:
本文: