❝ 月下陽香からのおしらせ ❞

  ♪:*:.:*:♪ ・らいぶ情報・ ♪:*:.:*:♪

     ❤ 2017年2月11日(土・祝)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-(選べる1ドリンク&1フード付き)
18:00 オープン  19:00 スタート
★月下陽香&井上タイキ・HAT TREAT ツーマンライブ!!

     ❤ 2016年11月6日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1500-+1ドリンク別途要

     ❤ 2016年5月22日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1000-+1ドリンク別途要

     ❤ 2015年12月25日(金)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 
「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-



  ♪:*:.:*:♪ ・CD情報・ ♪:*:.:*:♪

  ◆ ファーストシングル ・ 花いばら ◆
            2曲入り ¥500-
            2014.5.24 発売
花いばら

  ◆ セカンドアルバム ・ 生きてるからね。 ◆
            6曲+1曲入り ¥1000-
            2011.8.21 発売

いきてるからね。

※ こちらからもお買い求め頂けます。
  「お便りはこちら❤」から お名前とご連絡先をお知らせ下さい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どこまで失えばいい。(転居後前半・10)

      ・・いつも応援ありがとうございます。ブログランキングに参加しております。
           今日もどうかバナーをクリックして応援して下さい。・・





骨の一部は
メモリアルケースに入れて持ち歩いている。

ここには3匹の骨が入っている。



愛おしい大切な命が召されてから

私はベッドで眠っている。


このベッドでは7年間眠って居なかった。


亡くなる少し前

突然
ぽんちゃんが
2階の寝室に閉じこもるようになり

寝室のベッドの横の箱から
ほとんど出てこなくなり


その2週間程はベッドで眠ったが

その後亡くなるまでは
再びぽんちゃんは1階のリビングで過ごしていたから

私はソファでうたた寝の生活だった。




約3年間

先に亡くなった猫の看護が必要になってからは

ずっと床の上で
その子の横で寝て居た。


いつ何が起きても
起き上がって対応出来るように
そうしていた。


毎日2回のインシュリン注射に
数時間おきの血糖値測定。


付きっ切りの3年間の後
看取り


その直後
ぽんちゃんの乳がんが発覚して

以来
ぽんちゃんのそばで眠る生活となり


先月22日に召されるまでは4年間。



計7年間
ベッドでゆっくり横になる事はなかった。


ぽんちゃんが亡くなってからは
毎日ベッドで眠って居る。

よくぽんちゃんが上ってお昼寝してたベッド。




静けさの中で

ひとり起きて居る事が今はとても苦しくて

早い時間に横になり眠る。


早い時間に起きて
雨戸を開けて
部屋が明るくなれば少しほっとする。


毎朝

起きてすぐに骨壺を見て

自分に問うて
心に確認の作業をする。


今日の私が
感じて居る

亡くした寂しさや悲しみが

どんな色で
形で
存在して在るのか

確かめる。


今日は
この喪失感をどうこなしてゆけるだろうか

心に問う。












2013年から

月下陽香が

ステージの上で必ず口にして真ん中に掲げてきた

「摂食障害」

「リストカット」

「自傷」。


私にとって「摂食障害」と「自傷」は
人生のほとんどを埋め尽くすものである。

これらと共に生きた20年間と
向き合って生きる事を始めたこの10年間を経て。


摂食障害や自傷の始まりであった
小学生の頃から
現在の私に至る足跡を

2013年7月7日以来記事として書き続けて居る。


綴ってきた記事は「かてごり。」に時代別に分けてあります。


【「1・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(小学生の私)】
   ※4つの記事があります。

【「2・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(中学生の私)】
   ※7つの記事があります。

【「3・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(高校生の私)】
   ※12の記事があります。

【「4・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(大学生の私)】
   ※17の記事があります。

【「5・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代前半の私)】
   ※61の記事があります。

【「6・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代後半頃の私)】
   ※50の記事があります。

【「7・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(30代前半頃の私)】
   ※現在執筆中。




5月・6月と
介護が必要になった飼い猫との
暮らしや想いを多く綴りながら。


その介護も終末を迎え

我が子のように愛し
19年を共に暮らした愛猫は

とうとう召されて骨となり

現在は
亡くした喪失感と向き合う日々も綴って居る。

【「亡骸が消えてから。」 (2014.6.27)】

【「胸いっぱいの寂しさを食べながら。」 (2014.7.2)】


過程を綴る記事は30代前半頃の私を書いている途中。

【「亡くした悲しみの足枷。」 (2014.7.4)】




この続きを書こう。




心の病気。

摂食障害と自傷癖は
置き去りにしたまま


私は
先に自分の体と向き合う事に決めた。


大阪に来たばかりの頃は
まずは精神科に通いたいと思って居たが

精神科が信じられなくなった。


体の治療をしながら
自分が納得して通える精神科を
探してゆけば良いと思った。



総合病院での検査後
毎日の通院を続けながら

検査の際に行くように言われた
口腔外科を訪れた。


そこでの検査の後
医師に呼ばれ
見せられたレントゲン写真は
素人の私が見ても
普通ではない事がすぐにわかった。

上下左右の顎に
白いもやもやした物がたくさん写っていた。

これが自分の顔かと思うと怖くてたまらなくなった。

「腫瘍」。
それが悪性なのか良性なのか
取るべきなのか
温存出来るのか
レントゲン写真だけでは判断出来ないとの事。
万が一悪性だった場合この顔を失ってしまう。


ものすごい恐怖で体が震えた。




自分が大嫌いだった。

この体も
この顔も
嫌いだった。

母親にそっくりのスタイルが

とても嫌いだった。



ずっといつも濃い化粧をしてた。


まだ水商売をしてた頃

自分の店を持つ為に
必死で働いていたけれど

出店資金が貯まった時に

本気で考えた。


店を出す事をやめて
整形手術をしようか
真剣に悩んだ。


大嫌いな顔なのに
失うかも知れないと

突きつけられた時に

嫌だと思った。

失いたくないととてもとても思った。



直ぐに細かい検査を受けた。

全ての結果がわかるまで
大きな恐怖の中で待ち過ごした。

考えないで居ようとしても考えてしまう。

これからどうなってしまうのか
考えると胸がバクバクと乱れ
どこにもやれない想いに
絶望だけが育ってゆくようだった。





大阪へ来るまでの数年
音楽活動は休止状態だった。


私がスナック経営をしていた為
平日の夜は練習が出来ない。

メンバーは昼間の会社勤めで
結婚した者も居て
みんなで集まれる状況でもなくなってゆき

解散をした訳では無いが
休止したまま私は大阪へ来てしまった。



後悔をして居た。

このままでは嫌だと
ずっと気になって居た。

私自身が
もうその土地で暮らして居ないのだから

活動を継続してゆく事は不可能だろう。


でも。
休止期間も含めれば
そこには10年近い年月が在った。


歌いたくて
歌いたくて。

やっと歌えると信じていたら
半年で裏切られるように無くなったバンド。


その後
リーダーとふたりでメンバーを探して

やっと
もう一度
バンドボーカルとして始められた活動。


摂食障害と自傷を止められないままに

中絶もして
借金もして
夢も仕事も失くして
水商売を始めて

現在に至るまでの10年間

どんな形にしろ
所属し続けたバンドだった。



私。
もう歌えなくなるかもしれない。

人前に出れない顔になるかも知れない。

歌声を失うかも知れない。

最後に
せめてきちんと解散をしたい。


ずっと気になりながら
何もしないで
未練だけをふつふつと湧きあがらせて

何も出来ずに朽ちてゆきたくない。



検査の結果を待ちながら
私はメンバーに手紙を書いた。



続きはまた。













持ち歩く
骨が入ったケースは

チェーンなどをプラスする事で
ペンダントトップにしたり
キーホルダーにしたり出来る。


でも私は袋に入れて連れて居る。


ネジ式になった蓋が
万が一緩んだりしてしまったら
気付かない内に
みんなを落としてしまうから。




入れている袋に
先日
花のブローチを着けた。



このブローチは

もう20年近く
うたうたいの私を
応援下さって
繋がり続けて下さっている女性から

頂いた物。


編み物の講師をしておられる彼女の
手作りの品物だ。


おかげで華やかになった。



このブローチには

これまでの年月
彼女が日々努力を重ね
技術を磨き
注いできたものが
詰め込まれている。


これで生計を立てておられる
プロの方の作品を
プレゼントとして頂くと言う事は
その全てを
与えて頂いて居る事だと思う。


この花を飾った猫たちと共に
毎日を過ごそう。




※ 申し訳ありませんがしばらくの間コメント欄の設置をお休みしております。

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*

このぶろぐ。
『 癒え待ちよすが -イエマチヨスガ- 』は
「にほんブログ村」のランキングに参加しています。

下のバナーをクリック頂けるとカウントされます。
    どうか…ぽちっと
応援をお願い致します。 ヽo(´∇` 陽)oノ


にほんブログ村

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*


関連記事
スポンサーサイト
自己紹介。

月下陽香

Author:月下陽香
「月下陽香(げっかようこう)」の
ステージネームで
オリジナル楽曲を発信しながら

創作陶芸作家としても活動中。


このブログには
私がかつて
「摂食障害」・「自傷癖」と
共存して居た頃の出来事を綴った記事も
多く置いて居ます。


私にご興味を感じて頂ける
御訪問者さまや

初めてお立ち寄り下さった方は

まずこちらをご覧頂けると
このブログが見やすくなるかと
思って居ります。

【このブログ「癒え待ちよすが」について。】 ←クリック


リンクから
月下陽香のYouTubeなども
ご覧頂けます。


よろしくお願い致します。

カテゴリ。
Twitter。
最新記事。
カレンダー。
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
きんぎょ。
QRこーど。
QRコード
月別アーカイブ。
検索。
リンク。
カウンター。
ランキング参加中。
にほんブログ村参加中。
「このブログに投票」ボタンから
ぽちっといただけるとうれしぃです♡
お便りはこちらから❤

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。