❝ 月下陽香からのおしらせ ❞

  ♪:*:.:*:♪ ・らいぶ情報・ ♪:*:.:*:♪

     ❤ 2017年2月11日(土・祝)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-(選べる1ドリンク&1フード付き)
18:00 オープン  19:00 スタート
★月下陽香&井上タイキ・HAT TREAT ツーマンライブ!!

     ❤ 2016年11月6日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1500-+1ドリンク別途要

     ❤ 2016年5月22日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1000-+1ドリンク別途要

     ❤ 2015年12月25日(金)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 
「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-



  ♪:*:.:*:♪ ・CD情報・ ♪:*:.:*:♪

  ◆ ファーストシングル ・ 花いばら ◆
            2曲入り ¥500-
            2014.5.24 発売
花いばら

  ◆ セカンドアルバム ・ 生きてるからね。 ◆
            6曲+1曲入り ¥1000-
            2011.8.21 発売

いきてるからね。

※ こちらからもお買い求め頂けます。
  「お便りはこちら❤」から お名前とご連絡先をお知らせ下さい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

亡くした悲しみの足枷。(転居後前半・9)

      ・・いつも応援ありがとうございます。ブログランキングに参加しております。
           今日もどうかバナーをクリックして応援して下さい。・・





今日も

たくさんの花が骨壺を囲んでいる。


花に囲まれて居たいのは

骨になったぽんちゃんよりも

私で在る事は
自分で理解出来る。


寂しさに
押し潰されそうな想いを


支えてくれて居るものの中で
花の存在は大きい。





先日

お世話になった動物病院から届いたお悔やみの花は

黄色や赤や紫
鮮やかな色どりで

その明るさにも救われて居る。



アレンジの真ん中には
小さな向日葵がふたつ。

それがとても可愛らしい。

りんどうが
枯れないで咲いて欲しいなと思う。



一患者でしかない私に
ぽんちゃんに
お花を頂いた事は

とてもうれしく
有難く
心から感謝して居る。



でも

整理しなきゃいけないと必死だった
想いや記憶が
どうしても次々と溢れてしまい

悲しみが
余りにもリアルによみがえり


昨日は苦しくてたくさん泣いた。



今朝。

起きてきて
骨壺に話し掛け

今日も花たちの水を変えながら


お花を頂いた事に
やはり改めて感謝した。


花を頂いたから
傷んだように感じたけれど

きっとそうじゃないね。


私が
まだ悲しみを整理出来て居ないだけだ。


このお花には

先生方のお気持ちや
これまでの過程が
たくさんたくさん詰まって居て


じっと見てると
やっぱりきれいだなって思うし

救われるなって思うもんね。




ギタリストさんも
またお花を届けてくれた。


お墓参りの時のお花しか
買った事がないと言う彼は

ぽんちゃんの回りに飾る花を選ぶ時
とても悩んで選んでくれている。


今回は
濃いピンクと薄いピンクのガーベラと
白い小花を届けてくれた。











2013年から

月下陽香が

ステージの上で必ず口にして真ん中に掲げてきた

「摂食障害」

「リストカット」

「自傷」。


私にとって「摂食障害」と「自傷」は
人生のほとんどを埋め尽くすものである。

これらと共に生きた20年間と
向き合って生きる事を始めたこの10年間を経て。


摂食障害や自傷の始まりであった
小学生の頃から
現在の私に至る足跡を

2013年7月7日以来記事として書き続けて居る。


綴ってきた記事は「かてごり。」に時代別に分けてあります。


【「1・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(小学生の私)】
   ※4つの記事があります。

【「2・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(中学生の私)】
   ※7つの記事があります。

【「3・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(高校生の私)】
   ※12の記事があります。

【「4・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(大学生の私)】
   ※17の記事があります。

【「5・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代前半の私)】
   ※61の記事があります。

【「6・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代後半頃の私)】
   ※50の記事があります。

【「7・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(30代前半頃の私)】
   ※現在執筆中。



5月・6月と
介護が必要になった飼い猫との
暮らしや想いを多く綴りながら。

その介護も終末を

迎え我が子のように愛し
19年を共に暮らした愛猫は

とうとう召されて骨となり

現在は
亡くした喪失感と向き合う日々も綴って居る。

【「亡骸が消えてから。」 (2014.6.27)】

【「胸いっぱいの寂しさを食べながら。」 (2014.7.2)】



過程を綴る記事は30代前半頃の私を書いている途中。

【「骨と花と暮らして。」 (2014.7.1)】


今日はこの続きを書こう。






大阪へ来れば変われると思ってた。


自分の過去を知る人たちの居ない土地で
新しく生きてゆけると思ってた。

きっと楽しい出来事が待って居ると思ってた。


勇気を出して訪れた精神科。

そこでは何もして貰えなかった。

指1本触れられる事無く
診療を拒否され回されたのは

アルコールやドラッグ依存の患者が集まる病院だった。


そこでの医師の判断に納得が出来なかった。


精神医療って何?


そこに行くだけで

もう
医師にも
異常だとしか思われて居ないように感じた。

急に全ての希望を失ったように感じた。

誰にも何も伝わらない事を感じた。


変わろうと決意し起こした行動は
始めの一歩で打ちのめされた。



どうでも良くなった。

決めつけられるなら
酒にも薬に
もどっぷりつかり込んだ依存患者になってやろうと思った。


自分で自分を廃人だと思う毎日。

主人は何も言わなかった。

ただ
とても
とても
深く悲しみに満ちた表情で

私を見て居た。



このままじゃ駄目だ。

検査を受けよう。

自分の体の現状をきちんと知ろうと思った。

やっとそう思えた。



精神科は避けた。

自分が納得できる精神科を
もう一度探し直そうと思った。


でもまずは
先に体の検査を受けようと思い

私は総合病院に行った。


摂食障害と自傷癖については
何も言わずに検査を受けた。



現状は想像以上に壊れて居た。
入院治療を勧められた。
それは出来ないと思った。

家には3匹の猫が居る。
主人には仕事があるから
私が入院すれば世話をする人間が居なくなる。

話し合いの末
毎日の通院を約束する事となった。

大量の薬と毎日の点滴。

食事療法も必要だがこれが出来ない。

まだ
摂食障害の嘔吐を止められないで居た。


それでも
まずは少しでも体を楽にしようと思う気持ちはあり
通院治療を続けた。




喉の調子が数年とても悪かった。


大阪へ来る前の2年程は
店でカラオケを歌う事も苦しかった。

客とデュエットしたり
歌ってくれと言われる度に大変な思いをして居た。

バンド活動も出来ずにいた。


指を突っ込んで
嘔吐を繰り返しているからだろうと

思って居た。


耳鼻咽喉科で診てもらったが
口腔外科の診療を勧められた。

その総合病院に口腔外科は無く
自分で調べた。

差し歯の具合も悪かったし
ついでに治そうと軽い気持ちで訪ねた。


ここまで来たら
もうひとつ通院が増えても変わらない。
それくらいの気持ちでもあった。



が。

そこで受けた検査結果は

とてもショックの大きなものだった。


続きはまた。











昨年の7月7日から
書き始めた私の足跡。

もうすぐ1年になる。


1年書き続けた記事は

小学生の私を綴る事から始まり

30代前半の私を書き続けて居る。


まだまだこれから

摂食障害と自傷癖について

体の病気や
心の病気について

関わって来た人たちや

そこで起きた出来事

感じた想いや

知れた答えを

たくさん晒してゆくのだけれど。


それでもきっともうすぐ。
現在の私に辿り着く。

きっと
今年中には

過去ではなく
現在を記す日々を迎えるのだと思う。



その時に私は何が言いたいだろう。






今の私は

日々寂しさと悲しみを抱き締めて

これをどう越えてゆこうか痛みながら
まだひとつも消化出来ずに

とても神経質に
感情と向き合って居る。



ペットロスも人それぞれ。


中でも
子を持たない大人の女性が
ペットを亡くした後の喪失感は
乗り越えるまでに
とても時間がかかる事が多いと聞いた。


わかる気がする。


実際に子を産み育てた人から見たら

私が猫たちにしてきた事は
たかが動物にしてきただけの事で
そんな苦労はまだまだのもので

それに痛んで在る毎日は
大袈裟で甘いのかも知れない。


でも
子を持たない私には

自分の事を犠牲にしても世話をし続けた日々に

母親のような感情を知り
学び
与えられて生きてきた19年が在り


先立たれる事は
当たり前だと理解出来て居ても


それを失くした悲しみは余りにも大きく
まだ動けそうにない。



今は
出来る限り
どんなに小さなものであっても
心に新たな傷を作る事も避けたくて

ただ毎日こつこつと生きて居る。



7月が終わる頃には
次のライブを決めれて在れたらとも思うが

どうなるか

今日の私にはまだわからない。




※ 申し訳ありませんがしばらくの間コメント欄の設置をお休みしております。

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*

このぶろぐ。
『 癒え待ちよすが -イエマチヨスガ- 』は
「にほんブログ村」のランキングに参加しています。

下のバナーをクリック頂けるとカウントされます。
    どうか…ぽちっと
応援をお願い致します。 ヽo(´∇` 陽)oノ


にほんブログ村

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*





関連記事
スポンサーサイト
自己紹介。

月下陽香

Author:月下陽香
「月下陽香(げっかようこう)」の
ステージネームで
オリジナル楽曲を発信しながら

創作陶芸作家としても活動中。


このブログには
私がかつて
「摂食障害」・「自傷癖」と
共存して居た頃の出来事を綴った記事も
多く置いて居ます。


私にご興味を感じて頂ける
御訪問者さまや

初めてお立ち寄り下さった方は

まずこちらをご覧頂けると
このブログが見やすくなるかと
思って居ります。

【このブログ「癒え待ちよすが」について。】 ←クリック


リンクから
月下陽香のYouTubeなども
ご覧頂けます。


よろしくお願い致します。

カテゴリ。
Twitter。
最新記事。
カレンダー。
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
きんぎょ。
QRこーど。
QRコード
月別アーカイブ。
検索。
リンク。
カウンター。
ランキング参加中。
にほんブログ村参加中。
「このブログに投票」ボタンから
ぽちっといただけるとうれしぃです♡
お便りはこちらから❤

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。