❝ 月下陽香からのおしらせ ❞

  ♪:*:.:*:♪ ・らいぶ情報・ ♪:*:.:*:♪

     ❤ 2017年2月11日(土・祝)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-(選べる1ドリンク&1フード付き)
18:00 オープン  19:00 スタート
★月下陽香&井上タイキ・HAT TREAT ツーマンライブ!!

     ❤ 2016年11月6日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1500-+1ドリンク別途要

     ❤ 2016年5月22日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1000-+1ドリンク別途要

     ❤ 2015年12月25日(金)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 
「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-



  ♪:*:.:*:♪ ・CD情報・ ♪:*:.:*:♪

  ◆ ファーストシングル ・ 花いばら ◆
            2曲入り ¥500-
            2014.5.24 発売
花いばら

  ◆ セカンドアルバム ・ 生きてるからね。 ◆
            6曲+1曲入り ¥1000-
            2011.8.21 発売

いきてるからね。

※ こちらからもお買い求め頂けます。
  「お便りはこちら❤」から お名前とご連絡先をお知らせ下さい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

亡くした喪失感に。

      ・・いつも応援ありがとうございます。ブログランキングに参加しております。
           今日もどうかバナーをクリックして応援して下さい。・・





昨日は骨を連れて少し出掛けた。



前を向いて歩こうとして居る。

後ろではなくて。
懸命に前を見ようとして居る。


でも。

今日は晴れているはずなのに

暗闇を手探りして在るようで


悲しみは
胸の真ん中にしがみつき

喪失感は余りにも大きい。





とても親しくして頂いて居る方の
お知り合いのお話を少し伺った。

20歳の腎臓を悪くした猫を看ておられる方。


まともに眠れる日は1日も無く
この2ヶ月弱の私と同じような生活をしておられる。


お世話になっている獣医さんは
その方に

その20歳の猫が亡くなったら
その喪失感に貴女は耐えられないと思うから
今の内に新しくもう1匹猫を迎えたらどうかと

話されたそうだ。

そう言われても
今はとてもそんな気持ちにはなれないと苦しんでおられた。



自分の生活を犠牲にしても
看護し介護して

生きて欲しいと願い
日々怯え向き合う気持ち。

それがどんなに大変か私は知って居る。


今月22日に亡くなった愛猫ぽんちゃんのお世話は
本当に大変だったし

以前にも2匹の猫を看取った際には
とても苦しい経験をした。

3年間
大事な猫にこの手で針を刺し続け
24時間血糖値に怯えて過ごした年月もあった。



そりゃ今は
新しく猫を飼い始めるなんて考えられないと思う。
始めに聞いた時は酷い話しだと思った。


でも。
それもひとつなんだろうなと数日が過ぎて思う。


私は
今回猫を亡くすまでに2匹を看取ったが

その時は
亡くなっても
まだ生きて居てくれる子が居てくれたから

それが大きな支えとなり
悲しみを越えて来られたんだと思う。


今回
最後の1匹が亡くなって

その喪失感は余りにも大きくてとても苦しい。



新しく猫を飼う事も少し考えた。

ただ
今はまだ無理だと感じた。


いつかまた猫と暮らすのだろう。


別れの苦しみを
もう十分に知ってしまったのに
きっと
いつかもう1匹だけ猫を迎えるような気がする。


だけど当分は難しい。


今の
この喪失感から逃れたい想いはとても大きいが


看護し
介護し
見送る事が

どれだけ大変か知ってしまったから
今はまだ難しい。




看護と介護に追われているその方のお知り合いは
猫を亡くされた後喪失感を克服するまでに
2年の年月を要したそうだ。



どんなに一生懸命
気持ちを切り替えようとしたり

気分を変えようと髪を切ったり
身の回りの小さな物を新調したり

遊びに行ったり
旅行の計画を立てたりしたところで


命が消えた喪失感は
そんな簡単には
なくなりはしないんだよね。











2013年から

月下陽香が

ステージの上で必ず口にして真ん中に掲げてきた

「摂食障害」

「リストカット」

「自傷」。


私にとって「摂食障害」と「自傷」は
人生のほとんどを埋め尽くすものである。

これらと共に生きた20年間と
向き合って生きる事を始めたこの10年間を経て。


摂食障害や自傷の始まりであった
小学生の頃から
現在の私に至る足跡を

2013年7月7日以来記事として書き続けて居る。


綴ってきた記事は「かてごり。」に時代別に分けてあります。


【「1・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(小学生の私)】
   ※4つの記事があります。

【「2・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(中学生の私)】
   ※7つの記事があります。

【「3・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(高校生の私)】
   ※12の記事があります。

【「4・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(大学生の私)】
   ※17の記事があります。

【「5・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代前半の私)】
   ※61の記事があります。

【「6・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代後半頃の私)】
   ※50の記事があります。

【「7・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(30代前半頃の私)】
   ※現在執筆中。




過程を綴る記事は30代前半頃の私を書いている途中。

【「死を受け止めながら。」 (2014.6.29)】


過程を書き始めてもうすぐ1年。
続きは次回また更新しますね。


5月からは
介護が必要になった飼い猫との
暮らしや想いを多く綴りながら。

その介護も終末を迎え
我が子のように愛し19年を共に暮らした愛猫は
とうとう召されて骨となった。

【「亡骸が消えてから。」 (2014.6.27)】










今日で6月が終わる。



1週間前の今日

ぽんちゃんは骨となった。


亡骸を抱き締めてお別れをした。




明日からは

振り返る“先週の今日”に
ぽんちゃんの姿が無くなる。

新しい人生がまた始まるんだと自分に言い聞かせてる。



とは言え
この喪失感は当分の間付きまとうのだろう。


「頑張らなきゃいけない。」

物凄くそう思ってきたけれど
夕べ遅くに過呼吸になった。

そうか…。
頑張り過ぎても進めなくなるんだなって

思った。





ぽんちゃんが居なくなってからの1週間。


仕事量を減らし

2ヶ月弱行けなかった通院をしながら
家の中を整理し続けた。


ぽんちゃんが使っていた物を
捨てたり片付けたり。


今までは
作業部屋の扉を開けておく事が出来なかったけれど

全ての部屋のドアを開けて
風の通りを感じたり

部屋には置けなかった観葉植物を置いたり。




今朝
ゴミを出す時にはその軽さに驚いた。


大量に捨て続けたフードも
猫のトイレの砂もなくなったら

ゴミ袋はとても軽かった。




リビングに置いた骨壺の回りは花で囲い

枯れる事がたまらなく寂しく思えるから
花を欠かさぬようにしながら

そこに寝ているようで
何度も確かめてしまう癖がまだ抜けない。



夜眠れなくなるのが辛いから
早く起きて早く眠る。

もう
強制給餌も
生死の確認もしなくて良いのに

朝方には目が覚める。



昨夜の夢の中では
私は
まだ強制給餌をしながら
怯えて介護をしてた。





明日から7月が始まる。

まだ1日あるけれどカレンダーを捲った。



まだ人から送られる文字が怖い。

直接会って掛けられた言葉ならば
同じものでも痛まなかったのかも知れない。

でも
言葉が文字として与えられる事で

胸が締め付けられて

胃がぎゅーっと痛んで
吐き気がしてくる想いを

この2ヶ月弱
いくつも繰り返して


まだ私の心は文字に怯えてる。


今は
これ以上は傷みを増やしたくなくて

自分の感情と
とても神経質に向き合って居る。



少しづつ穏やかさを取り戻して
もう少し
日々がやわらかになれてゆけたらと願う。




これから点滴と口腔外科の検査。

帰宅後はしっかり働こう。




※ 申し訳ありませんがしばらくの間コメント欄の設置をお休みしております。

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*

このぶろぐ。
『 癒え待ちよすが -イエマチヨスガ- 』は
「にほんブログ村」のランキングに参加しています。

下のバナーをクリック頂けるとカウントされます。
    どうか…ぽちっと
応援をお願い致します。 ヽo(´∇` 陽)oノ


にほんブログ村

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*


関連記事
スポンサーサイト
自己紹介。

月下陽香

Author:月下陽香
「月下陽香(げっかようこう)」の
ステージネームで
オリジナル楽曲を発信しながら

創作陶芸作家としても活動中。


このブログには
私がかつて
「摂食障害」・「自傷癖」と
共存して居た頃の出来事を綴った記事も
多く置いて居ます。


私にご興味を感じて頂ける
御訪問者さまや

初めてお立ち寄り下さった方は

まずこちらをご覧頂けると
このブログが見やすくなるかと
思って居ります。

【このブログ「癒え待ちよすが」について。】 ←クリック


リンクから
月下陽香のYouTubeなども
ご覧頂けます。


よろしくお願い致します。

カテゴリ。
Twitter。
最新記事。
カレンダー。
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
きんぎょ。
QRこーど。
QRコード
月別アーカイブ。
検索。
リンク。
カウンター。
ランキング参加中。
にほんブログ村参加中。
「このブログに投票」ボタンから
ぽちっといただけるとうれしぃです♡
お便りはこちらから❤

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。