❝ 月下陽香からのおしらせ ❞

  ♪:*:.:*:♪ ・らいぶ情報・ ♪:*:.:*:♪

     ❤ 2017年2月11日(土・祝)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-(選べる1ドリンク&1フード付き)
18:00 オープン  19:00 スタート
★月下陽香&井上タイキ・HAT TREAT ツーマンライブ!!

     ❤ 2016年11月6日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1500-+1ドリンク別途要

     ❤ 2016年5月22日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1000-+1ドリンク別途要

     ❤ 2015年12月25日(金)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 
「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-



  ♪:*:.:*:♪ ・CD情報・ ♪:*:.:*:♪

  ◆ ファーストシングル ・ 花いばら ◆
            2曲入り ¥500-
            2014.5.24 発売
花いばら

  ◆ セカンドアルバム ・ 生きてるからね。 ◆
            6曲+1曲入り ¥1000-
            2011.8.21 発売

いきてるからね。

※ こちらからもお買い求め頂けます。
  「お便りはこちら❤」から お名前とご連絡先をお知らせ下さい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

死を受け止めながら。(転居後前半・7)

      ・・いつも応援ありがとうございます。ブログランキングに参加しております。
           今日もどうかバナーをクリックして応援して下さい。・・







先週の今日だった。

ぽんちゃんの最期の日。

この手の中で召された日。



この1週間は

私にはとても苦しくて

それでも
前を向いてゆける自分で在るように

自分なりにだけれど
一生懸命過ごした1週間だった。



先週の今日の記憶には

亡くなる前の
最も辛かった日々が在り

どうしても思い出してしまう。



骨壺に語り掛け
泣いてしまう時は思い切って泣いて

泣かずに居られる時は
出来るだけ
深く思い起こさないように心掛けた。




どんなに必死になってお世話をしたって

後悔がひとつも無い事は在り得ないと思って居る。

絶対に
どこかに後悔は残ってしまう。

出来る限りの事はしたと思って居る。


でも考えてしまう。

“あの時こうしていれば”

“あの時あれをしなければ”

“もっと早くにこうしてやれば”


そんな光景と想いが浮かんでは

やれる事は全てしたはずだと
自分に言い聞かせ
それ以上思い起こさないように努めた。


でないと心が砕けてしまうからだ。


痛む記憶や
感じる悲しみに
とても神経質に過ごして居る。





月下陽香として活動している私を
知って下さっている方々のほとんどは
このぶろぐの存在を恐らくはご存知だろう。


見る見ないはそれぞれに自由だと思って居る。

でも

良く知る方には
やはり
読んで頂けて在れるととてもうれしく有難い。


自分自身が
大好きだったり
信頼して居たり尊敬して居たりする方々のブログは

必ず読むようにして

そこに書かれて在る事が全てではないけれど

その時々の
状況や想いの一部でも知って在りたいと思うから


ここを読んで頂いて居るという事は

私にとって
私の現状を
読まない人たちよりも知ろうとして頂いて居る事だと感じてる。




いつも気に掛けて記事を読み
現状を知って居て下さる方々もいらっしゃれば

私がいつもお願いをしている
ランキングサイトへのクリックまでして下さる方々もおられる。


私を知って居るけれど
ここは読まない方々もおられる。


そんな事は当たり前なのに
昨日はひとつ感情を処理出来なかった。




電話が鳴ったけれど出なかった。
出れる心境にはなかった。

そしたらメールを下さった。


私と猫は元気にしてるのか
気に掛けて下さっていた。


とても大好きな方。
いつも気に掛けて下さる方。

だけど私は
それに対して素直に感謝と現状を伝えられなかった。


毎日を
とても神経質に悲しみと向き合っている今

猫との別れや現状を
メールとして文字にして
読み返して
送信する事は

とても苦し過ぎた。



猫の事を聞かれて
答えると言う作業は
私には痛み過ぎて出来なかった。


私の事を心配して下さっているのに

“申し訳ないが経過はぶろぐに綴っているので
                そこを読んで欲しい“と

伝えてしまった。


ここの存在を知っておられる方だから
そう伝えたのだけれど…


まだまだ余裕を取り戻せて居ない自分を知って
嫌だなと思った。


やっぱりまだまだ時間が必要なんだなと思った。











2013年から

月下陽香が

ステージの上で必ず口にして真ん中に掲げてきた

「摂食障害」

「リストカット」

「自傷」。


私にとって「摂食障害」と「自傷」は
人生のほとんどを埋め尽くすものである。

これらと共に生きた20年間と
向き合って生きる事を始めたこの10年間を経て。


摂食障害や自傷の始まりであった
小学生の頃から
現在の私に至る足跡を

2013年7月7日以来記事として書き続けて居る。


綴ってきた記事は「かてごり。」に時代別に分けてあります。


【「1・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(小学生の私)】
   ※4つの記事があります。

【「2・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(中学生の私)】
   ※7つの記事があります。

【「3・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(高校生の私)】
   ※12の記事があります。

【「4・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(大学生の私)】
   ※17の記事があります。

【「5・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代前半の私)】
   ※61の記事があります。

【「6・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代後半頃の私)】
   ※50の記事があります。

【「7・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(30代前半頃の私)】
   ※現在執筆中。



5月からは

介護が必要になった飼い猫との
暮らしや想いを多く綴りながら。

その介護も終末を迎え

我が子のように愛し19年を共に暮らした愛猫は
とうとう召されて骨となった。

【「昨夜召された愛おしい命。」 (2014.6.23)】

【「愛しい亡骸が骨となり。」 (2014.6.24)】

【「亡骸が消えてから。」 (2014.6.27)】



過程を綴る記事は30代前半頃の私を書き始めている。

【「息絶えた悲しみが癒えるまで。」 (2014.6.28)】





この続きを書こう。



カウンセラーの女性とは
どのくらいの時間話して居たんだろう。

とても長く感じた。

その会話の中で
私は何ひとつ消化出来なかった。







その後再び診察室に戻り医師の話を聞いた。


まず
私の内臓機能は酷く衰弱しているとの事。

30歳の体とは考えられない状況に在るそうだ。
明日からは毎日点滴に通うように言われた。

血液検査の結果は後日伝えるとの事。

恐らくは
専門的な治療を必要とする状態にあるだろうと言われた。



どこかがおかしい。
とにかくあちこちがおかしい。

その自覚は十分にあったから
それは当たり前だと思った。

ただ
いよいよ全てを知る時が来るのかと思ったら
何だか怖かった。


子供の頃からの
疾患や欠陥のいくつかは知っていたけれど

それに対してのケアもしてこなかった。

そこには経済的事情もあった。
でもそれだけではなかった。


自分の体なんか
大切に思った事もなかった。

たくさんのあらゆる自傷を重ねて

早く壊れて死ねるように願ってた。

それも自分が一番知って居る。

体はボロボロになった。


望み通りなはずなのに怖かった。


その恐怖と共に大きな憂鬱に襲われた。


毎日の点滴に
週に2度程の自助グループへの参加。

「無理。」

「絶対無理。」

私は心の中で言った。

頑張ろうとも思えなかった。


そのまま処置室に移動して点滴。
それが何の点滴なのかも
ぼんやり聞いていて理解していなかった。



点滴が終わり
処方箋を受け取る時
カウンセラーがまた声を掛けてきた。

隣にある保健薬局へ案内された。


処方された薬は
胃薬と睡眠薬と安定剤抗うつ剤と抗酒剤。

アルコールと共に
摂取すべきでない薬を飲まなければいけないから
今日から酒を止めるようにとの事。


抗酒剤を投与した状態でアルコールを摂取すると
倒れたりするそうだ。




水商売で生きて居た年月

私は確かに
大量のアルコールを摂取してきた。

今思い出しても
えげつないと思うような量を日々飲み干してきた。

元々が飲める体質だったし
アルコールはかなり好きだ。

何もなければ毎晩のように飲む事も事実だ。


ただ
酒を飲まなきゃ禁断症状が出るような状態ではない。


診察室では何も聞いて居ない。

例えば
“これから飲む薬はアルコールと摂取すべきではないから
               しばらくは控えるように“とか

“アルコールを飲まずにいられますか”とか

そういう会話が一切無いまま
処方された薬にも
理解も納得も出来なかった。



薬局を出て
カウンセラーと別れ

今日ここで起きた出来事を
ひとつも整理出来ぬまま

駅へ向かって歩き出した時

病院の前では
数人の患者がわいわいと話していた。



“何年飲んでいない”だとか
“○○さんがこの前飲んで運ばれた”とか

そんな内容の会話だった。

とても大きな声で
すれ違った後も後ろから聞こえ続けてた。




後日知った。

そこは
アルコールやドラッグ依存の患者専門の病院だった事。




翌日は当たり前のように通院をしなかった。

カウンセラーからは電話があった。
体調が悪かったと言っておいた。


実際に
片道1時間の電車移動はとても辛かったし
行こうと思う気持ちが全くないのだから
行く訳がない。


検査結果は聞きたいから
自助グループのない曜日を狙って
それだけは行こうと思って居た。



続きはまたね。











今日は少し出掛けよう。


体調も良くはないし

両足が靭帯を傷めたままで
膝のお皿がずれてしまって
歩くのに苦労して居るから

あまり歩けないけど

少しだけ出掛けよう。


今夜は家で食事する事を止めよう。

3匹の骨が入ったペンダントを連れて
共に看取った人と一緒に
外で食事をしよう。


明日からは
通常通りの仕事量に戻して
通院を続けながら忙しく生きよう。


次のライブも決めてゆけるように


自分の体と心に
やさしく過ごしたこの1週間よりも

自分に厳しく歩き始めよう。





※ 申し訳ありませんがしばらくの間コメント欄の設置をお休みしております。

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*

このぶろぐ。
『 癒え待ちよすが -イエマチヨスガ- 』は
「にほんブログ村」のランキングに参加しています。

下のバナーをクリック頂けるとカウントされます。
    どうか…ぽちっと
応援をお願い致します。 ヽo(´∇` 陽)oノ


にほんブログ村

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*
関連記事
スポンサーサイト
自己紹介。

月下陽香

Author:月下陽香
「月下陽香(げっかようこう)」の
ステージネームで
オリジナル楽曲を発信しながら

創作陶芸作家としても活動中。


このブログには
私がかつて
「摂食障害」・「自傷癖」と
共存して居た頃の出来事を綴った記事も
多く置いて居ます。


私にご興味を感じて頂ける
御訪問者さまや

初めてお立ち寄り下さった方は

まずこちらをご覧頂けると
このブログが見やすくなるかと
思って居ります。

【このブログ「癒え待ちよすが」について。】 ←クリック


リンクから
月下陽香のYouTubeなども
ご覧頂けます。


よろしくお願い致します。

カテゴリ。
Twitter。
最新記事。
カレンダー。
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
きんぎょ。
QRこーど。
QRコード
月別アーカイブ。
検索。
リンク。
カウンター。
ランキング参加中。
にほんブログ村参加中。
「このブログに投票」ボタンから
ぽちっといただけるとうれしぃです♡
お便りはこちらから❤

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。