❝ 月下陽香からのおしらせ ❞

  ♪:*:.:*:♪ ・らいぶ情報・ ♪:*:.:*:♪

     ❤ 2017年2月11日(土・祝)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-(選べる1ドリンク&1フード付き)
18:00 オープン  19:00 スタート
★月下陽香&井上タイキ・HAT TREAT ツーマンライブ!!

     ❤ 2016年11月6日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1500-+1ドリンク別途要

     ❤ 2016年5月22日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1000-+1ドリンク別途要

     ❤ 2015年12月25日(金)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 
「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-



  ♪:*:.:*:♪ ・CD情報・ ♪:*:.:*:♪

  ◆ ファーストシングル ・ 花いばら ◆
            2曲入り ¥500-
            2014.5.24 発売
花いばら

  ◆ セカンドアルバム ・ 生きてるからね。 ◆
            6曲+1曲入り ¥1000-
            2011.8.21 発売

いきてるからね。

※ こちらからもお買い求め頂けます。
  「お便りはこちら❤」から お名前とご連絡先をお知らせ下さい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

息絶えた悲しみが癒えるまで。(転居後前半・6)

      ・・いつも応援ありがとうございます。ブログランキングに参加しております。
           今日もどうかバナーをクリックして応援して下さい。・・





今日も
ぽんちゃんのお骨の回りには
たくさんの花を置いている。

しばらくは花を欠かさないで居たい。

悲しみがほんの少し薄らいで想うから。



あと2日だ。

あと2日を過ぎれば

1週間前の記憶には
生きて居たぽんちゃんがいなくなる。


今はまだ
先週の今日の痛みがリアルに浮かぶ。


あと2日。

乗り越えたら
生活をまた少し本来の自分の通常に戻そう。




つい最近まで

うつわのご依頼を下さるお客さまのみなさまは
私が月下陽香である事を
知らない方々がほとんどだった。



陶芸作家の私として知り合った方々には
私が月下陽香である事を
あえて話しては居ない。


月下陽香は
「摂食障害」や「自傷」を掲げた活動をしているから

お店との繋がりなどを考えると
音楽活動の事を伝えない方が良い関わりも在る。



そういった方々はもちろん
ここ「癒え待ちよすが」の存在も知らない。

私が猫を看取った事も知らない。
私もその事については語らない。

だから
介護中も
もういよいよ危ないという時も
ご依頼は変わらずにあり
出来る限りこなしてきた。


ただこれも不思議な事に
ぽんちゃんと過ごした最後の3日程は
何の問い合わせすら入らなかった。




月下陽香の私として知り合った方々には
私が陶芸作家である事を話して居る。


その中には
展示会にお越し下さったり
うつわのご依頼を下さる方々も居て下さる。


その方々のほとんどは
このブログの存在も知っておられ
私の近況も知って下さっている。


ぽんちゃんが介護生活に入る頃
何人かの方々にご依頼を頂いていたが

そのみなさまが

”急いではいないのでぽんちゃんの事が落ち着いてからにしましょう”と
お時間を下さっていた。


そのご依頼も進めてゆけるように
あと2日を越えたらご連絡をしようと思う。


いろいろと助けて下さった方々にも
改めてお礼を伝えたい。

でもそれもあと2日を越えてから。


それまでは現状を少しづつ消化しながら
自分の体と心のケアを優先して居たい。











2013年から

月下陽香が

ステージの上で必ず口にして真ん中に掲げてきた

「摂食障害」

「リストカット」

「自傷」。


私にとって「摂食障害」と「自傷」は
人生のほとんどを埋め尽くすものである。

これらと共に生きた20年間と
向き合って生きる事を始めたこの10年間を経て。


摂食障害や自傷の始まりであった
小学生の頃から
現在の私に至る足跡を

2013年7月7日以来記事として書き続けて居る。


綴ってきた記事は「かてごり。」に時代別に分けてあります。


【「1・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(小学生の私)】
   ※4つの記事があります。

【「2・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(中学生の私)】
   ※7つの記事があります。

【「3・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(高校生の私)】
   ※12の記事があります。

【「4・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(大学生の私)】
   ※17の記事があります。

【「5・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代前半の私)】
   ※61の記事があります。

【「6・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代後半頃の私)】
   ※50の記事があります。

【「7・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(30代前半頃の私)】
   ※現在執筆中。





5月からは
介護が必要になった飼い猫との
暮らしや想いを多く綴りながら。

その介護も終末を迎え

我が子のように愛し
19年を共に暮らした愛猫は
とうとう召されて

骨となり
この記事を書いた。

【「昨夜召された愛おしい命。」 (2014.6.23)】

【「愛しい亡骸が骨となり。」 (2014.6.24)】

【「亡骸が消えてから。」 (2014.6.27)】



過程を綴る記事は30代前半頃の私を書き始めている。

【「あと少しの命と。」 (2014.6.20)】




そろそろね。
また続きを書いてゆこうと思う。

月下陽香の陽として書き続けてゆこうと思う。

記事がいつか現在の私に辿り着く頃には
ぽんちゃんとの別れも過去になっている事だろう。











私は

精神科から
何の診察もされず

医師に指1本触れられぬままに回された
病院に居た。






診察室から出て待合室で待って居る私に
声を掛けたのはカウンセラーの女性だった。

背の低い細い女性。
何を考えて居るのかわからない感じがする人だった。


受付カウンターに身を乗り上げて
足をぶらぶらとさせて
中の人に同じ事を言い続ける青年を見て

“やばいな…”って思ってた私に

カウンセラーは言った。


「みなさんお仲間ですよ。」



その時
私は青年を明らかに偏見の目で見て居た。

今思えばそんな自分はとても嫌だと思うし

今の私が同じ光景を見たならば
感じ方も違ったのだろう。


でも
あの時の私は自分の事は棚に上げて
青年を異常な者を見る目で見て居た。


カウンセラーは
その青年と私が仲間だと言った。

その時私は何だかショックだった。

侮辱されたように感じた瞬間があった。


“じゃぁ貴女は?”

心の中で聞いた。

今の私が
同じ状況で同じ言葉を掛けられたら

どう思うのだろう。




検査結果を待つ間
違う部屋に案内された。

診察室とは違って明るかったが殺風景な部屋。

学校のような机と椅子があった。

そこで1対1でいろいろと聞かれた。


私は
摂食障害と自傷について話した。

もうずっと長い年月止められないで居る事を伝えた。


それを聞いたカウンセラーは

私の摂食障害はどのような症状だったかとか

嘔吐する時は
どんな物をどれくらい食べてどのように吐いたのかとか

私の言う自傷とはどんな行為を言うのかとか

切る時は
どこで何を使ってどんな風に切るのかとか
どんな風に焼くのかとか

細かく聞いて来た。


育ってきた家庭環境や両親の事

私がどんな学校に通い

どんな仕事をしてきたかとか

どんな異性と付き合ったとか

とにかく
いろいろと聞かれた。


よく次から次へと質問ばっかりするなと思った。

でも
がっついてしつこく聞くような感じではなく

穏やかにふたりきりの密談のように話し掛けられたし

話さなければいけないんだろうなって気がして

適当に
誤魔化したり繕ったりしながらだけど
それなりには答えた。




一通り聞いた後

カウンセラーは

どうして
私が
摂食障害や自傷をするようになったと思うのか

聞いた。


わからなかった。


今の私なら答えられるのだろうけれど

この時の私は
まずそれがわからなかった。

適当な答えをしながら
全くわからなかった。


どうして吐くのか
切るのか

自分の事なのにわからなかった。



ここ数年の私ならわかる。


自分でその理由を理解出来ない内は
なにをしたって
克服は難しいって事。

理解して初めて
克服へ向けて歩き始められるって事。



理由もわからない当時の私には
そんな事も
もちろん全く考えられなかった。



カウンセラーは自助グループに参加するように言った。

行こうとは欠片も思わなかった。

なぜ
自分の体験を
知らない人たちに話さなきゃいけないのか

理解出来なかった。


何?
傷の舐め合いをしろって言ってんの?



そんなの絶対に嫌だと思った。


しかも朝から。


当時の私は
朝まで眠れなくて
朝から昼前まで眠る生活から
まだ抜け出せていなかった。


今の私な
ら朝起きて動き出す事が
心を立て直してゆく上でとても大切な事もわかるけど

当時はさっぱりわからない。


“出来ない”という考えだけ。



朝から1時間もかけてここまで来て
知らない人たちと傷の舐め合いなんて

出来る訳が無いと思った。

“出来るだけ来ます”とか言いながら

心は完全拒否。



そうこうしている間に
検査結果が出て診察室に呼ばれた。

カウンセラーは
診察室まで一緒に歩きながら
次回は印鑑を持ってくるように言った。

当時の私はそれすらよく知らなかったが
精神的疾患の患者が
その治療を受けるにあたり
医療費は1割負担で済む公費がある。

その申請をするって事だった。



私。精神障害者になるの?

これで良いのかわからなかった。


自分の身に
20年を越えて起きている出来事を

まだこの時は
認める事が出来なかったんだと今は思う。




診察室の前でカウンセラーと別れた。



続きはまた。










過程を綴る記事は
改めて再開してゆきますが

コメントは
まだしばらくは設置しないで居ようと思っています。


頂くコメントには
基本的に
それがそんな言葉であれ
お返事をしようと考えて居ます。


ここを知って下さって
読んで下さっていても

お会いした事のない方々に頂くコメントは

その方を想像して一生懸命お返事をします。


良く存じ上げている方々には

日頃のその方と私の関わりを想い
大切に有難くお返事をしております。


仲良くして頂いている方々のお知り合いで
私自身も少しは知っている方々には

知り合えたご縁を下さった方々のお顔も浮かべて
お返事を書きます。


そういった作業が
今の私にはまだ出来ないと感じて居ます。



頂く言葉への恐怖を
まだ乗り越える事が出来ていません。

これは
少し時間を掛けて越えてゆけたらと考えています。


ですから
まだしばらくは
コメント欄は未設置のまま

更新してゆく事にご理解を頂けたなら
とても有難く思います。





★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*

このぶろぐ。
『 癒え待ちよすが -イエマチヨスガ- 』は
「にほんブログ村」のランキングに参加しています。

下のバナーをクリック頂けるとカウントされます。
    どうか…ぽちっと
応援をお願い致します。 ヽo(´∇` 陽)oノ


にほんブログ村

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*


関連記事
スポンサーサイト
自己紹介。

月下陽香

Author:月下陽香
「月下陽香(げっかようこう)」の
ステージネームで
オリジナル楽曲を発信しながら

創作陶芸作家としても活動中。


このブログには
私がかつて
「摂食障害」・「自傷癖」と
共存して居た頃の出来事を綴った記事も
多く置いて居ます。


私にご興味を感じて頂ける
御訪問者さまや

初めてお立ち寄り下さった方は

まずこちらをご覧頂けると
このブログが見やすくなるかと
思って居ります。

【このブログ「癒え待ちよすが」について。】 ←クリック


リンクから
月下陽香のYouTubeなども
ご覧頂けます。


よろしくお願い致します。

カテゴリ。
Twitter。
最新記事。
カレンダー。
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
きんぎょ。
QRこーど。
QRコード
月別アーカイブ。
検索。
リンク。
カウンター。
ランキング参加中。
にほんブログ村参加中。
「このブログに投票」ボタンから
ぽちっといただけるとうれしぃです♡
お便りはこちらから❤

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。