❝ 月下陽香からのおしらせ ❞

  ♪:*:.:*:♪ ・らいぶ情報・ ♪:*:.:*:♪

     ❤ 2017年2月11日(土・祝)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-(選べる1ドリンク&1フード付き)
18:00 オープン  19:00 スタート
★月下陽香&井上タイキ・HAT TREAT ツーマンライブ!!

     ❤ 2016年11月6日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1500-+1ドリンク別途要

     ❤ 2016年5月22日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1000-+1ドリンク別途要

     ❤ 2015年12月25日(金)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 
「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-



  ♪:*:.:*:♪ ・CD情報・ ♪:*:.:*:♪

  ◆ ファーストシングル ・ 花いばら ◆
            2曲入り ¥500-
            2014.5.24 発売
花いばら

  ◆ セカンドアルバム ・ 生きてるからね。 ◆
            6曲+1曲入り ¥1000-
            2011.8.21 発売

いきてるからね。

※ こちらからもお買い求め頂けます。
  「お便りはこちら❤」から お名前とご連絡先をお知らせ下さい。

あと少しの命と。(転居後前半・5)


      ・・いつも応援ありがとうございます。ブログランキングに参加しております。
           今日もどうかバナーをクリックして応援して下さい。・・



介護生活は1ヶ月と20日。


日々は良くなる事が無い。


1日1日を生きて迎える度に
出来て居た事が出来なくなり

その対処を
あちこち調べて
懸命に考えて

トイレの場所や高さを変えたり

床に敷く物や枕を変えたり

昨日は食べれていたから
いくつか買い溜めた物が

今日はもう飲み込めなくて

違うフードを買いに走ったり

栄養剤を探して購入したり

流動食の時間や量を変えたり。


確実に弱ってゆく小さな体に

自分がしてやれる事を
ひとつ残らずしてあげたいと

ただただ注ぐだけ。



1.5kg程の体は

それでも
ふらふらと転びながらも
自力でトイレに向かい排尿していた。


排便も
踏ん張って踏ん張って
でも力が足りなく て


ほんの少し出すだけで
ぐったりと
数時間動けないような状態になりながら

それでも頑張って居た。



食事はほとんど流動食。

でも
1日の内数回は
口元に持って行けばスープを飲んで居たし

気分の良い朝は
自分の足で水のあるところまで行ったり

私を呼びに来たりもした。



腎機能の悪化と
糖尿の多尿で
どうしても脱水になり

便はカチカチで


後ろ足はもう力が無く

一昨日・昨日と
排便は
どんなに力んでも出し切れなくなり

少し出掛けた状態の肛門を押して
取り出してやらなければ難しくなった。

それでも固くて出て来なくて

全部を出し切ってやれず

残りは体に戻ってしまう。


そうなれば
とても苦しそうで水も飲みたがらない。


今朝も全部を取り出してやれず

腹部を触れば
ごろごろと便の残りがわかる。

このままだと大変な事になる。

この子には
下剤も浣腸も摘便も危険な事だから

出来る限り自宅で頑張って居たけれど
さすがにどうしようもない。

今日1日様子をみて
無理なら通院させようかと
夕べから考えて居た。


でも
下剤や浣腸で出してやる事が出来たとしても

今後
もう恐らく
自分で自然には排便も出来な い。

どうしてあげるのが良いのか悩んでいた。



今日は

もうほとんど
自分でトイレにも行けなくなった。

ほとんど寝たきり。



1分で36~42回あった呼吸数も

18~24回に減った。


心臓はまだ動いているけれど
遅くなっている。



流動食を
急いで買いに走って帰ってきたら

鼻血を出して横たわってた。

もう本当にあと少しなのかも知れない。



流動食も

スープも


いっぱい買ってきたのに。











2013年から

月下陽香が

ステージの上で必ず口にして真ん中に掲げてきた

「摂食障害」

「リストカット」

「自傷」。


私にとって「摂食障害」と「自傷」は
人生のほとんどを埋め尽くすものである。

これらと共に生きた20年間と
向き合って生きる事を始めたこの10年間を経て。


摂食障害や自傷の始まりであった
小学生の頃から
現在の私に至る足跡を

2013年7 月7日以来
記事として書き続けて居る。


綴ってきた記事は
「かてごり。」に時代別に分けてあります。


【「1・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(小学生の私)】
   ※4つ の記事があります。

【「2・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(中学生の私)】
   ※7つ の記事があります。

【「3・ 自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」 (高校生の私)】
   ※12の記事があります。

【「4・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(大学生の私)】
   ※17 の記事があります。

【「5・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代前半の私)】
   ※ 61の記事があります。

【「6・自傷 と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代後半頃の私)】
   ※50 の記事があります。

【「7・自傷 と共に生きてきた過程の始まりから。」(30代前半頃の私)】
   ※ 現在執筆中。






5月からは
介護が必要になった飼い猫との
暮らしや想いを多く綴りながら。

【「明日が見えないけれど。」 (2014.6.16)】


過程を綴る記事は
30代前半頃の私を書き始めている。

【「ただ痛みを噛み締めて。」 (2014.6.18)】

この続きを書くね。







私は精神科へ行ってみた。


そこは
私が想像したり
期待したりしていたものが
ひとつもなかった。


診察する訳でも
検査する訳でも
何も無く

摂食障害と自傷で在る事を告げただけで

“うちでは診れない”と言われた。


うちでは診れないから
ここに行くようにと

その病院の近くの病院を指定された。

すぐにでも
今からでも行くようにと言われた。



意味がわからなかった。

なぜ診れないのか

その答えもなかった。

その日はそこには行かなかった。


行きたいとも
行かなきゃいけないとも思わなかった。


 
頭が真っ白になった。

20年を越えて止められなかった
摂食障害と自傷。


思い切ってそこに行けば
止める為の何かを
して貰えると思って居た。

指導なり投薬なり
何らかの処置がなされると思って居たけど

そこに
自分の居場所が無い事が

打ちのめされたような気持ちになった。



数日後。

ここに行くようにと
指定された病院にいってみようかと
思う気持ちになった。


もう場所もわかったからひとりで行ける。

電車で家から1時間程。

同じ東大阪と言っても遠いんだなと思った。


病院はビルの1階。

前に立ち
見上げただけで居心地が悪く感じた。
 


中に入り
受付で
ここに来るように言われた事を告げた。


受付のすぐ近くの席に座り
問診を書き呼ばれるのを待った。

受付のカウンターには

私よりも若い青年が
カウンターの中を覗き込むように身を乗り出して
足をぶらぶらさせながら

中の人に話し掛けてた。

人差し指を前歯に
ぐにぐにと差し込むような仕草をしながら

“抜いてきてん”って

何度も言って居た。


それを見ながら

私は

“なんだかやばいよな”って 思った。



しばらくして診察室に呼ばれた。


白い蛍光灯の明かりがとても暗くて

一昔前の物のような形のスタンドの電球が
やたら眩しく医師のデスクを照らしてた。


部屋には窓が無くて。

医師のデスクの正面の壁には
小さな四角い穴が空いてて

そこは受付と繋がっているようで

カルテの受け渡しの場所らしかった。


とても簡単な検査を受けて
待合に戻り座った。



カウンターでは
青年がまだ同じ事を繰り返してた。

足をぶらぶらと楽しそうに話してた。



カウンセラーの女性が声を掛けて来た。

青年を見てる私に気付いた女性は言った。



「みなさんお仲間ですよ。」





続きは次回。











一度だけ

「母」になりたいと思った事がある。


3年間
インシュリンの針を
この手で打ち続けた猫が

死に近付いた時。



こんなにも愛しているのに

置いて逝かれてしまう事に


心が悲鳴を上げるような日々で



私は
子供を産みたいと考えた事があった。





猫たちは私にとって我が子だった。



19年を共に暮らしたぽんちゃんは
最後の我が子。

もうすぐ置いて逝かれてしまう。




これからどうしてゆくのか



そろそろ


考え始めなくてはいけないのかも

知れない。





※ 申し訳ありませんがしばらくの間コメント欄の設置をお休みしております。

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*

このぶろぐ。
『 癒え待ちよすが -イエマチヨスガ- 』は
「にほんブログ村」のランキングに参加しています。

下のバナーをクリック頂けるとカウントされます。
    どうか…ぽちっと
応援をお願い致します。 ヽo(´∇` 陽)oノ


にほんブログ村

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*




関連記事
スポンサーサイト
自己紹介。

月下陽香

Author:月下陽香
「月下陽香(げっかようこう)」の
ステージネームで
オリジナル楽曲を発信しながら

創作陶芸作家としても活動中。


このブログには
私がかつて
「摂食障害」・「自傷癖」と
共存して居た頃の出来事を綴った記事も
多く置いて居ます。


私にご興味を感じて頂ける
御訪問者さまや

初めてお立ち寄り下さった方は

まずこちらをご覧頂けると
このブログが見やすくなるかと
思って居ります。

【このブログ「癒え待ちよすが」について。】 ←クリック


リンクから
月下陽香のYouTubeなども
ご覧頂けます。


よろしくお願い致します。

カテゴリ。
Twitter。
最新記事。
カレンダー。
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
きんぎょ。
QRこーど。
QRコード
月別アーカイブ。
検索。
リンク。
カウンター。
ランキング参加中。
にほんブログ村参加中。
「このブログに投票」ボタンから
ぽちっといただけるとうれしぃです♡
お便りはこちらから❤

名前:
メール:
件名:
本文: