❝ 月下陽香からのおしらせ ❞

  ♪:*:.:*:♪ ・らいぶ情報・ ♪:*:.:*:♪

     ❤ 2017年2月11日(土・祝)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-(選べる1ドリンク&1フード付き)
18:00 オープン  19:00 スタート
★月下陽香&井上タイキ・HAT TREAT ツーマンライブ!!

     ❤ 2016年11月6日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1500-+1ドリンク別途要

     ❤ 2016年5月22日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1000-+1ドリンク別途要

     ❤ 2015年12月25日(金)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 
「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-



  ♪:*:.:*:♪ ・CD情報・ ♪:*:.:*:♪

  ◆ ファーストシングル ・ 花いばら ◆
            2曲入り ¥500-
            2014.5.24 発売
花いばら

  ◆ セカンドアルバム ・ 生きてるからね。 ◆
            6曲+1曲入り ¥1000-
            2011.8.21 発売

いきてるからね。

※ こちらからもお買い求め頂けます。
  「お便りはこちら❤」から お名前とご連絡先をお知らせ下さい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ただ痛みを噛み締めて。(転居後前半・4)



      ・・いつも応援ありがとうございます。ブログランキングに参加しております。
           今日もどうかバナーをクリックして応援して下さい。・・



今日の東大阪は雨が降ったり止んだり。

空気が冷たくて肌寒い。


朝からとても体調が悪くて
熱が上がり始めた。


介護をしながら

出来る作業を進めながら

頑張っても頑張ってもはかどらない。



ぽんちゃんは
今日も早朝は少し楽そうだったが

以降とても調子が悪そうで

水もなかなか飲んでくれない状態。

時に
とても苦しそうに早い呼吸を始める。

怖くて辛い。





どんどん落っこちてく中
届いた贈り物は
機能性にとても優れたバッグだった。


月下陽香として活動を始める前

私が
大阪で音楽活動に復帰して
まだバンドで歌ってた頃。

とてもお世話になった
イベント会社の社長さんから。



バンドを辞めてからも
毎年お誕生日のお祝いを送って下さ る。


私が
ライブ本数も減り
出歩く事も無くなってからは
お会い出来ていないのに

忘れないで居て下さる。

有難いなってとても思う。












2013年から

月下陽香が

ステージの上で必ず口にして真ん中に掲げてきた

「摂食障害」

「リストカット」

「自傷」。


私にとって「摂食障害」と「自傷」は
人生のほとんどを埋め尽くすものである。

これらと共に生きた20年間と
向き合って生きる事を始めたこの10年間を経て。


摂食障害や自傷の始まりであった
小学生の頃から
現在の私に至る足跡を

2013年7 月7日以来
記事として書き続けて居る。


綴ってきた記事は
「かてごり。」に時代別に分けてあります。


【「1・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(小学生の私)】
   ※4つ の記事があります。

【「2・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(中学生の私)】
   ※7つ の記事があります。

【「3・ 自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」 (高校生の私)】
   ※12の記事があります。

【「4・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(大学生の私)】
   ※17 の記事があります。

【「5・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代前半の私)】
   ※ 61の記事があります。

【「6・自傷 と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代後半頃の私)】
   ※50 の記事があります。

【「7・自傷 と共に生きてきた過程の始まりから。」(30代前半頃の私)】
   ※ 現在執筆中。






5月からは
介護が必要になった飼い猫との
暮らしや想いを多く綴りながら。

【「明日が見えないけれど。」 (2014.6.16)】


過程を綴る記事は
30代前半頃の私を書き始めている。

【「愛されぬありのまま。 」 (2014.6.17)】



この続きを書くね。








とても疲れる食事会が終わった。


疲れたのは
主人の親族との会話よりも
帰宅後に
父と交わした会話だったのかも知れない。




大阪へ戻れば
主人と3匹の猫たちとの暮らしが
今の自分の毎日だ。


結婚をしたいとも
出来るとも
考えて居なかった頃

いちばんなりたくなかったのは
“専業主婦”だった。

その
いちばんなりたくなかったものに
私はなって居た。



まだ
近所に何があるのかも
近くの土地名も何もわからなかった。

そんな状況でバイトも探せないしね。

何よりも
働ける体でない事を自覚出来て居た。





大阪へ来るまで

自分の体の欠陥は知って居たけれど

摂食障害と自傷の中に生きながら

それを治す為の処置も特別はしなかった。


当時はお金も時間もなかったし
悪くなって朽ちれば本望でもあった。

その場しのぎで
たくさんの薬で誤魔化し続けてきただけ。



摂食障害と自傷の事も
体の事も
まずはケアしてみようかと思った。



あくせく働かなくても
私は今
生活をさせて貰って居て

いつだって通院出来る環境に在るのだから
向き合ってみようかと。




体はもう明らかにおかしかった。

全身は異様に浮腫んでいて

視界はいつもチカチカと眩しくて

足はいつもふらついて

みぞおちも
胸も背中も
いつも痛くて

髪は随分と抜けたし

口は上手く開けられなかった。


突然異常な睡魔に襲われたり
何日も眠れなかったり

電車に乗ると息苦しくなったり

手が震えたり
耳鳴りが酷かったり。

物凄い頭痛と顔痛に襲われたり。


言い出したらキリがない。





ひとりで暮らしてた頃
携帯電話はあったけど
ネット環境はなくて。

主人と同棲を始めてから
パソコンがある生活になったけど

今よりも使いこなせず。


大阪に来てから
頻繁に触れるようになり

たくさんの検索をした。




私が暮らし始めたのは東大阪。

東大阪と言っても広いんだけど

当時はそれすら想像もつかない位
土地勘が無くて。

車に乗れないから余計にかな。
なかなか道も理解出来なくて。



とりあえず
東大阪でいろいろと検索をした。



私がまず行きたかったのは
精神科だった。
“心のクリニック”的な所。


いくつか見た中でひとつ
ここにいってみようかと思う所を決めた。



その病院の
最寄り駅や
そこまでの乗り継ぎも調べた。

でも
駅から病院までの道が
地図を見てもさっぱりわからなかった。



悩んだけれど
場所を主人に聞いてみた。

主人は
以前も大阪で働いていたから
そのあたりの土地勘はあり
すぐに理解出来た。




どこに行きたいのか聞かれた。

嘘が思い付かなくて
精神科である事を告げた。



主人は車で乗せて行くと言ってくれた。


予定していた日
主人と共に向かった。


本当の事は主人に話してはいない。

病院が見えた時主人に言った。

ひとりで行きたいから待っててって。

主人は
自分も行くと言ったけど
断ってひとりで行った。




受付を済ませた後
診察室に入った。


私は
摂食障害と自傷について話した。

もう
20年以上
どちらも止められない事を告げた。



医師はそれについて
理由も過程も何も聞かなかった。

ただ私に
「お酒はのみますか?」と聞いた。

私は「飲みます」と答えた。

「毎日のみますか?」医師が聞いた。

私は飲んでいると答えた。


その途端
医師は

「うちでは診れません」と言った。


すぐにここに行くようにと
近くの病院を指定された。




私は訳がわからなかった。

摂食障害と自傷をしている事は話した。

それを止めたい事を伝えた。


それだけで他へ回される。

内容を何も聞かずに拒否される。

わからなかった。


それでも金を払って病院を出た。



主人の車に乗って家に帰った。

主人は何も聞かなかったし
私も何も言わなかった。





続きはまた。








今日の自分には何が出来るんだろう。

今の私には何か出来るのだろうか。


いつも考える。

やりたい事を出来ない自分を
とても責める。


なりたい自分である為に
苦労しても進んで居なければ


不安になってしまうんだ。

これが
自分の長所なのか
短所なのか

未だ不明。




ぽんちゃんは今日はとても辛そうだ。


この瞬間に何をしてあげられるのか
何をすべきなのか
とても悩んで考える。



少し前の記事に書いた。

先に召された2匹の猫が
どういう亡くなり方をしたか。

【「迎える死に怯えながら。」 (2014.6.13)】




2匹目に亡くなった猫
たらちゃんの最期の時。


病院に連れていったたらちゃんは
明らかにもう弱って居 た。

入院して
血管からインシュリンを投与する事で

もしかしたら少し楽になれるかもしれないが

保証はない。


医師から聞かされた時に悩んだ。


悩んで悩んで
決められなくて

私は

人の意見を伺い
それに従ってしまった。

自分で決められなかった。


どうしたらいいのか
ただただ混乱して
100%自分の判断で行動する事が
出来なかった。


心配で心配で眠れぬ夜を過ごす中
午前3時過ぎ
鳴った電話で死んだ事を知った。



大事で大事で
大好きでたまらない子を

私は病院でひとりで逝かせてしまった。


大きな大きな後悔を残している。


今も責めて居る。

なぜ
あの時連れて帰ってやらなかったのか

なぜ
ひとりにしてしまったのか

なぜ
自分で判断して
そばに居てやらなかったのか

とても大きな後悔をして居る。




人の意見に委ねたり
すがったりした私が居たから
こうなったんだと思う。



あの時
連れて帰った方が良いと言ってくれてたら
そうしたのにと

考えてしまった一瞬も在った。

一瞬は人のせいにもしてしまった訳。




もう同じ過ちは犯さない。
そう決めて居る。



ぽんちゃんを
本当に知って居るのは私なんだから
私が決めて行動を起こすんだ。


何かが起きても人を責める事もない。




出来る限りの事を尽くした結果なら

時の流れの後に
自分を責める気持ちも痩せるのだろう。




とても辛そうなぽんちゃんに

今日の私は何が出来るだろう。

呼吸が速くて苦しそうなのに
助けてやれない。



思い付く出来る限りの事をして
今夜もずっとそばに居るだけ。


今夜がどうなるのか怖くてたまらない。






※ 申し訳ありませんがしばらくの間コメント欄の設置をお休みしております。

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*

このぶろぐ。
『 癒え待ちよすが -イエマチヨスガ- 』は
「にほんブログ村」のランキングに参加しています。

下のバナーをクリック頂けるとカウントされます。
    どうか…ぽちっと
応援をお願い致します。 ヽo(´∇` 陽)oノ


にほんブログ村

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*




関連記事
スポンサーサイト
自己紹介。

月下陽香

Author:月下陽香
「月下陽香(げっかようこう)」の
ステージネームで
オリジナル楽曲を発信しながら

創作陶芸作家としても活動中。


このブログには
私がかつて
「摂食障害」・「自傷癖」と
共存して居た頃の出来事を綴った記事も
多く置いて居ます。


私にご興味を感じて頂ける
御訪問者さまや

初めてお立ち寄り下さった方は

まずこちらをご覧頂けると
このブログが見やすくなるかと
思って居ります。

【このブログ「癒え待ちよすが」について。】 ←クリック


リンクから
月下陽香のYouTubeなども
ご覧頂けます。


よろしくお願い致します。

カテゴリ。
Twitter。
最新記事。
カレンダー。
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
きんぎょ。
QRこーど。
QRコード
月別アーカイブ。
検索。
リンク。
カウンター。
ランキング参加中。
にほんブログ村参加中。
「このブログに投票」ボタンから
ぽちっといただけるとうれしぃです♡
お便りはこちらから❤

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。