❝ 月下陽香からのおしらせ ❞

  ♪:*:.:*:♪ ・らいぶ情報・ ♪:*:.:*:♪

     ❤ 2017年2月11日(土・祝)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-(選べる1ドリンク&1フード付き)
18:00 オープン  19:00 スタート
★月下陽香&井上タイキ・HAT TREAT ツーマンライブ!!

     ❤ 2016年11月6日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1500-+1ドリンク別途要

     ❤ 2016年5月22日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1000-+1ドリンク別途要

     ❤ 2015年12月25日(金)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 
「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-



  ♪:*:.:*:♪ ・CD情報・ ♪:*:.:*:♪

  ◆ ファーストシングル ・ 花いばら ◆
            2曲入り ¥500-
            2014.5.24 発売
花いばら

  ◆ セカンドアルバム ・ 生きてるからね。 ◆
            6曲+1曲入り ¥1000-
            2011.8.21 発売

いきてるからね。

※ こちらからもお買い求め頂けます。
  「お便りはこちら❤」から お名前とご連絡先をお知らせ下さい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

明日が見えないけれど。




      ・・いつも応援ありがとうございます。ブログランキングに参加しております。
           今日もどうかバナーをクリックして応援して下さい。・・



今朝
名古屋から届いた贈り物。


箱を開けると
美しいカードとピアスが入っていた。

ピアスは緑色の折鶴。

健康や憧れの込められた緑色の鶴。


彼女が贈り物に添えて下さるカードは
いつもとても美しい。

そして
そこに書きこんで下さるメッセージの文字は
とても可愛らしい。


先月のライブでは
以前彼女に頂いたピアスも着けていたが
(私はピアスホールが9個あるので。。)

次にステージに立てる時が来るならば
この子も一緒に立てるといいなぁと思う。

やさしい贈り物があたたかかった。




ほとんど外出も出来ない現状。


昨夜は

ぽんちゃんが
少しでも食べられるごはん探しに
日々必死な私に

飼い主さんも
好きな物をお腹いっぱい食べてねって

いろいろと届けて下さった方が居た。


今冷蔵庫の中に並んでる。
扉を開ける度に
大事に食べようと思う。





昨夜日付が変わった時
ぽんちゃんは良い表情で眠ってた。



去年の4月30日に急変したこの子は
持ち直しはしたものの

1年前の6月16日を
迎えられた時に思ってた。

誕生日をこの子と過ごせるのは
最後かも知れないなって。



今年も
去年と同じ4月30日に急変して。

今度は完全に介護が必要になってしまった。

医師からも
もう出来る事が無いと言われている。


この子の介護を始めて1ヶ月と17日となり。



今日2014年6月16日。

私はこの子と一緒に誕生日を迎えてる。


私が産まれたのは
午前5時58分だったらしい。


ここに

「摂食障害」と「自傷」の中で生きて来た
私自身の過程を綴る中に出て来る

あの母親の体の中に寄生して

6月16日の朝

私は生れ落ちた。


ふと。母親を思った。


思い出すのは怒った顔ばかり。

きつい言葉ばかり。

現在の姿もわからない。


愛おしくもなければ
恋しくももう無い。


産んでくれてありがとうとも
ちっとも思わない。


でも。

生きてきて良かったとは

とても思えて在った。












2013年から

月下陽香が

ステージの上で必ず口にして真ん中に掲げてきた

「摂食障害」

「リストカット」

「自傷」。


私にとって「摂食障害」と「自傷」は
人生のほとんどを埋め尽くすものである。

これらと共に生きた20年間と
向き合って生きる事を始めたこの10年間を経て。


摂食障害や自傷の始まりであった
小学生の頃から
現在の私に至る足跡を

2013年7 月7日以来
記事として書き続けて居る。


綴ってきた記事は
「かてごり。」に時代別に分けてあります。


【「1・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(小学生の私)】
   ※4つ の記事があります。

【「2・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(中学生の私)】
   ※7つ の記事があります。

【「3・ 自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」 (高校生の私)】
   ※12の記事があります。

【「4・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(大学生の私)】
   ※17 の記事があります。

【「5・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代前半の私)】
   ※ 61の記事があります。

【「6・自傷 と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代後半頃の私)】
   ※50 の記事があります。

【「7・自傷 と共に生きてきた過程の始まりから。」(30代前半頃の私)】
   ※ 現在執筆中。





過程を綴る記事は
30代前半頃の私を書き始めている。

【「飲み込めぬ喉。食べ切れぬ心。」 (2014.6.15)】


そして

5月からは
介護が必要になった飼い猫との
暮らしや想いも多く綴っている。

【「迎える死に怯えながら。」 (2014.6.13)】


過程の続きは次回にするね。








昨夜は

1時頃に流動食を与えてから
2時前に眠り4時に起きた。


4時半を過ぎた頃に流動食を与え
しばらく様子を見た後

1時間程眠った。


目が覚めたら
ぽんちゃんは起きて居て

私が見ている前で
階段を1段だけ
よいしょっと上った。


ほとんどを
横たわって過ごしているから驚いた。

その後
自分の足で
ふらふらとごはんを置いているところへ行った。


ごはんも水も
口元まで持って行かなくては口に出来ないが

一応
横になっている近くには常に置いている。

そこでスープを二舐めした。

その後は排便もがんばった。


そして現在はぐったり…。
疲れたんだろうね。





この約1ヶ月半。

とても辛かった。
とても苦しかった。

毎日に
必ず悲しみが居座って居て

辛くてたまらなかった。



介護だけに注げる訳ではない。

24時間看続けながら
もちろん仕事も家事もする。

通院に出掛ける事は出来なくて
手持ちの薬でしのぎながら
自分の体はボロボロになっていって

それでも今は介護の方が大事だと思った。





たくさんの事を調べては考えて試した。



歩くのも大変なこの子が
少しでも快適に過ごすには
何をすれば良いだろうか。

どうすれば
自分の口から食べて貰えるだろうか

水を飲んで貰えるだろうか。

どうしたら
排便が少しでも楽になるだろうか。




ぽんちゃんが居る近くに
トイレをふたつ用意して

床には
滑り止めシートと
ペットシーツを敷き詰めた。


力が入らない後ろ足が
滑って危ないから
滑らないように。


転びながらでも
自分でトイレに行こうとするから
近くに置いて

間に合わずに漏らしてしまっても
大丈夫なように。


片目の見えないぽんちゃんが
ぶつからないように

家具を動かして障害物を無くして。



始めは食べれていたけれど
だんだんと難しくなり

固形物が飲み込めなくなってからは

全てのフードを
水やスープでのばして磨り潰した。

缶詰を湯がいて出汁を与えてみたり
手作り食も試した。

冷たい物は嘔吐しやすいから
流動食もフードも
全て人肌に温めたが

ぽんちゃんは氷が好きだから

水は小皿に入れて
小さな氷を浮かべて
その都度口元に運んだ。


それでもあまり飲まない時は
“ペットスウェット”を与え た。



踏ん張る力も足りなくて
排便には苦労して居る。

毎日何時間でもマッサージする。

猫のお腹のマッサージも調べた。

便が上手く出し切れない時は
出す事もする。



猫用の乳酸菌を与えてみたが
効果が無く

人用の
“イージーファイバー”と
“新ビオフェルミン細粒”を
流動食に混ぜて与えてみて。

それでも効果は見られず。

水溶性の“イージーファイバー”は
胃腸に長く留まる性質があるから
“ビオフェルミンだけに変えてみて


それでも効果が無いから
次は“マルツエキス”を与えてみてる。



ペットスウェットにはオリゴ糖
マルツエキスには麦芽糖が入っていて

糖尿病も抱えたこの子には
量が難しいが試している。



一度に受け入れないぽんちゃんには
流動食を与える回数を増やすしかない。

でも
時にとても嫌がる。

回数を減らす為に取り寄せたのは

調べて決めた“ニュートリプラスゲル”と
教えて頂いた“ビオベテリナリー”。


両方共ぽんちゃんは拒否。

幸い“ニュートリプラスゲル”の方は
流動食に混ぜれば飲み込んでくれたから与えている。






今日がお別れかも知れない。

明日には召されるかも知れない。


毎日
怯えながら
張り詰めて過ごしてきた1ヶ月半。


とても苦しくてたまらないけれど

この子を看ていて
与えられるものはとても大きい。

この子が
命をかけて私に教えてくれている事は
とても大きい。





先月の今頃。

今日を迎える事は難しいと思ってた。


でも生きて迎えてくれた。


介護は1ヶ月半を過ぎて。
昨日を越えて今日に辿り着いた。


いつ何が起きてもおかしくない。

ただ
新しい歳の始まりを
この子と迎えて思う。


この子が
私のそばで生きようとしてくれる限り

私は出来る限りの事をして
この子の命に沿うて在りたい。


その日はいつなのかわからないけれど

怯えながら
張り詰めて過ごすしかないのだけれど

この子が
生きてここに居て

今日を静かに過ごせて在れる事に

今日はしあわせだと思う。







※ 申し訳ありませんがしばらくの間コメント欄の設置をお休みしております。

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*

このぶろぐ。
『 癒え待ちよすが -イエマチヨスガ- 』は
「にほんブログ村」のランキングに参加しています。

下のバナーをクリック頂けるとカウントされます。
    どうか…ぽちっと
応援をお願い致します。 ヽo(´∇` 陽)oノ


にほんブログ村

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*




関連記事
スポンサーサイト
自己紹介。

月下陽香

Author:月下陽香
「月下陽香(げっかようこう)」の
ステージネームで
オリジナル楽曲を発信しながら

創作陶芸作家としても活動中。


このブログには
私がかつて
「摂食障害」・「自傷癖」と
共存して居た頃の出来事を綴った記事も
多く置いて居ます。


私にご興味を感じて頂ける
御訪問者さまや

初めてお立ち寄り下さった方は

まずこちらをご覧頂けると
このブログが見やすくなるかと
思って居ります。

【このブログ「癒え待ちよすが」について。】 ←クリック


リンクから
月下陽香のYouTubeなども
ご覧頂けます。


よろしくお願い致します。

カテゴリ。
Twitter。
最新記事。
カレンダー。
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
きんぎょ。
QRこーど。
QRコード
月別アーカイブ。
検索。
リンク。
カウンター。
ランキング参加中。
にほんブログ村参加中。
「このブログに投票」ボタンから
ぽちっといただけるとうれしぃです♡
お便りはこちらから❤

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。