❝ 月下陽香からのおしらせ ❞

  ♪:*:.:*:♪ ・らいぶ情報・ ♪:*:.:*:♪

     ❤ 2018年2月3日(土)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 「 音(オン) 」
※詳細決まり次第ご報告致します。
★月下陽香&井上タイキ 大阪でのラストイベント

     ❤ 2017年2月11日(土・祝)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 
「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-(選べる1ドリンク&1フード付き)
18:00 オープン  19:00 スタート
★月下陽香&井上タイキ・HAT TREAT ツーマンライブ!!



  ♪:*:.:*:♪ ・CD情報・ ♪:*:.:*:♪

  ◆ ファーストシングル ・ 花いばら ◆
            2曲入り ¥500-
            2014.5.24 発売
花いばら

  ◆ セカンドアルバム ・ 生きてるからね。 ◆
            6曲+1曲入り ¥1000-
            2011.8.21 発売

いきてるからね。

※ こちらからもお買い求め頂けます。
  「お便りはこちら❤」から お名前とご連絡先をお知らせ下さい。

飲み込めぬ喉。食べきれぬ心。(転居後前半・2)



      ・・いつも応援ありがとうございます。ブログランキングに参加しております。
           今日もどうかバナーをクリックして応援して下さい。・・



昨夜ポストを開ければ

「こぼれそうな夜」をご一緒頂いている
大好きな女性から
贈り物が届いていた。


薄いピンク色の封筒に入っていたメッセージと
共に届いたのは

とても可愛らしい扇子。


私にとって
ど真ん中の大好きな色合い。

私を想って選んで下さった贈り物が
とても有難くてうれしかった。


今年から夏はこの扇子と過ごそう。


私のキズグチに埋め込んだ
無数の種も

いつか

こんなふうに咲いてくれるのかな…







今日は過程の続きを書くけれど

その前に
今日の想いをお伝えしたいと思う。




介護生活も1ヶ月と16日。

それを
ここにも記事として書いてきて居る。



私は感情の在るひとりの人間だから

乱れもするば
泣きもするし
弱音も吐く。


それでも
どう向かってゆくのか
私は日々文字にする。


大切な命が
もうすぐ消えてしまう事への

不安や恐怖や
悲しみを

表現しておこうと思い記事を書く。


食べる事の大切さや
生きる事の尊さ

小さな猫1匹から

今私が痛みながら学んで在る事を
伝える為に記事を書く。


これも
私の生き方のひとつだから書いて居る。


それを
読む方々がどう捉えて下さるのかは自由だ。




私のパソコンには
仕事でもプライベートでも
いろいろなメールが届くのだけれど


こうして発信をしていると

記事に関して

私自身が良く知る
お知り合いの方々からの
いつも頂くメー ル以外にも

ひょこっとメッセージを頂いたりもする。


良く知る方々も
お会いした事の無い方も

みなさま
ご心配下さったり応援下さったり。


一生懸命想って下さってこその
メッセージを頂いて居る。

いつもとても感謝をしています。



ただ。

今私がこうして綴る現状は
真実だけれど
これだけが全てではない。

実際は
もっと厳しくて
もっと苦しくて
これは当人にしかわからない。

実際に24時間闘ってるのはこの子と私。



1ヶ月半

1日もまともには眠る事も無く

小さな変化を見逃さぬよう付き添い

自分の通院も出来ず
支払いに頭も抱え

日に何百回と
磨り潰したり作ったりしては
フードを捨て続け

流動食を嫌がる口に流し込み
介護しているのは私で


介護されている小さな体は
日々衰えながら懸命に生きていて

この数日は飲み込む事も困難になり

僅かな流動食を飲み込む事にも苦労し

その体の変化や悪化を
全身で抱えて在るのはこの子。



状況は日々悪化してゆくだけで

その中で起こる変化に
みぞおちが
ぐっと締め付けられるように痛んで
吐きそうになって

それでも愛おしくてたまらなくて
毎日看続けて居る。



情けない事に余裕はもう欠片も無い。



お返事をきちんと書ける状況ではないし

頂く言葉が怖くなってしまって
今はそれを越える為に頑張る余裕もないから

1ヶ月以上コメント欄も設置して居ない。
 


頂くメッセージは
私のもとへ文字として届く。

文字は私というフィルターを通して
私の心に言葉となり落ちて来る。


そこには
私を想って下さるやさしさが
たくさん込められている事は理解している。


それでも
上手く受け止めて消化する事が出来なくて

胃が痛くなって吐き気がして
それも超えれば
えづいて喉が切れて血が出て。

そんな事も起きる。
今日々はそんな状態。




こうして発信している立場に在るのに

これは
とてもわがままで
勝手な考えで在る事も自覚して居る。

本当に申し訳ないと思って居ます。



でも。

この子との生活は
もうあと少ししかないんです。

今は
この子と向き合う事だけに心を使いたい。


頂く言の葉に
お返事も全く出来て居なくて
それにも心が痛んで辛いんですね。


だから今は

あとしばらくの限られた時間を
出来るだけ
心静かに過ごさせて頂けたらと

そっと見守って頂けたならと

ものすごく願って居ます。




みなさまのお気持ちには
本当に心より感謝を致しております。










さて



2013年から

月下陽香が

ステージの上で必ず口にして真ん中に掲げてきた

「摂食障害」

「リストカット」

「自傷」。


私にとって「摂食障害」と「自傷」は
人生のほとんどを埋め尽くすものである。

これらと共に生きた20年間と
向き合って生きる事を始めたこの10年間を経て。


摂食障害や自傷の始まりであった
小学生の頃から
現在の私に至る足跡を

2013年7 月7日以来
記事として書き続けて居る。


綴ってきた記事は
「かてごり。」に時代別に分けてあります。


【「1・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(小学生の私)】
   ※4つ の記事があります。

【「2・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(中学生の私)】
   ※7つ の記事があります。

【「3・ 自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」 (高校生の私)】
   ※12の記事があります。

【「4・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(大学生の私)】
   ※17 の記事があります。

【「5・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代前半の私)】
   ※ 61の記事があります。

【「6・自傷 と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代後半頃の私)】
   ※50 の記事があります。

【「7・自傷 と共に生きてきた過程の始まりから。」(30代前半頃の私)】
   ※ 現在執筆中。





5月からは
介護が必要になった飼い猫との
暮らしや想いを多く綴りながら。

前回の記事はこれだった。

【「迎える死に怯えなが ら。」 (2014.6.13)】




過程を綴る記事は
30代前半頃の私を書き始めたところ。

【「こんなにも苦しいのに。」 (2014.6.10)】


この続きになる。






結婚して大阪に越して来た。

季節は春。

私の過去を知る人はここには居ない。


引っ越しの荷物を片付けながら
主人の帰宅まで猫たちと過ごす日々。


“新婚”と言えば確かにそうだし
聞こえも良いが

同棲しての結婚だった私たちには
特別新鮮な感覚は無かった。


朝は相変わらず起きれなかった。

長年
朝晩ひっくり返った生活をしてきたリズムは
戻せなかった。

頑張ってはみたが
主人に合わせて起きる事はやはり出来なくて。
頑張る事を止めた。



主人が私に何かを要求する事はなかった。

命令も束縛も
干渉も抑圧も
全くしない人だった。

私が男友達と飲みに行っても
怒る事もない。

私の腕に傷が増えてても
ほとんど気付かない。

主人が眠った後で嘔吐してたって
全く気付かない。

それはとても楽だった。


主人は
アルコールは付き合いでしか飲まない。
家で毎日飲むのは私だけ。

そんな事にも
何かを言われた事は一度もなかった。




結婚する前に一度
主人に話してみた事がある。


どんな反応をするのか
知りたかったけど

現役である事を
打ち明ける勇気はなくて

過去形として嘘をついて
話した事がある。


「摂食障害」と「自傷癖」の事。


“以前そうでした”みたいな感じで。


彼は何も気にしないと言った。

その経験が在っての今の君なんだからって。


偏見は持たないんだなって思った。


現役だと知れば
どうかわからないけれど…

その時は少しだけ安心をした。




私は目一杯
現役の
摂食障害者であり
自傷癖者であったけれど。






大阪に来たら
やりたいと思っていた事がいくつか在った。

まず1つ目の準備に入った。



結婚した事で私の苗字は変わった。

それだけで
少し別人になれたような気分だった。


私は
旧姓が嫌で嫌でたまらなかった。


両親の人間性も
人生も

自分の汚い過去も

そこには
全てが呪われたように
染み着いて在るようで

名を名乗る事が
いつも嫌でたまらなかった。


苗字が変わった事は大きなしあわせだった。


それでも
名は生れ落ちたままだ。


自分の名前を書く度に
目に飛び込んでしまう文字からは

汚れた足跡が臭う気がした。


名前を変えたい。

強くそう思って居た。




家庭裁判所に

「名の変更」の申し立てをして裁判を起こせば

名前を
戸籍からかえられるかも知れない事は
調べて知って居た。


ただ簡単ではない。

代々伝わる職業上の襲名であったり

大きな事件の被害者となり
ニュースや新聞で名前が全国に知れてしまったり

そういう事情がなければ
簡単には変わらない。

余程の事情がなければ
親が決めて届けた名前は
変えられるものではない。


一度却下されたら
何度もやり直せるものでもない。

確実に一発で決めるしかない。


でなければ私の名は変えられない。




私は

郵便物など
自分の名を書く際に

本名ではなく
新しく変えたいと思う名前を書く事を始めた。

通帳や免許証などは無理だが
使える物には全て
いつか戸籍からこの名に変えてやると
自分が決めた名前で書くようにした。


揺るがない既成事実を作り上げる為に。



今の私の本名

「陽」と書いて「めぐみ」と読む

この名に戸籍から変える為に

これから約5年をかけて臨む。



そこまでしてでも名前を変えたかった。


生れ落ちた時に与えられた姓名共に
この世から消し去りたかった。



昔。
死のうとした事が在る。

ずっと
早く死にたいと思って生きて居る。


死に損ねて
行き損ねてる私は

まず
自分をこの世から消し去り

新しい自分となる為に

新しい名を得る準備を始めた。


続きはまた。






2014年の6月16日。


明日

私は

「陽」と言う名になり

5歳の誕生日を迎える。





※ 申し訳ありませんがしばらくの間コメント欄の設置をお休みしております。

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*

このぶろぐ。
『 癒え待ちよすが -イエマチヨスガ- 』は
「にほんブログ村」のランキングに参加しています。

下のバナーをクリック頂けるとカウントされます。
    どうか…ぽちっと
応援をお願い致します。 ヽo(´∇` 陽)oノ


にほんブログ村

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*







関連記事
スポンサーサイト
自己紹介。

月下陽香

Author:月下陽香
「月下陽香(げっかようこう)」の
ステージネームで
オリジナル楽曲を発信しながら

創作陶芸作家としても活動中。


このブログには
私がかつて
「摂食障害」・「自傷癖」と
共存して居た頃の出来事を綴った記事も
多く置いて居ます。


私にご興味を感じて頂ける
御訪問者さまや

初めてお立ち寄り下さった方は

まずこちらをご覧頂けると
このブログが見やすくなるかと
思って居ります。

【このブログ「癒え待ちよすが」について。】 ←クリック


リンクから
月下陽香のYouTubeなども
ご覧頂けます。


よろしくお願い致します。

カテゴリ。
Twitter。
最新記事。
カレンダー。
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
きんぎょ。
QRこーど。
QRコード
月別アーカイブ。
検索。
リンク。
カウンター。
お便りはこちらから❤

名前:
メール:
件名:
本文:

ランキング参加中。
にほんブログ村参加中。
「このブログに投票」ボタンから
ぽちっといただけるとうれしぃです♡