❝ 月下陽香からのおしらせ ❞

  ♪:*:.:*:♪ ・らいぶ情報・ ♪:*:.:*:♪

     ❤ 2017年2月11日(土・祝)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-(選べる1ドリンク&1フード付き)
18:00 オープン  19:00 スタート
★月下陽香&井上タイキ・HAT TREAT ツーマンライブ!!

     ❤ 2016年11月6日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1500-+1ドリンク別途要

     ❤ 2016年5月22日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1000-+1ドリンク別途要

     ❤ 2015年12月25日(金)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 
「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-



  ♪:*:.:*:♪ ・CD情報・ ♪:*:.:*:♪

  ◆ ファーストシングル ・ 花いばら ◆
            2曲入り ¥500-
            2014.5.24 発売
花いばら

  ◆ セカンドアルバム ・ 生きてるからね。 ◆
            6曲+1曲入り ¥1000-
            2011.8.21 発売

いきてるからね。

※ こちらからもお買い求め頂けます。
  「お便りはこちら❤」から お名前とご連絡先をお知らせ下さい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

迎える死に怯えながら。




      ・・いつも応援ありがとうございます。ブログランキングに参加しております。
           今日もどうかバナーをクリックして応援して下さい。・・



たくさん泣いた。

しゃくり上げてわーわー泣いた。



介護生活は1ヶ月と2週間。


始めは泣いちゃいけないって思ってた。
弱音は封印しなきゃって。
でないと伝わってしまうって。

でも

だんだんと
どうしても泣いてしまうようになった。


愛おしくて愛おしくて
涙を止められない。

1日もまともに眠りもせず
自分の事は全て後回しで
懸命に注いでも

日を追う毎に
弱ってゆく姿を見続ける日々は

寂しくて

悲しくて苦しくて。



昨日はめちゃくちゃ泣いた。



もう我慢が出来なくて

ならば
泣くだけ泣いて

また踏ん張ろうと思って

わーって泣いたけど

涙は止まらなくて

止まってもまた流れてしまう。

すぐにまた流れてしまう。



もうすぐ

嫌でも泣かなきゃ居られなくなるんだろうに


昨日は涙が止まらなくて
ずっと涙があふれ出して

だから余計に怖くて怯えた。












2013年から

月下陽香が

ステージの上で必ず口にして真ん中に掲げてきた

「摂食障害」

「リストカット」

「自傷」。


私にとって「摂食障害」と「自傷」は
人生のほとんどを埋め尽くすものである。

これらと共に生きた20年間と
向き合って生きる事を始めたこの10年間を経て。


摂食障害や自傷の始まりであった
小学生の頃から
現在の私に至る足跡を

2013年7 月7日以来
記事として書き続けて居る。


綴ってきた記事は
「かてごり。」に時代別に分けてあります。


【「1・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(小学生の私)】
   ※4つ の記事があります。

【「2・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(中学生の私)】
   ※7つ の記事があります。

【「3・ 自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」 (高校生の私)】
   ※12の記事があります。

【「4・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(大学生の私)】
   ※17 の記事があります。

【「5・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代前半の私)】
   ※ 61の記事があります。

【「6・自傷 と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代後半頃の私)】
   ※50 の記事があります。

【「7・自傷 と共に生きてきた過程の始まりから。」(30代前半頃の私)】
   ※ 現在執筆中。





過程を綴る記事は
前回から30代前半頃の私を書き始めたところ。

【「こんなにも苦しいのに。」 (2014.6.10)】


5月からは
介護が必要になった飼い猫との
暮らしや想いを多く綴りながら。

前回の記事はこれだった。

【「置いて逝かないで。」 (2014.6.11)】




今日も過程の続きはお休み。


ストックをふたつ
これでも書いて在るんだけど

今は
いつまで続くのかわからない命と
向き合って過ごして在るから

寄り道をさせて下さい。







前回の記事にも書いたけど

我が家にはかつて
ぽんちゃんを含めて3匹の猫が居た。

全部元野良猫ちゃん。


ぽんちゃん以外の2匹は

糖尿病から腎不全・臓器不全となって
召されてしまった。




始めに召された子は

あらゆる治療を試みたが

今夜が最期だろうと
入院していた病院から帰宅し

自宅で私の腕の中で亡くなった。


最期に
叫ぶように鳴いて目を大きく開けて
私の 顔を見るような表情をして
動かなくなった。


居なくなった悲しみが
少し薄れるまでに
1年かかった。


ただ
残りの2匹が支えてくれた。


次に召された子は

突然に物凄い速さで悪化して
病院へ走り

主治医の先生と相談して
悩みに悩んで
それでも可能性にかけたくて

今夜一晩だけ病院に預けてみて
それでダメなら連れて帰る事にした夜に

病院で独り冷たくなった。


深夜3時過ぎだった。

先生からの電話で死んだ事を知った。


どうして独りで逝かせてしまったのか
大きな後悔をした。


病院に置いて去ってゆく私を
あの子はどんな気持ちで見て居ただろう…



3年間
毎日毎日インシュリンの針を打たれ続けた背中は

やっと刺される事がなくなり


針を刺し続けた私は

やっと
愛おしい者の体に
針を刺す苦しみから逃れたのに

私は
自分が選んだ事に納得出来ないまま

今も大きな大きな後悔を残して在る。



2匹が召された後

私を支えたのがぽんちゃんだった。




この子とは19年を共に暮らして居る。

この世の命在るものの中で
いちばん長い年月を私と過ごしてくれた

愛する家族であり
愛おしい我が子のような存在だ。


糖尿病と乳がんを抱えた体で
それでも私のそばで生き続けてくれて

この度
腎疾患を起こし

介護生活に入り1ヶ月と2週間。



日に日に弱ってく。


ほんの少し前
本当にほんの少し前には

帰宅すれば抱っこをねだり

私の膝に飛びつき

階段を自由に上り下りし

ごはんも食べて居て

鳴く事も出来たのに。


今はどれも出来ない。


もう手の施しようがない事はわかっている。

だから
出来る限りの事を
自分で考えて選んで行動として居る。


1日でも長く一緒に居て欲しい。

ぽんちゃんが
近い未来に必ず召される事はわかって居る。


この愛くるしい顔も
美しい毛皮も

全部なくなってしまう。


どんなに叫んでも
訴えても
それは変えられない。

そんな事はもうわかってる。

わかっているけれど
まだ置いて逝かないで欲しいと
24時間願って居る。




ぽんちゃんが居なくなったら…私

19年ぶりに
家で独りの時間に居なきゃいけなくなるんだね。

今回は
もう一緒に居てくれる子が居ないんだ。


私は
そこからどう立ち上がれば良いんだろう か。


自分で見付けてゆくしかない事は
自分がいちばんわかっている。

なぜこんなに悲しいのかは
私にしかわからない事だからね。



猫たちは

摂食障害と自傷の中に居た私の
全てを見ても

求めてくれた存在だったんだよね。

そんな存在の全てが
とうとう居なくなる時が近付いている。



まだ
何ひとつ冷静になんか考えられない。

そうなれるのはまだずっと後の事で。

今は毎日毎日願いながら
自分の通院も睡眠も投げ捨てて

付き添って出来る限りの介護をするだけ。




お返事をする余裕も無い私に

ぶろぐを読む度に
Twitterを見る度にメールを下さり

毎日
弘法大師さんに行って
ぽんちゃんの事を祈って下さってる方がおられる。

昨日もメールを下さって

それでも昨日は
泣く事しか出来なかった。


泣いても泣いても
涙が止まらなかった中に

少し早いお誕生日の贈り物が届いた。


兄ちゃんのように感じて
仲良くして頂いて居る方と
その方の奥様から。

私は奥様のファンでもある。
ハーフっぽい美人で痛みを知るやさしさの深い方。


うちのぽんちゃんと
ご夫婦のお宅の猫ちゃんは
お揃いの箱を持っている。


ぽんちゃんはもう歩くのも大変だから
箱を切って低くしてみた。

それでも入らなかったのに

昨夜は入ってた。


昨日は流動食を与える時に

栄養剤を少しづつ混ぜて与えてみた。


夜遅くから
表情が楽そうで良い顔で眠って居た。




写真で見れば元気そうでしょ?

そう見える写りの物を
選んでるのもあるけれど


この子は今
残りの時間を
一生懸命生きてくれています。






この1ヶ月と2週間。

ギタリストさんは
しょっちゅう差し入れを届けてくれていていて。

お惣菜やフルーツや
ビールや冷凍食品なんかを
玄関先に保冷剤と共に置いて

介護の合間に取り込めるようにしてから
メールをくれる。


昨日も電話をくれて
玄関に置いて行ってくれた。


私が
買い物もまともに行けないで居るから
要る物はないかと電話をくれたけど

いっぱいいっぱいで
何も思い付かないで居たら
食材を買って届けてくれた。



これまでに
彼が差し入れを届けてくれた回数は
一体いくつになるんだろう。

数えられない。


昨年勤めに出て居た時は
よく駅で待っててくれた。

くたくたの帰り道
駅に着いたら
お菓子とか持って待っててくれた。


彼のような人と出会えた事は
私の人生を変える出来事だったと感じてる。







明後日。

私はひとつ歳をとる。



去年の明後日

ぽんちゃんと過ごせる誕生日は
今年で最後かも知れないと思って居た。


ぽんちゃんは
1・5kg程に痩せこけた体で

今年も一緒に過ごす誕生日を私にくれようとして居ると
信じてる。



たくさん撫でて触れて

大切に迎えたいと思う。






※ 申し訳ありませんがしばらくの間コメント欄の設置をお休みしております。

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*

このぶろぐ。
『 癒え待ちよすが -イエマチヨスガ- 』は
「にほんブログ村」のランキングに参加しています。

下のバナーをクリック頂けるとカウントされます。
    どうか…ぽちっと
応援をお願い致します。 ヽo(´∇` 陽)oノ


にほんブログ村

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*




関連記事
スポンサーサイト
自己紹介。

月下陽香

Author:月下陽香
「月下陽香(げっかようこう)」の
ステージネームで
オリジナル楽曲を発信しながら

創作陶芸作家としても活動中。


このブログには
私がかつて
「摂食障害」・「自傷癖」と
共存して居た頃の出来事を綴った記事も
多く置いて居ます。


私にご興味を感じて頂ける
御訪問者さまや

初めてお立ち寄り下さった方は

まずこちらをご覧頂けると
このブログが見やすくなるかと
思って居ります。

【このブログ「癒え待ちよすが」について。】 ←クリック


リンクから
月下陽香のYouTubeなども
ご覧頂けます。


よろしくお願い致します。

カテゴリ。
Twitter。
最新記事。
カレンダー。
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
きんぎょ。
QRこーど。
QRコード
月別アーカイブ。
検索。
リンク。
カウンター。
ランキング参加中。
にほんブログ村参加中。
「このブログに投票」ボタンから
ぽちっといただけるとうれしぃです♡
お便りはこちらから❤

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。