❝ 月下陽香からのおしらせ ❞

  ♪:*:.:*:♪ ・らいぶ情報・ ♪:*:.:*:♪

     ❤ 2017年2月11日(土・祝)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-(選べる1ドリンク&1フード付き)
18:00 オープン  19:00 スタート
★月下陽香&井上タイキ・HAT TREAT ツーマンライブ!!

     ❤ 2016年11月6日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1500-+1ドリンク別途要

     ❤ 2016年5月22日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1000-+1ドリンク別途要

     ❤ 2015年12月25日(金)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 
「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-



  ♪:*:.:*:♪ ・CD情報・ ♪:*:.:*:♪

  ◆ ファーストシングル ・ 花いばら ◆
            2曲入り ¥500-
            2014.5.24 発売
花いばら

  ◆ セカンドアルバム ・ 生きてるからね。 ◆
            6曲+1曲入り ¥1000-
            2011.8.21 発売

いきてるからね。

※ こちらからもお買い求め頂けます。
  「お便りはこちら❤」から お名前とご連絡先をお知らせ下さい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

命の残りを数えながら。





      ・・いつも応援ありがとうございます。ブログランキングに参加しております。
           今日もどうかバナーをクリックして応援して下さい。・・



1年前の今日は
私ステージに立ってたんだよね。

遠い昔みたい。


今年は
5月24日にやっと立てた以外

まだ何も決められて居ない。


これは

私が生きて在る中で

とてもとても大きな
痛みのひとつである。





私は
「月下陽香」の名で音楽活動をして居る。


体調の悪化からこの2年程
ライブ本数はとても減ってしまったが


自分の実体験から生み出した
オリジナル楽曲でのステージを展開して居る。



そして。

その真ん中に掲げるものは

「摂食障害」と「自傷癖」



2013年からは

ステージの上でも
はっきりと言葉にして
それらを晒す事を始め


同年7月から今日にかけて


日々の想いや
月下陽香の活動等を綴りながら


このぶろぐ「癒え待ちよすが」に


「摂食障害者」となり
「自傷癖者」となり始めた

小学生の頃からの記憶を掘り起し


自分が

どんな環境で
どのように生きてきたのか

その過程を
順を追って記事として書き記して居る。





4月30日に

この世の命在るものの誰よりも
長い年月を

私と共に暮らしてくれた
19歳の猫が急変して以来は


過程を書き記す記事の更新速度は
とても遅れている。



どうしても
もうすぐ消えてしまう命と
向き合う今日を記す記事が多い。



過程を綴る記事を
楽しみに待って居て下さる方々には
申し訳ないのだけれど

もうしばらく

そう
きっとどんなに嘆いても

あと少しの間だから


続きの記事から離れて
現状を多く書きながら更新してゆく事を

見守って頂けたらと願って居ます。











2013年から

月下陽香が

ステージの上で必ず口にして真ん中に掲げてきた

「摂食障害」

「リストカット」

「自傷」。


私にとって「摂食障害」と「自傷」は
人生のほとんどを埋め尽くすものである。

これらと共に生きた20年間と
向き合って生きる事を始めたこの10年間を経て。


摂食障害や自傷の始まりであった
小学生の頃から
現在の私に至る足跡を

2013年7 月7日以来
記事として書き続けて居る。


綴ってきた記事は
「かてごり。」に時代別に分けてあります。


【「1・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(小学生の私)】
   ※4つ の記事があります。

【「2・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(中学生の私)】
   ※7つ の記事があります。

【「3・ 自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」 (高校生の私)】
   ※12の記事があります。

【「4・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(大学生の私)】
   ※17 の記事があります。

【「5・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代前半の私)】
   ※ 61の記事があります。

【「6・自傷 と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代後半頃の私)】
   ※50 の記事があります。

【「7・自傷 と共に生きてきた過程の始まりから。」(30代前半頃の私)】
   ※ 今後執筆。





介護が必要になった飼い猫との暮らしや
想いを綴りながら。。

【「命があと僅かとなり。」 (2014.6.7)】



過程を綴る記事は
20代後半頃の私を記し終えたところ。

【「いつも痛みと共に。」 (2014.6.3)】




これから
30代前半頃の私の過程を
現在に向かって書き始める所まで
やっと辿り着いたのだけど…

今日で1ヶ月と10日になる
介護生活に触れておこうと思う。








「もう手の施しようがない。」



19歳の高齢猫。

糖尿病と乳がんを抱え

腎臓の疾患ももう末期。


皮下点滴が出来ない程に
腎臓機能は低下しており

あとは入院での血管点滴しかないが

それをして良くなる可能性は低く

一時的に良くなったとしても
この先何か月も楽に生き延びられる訳でもなく

入院中に亡くなる可能性も低くはない。


私はこの子の飼い主だ。


今のこの子に
そんな一か八かの治療は
もう必要ないと考えた。




後は

近い内に必ず来る

召される日まで

残りの時間を
この子の大好きな自宅で
共に過ごそうと決めた。



1日1日
確実に
これまでには出来ていた事が出来なくなってゆく。

とても速い速度で毎日を朽ちてゆく。


生きて朝を迎える度に
今日も命が続いて在るように願う。


足のぐらつきも
もつれも
日々酷くなっている。


それでも
自分でトイレに行こうと
転びながら向かう。


聞こえなくなった耳には
私が
どんなに「こっち だよ」って言っても
届かない。


片方しか見えない目で
ぶつかりながらトイレを探す。

間に合わず漏らしてしまう。


この子の近くにトイレを2つ置いて
辺りをペッ トシーツで敷き詰めた。


もうほとんど寝たきり。


寝返りだけは
頻繁に自分で打ってくれる。

そんな状態なのに
一生懸命トイレに行く。


足も手も力が入らないから

トイレに辿り着いて中に入っても
しゃがみ込めなくて

おしっこはトイレの外に出てしまったりする。


数日に1度のうんちは
踏ん張っても力が足りなくて
最後は手伝ってやらないといけない時もある。


終わった後はぐったりしてる。



ごはんも水も
口元に持っていってやらなければ
自分から行く事がもうほとんど出来ない。


それでも
持って行けば
気に入った物は僅かでも食べる。


この子が
自分で選んで食べる間は

私は
強制給餌で流動食を与える事を
止めないで居ようと思う。




数日前までは食べる事が出来た
高齢猫用に
細かく刻んでいる缶詰やパウチも

もう飲み込めなくなった。

少しでも食べて貰えるように
いろいろと手作り食も考えて頑張っていたが

固まりはもう飲み込めない。


ムース状の缶詰も
すくい取る力が舌にない。


いろいろと買っては試しゴミになる中

サイエンスダイエットの
ムース状の缶詰の匂いに反応した。


それをすり鉢に入れ
水で伸ばしながら
更に細かいどろっとした液状にすると

一生懸命舐めてくれた。


以来
日に何回でも
与えるフードの全てを磨り潰している。


それもあと何日受け付けてくれるだろう。



昨日は大丈夫だったのに

今朝ぽんちゃんの下腹の左側だけが膨らんでいた。

恐らくだが腎臓だと考えられる。

そうならば
片方の腎臓はもう機能していないという事。

残った片方で尿を作っているものの
時間の問題でそこも機能しなくなり
尿毒症で死に至るという事。



どんなに泣いたって
願ったって
足掻いたって

残りはあと少し。

わかってる。


とても悲しくてたまらないけれど
仕方ない。

わかってる。




最期の時。

どうかこの子が苦しまずに居て欲しいと

今いちばん願う。








昨日ぽんちゃんと写真を撮った。


抱っこされるのも
この子にはもう大変な事で

だから
ほんの一瞬でカシャカシャっと2枚だけ。

ピント調整やら
二人ともが正面を向いてるとか
そんな事してる余裕も無く。



欲しかったんだ。
一緒に写った写真。

日に日に衰えてゆくから

ぽんちゃんが
これからもっと弱ってく前に

綺麗なお顔の内に

写しておきたかったんだ。

きれいに写せなかったけど。




毎日ほとんど付きっきり。

幸い仕事は自宅でして居るから
それが叶うのだけれど。



ここだけ世界が違うみたい。

ここだけ流れが違うみたい。



近い内に必ずくる
サヨナラに向かっての時間は

物凄い速さで流れてくのに

後は全部

置いてきぼりみたい。



介護が嫌なんじゃない。

ぽんちゃんとまだ過ごせる今日に
とても感謝して居る。



でも。


小さな窓から

遠くに見える楽しそうな人達を

じっと見てるだけのような想いは

これまで以上に大きく膨らむ。








※ 申し訳ありませんがしばらくの間コメント欄の設置をお休みしております。

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*

このぶろぐ。
『 癒え待ちよすが -イエマチヨスガ- 』は
「にほんブログ村」のランキングに参加しています。

下のバナーをクリック頂けるとカウントされます。
    どうか…ぽちっと
応援をお願い致します。 ヽo(´∇` 陽)oノ


にほんブログ村

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*




関連記事
スポンサーサイト
自己紹介。

月下陽香

Author:月下陽香
「月下陽香(げっかようこう)」の
ステージネームで
オリジナル楽曲を発信しながら

創作陶芸作家としても活動中。


このブログには
私がかつて
「摂食障害」・「自傷癖」と
共存して居た頃の出来事を綴った記事も
多く置いて居ます。


私にご興味を感じて頂ける
御訪問者さまや

初めてお立ち寄り下さった方は

まずこちらをご覧頂けると
このブログが見やすくなるかと
思って居ります。

【このブログ「癒え待ちよすが」について。】 ←クリック


リンクから
月下陽香のYouTubeなども
ご覧頂けます。


よろしくお願い致します。

カテゴリ。
Twitter。
最新記事。
カレンダー。
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
きんぎょ。
QRこーど。
QRコード
月別アーカイブ。
検索。
リンク。
カウンター。
ランキング参加中。
にほんブログ村参加中。
「このブログに投票」ボタンから
ぽちっといただけるとうれしぃです♡
お便りはこちらから❤

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。