❝ 月下陽香からのおしらせ ❞

  ♪:*:🌙.:*:♪ ・活動情報・ ♪:*:.🌙:*:♪

     ❤ 2018年2月3日(土)
★月下陽香イキザマ晒し劇場【 千秋楽 ・(ライブ活動休止前イベント)
  出演:月下陽香 / えんちゃん / HATTREAT

満員のお客さまとご出演者さまに、盛大に盛り上げて頂き
これまでの音楽人生で一番の、心から楽しんだ幸せな夜となりました。
ありがとうございました。

2018年2月3日のライブを区切りに
月下陽香は「イキザマ晒し劇場」と名付けたライブ活動を休止いたします。
もう「イキザマ」を板の上で晒さなくても
生きてゆけるような気がするのです。

このブログは継続しますが
ステージ活動はまた違う形でお届けする未来に向かいます。

月下陽香の歌も歌い続けながら
もっとみなさまにお近付き出来る歌も学びながら
次のスタイルを生み出し作り上げてゆきます。
よろしくお願い申し上げます。

その後のメインの発信場所を新たに設けました。
◆ブログ ★【癒え待ちの月-イエマチノツキ-】
blog
◆Instagram ★【陽Instagram】
blog
◆Twitter ★【陽Twitter】



命があと僅かとなり。





      ・・いつも応援ありがとうございます。ブログランキングに参加しております。
           今日もどうかバナーをクリックして応援して下さい。・・




2013年4月30日。

急変した大事な家族。


それでもその時は乗り越える事が出来た。


今年2014年の
同じ日

4月30日。


再び急変したこの子は

ものすごい速さで日々衰えていった。
介護が必要になった。


何とかもう一度頑張って欲しい。

そう願い
強制給餌も始めた。


脱水症状を改善させる為に点滴を受けた。


でも

1日1日
日を追う毎に悪化してゆく。

1日が過ぎる度に
昨日まで出来ていた事が出来なくなってゆく。



耳も聞こえなくなった。

名前を呼べば走ってきたのに
もう
私の声は聞いて貰えなくなった。


走る事も出来なくなった。

ほとんどを
横たわってでしか
過ごせなくなった。


目も片方は見えなくなった。

トイレまで歩こうとしても
どこかわからない。


あちこちぶつかりながら
やっと辿り着いても

そこから出る方向がわからない。


固形物もまともに飲み込めなくなった。


口元に持って行けば
気分が良ければ
ほんの少し食べるし
水を飲もうともするが


自分の足で
ごはんのある場所へ行く事も

出来なくなった。




昨夜は病院に連れて行ってきた。










2013年から

月下陽香が

ステージの上で必ず口にして真ん中に掲げてきた

「摂食障害」

「リストカット」

「自傷」。


私にとって「摂食障害」と「自傷」は
人生のほとんどを埋め尽くすものである。

これらと共に生きた20年間と
向き合って生きる事を始めたこの10年間を経て。


摂食障害や自傷の始まりであった
小学生の頃から
現在の私に至る足跡を

2013年7 月7日以来
記事として書き続けて居る。


綴ってきた記事は
「かてごり。」に時代別に分けてあります。


【「1・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(小学生の私)】
   ※4つ の記事があります。

【「2・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(中学生の私)】
   ※7つ の記事があります。

【「3・ 自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」 (高校生の私)】
   ※12の記事があります。

【「4・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(大学生の私)】
   ※17 の記事があります。

【「5・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代前半の私)】
   ※ 61の記事があります。

【「6・自傷 と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代後半頃の私)】
   ※50 の記事があります。

【「7・自傷 と共に生きてきた過程の始まりから。」(30代前半頃の私)】
   ※ 現在執筆中。




介護が必要になった飼い猫との暮らしや
想いを綴りながら。。

【「なぜ痛みを垂れ流すのか。」 (2014.6.5)】



過程を綴る記事は
前回20代後半頃の私を記し終えたところ。

【「いつも痛みと共に。」 (2014.6.3)】





今日からは
“30代前半頃の私”の
「かてごり。 」に収める記事を

更新する予定で準備もして居たが

もう
いつ何が起こるかわからないから

今日
書いておかなくてはと

とても思うから


過程の続きの更新は後日に回して
想いを書く事にするね。









昨日はぽんちゃんを病院に連れて行った。


腹水と胸水がどうなったか
エコーで見る事と

血液検査で
腎臓の数値を見ておく予定だった。


どうも目が見えてないようなので

眼底検査をして貰った。

右の眼は
もう見えていない事がわかった。




エコーで見た所
腹水も胸水も
増えてはいないが無くなってはおらず。


ぱっと見てわかる程

心臓の動きは
数日前よりもゆっくりになっており

呼吸数も減って居た。




医師は血液検査をしなかった。


この子が脱水状態に陥らぬように
投与出来る点滴は
もう血管点滴しかない。

皮下点滴では
吸収できずに体内に溜め込んでしまう。

血管点滴をするには入院が必要。


入院中に亡くなる可能性はゼロでなないし

19歳の
これだけ弱った状態では何とも言えない。


それを承知で
判を付き
この子を病院に預けようとは

私は考えていない。


と言う事は

もう

医師に出来る事はないと言う事。




気になる事があるから
エコーで確認したいとか

痙攣発作が起こったとか

何かあればいつでもと
おっしゃって下さったが


今のこの子に
これ以上の手の施しようが無い事も

きちんと言って頂いた。


だから血を採らないでいてくれたのかもね。




あとは

静かに

お別れの時がくるまで

待つだけとなったんだね。




病院で思った。

ここに
この子を連れてくるのは
今日が最後なんだなって。



帰り道思った。

あと少しなんだなって。



とても冷静に思った。






数日前まで
2階に
閉じこもるように暮らして居たぽんちゃんは

突然1階に下りてきて

以来リビングで過ごして居る。



ほとんど横たわったまま。

たまに寝返りを打つ位。



トイレは自分で行こうとする。

後ろ足はぐらぐらで
もつれて転ぶ。

それでも行こうとする。


よく見えないからあちこちぶつかって

迷って迷って

我慢出来ずに粗相してしまう。



トイレを近くに持って来て

ペットシーツを敷き詰めた。


漏らしてしまっても

この子の体が汚れないよう に
絨毯や家具が汚れないように

それがいちばんかなと思った。


ペットシーツを敷く下には
タオルケットやマットを敷いた。

また小さくなったこの子が
床ずれになりにくいように。


家具を動かして
この子にとって障害物になる物も除けた。




夜は
リビングでうたた寝をしながら付き添う。

布団に漏らしてしまう可能性もあるから

ソファで座ってうとうとするだけ。


横になってしまうと
寝入ってしまって
もう起きれないしね。





今日も

昨日まで出来た事がまた出来なくなった。


こうしてひとつづつ失いながら

その日に近づいてゆくんだろう。




まだ
口元にもってゆくごはんを
ほんの少しだけど

自分から一生懸命食べる。


ぽんちゃんがそれをする間は

私はこの子に
強制給餌を続けようと思う。


でも
この子が自ら口を開けなくなった時

それを
止めてあげなくてはいけないんだとも

考えた。




皮下点滴を始めた時

ちょうど月下陽香のライブの頃は

まだ
この子に点滴が合わない事もわかっていなくて


この先
生きて居る限り
必要になる点滴を

どう続けてゆこうか悩んでいた。


数日置きに通院しての点滴は
時間も費用も共に厳し過ぎる。


この手で打つしかないのかと思い
とても苦しかった。



以前居た猫の
看護の事を書いた記事が在る。

私は
この手で
猫に
インシュリン注射を

数年打ち続けた。

【知り尽く した不足の吹き溜まりに吸い込まれぬように。 」 (2013.5.11)】





もう針を刺すのは嫌だ。

とてもそう思って居た。

もうあんな想いに私は耐えられないと。


だけど
自分で打つしかないのかと
とても悩んでいた。


そうしたら

ぽんちゃんには皮下点滴が出来ない事がわかった。


もしかしたら

私の気持ち
わかってたのかな…



私は
この子に針を刺す事無く
残りを共に居られる。






この状況が長く続く事は無い。

この子を誰よりも見ている私が
今とても感じている。


もうすぐお迎えが来るんだと思う。


それは今日かも知れないし

明日かも知れない。


もう

いつ

何が起こっても

おかしくない。







体は歳をとるとこうなってしまうんだね。

耳が聞こえなくなったり
目が見えなくなったり

歩けなくなったり

食べるのも難しくなったり。



私には

「おじいちゃん」や
「おばあちゃん」っ て存在がなかったから

年老いてゆく家族が
身近には居なかったから

情報としてでしかわからなかった。


家族が年老いて朽ちてゆく事が
どういう事なのか

私は今まで知らなかったんだと思う。



この子は
命を懸けて

私にそれを教えてから
召されようとしてるんだと思う。






お金がいっぱいかかっても

眠れなくても

すごくしんどいのに


愛してる。



この子が漏らしてしまった
おしっこを拭きながら

でも

やっぱり

愛してる。




たまらなく愛してる。

愛おしい。



愛おしい。

愛おしい。




愛おしい。




居なくなる少し先が寂し過ぎて悲しい。



出来る限りそばに居よう。

一緒に居よう。


お別れに向かう為の
心の準備期間を

この子はこうして与えてくれてるんだろう。


明日に

まだこの子の命がありますように。






※ 申し訳ありませんがしばらくの間コメント欄の設置をお休みしております。

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*

このぶろぐ。
『 癒え待ちよすが -イエマチヨスガ- 』は
「にほんブログ村」のランキングに参加しています。

下のバナーをクリック頂けるとカウントされます。
    どうか…ぽちっと
応援をお願い致します。 ヽo(´∇` 陽)oノ


にほんブログ村

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*




関連記事
スポンサーサイト
自己紹介。

月下陽香

Author:月下陽香
オリジナル楽曲を発信しながら
創作陶芸作家としても活動しております。

2018年2月4日より
月下陽香としてのライブ活動は休止致しますが

このブログを継続しながら

ステージ活動は
また違う形でお届けする未来に向かいます。


このブログには
私がかつて
「摂食障害」・「自傷癖」と
共存して居た頃の出来事を綴った記事も
多く置いて居ます。


私にご興味を感じて頂ける
御訪問者さまや

初めてお立ち寄り下さった方は

まずこちらをご覧頂けると
このブログが見やすくなるかと
思って居ります。

【このブログ「癒え待ちよすが」について。】 ←クリック


リンクから
月下陽香のYouTubeなども
ご覧頂けます。


よろしくお願い致します。

カテゴリ。
Twitter。
最新記事。
カレンダー。
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
QRこーど。
QRコード
リンク。
きんぎょ。
検索。
カウンター。
お便りはこちらから❤

名前:
メール:
件名:
本文:

月別アーカイブ。
にほんブログ村参加中。
「このブログに投票」ボタンから
ぽちっといただけるとうれしぃです♡
ランキング参加中。