❝ 月下陽香からのおしらせ ❞

  ♪:*:.:*:♪ ・らいぶ情報・ ♪:*:.:*:♪

     ❤ 2017年2月11日(土・祝)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-(選べる1ドリンク&1フード付き)
18:00 オープン  19:00 スタート
★月下陽香&井上タイキ・HAT TREAT ツーマンライブ!!

     ❤ 2016年11月6日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1500-+1ドリンク別途要

     ❤ 2016年5月22日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1000-+1ドリンク別途要

     ❤ 2015年12月25日(金)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 
「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-



  ♪:*:.:*:♪ ・CD情報・ ♪:*:.:*:♪

  ◆ ファーストシングル ・ 花いばら ◆
            2曲入り ¥500-
            2014.5.24 発売
花いばら

  ◆ セカンドアルバム ・ 生きてるからね。 ◆
            6曲+1曲入り ¥1000-
            2011.8.21 発売

いきてるからね。

※ こちらからもお買い求め頂けます。
  「お便りはこちら❤」から お名前とご連絡先をお知らせ下さい。

なぜ痛みを垂れ流すのか。


      ・・いつも応援ありがとうございます。ブログランキングに参加しております。
           今日もどうかバナーをクリックして応援して下さい。・・




昨日に続き風の強い1日だった。


1ヶ月以上
まともに眠った日が無い。


どんなに頑張っても
眠気とだるさは
24時間まとわりついている。


深夜

流動食を与えながら

目を閉じれば
もう開けられなくなりそうな睡魔に
瞬きも辛く

次の給餌まで
4時間弱空けてみようと

また
リビングで座ったまま寝落ち

目覚めれば
ぽんちゃんのごはんは減っておらず。


早朝
缶詰を与えてみれば少し食べてくれた。


最近は
飲み込む事も大変なようで

与える缶詰も
小さく砕いて与えているが

それでも喉に詰まりそうになる。


今朝もそうだったが
自分で少しは食べてくれたのに。


その後
流動食を与えてしばらくした時
全部嘔吐してしまった。

 
以降ずっと調子が悪そうだ。


流動食もとても嫌がる。

何とか少しづつ与えてみているが
とても辛そうなまま
浅い眠りを続けているようだが

よく手足をぴくぴくと動かす。



腎臓の悪化からの痙攣が
間もなく起きる前ぶれかも知れない。

腎不全から
尿毒による神経症状の発作が
痙攣として起こされる。


それはもう
本当の本当に最期だという事。


その痙攣を起こせば…

召される可能性が非常に高い。




目を見開いたままだったり
白目を向いたりして

手足をばたつかせ
口をばくばくと動かし

体を激しく震わせて

痙攣を何度か繰り返しながら

見ているのが辛い状況で
死を迎える確率が高い。


ただ

痙攣を起こしている時は
猫自身に意識は無いらしい。

だから

苦しくはないらしいが

出来ればそういう状況は避けたい。



痙攣は
大きな音に反応して起きたりもする。

冷蔵庫の扉がバタンと閉まる音で
発作を起こす事もある。


この子は耳はもう
ほとんど聞こえてないけれど
響きはわかるから
気を付けているが

起こる時は何をしても無理なんだろうね。





先日の通院で
帰りに乗ったタクシー。


クリニックで呼んで貰ったし
ペットを連れている事は一目瞭然。


「猫ちゃんですか?」って話し掛けられた。


運転手さんは
犬を飼われておられるらしかった。

うちの子は
もう19歳で
糖尿も乳がんも抱えて
腎臓も悪くして
それでも頑張ってる事を話したら

運転手さんが言った。



「大事に大事に飼われてきたんですね。」って。


「その状態でその歳まで
 生きて頑張ってるのは
 飼い主さんが大事に育ててきたからですわ」って。




その言葉は胸の真ん中に沁みた。


この1ヶ月と6日。

救われる言の葉も
見落とさないように感じ取って来たが

傷付く言の葉にも
たくさん刺されても来た。


辛い毎日に
心は過敏になっているから
突き刺さる文字は
深くこの胸をえぐった。



その日は
マンション前でタクシーを降りて
部屋に向かいながら

バッグの中のぽんちゃんに言った。


「お母さんは
 ぽんちゃんの事すっごく愛してるんだよ」っ て。










2013年から

月下陽香が

ステージの上で必ず口にして真ん中に掲げてきた

「摂食障害」

「リストカット」

「自傷」。


私にとって「摂食障害」と「自傷」は
人生のほとんどを埋め尽くすものである。

これらと共に生きた20年間と
向き合って生きる事を始めたこの10年間を経て。


摂食障害や自傷の始まりであった
小学生の頃から
現在の私に至る足跡を

2013年7 月7日以来
記事として書き続けて居る。


綴ってきた記事は
「かてごり。」に時代別に分けてあります。


【「1・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(小学生の私)】
   ※4つ の記事があります。

【「2・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(中学生の私)】
   ※7つ の記事があります。

【「3・ 自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」 (高校生の私)】
   ※12の記事があります。

【「4・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(大学生の私)】
   ※17 の記事があります。

【「5・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代前半の私)】
   ※ 61の記事があります。

【「6・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代後半の私)】
   ※ 50 の記事があります。





介護が必要になった
飼い猫との暮らしや想いを綴りながら。。

【「吐いて切り続けた武器で。」 (2014.6.4)】



過程を綴る記事は
前回20代後半頃の私を記し終えたところ。

【「いつも痛みと共に。」 (2014.6.3)】




今日から
30代前半頃にあたる私の過程を
書き始める予定だった。


だけど…ごめんなさい。


猫の調子が余りにも悪過ぎて
付きっきりで過ごす中

思考が
記憶を掘り越す所へ辿り着けませんでした。

だから今日は寄り道をします。









今日は自分から食べには来ず。

口元に持って行けば
少し位は舐めるけど

ほんの僅か。


強制給餌も
こんなに嫌がった事はない位に嫌がる。


それでも少しづつ必死で与えて来たが
夕方からはそれも止めて様子を見てる。



とても苛立っているように見える。

何か

辛いとか痛いとか
気持ち悪いとかが

あるんだと思う。


強制で入れられない事はとても恐ろしい。

脱水も貧血も抱えた
1.8kgの 19歳の高齢猫にはとても恐ろしい事。



それでも
今日この子が抱えてるストレスの大きさは
ずっと見てる私がわかる。

余りに大きなストレスは

心も
体も

壊してしまう。

それは私がわかってる。




今日は通院予定だったけど
連れて行く事も止めた。

夜主治医の院長先生が電話を下さった。

ちゃんと気に掛けて下さってるんだね。 
有難いと感じた。




今夜も昨日以上に眠れそうにない。





月下陽香の練習にも
自分の病院にも行けず。

いっぱいいっぱいの私に
ギタリストさんは
お風呂グッズをポストに届けてくれていた。












「摂食障害」と「自傷」

月下陽香が掲げて表現してる柱だ。



それを
ここにも
順を追って記してゆく事を始めたのは

昨年の7月7日だった。

あと1ヶ月で1年だ。



「にほんブログ村」に登録し
過程を綴り始めて

訪問者数はいきなり増えた。

それはとても喜ばしい事だった。


でも
とても傷付いたり
悩んだりする事も増えた。


始めの頃は
今以上に
このサイトは
いろんな所に貼り付けられた。
顔も知らない人たちに。


「ヤリマン」「メンヘラ」「セフレ」「性的依存」

そんなスレッドに
ここはたくさん貼り付けられた。

それはやっぱり辛かった。

覚悟はして居たけれど
うれしいものでは全くなかった。

貼り付けられたコメントに
返ってくるコメントも
とてもきつかった。


しばらくは
仲良くして下さってる方々の事を
その方々のサイトまでわかるような書き方は
怖くて出来なかった。

大事な人達が
同じように扱われることだけは避けたかったから。



今では
無くなった訳ではないが
そういう事もとても少なくなり

共にイベントを育てている方々などは
記事でも紹介したりするけれど

それでも
私なりに目一杯気を付けている。









約1年前

書き始めた頃と

今の私の気持ちは 大きく変わった。



「誰かの今宵の居場所になれば・・。」

そう思う気持ちは変わらない。



そして。


始めた当時は  

「私の事を知って欲しい気持ち」も

確実に在ったと今はわかる。



今は

「私をわかって欲しい」気持ちよりも遥かに

似た想いや経験の中で痛んでいる人の
私なりにだが
理解出来る逃げ場所になれたらと

願う気持ちの方が大きいし


そこから少し
「ちょっとはわかるかも知れない私は
 こうして生きて来たよ」って

伝えたいと
とても思う。




過程を綴る記事は
あと10年程を書き終えたなら
やっと現在の私の生活となり
現在のリアルな言の葉となる。



書き終えて
その時の現在を綴り始めた時に


今よりも

「置いてきぼり」に苦しまずに


今よりも

強い想いで
揺らがずに

発信して在る月下陽香になりたい。






摂食障害も含む全ての自傷から

1年11ヶ月

なんとか離れて過ごしてる。


でも
今でも呼ばれてる。

つい先日だって

吐きたくなったし
切りたくなった。


だけど。しなかったよ。



なぜ
そこに戻らずに
今闘って在れるのか

ちゃんと言葉にしてゆくね。






※ 申し訳ありませんが現在コメント欄の設置をお休みしております。

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*

このぶろぐ。
『 癒え待ちよすが -イエマチヨスガ- 』は
「にほんブログ村」のランキングに参加しています。

下のバナーをクリック頂けるとカウントされます。
    どうか…ぽちっと
応援をお願い致します。 ヽo(´∇` 陽)oノ


にほんブログ村

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*




関連記事
スポンサーサイト
自己紹介。

月下陽香

Author:月下陽香
「月下陽香(げっかようこう)」の
ステージネームで
オリジナル楽曲を発信しながら

創作陶芸作家としても活動中。


このブログには
私がかつて
「摂食障害」・「自傷癖」と
共存して居た頃の出来事を綴った記事も
多く置いて居ます。


私にご興味を感じて頂ける
御訪問者さまや

初めてお立ち寄り下さった方は

まずこちらをご覧頂けると
このブログが見やすくなるかと
思って居ります。

【このブログ「癒え待ちよすが」について。】 ←クリック


リンクから
月下陽香のYouTubeなども
ご覧頂けます。


よろしくお願い致します。

カテゴリ。
Twitter。
最新記事。
カレンダー。
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
きんぎょ。
QRこーど。
QRコード
月別アーカイブ。
検索。
リンク。
カウンター。
ランキング参加中。
にほんブログ村参加中。
「このブログに投票」ボタンから
ぽちっといただけるとうれしぃです♡
お便りはこちらから❤

名前:
メール:
件名:
本文: