❝ 月下陽香からのおしらせ ❞

  ♪:*:.:*:♪ ・らいぶ情報・ ♪:*:.:*:♪

     ❤ 2017年2月11日(土・祝)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-(選べる1ドリンク&1フード付き)
18:00 オープン  19:00 スタート
★月下陽香&井上タイキ・HAT TREAT ツーマンライブ!!

     ❤ 2016年11月6日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1500-+1ドリンク別途要

     ❤ 2016年5月22日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1000-+1ドリンク別途要

     ❤ 2015年12月25日(金)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 
「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-



  ♪:*:.:*:♪ ・CD情報・ ♪:*:.:*:♪

  ◆ ファーストシングル ・ 花いばら ◆
            2曲入り ¥500-
            2014.5.24 発売
花いばら

  ◆ セカンドアルバム ・ 生きてるからね。 ◆
            6曲+1曲入り ¥1000-
            2011.8.21 発売

いきてるからね。

※ こちらからもお買い求め頂けます。
  「お便りはこちら❤」から お名前とご連絡先をお知らせ下さい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

吐いて切り続けた武器で。


      ・・いつも応援ありがとうございます。ブログランキングに参加しております。
           今日もどうかバナーをクリックして応援して下さい。・・



介護生活は1ヶ月と5日となった。


ずっと。
2階の部屋で過ごしていたぽんちゃんは

昨日早朝
突然1階に下りて来た。

自分の足で。


以来1階で過ごしてる。

何が起きたのかな…



様子はまたおかしくなった。

危なっかしい足取りでうろうろする。


テーブルの脚とか
扇風機とか
ぶつかりそうになったり

足元のごはんに気付かずに
踏ん付けて歩いて行ったり

迷ったりしてる。


もしかしたら
目も見えなくなってきたのかな…




この子は
このたった1ヶ月で大きく変わった。

急変する前日まで

ごはんも食べてたし
階段の上り下りも出来たし
テーブルやベッドに飛び乗ったりも出来た。


何かにぶつかったり
ごはんのお皿に足を突っ込む事も無かった。


それが
この1ヶ月で
見る見る内に出来なくなった。


後ろ足はぐらぐらになったし
走るなんて絶対にしなくなったし。

鳴く事もしなくなった。




急激な変化は

ひとつひとつ胸を締め付ける。

とても悲しくて辛い。


でも
きっと
いちばん怖くて不安なのはこの子だね。

この変化を
自分の体に感じて在るのだから。



自分に置き換えると
理解出来るような気持ちが在る。

この数年
私にとって
発声はとても苦しい行為となった。

手術を重ねたこの顎は

このたった数年で
以前は歌えた歌がもう歌えなくなって

途中で
痛みを一度も感じなかったステージは

無く

日常生活では
あくびをする事も無意識には出来ない。


誰にも伝わらない痛みは
孤独を呼び寄せる。



この子もそうかも知れない。

だから出来る限りそばに居てあげたい。










2013年から

月下陽香が

ステージの上で必ず口にして真ん中に掲げてきた

「摂食障害」

「リストカット」

「自傷」。


私にとって「摂食障害」と「自傷」は
人生のほとんどを埋め尽くすものである。

これらと共に生きた20年間と
向き合って生きる事を始めたこの10年間を経て。


摂食障害や自傷の始まりであった
小学生の頃から
現在の私に至る足跡を

2013年7 月7日以来
記事として書き続けて居る。


綴ってきた記事は
「かてごり。」に時代別に分けてあります。


【「1・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(小学生の私)】
   ※4つ の記事があります。

【「2・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(中学生の私)】
   ※7つ の記事があります。

【「3・ 自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」 (高校生の私)】
   ※12の記事があります。

【「4・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(大学生の私)】
   ※17 の記事があります。

【「5・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代前半の私)】
   ※ 61の記事があります。

【「6・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代後半の私)】
   ※ 現在執筆中。




介護が必要になった飼い猫との暮らしや
想いを綴りなが ら。。

【「残された時間を。」 (2014.5.31)】



過程を綴る記事は
前回
20代後半頃の私を記し終えたところ。

【「いつも痛みと共に。 」 (2014.6.3)】



次回からは
30代前半頃の私を書き記してゆく。

大阪に逃げてきてからの私ね。

ぐんと現在の私に近くなる。

昔話と言うよりも
まだまだ最近の出来事になるのかな…


その前に

今日は
過程の続きからは離れて記事を書くね。










5月24日のライブは
大好きでたまらない方々と
共に育てているイベント

「こぼれそうな夜」の第2回目だった。



月下陽香はこの日

初のシングルCDのレコ発を掲げて居た。



とても有難い事に
皆様がお買い求め下さり
当日持ち込んだCDを完売して頂いた。



私をよく知って下さっている方々は

貴重なお時間を割いて
駆け付けてお買い求め下さったり

出演者さんも
みなさまCDを連れて帰って下さった。


そればかりではなく

初めてお会いする方々も

大切なお金をお支払い下さり
お買い求め下さった。



この夜
月下陽香のCDをお求め下さった
最もお若いお客さまは
19歳の青年だった。

出演者さんのご家族でいらっしゃり
お母様とおふたり
それぞれに1枚づつお買い求め下さった。


「ぽんちゃんと同じ歳です。」って
おっしゃっておられた。





19歳。


私の19の頃。


摂食障害も自傷も
既に当たり前の中

学費と生活費に追われて
いくつもバイト掛け持ちしながら

それでも
一生懸命遊びもしてたなぁ…

恋もしてたなぁ…



そんな事も思いながら

家に帰るまでは
ぽんちゃんの無事が気になって
いろいろと深くは考えられなかった。



帰宅後

生きているぽんちゃんを見て

荷物を片付けながら思った。


ネットで音楽が買える時代

19歳の大学生の青年が
CDの為に使って下さった500 円。

大きいなって。



翌日
出演者さんに頂いたメールを見て
改めて思った。

私の楽曲に
大きなお金を使って頂いたんだと。





私は

自分の「不足」を武器にして

生きて居る。


いつ頃からだっただろうか……


自分は「普通」ではない事は
子供の頃から感じて居て

いつも
周りに馴染む為には
自分を押し殺し
嘘の自分を演じていなきゃいけなくて


それはとても疲れる事で

そんな事したって
孤独は益々太るだけで


結局私は
いつもどこにも馴染めてない気がしてた。



そうだ。

音楽に出会ってからだ。


「変わってるね」と言われてきた私に

そこで出会った人たちは
「個性的だね」と言ったんだ。

「いいね」って。



以来私は

自分の「不足」は

「武器」だと

言い聞かせてきた。


いつでもどこでもと言う訳にはいかない。

その都度環境や立場が在るから。

でも
可能な場所に立てる時の私は

そう言い聞かせてきた。




24日に発売したCDの
1曲目の
「キズグチイバラ」の歌詞にも書いて在る。

♪~  …不足を武器にして唇に乗せよう…



私は

私が
私らしく在れる場所では


自分の「不足」を

「武器」に出来たし

そうしなければ生きて在れなかった。







「武器」

・・・辞書を見れば

1・戦いに用いる道具。
 敵を倒したり身を守ったりするための兵器や武具。刀・鎧(よろい)

2・何かを行うための有力な手段となるもの。





…武器を使う事で

威圧して怯えさせたり

相手構わず斬りつけたり
傷付けたり出来る

攻撃に我が身を守る為に
振りかざす事も出来る。


そして。

自分ではない何かを守る為に
掲げる事も出来る。






私は

ここ
「癒え待ちよすが-イエマチヨスガ-」で


摂食障害も
自傷も

晒しながら記事を書き

また

日々の想いに関しては

苛立ちも
悲しみも

出来る限り言葉として記してい る。


まだまだ未熟過ぎて
時にがっつり毒も吐く。



人間は

綺麗事で
日々過ごしてる訳じゃない 。

豊かな感情を持つ人間は

綺麗な感情だけで生きてる訳じゃない。



「人間」である私が

どう気付いて生きて在るか

それも伝えてこそ
月下陽香だと思うから

時に目一杯毒も吐く。




ただ

ここに

摂食障害も
自傷も

晒して記事を書き始めてからは


これでも
少し意識が変わったところもあり

それでも
未だどうしても吐きたい毒は吐く。




これからもそうしてゆくのだろう。




でも。思ったんだ。

自分よりずっと若い19歳の青年。

彼も私の楽曲をそばに置いて下さった。


そうか。

年齢や性別

摂食障害や自傷癖

そういうの関係なく
受け入れて下さる方々もおられるんだ。



ならば私は

今すぐにはまだ無理だけど


吐く毒も
今より選びながら

届けたいメッセージを
もっと明確に伝えてゆける

「人間」にならないといけない。




こうして綴りながら少しづつ向かおう。



私の半分程の人生を生きる彼に
たくさん考えさせて頂いた。


私の人生の半分程を
ぽんちゃんが共に過ごしてくれていた事も。






外は雨。


今夜を越えた明日も
命が在って在れますように。






・・・ (追記) 2014.6.4 23:00 ・・・

ある方の記事を
今読んできた私が
痒い所に手が届くような想いをしたのはなぜか。

そうだ。

私は
私の中に居る
まだ怯えてるまんまの
ちびっこの私に

伝えたいんだ。

現在の嘆きも悲しみも
痛みも苦しみも。

そして
そこに
今の私が希望を持って在る事を。


それが
似た痛みを持つ人の
いつか
そばに置いて頂けるかも知れないと
信じて在るんだ。


だから言いたくなったんだ。

楽曲
「癒え待ち野バラ-イエマチノバラ-」で。

”大丈夫。君は愛される” って。






※ 申し訳ありませんが現在コメント欄の設置をお休みしております。

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*

このぶろぐ。
『 癒え待ちよすが -イエマチヨスガ- 』は
「にほんブログ村」のランキングに参加しています。

下のバナーをクリック頂けるとカウントされます。
    どうか…ぽちっと
応援をお願い致します。 ヽo(´∇` 陽)oノ


にほんブログ村

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*




関連記事
スポンサーサイト
自己紹介。

月下陽香

Author:月下陽香
「月下陽香(げっかようこう)」の
ステージネームで
オリジナル楽曲を発信しながら

創作陶芸作家としても活動中。


このブログには
私がかつて
「摂食障害」・「自傷癖」と
共存して居た頃の出来事を綴った記事も
多く置いて居ます。


私にご興味を感じて頂ける
御訪問者さまや

初めてお立ち寄り下さった方は

まずこちらをご覧頂けると
このブログが見やすくなるかと
思って居ります。

【このブログ「癒え待ちよすが」について。】 ←クリック


リンクから
月下陽香のYouTubeなども
ご覧頂けます。


よろしくお願い致します。

カテゴリ。
Twitter。
最新記事。
カレンダー。
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
きんぎょ。
QRこーど。
QRコード
月別アーカイブ。
検索。
リンク。
カウンター。
ランキング参加中。
にほんブログ村参加中。
「このブログに投票」ボタンから
ぽちっといただけるとうれしぃです♡
お便りはこちらから❤

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。