❝ 月下陽香からのおしらせ ❞

  ♪:*:.:*:♪ ・らいぶ情報・ ♪:*:.:*:♪

     ❤ 2017年2月11日(土・祝)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-(選べる1ドリンク&1フード付き)
18:00 オープン  19:00 スタート
★月下陽香&井上タイキ・HAT TREAT ツーマンライブ!!

     ❤ 2016年11月6日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1500-+1ドリンク別途要

     ❤ 2016年5月22日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1000-+1ドリンク別途要

     ❤ 2015年12月25日(金)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 
「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-



  ♪:*:.:*:♪ ・CD情報・ ♪:*:.:*:♪

  ◆ ファーストシングル ・ 花いばら ◆
            2曲入り ¥500-
            2014.5.24 発売
花いばら

  ◆ セカンドアルバム ・ 生きてるからね。 ◆
            6曲+1曲入り ¥1000-
            2011.8.21 発売

いきてるからね。

※ こちらからもお買い求め頂けます。
  「お便りはこちら❤」から お名前とご連絡先をお知らせ下さい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

血を流した歌だから。(卒業後後半・49)





      ・・いつも応援ありがとうございます。ブログランキングに参加しております。
           今日もどうかバナーをクリックして応援して下さい。・・



24日に
CD【花いばら】を発売して以来


当日ご来店が難しかった方が
ご注文のメッセージを下さったり

お会いした事は無いのですが
ここを知って
ご連絡下さる方がいらっしゃったりして

とてもうれしく思います。


お知り合いにもプレゼントしたいと
更にご注文を下さったり

セカンドアルバムやファーストアルバムも
お求め下さった方もおられ

心から感謝をしています。

ありがとうございます。



今日写真で紹介していますが

月下陽香は
これまでに3枚のCDを発売しています。


バンドから離れて
ソロ活動を始めてすぐ

2010年に発売したのが

ファーストミニアルバム。

「うまれてきたよ。」
3曲入り ¥500-


これは完全手作りをした物。
ジャケットもパッケージも
全てひとりで手作りしました。


今までにも書いた事がありますが

私は
ある出来事から
いつ自分の楽曲が壊されるかわからない恐怖を
ずっと持ったままで居ます。


持病もあり
歌う事が大変になってゆくだろう未来が予想される中


どうしても楽曲を形に残したくて

ギターを練習しCDにした物です。

申し訳ない位下手くそですが…


これは200枚程を作り
おかげさまで残りはあと5枚となりました。
今後追加生産の予定はありません。



次に2011年に発売したのは

セカンドアルバム

「生きてるからね。」
6曲+1曲  ¥1000-


これは
自分で弾いて歌う中
現在のギタリストさんに
サポートして貰い収録しました。


はっきり言ってとても荒くて粗い…(汗)


これが
月下陽香の本当の原点だったのかなと
今になって思 います。

今よりも
痛みが剥き出しだった頃の私が見えます。



それから
2014年5月24日に発売した

ファーストシングル

「花いばら」
2曲入り ¥500-


これについては
最近の記事にたくさんお知らせをしてきました。




そして。

実は

セカンドアルバムを出す寸前に
たった1日だけ限定で発売された

もうひとつのセカンドアルバムがありました。


セカンド発売前に
横浜へ遠征出来る事になり
その記念に手作りした

もうひとつのセカンドアルバム。


横浜で歌ったその夜
その会場でだけ販売されました。






最近の記事にも書きました。

24日のライブでも
このような内容を少し話しました。

【今日も痛くてたまらないから。」 (2014.5.23)】



私はプロのミュージシャンではないです。

アマチュアのシンガーソングライターのひとり。


でも
自分の楽曲に
“お金を払ってお買い求め下さい”と
活動の中でお願いをして居ます。


それに対しては
責任を強く持っているつもりでおり

プロではないけれど
自分の活動を遊びだとは捉えて居ない。


私は

自分の人生を
イキザマを
オリジナル楽曲として掲げ表現をして居て

そこで伝えたい想いは
楽しむだけの趣味とは考えられないんです。



過去に
あるシンガーさんに言われた事がある。


“アマチュアでCDを売るのはおかしくない?”って。

“遊びなんだからさぁ”って。

“気楽にやった方が”いいんじゃない?って。



おかしいかな?

確かに
とっても勝手だろうし

おかしいのかも知れない。


でもね。

もしそうならば

「ライブに来て下さい」って宣伝して

貴重な時間を割きご来店頂いて
2000円のチャージをお支払い頂く事だって

気楽な遊びを観て貰うだけなら
おかしいんじゃないかって
私は思ってしまう。


どんな形でも
お金をお支払い頂くなら

私は

気楽に遊んでちゃいけないと思って
活動をしてる。



どっちが正解かわからないけれど。

どっちも正しいかも知れないし
私が間違ってんのかもしれないけどね。











2013年から

月下陽香が

ステージの上で必ず口にして真ん中に掲げてきた

「摂食障害」

「リストカット」

「自傷」。


私にとって「摂食障害」と「自傷」は
人生のほとんどを埋め尽くすものである。

これらと共に生きた20年間と
向き合って生きる事を始めたこの10年間を経て。


摂食障害や自傷の始まりであった
小学生の頃から
現在の私に至る足跡を

2013年7 月7日以来
記事として書き続けて居る。


綴ってきた記事は
「かてごり。」に時代別に分けてあります。


【「1・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(小学生の私)】
   ※4つ の記事があります。

【「2・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(中学生の私)】
   ※7つ の記事があります。

【「3・ 自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」 (高校生の私)】
   ※12の記事があります。

【「4・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(大学生の私)】
   ※17 の記事があります。

【「5・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代前半の私)】
   ※ 61の記事があります。

【「6・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代後半の私)】
   ※ 現在執筆中。





介護が必要になった飼い猫との暮らしや
想いを綴りながら。。

【「残された時間を。」 (2 014.5.31)】

24日に開催したライブの事を書かせて頂いて。

【こぼれた想いに咲くイバラ。」 (2014.5.25)】

【不足の武器で殺せないもの。」 (2014.5.26)】



過程を綴る記事は
20代後半頃の私を記 している途中。

【「私はゴミ箱じゃない。 」 (2014.5.30)】



続きを書くね。






やたらと空しさに包まれて
私の結婚準備は進んでいった。

結婚準備と言えば聞こえは良いけれど

私の中ではどこか逃亡準備でもあった。



電化製品をいくつか父が揃えてくれた。
有難い事だけど複雑だった。


十代の頃から
小遣いにも学費にも生活費にも
頭抱えて自力で頑張ってきた。

50万程の家電を揃えてくれるよりも
あの頃に
ごく普通の援助をしてくれたら良かったのにね。

まぁ
それをして与えられなかったから
揃えて貰えた物だったのかもね。





ある日。
彼の実家から連絡が入った。

うちの父が家電を揃えた事を
彼から聞いたからでもあると思えた。



彼の母親はもう亡くなっている。

父親は健在だが

ゆくゆくは
彼の実家である家や土地は
彼が引き継ぐ事になる。
それは家族間で既に話がされているようだった。


姉は女だからいつか嫁に行くだろう。

姉には家も土地も与えられない代わりに

嫁ぐ時に困らないように
母親が生前
ある有名な家具会社に積み立てをして居た。
嫁入り道具をそこで揃えられるように。


彼の父は

母親が亡くなった後
保険金等の全てを
飲み屋やホステスに使い込んでしまった。

毎月の収入も
実家の管理費と姉の生活費を入れたら
後は全部使い切って貯金も無かった。


そこで
母親が生前積み立てた姉のお金に目を付けた。
それで家具を揃えたら良いと。

さすがに彼も私も断った。

それは

彼の母親が
姉の為に何年も積み立てて遺した物だ。



数日後姉からも連絡が入った。

母親が遺してくれた積み立ては
かなりの高額になるから
自分の嫁入り道具を揃えても余ると思われるので

必要な物があれば買いなさいと。



すごく悩んだんじゃないかと思う。

金は出さんという父親。

弟の嫁の親が揃えた家電。

結納もせず式もあげない結婚。

きっととても悩んで
姉としてそうする事を選んでくれたのだと思う。

いや…

姉と言うよりも
彼の立場を考えて

母親の役割を背負ってくれていたのかも知れない。




週末。

彼と姉と四国へ出掛けた。

とても大きな家具屋だった。

彼と相談して
ベッドとこたつと
食器棚とテレビ台を買って頂いた。

出来るだけ低価格で
ずっと長く使ってゆける物を選んだ。




お互いの家族が揃えてくれた家具と家電。

タンスも本棚も鏡台も無い。

後は全て
今在るカラーボックスで
代用するような状態だったけど

私たちにはものすごく贅沢だった。

新しい物を揃えた生活を
初めて迎える事になった。





婚姻届けを提出する日が近付いて来た。


私はとても不安定になった。


もう逃げられない。
いよいよ地獄に向かう。

そんな感情に襲われた。




日付が変わって間もない深夜

彼と市役所に出掛けた。

あたりは静まりかえり靴音が響いた。



「私はしあわせになれるん?」

彼に聞いた。


プロポーズの言葉は忘れたが
この時の言葉は覚えてる。

「しあわせになれるよ」って言ったんだ。




裏口には警備員が居て

婚姻届けを渡した。

「おめでとうございます。」って

言ってくれた。


とても静かに

人目を避けて

摂食障害も自傷癖も抱えたまま
私は人の妻となった。



間もなく大阪へ向かう。



続きはまた次回。











介護生活は1ヶ月と3日。

自分のケアに
どうしても注いで居られない。


体も心もガタガタでぐちゃぐちゃで。


何かされても
言われても

普段なら

分析して理解して
受け流 せるだろう出来事も

ひとつひとつ突き刺さり積もってゆく。

嫌になる。



たった一口食べてくれただけで
ほんの一瞬喜びを得ても

すぐに突き落とされる。

数分先が見えない中で今

今日は良かったなとか

今日はマシだったなとか

考えられる日は1日も無いから


傷付く場所を極力避けて

静けさをひとりで探してる。





※ 申し訳ありませんが現在コメント欄の設置をお休みしております。

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*

このぶろぐ。
『 癒え待ちよすが -イエマチヨスガ- 』は
「にほんブログ村」のランキングに参加しています。

下のバナーをクリック頂けるとカウントされます。
    どうか…ぽちっと
応援をお願い致します。 ヽo(´∇` 陽)oノ


にほんブログ村

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*











関連記事
スポンサーサイト
自己紹介。

月下陽香

Author:月下陽香
「月下陽香(げっかようこう)」の
ステージネームで
オリジナル楽曲を発信しながら

創作陶芸作家としても活動中。


このブログには
私がかつて
「摂食障害」・「自傷癖」と
共存して居た頃の出来事を綴った記事も
多く置いて居ます。


私にご興味を感じて頂ける
御訪問者さまや

初めてお立ち寄り下さった方は

まずこちらをご覧頂けると
このブログが見やすくなるかと
思って居ります。

【このブログ「癒え待ちよすが」について。】 ←クリック


リンクから
月下陽香のYouTubeなども
ご覧頂けます。


よろしくお願い致します。

カテゴリ。
Twitter。
最新記事。
カレンダー。
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
きんぎょ。
QRこーど。
QRコード
月別アーカイブ。
検索。
リンク。
カウンター。
ランキング参加中。
にほんブログ村参加中。
「このブログに投票」ボタンから
ぽちっといただけるとうれしぃです♡
お便りはこちらから❤

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。