❝ 月下陽香からのおしらせ ❞

  ♪:*:.:*:♪ ・らいぶ情報・ ♪:*:.:*:♪

     ❤ 2017年2月11日(土・祝)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-(選べる1ドリンク&1フード付き)
18:00 オープン  19:00 スタート
★月下陽香&井上タイキ・HAT TREAT ツーマンライブ!!

     ❤ 2016年11月6日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1500-+1ドリンク別途要

     ❤ 2016年5月22日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1000-+1ドリンク別途要

     ❤ 2015年12月25日(金)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 
「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-



  ♪:*:.:*:♪ ・CD情報・ ♪:*:.:*:♪

  ◆ ファーストシングル ・ 花いばら ◆
            2曲入り ¥500-
            2014.5.24 発売
花いばら

  ◆ セカンドアルバム ・ 生きてるからね。 ◆
            6曲+1曲入り ¥1000-
            2011.8.21 発売

いきてるからね。

※ こちらからもお買い求め頂けます。
  「お便りはこちら❤」から お名前とご連絡先をお知らせ下さい。

私はゴミ箱じゃない。(卒業後後半・48)


      ・・いつも応援ありがとうございます。ブログランキングに参加しております。
           今日もどうかバナーをクリックして応援して下さい。・・



5月もあと2日。

急変から1ヶ月。


体はもう限界を超え過ぎて

どんなに頑張ったって
心も折れてしまう。


些細な事が酷く刺さる。

孤独が増す。


医師の診療の順序に
納得がいかなかった週明け。

どんなに大切な家族であっても
注げるお金には限度がある。

出来る限りの事をしてやりたい。

無駄に感じてならなかった費用を払いながら

これでまたひとつ
してやれる事が減るようで

虚しさと苛立ちは

心の糸をぷつりと切った。


開けても開けても
次々とゴミになるフード。

捨てながら
今日はもう駄目だと思った昨日。


また声を上げて泣いた。



気持ちは
文字にして記事にもつぶやきにもなった。

そんな事したって
誰かが代わってくれる訳でもなければ

自分が背負うしかない事も
十分にわかっているのに。


文字にした自分を
自分の目で読み噛み砕く事でしか

私は越えられないから

そうして分析を続ける。




今日のぽんちゃんは
良い表情をしてる時間がある。

これだけで

締め付けられる痛みは少し楽になる。










2013年から

月下陽香が

ステージの上で必ず口にして真ん中に掲げてきた

「摂食障害」

「リストカット」

「自傷」。


私にとって「摂食障害」と「自傷」は
人生のほとんどを埋め尽くすものである。

これらと共に生きた20年間と
向き合って生きる事を始めたこの10年間を経て。


摂食障害や自傷の始まりであった
小学生の頃から
現在の私に至る足跡を

2013年7 月7日以来
記事として書き続けて居る。


綴ってきた記事は
「かてごり。」に時代別に分けてあります。


【「1・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(小学生の私)】
   ※4つ の記事があります。

【「2・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(中学生の私)】
   ※7つ の記事があります。

【「3・ 自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」 (高校生の私)】
   ※12の記事があります。

【「4・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(大学生の私)】
   ※17 の記事があります。

【「5・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代前半の私)】
   ※ 61の記事があります。

【「6・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代後半の私)】
   ※ 現在執筆中。




今月は
介護が必要になった飼い猫との暮らしや想いを
多く綴りながら。。

【もう壊れそうなのに。」 (2014.5.29)】


24日に開催した
ライブの事を書かせて頂いて。

【こぼれた想いに咲くイバラ。」 (2014.5.25)】

【不足の武器で殺せないもの。」 (2014.5.26)】



過程を綴る記事は
日々の想いと共に

20代後半頃の私を記している途中。

【「底冷えた部屋に閉じ込められて。」 (2014.5.27)】



続きを書いておくね。





私は静かに結婚の準備をしてた。


新居で使う物の買い物だとか
結婚式を前にエステに行くとか

そんな準備は全く無縁。


家具や家電は
現在の同棲生活で使っている物を
そのまま持って行こうと思ってたし

台所用品や食器も
店で使ってた物もまだあったし

それで良いと思った。


彼と私の
お互いの1人暮らしの生活で
使ってきた物の寄せ集めと

同棲生活で少しづつ増えた物と

それで十分だった。



今までも
先輩や友達が要らなくなった物を貰ったりして
生活してきたしね。



エアコンと冷蔵庫だけは
賃貸マンションに備え付けてある物だったから
買わなきゃいけないなって思ってた。



大阪へ持ってゆくものと
ここで捨ててゆくもの と。

物も
者も
振り分ける事が私の結婚準備だった。





ある日父から連絡があった。
新生活の事を気にしてるようだった。

電化製品位は揃えてやると言ってくれた。


私は断った。

そりゃうれしいけれど

親に買って貰う事自体がよくわからなかったし

まだ新居もやっと決めた所で

そこに置ける家電の大きさも
把握出来ていなかったし

とにかく
新しい物を揃えての生活なんて

した事なかったから
ピンとこなかった。



翌日

車で迎えに来た父は
私を家電量販店に連れて行った。

こうなると父に従うしかない。



私にしてあげたいと言う気持ちよりも

父の場合

自分がしてやった事への納得が
重要だから。



父が
私の為にと起こす行動には方式がある。

これは今の私にはよくわかる。


私が本当に欲しい物や
して欲しい事を

基本的に父は理解していない。


そりゃそうだね。
私たちはずっとバラバラだったんだから。

私の好きな食べ物や
好きな色ももちろん知らない。



バラバラで特別何もしてやってない分

時に父は焦る。

このままではいけないような感情になる。

自分がダメな親だと思えて苦しくなる。

何か与える事でそれを消化しようとする。


父は
娘の私を想ってしてあげている事だと

父親らしい事を出来ているじゃないかと

自分に言い聞かせられる出来事が必要なんだ。

それにより
自分は正しいと消化しているが

私に言わせれば

自分の自責感情を消化する為の
押し付けでもある。



だから

父がくれる物が
どんぴしゃで欲しかった物であった事は

基本的に無い。





店内を足早に歩く父。

ゆっくり見せても貰えない。

“これでいいんじゃないか“
みたいな感じ。


私は後ろを追いかけながら
出来るだけ値段の安い物に決めるだけ。


洗濯機・冷蔵庫・エアコン2つ・テレビ。

性能とか全く分からないまんま

あっちがいいなとか思いながら

テレビは展示品の物を選んで

50万程の買い物。



有難いけれど
とびきりうれしい訳でもなく

これが
私の嫁入り道具になるんかなぁーって
考えた。


結納も貰ってないし

彼の父には
一銭も出さんって言われてるのに

もったいないなとも思った。


冷蔵庫は
白じゃないのが良かったんだけどなぁとか

でも
自動で氷が作れるから良いかなとかね


考えながら

私なんてこんなもんだと
言い聞かすのが

当たり前だったように思う。



突然の事で
彼に連絡も出来ず
出掛けた買い物。


使うのは私たちなのに

彼の意見を聞く事もなく

父の感情だけで
忙しく過ぎた数時間だった。




この日
いちばん満足していたのは

私でも彼でもなく
父だったんだろうね。

あ・・。電気屋さんかな・・・(笑)



電化製品を買い与えるよりも

私は

片付いた部屋で
彼を迎えてくれた方が

ずっとうれしかったんだけどね。






そう言えば
うちは両親共にこういう所があっ た。


まだ父はこの程度だったけど

母親はもっと酷かった。



まだ連絡がとれていた頃

突然連絡が来たと思ったら
荷物が届いたりした。



ふと。

大きな罪悪感に襲われて
自分を責める感情に苦しんで

それを消化して自分を正当化する為に
物を送りつけてきたりする。


“私は悪い母親ではない“

という証明が

彼女の心に必要になると起こす行動。


届いた物はどれも
私にはゴミばっかりなんだけどね。

自分がもう着ない服や
使わないバッグなんかが

段ポールから出てくるんだ。


自分はもう要らないけど
高かったし
捨てるのは勿体ないなって思う物を

自分の痛みを慰める為に送りつけてくる。


私の為では全く無い。


母方のおばあちゃんもそうだったな。。


絶対に使わないだろう物を詰め込んで
送ってきた事があった。

明らかに
自分は要らない物をどっさりと。


銀行で貰ったタオルとか
干支の妙な暖簾とか

お前の為にってね。



腐った饅頭が出て来た時は
さすがに呆れて笑ってしまった。


うちはゴミ箱じゃねーぞって。








季節は春。

引っ越しまであと少し。

続きはまた。











24日のライブの後

苺を届けてくれたギタリストさん。


昨日は練習日だったが

もう限界だと
私はメールで告げた。

今日はもう笑えないから行かないと。


夕方彼は電話をくれた。

エビチリを買ったから半分こしようかって。
私がエビが好きだからね。


電話を切ってすぐに走ってきてくれた。

半分こにしたエビチリと

ポテトサラダと
フルーツが
保冷剤と共にポストに入ってた。


お礼を言いたくて
すぐに出て行ったけど
間に合わなかった。

きっと
自分の晩ごはんだったんだろうに。


夜再び電話をくれた。

今日は昼に
私の好きなビールを届ける為だけに
単車を走らせて来てくれた。



今日は顔を見てお礼が言えた。

また差し入れに来るからって
帰って行った。




私は
日頃彼の事を「先生」と呼んでいる。

彼が鍼灸師だから
呼んでるだけなんだけど。。


ステージの上では
「お父さん」と呼んでからかったりする。


一緒に居るとよく
親子に間違えられるから。



彼とは性格が似てる。

だからお互いに欠点もきっとよくわかる。

気まずい想いをした事もある。



だけど
私はいつも
親から知れなかった事を彼から学ぶ。

家族に貰えなかったものを

彼に頂く。



やっぱり親子っぽい。

本当の家族よりもね。





※ 申し訳ありませんが5月2日よりしばらくの間
  コメント欄の設置をお休みさせて頂きます。

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*

このぶろぐ。
『 癒え待ちよすが -イエマチヨスガ- 』は
「にほんブログ村」のランキングに参加しています。

下のバナーをクリック頂けるとカウントされます。
    どうか…ぽちっと
応援をお願い致します。 ヽo(´∇` 陽)oノ


にほんブログ村

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*




関連記事
スポンサーサイト
自己紹介。

月下陽香

Author:月下陽香
「月下陽香(げっかようこう)」の
ステージネームで
オリジナル楽曲を発信しながら

創作陶芸作家としても活動中。


このブログには
私がかつて
「摂食障害」・「自傷癖」と
共存して居た頃の出来事を綴った記事も
多く置いて居ます。


私にご興味を感じて頂ける
御訪問者さまや

初めてお立ち寄り下さった方は

まずこちらをご覧頂けると
このブログが見やすくなるかと
思って居ります。

【このブログ「癒え待ちよすが」について。】 ←クリック


リンクから
月下陽香のYouTubeなども
ご覧頂けます。


よろしくお願い致します。

カテゴリ。
Twitter。
最新記事。
カレンダー。
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
きんぎょ。
QRこーど。
QRコード
月別アーカイブ。
検索。
リンク。
カウンター。
ランキング参加中。
にほんブログ村参加中。
「このブログに投票」ボタンから
ぽちっといただけるとうれしぃです♡
お便りはこちらから❤

名前:
メール:
件名:
本文: