❝ 月下陽香からのおしらせ ❞

  ♪:*:.:*:♪ ・らいぶ情報・ ♪:*:.:*:♪

     ❤ 2018年2月3日(土)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-(選べる1ドリンク&1フード付き)
17:00 オープン  18:00 スタート
★月下陽香イキザマ晒し劇場【 千秋楽 】・(活動休止前イベント)
出演:月下陽香 / えんちゃん / HATTREAT

     ❤ 2017年2月11日(土・祝)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 
「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-(選べる1ドリンク&1フード付き)
18:00 オープン  19:00 スタート
★月下陽香&井上タイキ・HAT TREAT ツーマンライブ!!



  ♪:*:.:*:♪ ・CD情報・ ♪:*:.:*:♪

  ◆ ファーストシングル ・ 花いばら ◆
            2曲入り ¥500-
            2014.5.24 発売
花いばら

  ◆ セカンドアルバム ・ 生きてるからね。 ◆
            6曲+1曲入り ¥1000-
            2011.8.21 発売

いきてるからね。

※ こちらからもお買い求め頂けます。
  「お便りはこちら❤」から お名前とご連絡先をお知らせ下さい。

底冷えた部屋に閉じ込められて。(卒業後後半・47)




      ・・いつも応援ありがとうございます。ブログランキングに参加しております。
           今日もどうかバナーをクリックして応援して下さい。・・



今日。

ふと。


とても思った。


私は



本当はとても寂しいんだなと。

人が恋しいんだなと。

なんだかとても思った。



理由は分かっている。

それが
どうしようもない事も

叶わない事も

もうわかっている。



逃げ道が欲しい訳じゃない。

一瞬の逃げ場所位は
出来れば欲しいと思うけど

逃げる道を求めている訳では無い。



心の奥の一室。

いちばん奥の扉の向こう。

冷え切った部屋が在ってね。


そこには

私が
誰にも言わない
叶わぬ想いが隠れてる。



底冷えのする真っ暗な部屋で

そこに閉じ込められた私は

ただ
抱き締めてくれるのを

永遠に待ってるんだろう。











2013年から

月下陽香が

ステージの上で必ず口にして真ん中に掲げてきた

「摂食障害」

「リストカット」

「自傷」。


私にとって「摂食障害」と「自傷」は
人生のほとんどを埋め尽くすものである。

これらと共に生きた20年間と
向き合って生きる事を始めたこの10年間を経て。


摂食障害や自傷の始まりであった
小学生の頃から
現在の私に至る足跡を

2013年7 月7日以来
記事として書き続けて居る。


綴ってきた記事は
「かてごり。」に時代別に分けてあります。


【「1・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(小学生の私)】
   ※4つ の記事があります。

【「2・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(中学生の私)】
   ※7つ の記事があります。

【「3・ 自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」 (高校生の私)】
   ※12の記事があります。

【「4・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(大学生の私)】
   ※17 の記事があります。

【「5・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代前半の私)】
   ※ 61の記事があります。

【「6・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代後半の私)】
   ※ 現在執筆中。



合間には

介護が必要になった飼い猫との暮らしや
ライブのお知らせ
想いや現状を多く綴りながら。。

【今日も痛くてたまらないから。」 (2014.5.23)】


24日に開催した
ライブの事を書かせて頂いて。

【こぼれた想いに咲くイバラ。」 (2014.5.25)】

【不足の武器で殺せないもの。」 (2014.5.26)】





過程を綴る記事は
日々の想いと共に

20代後半頃の私を記している途中。

【「私なんか粗末だから。 」 (2014.5.20)】



続きを書くね。

ちょっと久しぶりだね。



私は結婚を決め
彼と二人
お互いの父親に挨拶に行ったが

それはとても空しく
疲れるものだった。


彼の父が
私の父に会いに来て

私を含め3人で食事をした時

娘をお願いしますと
泣いた私の父。


それを見た彼の父は
呆れたように笑って

「なんで泣いてんの?」って

私に言った。






その日のその言動について

私は彼には何も言わなかった。


言ってしまいたい
気持ちも在ったけれど

あの言動は
彼の父のものであって
彼自身が私に起こした訳では無い。


私が
自分の父親の言動について
誰かに何か言われたら
とても傷付くし
情けなく腹立だしく思うだろう。

だから言わない方が良いと思った。




その後
彼の姉にも会いに行った。

日曜日に彼の実家へ。
彼の父も帰って来ていた。


姉は

顔は笑ってるけど

これまた
私は歓迎はされてない事をとても感じた。


彼の姉はホステスが大嫌いだ。

しかも姉と私は歳が半年しか違わない。

幸い
姉の方が学年で言えばひとつ上だけど
同じ年生まれで
姉はまだ独身だった。

とても風当りがきつかった。

仕方ないね。


母親の看護をして看取った後
父親の面倒をひとりで見て来たのは姉。

娘であるのに
嫁の役割も母の役割も
背負う事しかできなかった彼女には

言いたい事が山程あった事だろう。


私には姉の気持ちがわかる気がした。

私も
父親の面倒を見る事に苦労してきたから。




彼の実家に行き
わかった事が在った。


うちの父に彼が挨拶に来た時

とんでもなく汚い父の家に居た時間も
その後も

彼は
一瞬も嫌な顔もしなければ
私の事も
父の事も軽蔑もしなかった。

その理由がわかったように感じた。



彼の実家は大きな立派な家だったけど
その中はとても荒れていた。

父の暮らす家ほどでは
もちろんなかったけれど

母親が亡くなり
もう随分と過ぎるのに

当時の介護ベッドや用品も
そのままで置かれており
キッチンもトイレも風呂も
決してきれいではなかった。


泊まっても
用意してくれる布団もバスタオルも
私にはとても苦痛な状態で
夜は一睡も出来なかった。



母親が健在の頃は
こうではなかったらしい。


母親が病気になり

女だから
長女だから
頑張っていた仕事も辞めて実家に帰り

家事も看護も
有無を言わさず任されてきた姉。


ずっと都会に出て行きたかったのに
母親を看取った後は就職も見付からず
地元でアルバイトをしながら
父親の面倒を
見続ける事しか選べなかった姉。


そしてその姉は
元々が片付ける事が上手く出来ない人であり

それでも
全部を任され続けてとても疲れて居た。



彼の実家は
私の父が暮らす家と同じ空気が流れてた。



私は

彼とは
どこかで結ばれるようになってたんだなと

その時とても思った。



彼は
いつも屈託のない顔で笑う
とても礼儀正しくて優しい人だ。

汚れてもいない。歪んでもいない。

私はずっと

彼は
私とは違う世界の人だと思って居たけれど

背負うものの種類が
どこか少し重なって居たのかも知れない。




まだ
彼の親族とは
これから会わないといけないのだろうけ ど

とても
空しく疲れる3つの挨拶は
とりあえずは終わった。




結納も結婚式も何もしない。

ただ籍を入れるだけの私たちの結婚。

祝いも親友に頂いただけ。


長年暮らした土地から消える事は

この先も
叶うならば繋がって居て欲しいと願う

僅かな人達と
バンドメンバーにだけ告げた。


何百と居た客にももちろん伝えない。

客以上の信頼できる仲となった
数人にだけ伝えた。


私はここから逃げるのだから
誰に聞かれても
口を割らないで居てくれるだろう
信用できる大切な数人にだけ

これからの事を告げた。



堂々と祝福される事もなく

特別に何かを揃える訳でもなく

日常以上に地味に

婚姻届けを出すと決めた日を待ちながら

新居を探したり
引っ越しの準備をしたり

大阪へ向かう準備を始めた。



続きはまた書くね。











やっと立てた
今年初めてのステージが終わり

たくさんの方に
いろんな言葉を掛けて頂いた。

いろんなご意見を頂いた。


もう一度ステージに立ちたいと
思わせて頂ける事の葉を
たくさん頂いた。



CDの感想を寄せて下さる方々もおられた。

お買い求め頂き
そばに置いて頂けるだけで
とても有難い事なのに

聴いた気持ちや
感想を聞かせて頂けて

うれしく思う。




まささんに頂いたライブ写真の
今日アップした中で

いちばん最後に掲載した
私の顔なんだけどね。


これは
最後の曲「キズグチイバラ」を
歌い終えた時の顔だと思う。


私が
月下陽香としてステージに立ち
歌う時には

絶対にしない顔だ。


全く構えて無い顔。

この一瞬の私は

「月下陽香」じゃなくて

「陽」だったんだ なと

この写真を見て思った。








さあ。

今夜はどうなるのだろう…。


私の選択はどこへ向かうのだろう。


また
眠れない夜を過ごしながら
私は何を知れるのだろう。




今日
悩みに悩んで決めた事は

決して
答えの見えるものではないだろうと思えるが

いつ何が起こるかわからない恐怖が
心の真ん中に在る。


ただ。

今日
違うもう一つの選択をしたとしても

この恐怖が消える事は無い。



この恐怖が消える時は

この世から命が消えて
深い悲しみに
締め付けられる日を迎 える時でしかない。



どちらを選んでも


恐怖が消える事はないのだから

ならば
昨日覚えた不信を取り除く為にも
自分の感覚を確かめる為にも

選んだ事は間違いではないと

何度も自分に言い聞かす。


だけど不安は消えなくて
怖くてたまらない。







※ 申し訳ありませんが5月2日よりしばらくの間
  コメント欄の設置をお休みさせて頂きます。

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*

このぶろぐ。
『 癒え待ちよすが -イエマチヨスガ- 』は
「にほんブログ村」のランキングに参加しています。

下のバナーをクリック頂けるとカウントされます。
    どうか…ぽちっと
応援をお願い致します。 ヽo(´∇` 陽)oノ


にほんブログ村

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*




関連記事
スポンサーサイト
自己紹介。

月下陽香

Author:月下陽香
「月下陽香(げっかようこう)」の
ステージネームで
オリジナル楽曲を発信しながら

創作陶芸作家としても活動中。


このブログには
私がかつて
「摂食障害」・「自傷癖」と
共存して居た頃の出来事を綴った記事も
多く置いて居ます。


私にご興味を感じて頂ける
御訪問者さまや

初めてお立ち寄り下さった方は

まずこちらをご覧頂けると
このブログが見やすくなるかと
思って居ります。

【このブログ「癒え待ちよすが」について。】 ←クリック


リンクから
月下陽香のYouTubeなども
ご覧頂けます。


よろしくお願い致します。

カテゴリ。
Twitter。
最新記事。
カレンダー。
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
きんぎょ。
QRこーど。
QRコード
月別アーカイブ。
検索。
リンク。
カウンター。
お便りはこちらから❤

名前:
メール:
件名:
本文:

ランキング参加中。
にほんブログ村参加中。
「このブログに投票」ボタンから
ぽちっといただけるとうれしぃです♡