❝ 月下陽香からのおしらせ ❞

  ♪:*:.:*:♪ ・らいぶ情報・ ♪:*:.:*:♪

     ❤ 2017年2月11日(土・祝)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-(選べる1ドリンク&1フード付き)
18:00 オープン  19:00 スタート
★月下陽香&井上タイキ・HAT TREAT ツーマンライブ!!

     ❤ 2016年11月6日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1500-+1ドリンク別途要

     ❤ 2016年5月22日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1000-+1ドリンク別途要

     ❤ 2015年12月25日(金)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 
「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-



  ♪:*:.:*:♪ ・CD情報・ ♪:*:.:*:♪

  ◆ ファーストシングル ・ 花いばら ◆
            2曲入り ¥500-
            2014.5.24 発売
花いばら

  ◆ セカンドアルバム ・ 生きてるからね。 ◆
            6曲+1曲入り ¥1000-
            2011.8.21 発売

いきてるからね。

※ こちらからもお買い求め頂けます。
  「お便りはこちら❤」から お名前とご連絡先をお知らせ下さい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

不足の武器で殺せないもの。






      ・・いつも応援ありがとうございます。ブログランキングに参加しております。
           今日もどうかバナーをクリックして応援して下さい。・・



しくしくと
泣いているような雨降り。


今日も猫を病院に連れて行ってきた。

酷い脱水症状を戻してあげないといけない。


まず1週間点滴に通い
その後血液検査の数値を見て

この子に合う輸液の量や間隔を
決める事になっている。


昨日の通院では
脱水は少しづつ改善されているようだった。


昨日はとても辛そうで。

小さな変化を
見逃さぬように注意していたが
どうも疑わしくて

今日先生に相談をした。



やっぱり。

腹水の可能性有り。



輸液が吸収しきれずに残っているだけなのか

腹水なのかはまだわからない。


輸液であれば
時間を掛けてでも
恐らく吸収はされるのだろうけれど。


この子に合う輸液量もまだわからないから
少しづつしか点滴はしていないのに

それも吸収されていないなら
もう腎臓は相当傷んでいる。


明日まで様子をみて
エコーで見る事になったが

明日も腹水らしき影が見えたなら

私はどうしよう。



果たして輸液なのか腹水なのか

この子の腹に
針を刺さなければ調べられない。

私はそれをしたくない。



それをしないなら
私はこの子を殺すのだろうか。




食事もほとんど食べない。

強制給餌しながら胸が痛い。

無理矢理飲み込まされて可哀想だ。


でも
私がそれを止めれば

この子は餓死するんだろう。



腎臓を患う猫の飼い主から
聞いた覚えがある言葉。

「脱水と餓死はさせたらいけない。」



飼い主が手を貸す事で
命はまだ苦痛少なく続くのだから

輸液の投与と強制給餌は
してあげるべきだと言った言葉。


確かにそうだと私も思う。

でも

この子の腹に針を刺す事は
もうしたくない。


19歳の体に

麻酔をかけて針を刺すなんて


私には選べない。










2013年から

月下陽香が

ステージの上で必ず口にして真ん中に掲げてきた

「摂食障害」

「リストカット」

「自傷」。


私にとって「摂食障害」と「自傷」は
人生のほとんどを埋め尽くすものである。

これらと共に生きた20年間と
向き合って生きる事を始めたこの10年間を経て。


摂食障害や自傷の始まりであった
小学生の頃から
現在の私に至る足跡を

2013年7 月7日以来
記事として書き続けて居る。


綴ってきた記事は
「かてごり。」に時代別に分けてあります。


【「1・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(小学生の私)】
   ※4つ の記事があります。

【「2・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(中学生の私)】
   ※7つ の記事があります。

【「3・ 自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」 (高校生の私)】
   ※12の記事があります。

【「4・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(大学生の私)】
   ※17 の記事があります。

【「5・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代前半の私)】
   ※ 61の記事があります。

【「6・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代後半の私)】
   ※ 現在執筆中。




過程を綴る記事は

日々の想いと共に
20代後半頃の私を記している途中。

【「私なんか粗末だから。」 (2014.5.20)】


その合間

と言うよりも

今月は
介護が必要になった飼い猫との暮らしや
ライブのお知らせ
想いや現状を多く綴りながら。。

【今日も痛くてたまらないから。」 (2014.5.23)】



前回は
24日のライブについて書かせて頂いた。

【こぼれた想いに咲くイバラ。」 (2014.5.25)】



また
次回から
過程の続きも書いてゆこうと思って居る。










月下陽香は

2013年から

ステージの上でも
「摂食障害」と「自傷」の経験を掲げて
ライブをさせて頂いて居る。


これは
とても大きな覚悟の要る事だったけれど

私なりに大きな決意をしてそれを始めた。


そして

同年7月より

摂食障害者であり
自傷癖者である私が生きて来た足跡を
記事としてここに書き残す事を始め


ランキングサイト
「にほんブログ村」に登録をし た。



ひとりでも多くの方々に
ここを知り読んで頂く為には

ランキングの上位に存在して居たい。


そう願い
みなさまに
クリックで投票できる応援を
いつもお願いをしている。



みなさまのおかげで
ここ「癒え待ちよすが」は

以前よりもたくさんの方々に
日々ご訪問頂けており

波は在れど
月に8000~12000のアクセスを頂いています。



今月は
現時点で昨日25日が
800という
最も多い1日のアクセス数を頂いておりました。


そういう時は
いつもなら
ブログ村からのご訪問が増えているのですが

昨日はそうではなく。


ですから
先日のライブでお会い出来た方が
ご訪問下さったのかなと思い

有難いなと感じております。






月下陽香は
レコ発も掲げて立たせて頂いた
24 日のライブイベント

「こぼれそうな夜 vol.2」




いつも応援下さる方々が
スケジュールの調整をして
この日の為に駆け付けて下さった。


「楽しみにしてたよ」って
CDをお買い求め下さった。


他の出演者のみなさまも
お買い求め下さった。


A-unEXさん・HAT TREATさんのお客さまも

ライブ終了後
たくさんのお声を掛けて下さり
お買い求め下さった。


初めてお会いする方も
たくさんいらっしゃいました。

本当にうれしく有難い事でした。




どんなに一生懸命生み出しても

大切なお金を払って頂けなければ

CDは
段ボールに入ったまんま死んでしまう。



自分の創作や表現に

働いて得た
大事なお金を遣って頂ける事が
どんなに有難くしあわせな事か

こうして歌をCD化しても

日々仕事である器を作っていても

とてもとても思う。




ライブ会場で
お客さまの手から私の手に頂いたお金。


「ぽんちゃんに何か買ってあげてね」って
渡して下さった方もおられました。


とても重たい
大きなものだと感じています。


またこの日は
うつわのご依頼を下さっていた方が
お支払いを持って来て下さいました。


薄いピンク色の封筒には

折り目のない綺麗なお札が
本来頂戴すべき代金よりも
多目に入れられており

「ビールでも飲んで」って
言って頂きました。



お馴染みの女性の方々は
この日もお土産を持ってご来店下さいました。



お金も時間も注いで
見付けてきて下さった物

時間を掛けて手作りして下さった物

これを見る度に
使う度に

私は
2014年5月24日の事を
思い出すのだと思います。



そうそう。
ステージ中にビールもご馳走になり ました。

ごくごく飲んでしまった私も
まささんがしっかり写して下さっていました。


まささんは
今回もたくさんの写真を写して下さいました。

また少しづつアップしてゆきますね。




みなさま

ありがとうございます。







ステージに立ちながら

私は
よく泣きそうになってしまう自分を
こらえて
笑う時があります。


そんな時

客席を見ていると

涙を見付けてしまう事があります。


何か
目には見えない
重なるものを頂いたようで


私のキズグチに埋め込んだ種に
その涙は染み渡ります。




月下陽香のステージ。

全てをオリジナル楽曲だけで固め

「摂食障害」や「自傷」について話す時。



自分で決めたやり方であるにも関わらず

それはとても恐ろしい。


ずっと昔。
まだカバー楽曲で活動をしていた頃。


選んだ楽曲が不評であった時。

やはりショックではあるが
自分を全否定されるような
痛みは無かった。



今。
月下陽香としてステージに立ちながら。

もちろん嫌われる事もある。

受け入れて貰えない事もある。

それは観る方々の自由であって
どれも正しい。


全て承知の上で
選んでしている表現だが

私という人間を
受け入れて貰えないと感じる時は

とても辛いし

傷も深い。




不足を武器にする事を選んだ私には

いつでも傷付く覚悟が要る。



ステージに立つまでに
自分の全力をそこに注いでゆく。

ものすごいエネルギーを使い果たして
そこに向かう。



だから

ひとつ終わる度に
一度空っぽになってしまう。


ステージ翌日は

胸の真ん中に
ごっそりと深い穴 が空いたようで

とても苦しくもなる。




数年前までは
ステージ翌日は
必ずと言っていい程死にたくなった。

それくらいの空虚に飲み込まれて
不安定になった。



最近は

空っぽにはなるけれど

死にたい程バランスを失ったりはしない。




私は

私の不足を

武器としてきたけれど

その武器が

最近は

何か違う物に
形を変える日が

いつか来るように

感じるからかも知れない。







次のステージをまだ決めて居ない。

ぽんちゃんが落ち着いて

自分の治療を再開出来たら

ひとつ考えたいと思う。






24日に発売となったCD

【花いばら】は

2曲入り¥500‐です。



このぶろぐ

または「陽おふぃしゃるさいと。」からも

お枚買い求め頂けます。


“お名前・住所・電話番号・CDタイトル・枚数・ メールアドレス”を

メッセージ頂ければご連絡を致します。

(送料を別途お願いしております。)

宜しくお願い申し上げます。




※ 申し訳ありませんが5月2日よりしばらくの間
  コメント欄の設置をお休みさせて頂きます。

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*

このぶろぐ。
『 癒え待ちよすが -イエマチヨスガ- 』は
「にほんブログ村」のランキングに参加しています。

下のバナーをクリック頂けるとカウントされます。
    どうか…ぽちっと
応援をお願い致します。 ヽo(´∇` 陽)oノ


にほんブログ村

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*




関連記事
スポンサーサイト
自己紹介。

月下陽香

Author:月下陽香
「月下陽香(げっかようこう)」の
ステージネームで
オリジナル楽曲を発信しながら

創作陶芸作家としても活動中。


このブログには
私がかつて
「摂食障害」・「自傷癖」と
共存して居た頃の出来事を綴った記事も
多く置いて居ます。


私にご興味を感じて頂ける
御訪問者さまや

初めてお立ち寄り下さった方は

まずこちらをご覧頂けると
このブログが見やすくなるかと
思って居ります。

【このブログ「癒え待ちよすが」について。】 ←クリック


リンクから
月下陽香のYouTubeなども
ご覧頂けます。


よろしくお願い致します。

カテゴリ。
Twitter。
最新記事。
カレンダー。
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
きんぎょ。
QRこーど。
QRコード
月別アーカイブ。
検索。
リンク。
カウンター。
ランキング参加中。
にほんブログ村参加中。
「このブログに投票」ボタンから
ぽちっといただけるとうれしぃです♡
お便りはこちらから❤

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。