❝ 月下陽香からのおしらせ ❞

  ♪:*:.:*:♪ ・らいぶ情報・ ♪:*:.:*:♪

     ❤ 2017年2月11日(土・祝)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-(選べる1ドリンク&1フード付き)
18:00 オープン  19:00 スタート
★月下陽香&井上タイキ・HAT TREAT ツーマンライブ!!

     ❤ 2016年11月6日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1500-+1ドリンク別途要

     ❤ 2016年5月22日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1000-+1ドリンク別途要

     ❤ 2015年12月25日(金)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 
「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-



  ♪:*:.:*:♪ ・CD情報・ ♪:*:.:*:♪

  ◆ ファーストシングル ・ 花いばら ◆
            2曲入り ¥500-
            2014.5.24 発売
花いばら

  ◆ セカンドアルバム ・ 生きてるからね。 ◆
            6曲+1曲入り ¥1000-
            2011.8.21 発売

いきてるからね。

※ こちらからもお買い求め頂けます。
  「お便りはこちら❤」から お名前とご連絡先をお知らせ下さい。

痩せこけた命に。



      ・・いつも応援ありがとうございます。ブログランキングに参加しております。
           今日もどうかバナーをクリックして応援して下さい。・・



この世の誰よりも

長い年月を私と共に暮らしてくれたのは

1匹の猫。


19年。

その間
摂食障害や自傷の真っただ中に居た私が

嘔吐する姿も
腕を切る姿も

死のうとした姿も

この子はそばで見て来た。

それまでの誰よりも
私を必要としてくれた
命在る存在だった。



この子の介護を始めて今日で23日。


3Kg弱あった体重は

約半分
1.7Kgしかもうない。



23日目を迎えた私が

何を考え始め
行動に起こしたか

現状と共に

今日は書こうと思う。










2013年から

月下陽香が

ステージの上で必ず口にして真ん中に掲げてきた

「摂食障害」

「リストカット」

「自傷」。


私にとって「摂食障害」と「自傷」は
人生のほとんどを埋め尽くすものである。

これらと共に生きた20年間と
向き合って生きる事を始めたこの10年間を経て。


摂食障害や自傷の始まりであった
小学生の頃から
現在の私に至る足跡を

2013年7 月7日以来
記事として書き続けて居る。


綴ってきた記事は
「かてごり。」に時代別に分けてあります。


【「1・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(小学生の私)】
   ※4つ の記事があります。

【「2・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(中学生の私)】
   ※7つ の記事があります。

【「3・ 自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」 (高校生の私)】
   ※12の記事があります。

【「4・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(大学生の私)】
   ※17 の記事があります。

【「5・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代前半の私)】
   ※ 61の記事があります。

【「6・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代後半の私)】
   ※ 現在執筆中。





過程を綴る記事は

日々の想いと共に
20代後半頃の私を記している途中。

【「私なんか粗末だから。」 (2014.5.20)】


合間には

介護が必要になった飼い猫との暮らしや

ライブのお知らせ
想いや現状を綴って居る。

【傷付く覚悟の上で。」 (2014.5.21)】








これまでに
この子を含めて3匹の猫が居た。

2匹共に病気で亡くなり
今はこの子ひとり。

この子も病気。

乳がんの再発と糖尿病と共に生きている。



約4年前。

右側の乳4つを全摘。

脇の下から
足の付け根までごっそりと切り取った。

その後

抗がん剤治療をしても
副作用に苦しみながら
あと3ヶ月と言われ

私はそれ以上の治療をしないと決めた。


乳がんの手術以外にも

口腔内の腫瘍除去手術を2回
子宮に膿が溜り摘出手術を1回経験している。


それに私は
この子以外の2匹の猫を看護してきて

この手で3年間

愛おしい小さな体に針を刺し続け

それでも臓器不全で亡くなる姿を見てきて

もう
猫にも自分にも
苦し過ぎる治療は必要以上にしたくないと考えて居た。



猫の看護の事を以前にも書いた事が在る。

【知り尽くした不足の吹き溜まりに吸い込まれぬように。 」 (2013.5.11)】




亡くなった2匹共に
糖尿病の悪化による臓器不全で召された。

始めの子は
腎不全から多臓器不全となった。

それはそれは可哀想で辛い状態だった。



今回急変して介護が必要になった
猫のぽんちゃん。

この数日物凄い速さで弱っている。

一生懸命看てきて。


ふと。

ある事に気付いた。



"多飲多尿" "脱水状態"

それらは
この子の持病である
糖尿病に見られる代表的な症状。


だから私は
持病の悪化と老衰だろうと
思い込んで居た。

ならば
出来る限りの世話をして願うしかないと。



でも。思い出した。

先日探し物をして居て出て来た
過去に記した猫たちの看護記録ノート。


糖尿病から
腎不全となり亡くなった1匹目の猫の症状。


まるで同じだ。

腎機能障害が始まってるのではないだろうか。



新たな病気が増えているのなら
それに合った介護をしてやらなければ

私が今
介護だと思い
して居る事が死を呼ぶかも知れない。


それに合った介護をする事で
もう少し楽に
僅かな残りを過ごせるのではないか。



とにかく脱水が酷い。

背中を掴んでも皮膚はその形のままだ。
体の電解質を整えなければ見殺しだ。




とても悩んだ。

とてもとても。

物凄く悩んだ。


そして。昨夜決めた。

病院に連れて行こうと。



タクシー会社の名刺を探していたら

知り合いの方が
ご注文を下さっていたうつわを
今日の昼前に取りに行くと
突然連絡をくれて
乗せて行ってくれる事になった。


思った。

今回は病院に行くようになってたんだと。





4年ぶりの病院。

当時の主治医の先生は
今院長 先生になっておられる。

通わなくなってからも
年賀状のやりとりが続いて居て
この子の生存は報告していた。

いつか
最期の時は
この子の体を綺麗にしてやっ て欲しいと
お願いをしていた。




今朝
電話をした。

覚えて下さっていて
カルテも残して下さっていた。

先生に状況を説明し

私がどこまでのケアを望んで居るか伝えた。



“糖尿と癌について今更徹底的な治療をするつもりはない。”

“インシュリンも投与しない。“

“もう少し穏やかに残りを過ごさせたい。“

“恐らくは腎機能がやられていると思う。“

“脱水状態を何とかしてもらえないだろうか。“




レントゲンと血液検査だけはして貰い
結果を聞いた。

やっぱり。
腎機能は激しく低下していた。


今は多飲多尿でも

間もなく尿を出せなくなり
体中に毒素が回り死に逝く事になる。



点滴をしてもらった。

血管点滴で12時間
あるいは24時間
入院でするのがいちばん早いと言われたが

それはやめた。

皮下点滴を選んだ。

しばらくは毎日皮下点滴に通う。


自分でする事も考えたが
もう
出来れば私はこの手で針を刺したくはない。


脱水症状が改善されたら
食欲は少し戻るかも知れない。

そうしたら
今の酷い貧血も改善されるだろう。


二度と
この子の体に針は刺すまいと決めていた が

点滴は受けさせる事にした。






昨夜
ぽんちゃんに
病院に行って欲しい事を話した。

今日も連れて行く前に話をした。

そしてお願いをした。

まずは今週を生きて乗り切って欲しいと。

私がステージに向かう土曜日は
どうか生きて待って居て欲しいと。


とても勝手な話だ。

それでもお願いをした。


この日に
私の留守中に
悪化して召されたら

私は

とても自分を責めて

一生責めて生きるのだと思う。


歌う事も

「こぼれそうな夜」を次へと育て行く事も

苦しくなってしまうのだと思う。





今回

同じような病状の猫と暮らして居る方々の

ブログや掲示板など
たくさん拝読した。



食べなくなったら命が終わる時と考えて
何もせずに看取る方も

最期まで
出来る限りの医療行為をする方も

自宅で点滴や注射をしながら
見届ける方も

それぞれに
様々な選択をされておられる。





今回改めて思った事。


私は

私が思う無理な延命行為

胃に管を通してまで食べさせるとか

病院で点滴に繋がれたままだとか

そこまではしたくないと今も思う。


でも

自分が決めて飼った以上は
少しでも楽な状態を
長く保って生きて欲しい。


そして。


近い未来に
必ずこの子を見送る私は

その後の自分が残す後悔が
ひとつでも少ないように


この子の居なくなったその後を
生き続ける希望を失い過ぎないように


選ぶ事が大切なのではないか。




有り難い事に
たくさんの
ご心配や応援の言葉を日々頂いて

"決めるのはこの子だ"と
おっしゃる方は多くおられる。

確かにそうだと私も思って居る。


でも。

本当に決めるのは飼い主なんだと思う。


治療をするもしないも

この子は話せないから

この子を知る私が
勝手に感じて

決める事になるのだと思う。

それが飼う責任でもあると思う。




今日からも引き続き

朝から晩は2時間置き
晩から朝は3時間おきに流動食を与え

脱水の改善が見えるまでは
毎日点滴に連れてゆ く。


ライブの日には
流動食の回数を減らしてしまうから

その日の事は考えなくてはいけないけど


とにかくそれらを続けて

それでも変わらないのなら

もう何もしないで別れを受け入れる。






病院から帰って来て3時間。

こんな穏やかなこの子の寝顔は

久しぶりに見る。




※ 申し訳ありませんが5月2日よりしばらくの間
  コメント欄の設置をお休みさせて頂きます。

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*

このぶろぐ。
『 癒え待ちよすが -イエマチヨスガ- 』は
「にほんブログ村」のランキングに参加しています。

下のバナーをクリック頂けるとカウントされます。
    どうか…ぽちっと
応援をお願い致します。 ヽo(´∇` 陽)oノ


にほんブログ村

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*




関連記事
スポンサーサイト
自己紹介。

月下陽香

Author:月下陽香
「月下陽香(げっかようこう)」の
ステージネームで
オリジナル楽曲を発信しながら

創作陶芸作家としても活動中。


このブログには
私がかつて
「摂食障害」・「自傷癖」と
共存して居た頃の出来事を綴った記事も
多く置いて居ます。


私にご興味を感じて頂ける
御訪問者さまや

初めてお立ち寄り下さった方は

まずこちらをご覧頂けると
このブログが見やすくなるかと
思って居ります。

【このブログ「癒え待ちよすが」について。】 ←クリック


リンクから
月下陽香のYouTubeなども
ご覧頂けます。


よろしくお願い致します。

カテゴリ。
Twitter。
最新記事。
カレンダー。
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
きんぎょ。
QRこーど。
QRコード
月別アーカイブ。
検索。
リンク。
カウンター。
ランキング参加中。
にほんブログ村参加中。
「このブログに投票」ボタンから
ぽちっといただけるとうれしぃです♡
お便りはこちらから❤

名前:
メール:
件名:
本文: