❝ 月下陽香からのおしらせ ❞

  ♪:*:.:*:♪ ・らいぶ情報・ ♪:*:.:*:♪

     ❤ 2017年2月11日(土・祝)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-(選べる1ドリンク&1フード付き)
18:00 オープン  19:00 スタート
★月下陽香&井上タイキ・HAT TREAT ツーマンライブ!!

     ❤ 2016年11月6日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1500-+1ドリンク別途要

     ❤ 2016年5月22日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1000-+1ドリンク別途要

     ❤ 2015年12月25日(金)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 
「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-



  ♪:*:.:*:♪ ・CD情報・ ♪:*:.:*:♪

  ◆ ファーストシングル ・ 花いばら ◆
            2曲入り ¥500-
            2014.5.24 発売
花いばら

  ◆ セカンドアルバム ・ 生きてるからね。 ◆
            6曲+1曲入り ¥1000-
            2011.8.21 発売

いきてるからね。

※ こちらからもお買い求め頂けます。
  「お便りはこちら❤」から お名前とご連絡先をお知らせ下さい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゴミに埋もれ留まる悲哀。(卒業後後半・44)


      ・・いつも応援ありがとうございます。ブログランキングに参加しております。
           今日もどうかバナーをクリックして応援して下さい。・・



あと10日になった。


やっと。

やっと立てる

今年初めてのステージ。


24日まで

記事のトップに

ライブのお知らせが掲載されるようにした。

最新記事を読みたい方には
ちょっと邪魔かもしれないんだけど・・。
ごめんね。



あと10日だというのに
セットリストをまだ決められないで居る。


この2週間程は
本当にハードだったから
集中してイメージする事が出来なくて

迷ってるまんま。


そろそろ決めなきゃね。


想いは

真ん中に

とてもとても強く在る。


昨年の11月以来のライブ。


立ちたくても
歌いたくても

どうしても出来なくて

辛くて
悔しくて
悲しくて

羨ましくて

情けなくて

苦しかった半年間。



いつだって心には
置いてきぼりの寂しさが溢れて

痛くてたまらなかった半年間。


それでも

頑張って
頑張って
形にしたレコーディング。




まだ次のステージも決めれて居ない。

現時点で

私にはこれしか無い。

他も次も無い。



たったひとつに

全て詰め込んで向かう。












2013年から

月下陽香が

ステージの上で必ず口にして真ん中に掲げてきた

「摂食障害」

「リストカット」

「自傷」。


私にとって「摂食障害」と「自傷」は
人生のほとんどを埋め尽くすものである。

これらと共に生きた20年間と
向き合って生きる事を始めたこの10年間を経て。


摂食障害や自傷の始まりであった
小学生の頃から
現在の私に至る足跡を

2013年7 月7日以来
記事として書き続けて居る。


綴ってきた記事は
「かてごり。」に時代別に分けてあります。


【「1・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(小学生の私)】
   ※4つ の記事があります。

【「2・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(中学生の私)】
   ※7つ の記事があります。

【「3・ 自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」 (高校生の私)】
   ※12の記事があります。

【「4・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(大学生の私)】
   ※17 の記事があります。

【「5・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代前半の私)】
   ※ 61の記事があります。

【「6・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代後半の私)】
   ※ 現在執筆中。



今月は

過程の続きはゆっくり更新しながら

急変した猫との暮らしや

先に伝えたい想いや
現状を多く綴っている。

【音を失くしても。」(2 014.5.13)】



過程を綴る記事は
日々の想いと共に

20代後半頃の私を記している途中。

【「人並みでは無くとも。 」 (2014.5.14)】







私は結婚を決めた。

しあわせいっぱいに
満ちた感覚は無かった。


彼との結婚が嫌な訳では無い。

うれしい。

何よりも
こんな人間を
嫁にしようと考えてくれる事には
とても感謝した。


でも。

しあわせよりも

不安や虚しさが心には大きく在っ た。


ずっと在り続ける不足。

結婚が決まったからって
なくなりはしない。


店を持った時もそうだった。


必死になって
頑張って頑張っ て

やっと夢を叶えたのに

心は満ちなかった。


同じだ。


やはり心は満ちないんだ。



それでも結婚はしたいと思えた。


苦しい思い出が
山程詰まったこの土地から離れられる。

私の過去を
何も知らない人たちしか居ない世界なら

もう一度
人生をやり直せるかも知れない。


結婚生活への憧れなどでは無くて

嫌で嫌でたまらなかった此処を
捨てられる喜びが大きかった。





これから
お互いの家族に報告をしなければいけない。


その前にまず彼に言った。

結婚式はしたくないと。



綺麗なドレス着て
親族や友人に祝福されて・・

確かに少し位の憧れは在った。


でも
うちは父親しか居ないし

その父親も
何かにつけて私任せの
アテにならない人。

神経すり減らして

くたくたに疲れて
ボロボロになる事は目に見えている。


彼の親族にも恥ずかしい。


それに

大阪へ越す事も
限られた僅かな人にしか
言わないつもり だった。

もちろん結婚する事も。


この土地を離れるにあたり
本当に必要だと思う人以外の
繋 がりも絶ってしまうつもりでもあった。






父に連絡をした。

彼が
どこかで食事でもしようと言った。

でも父は断った。

めんどくさいようだった。

父の家に行く事になった。



父の暮らす家。

母親と妹が出て行ったまんま
放置された荷物。

ふたりが置いて行った

家具も服も雑貨も

全てはあの日のままだった。


私がまだ学生だった頃のまま。

置いて行ったというよりも
要らないから捨てて行った

全てがゴミ。


父はそれらをかたずけようとしなかった。


2階建ての一戸建て。

その2階は開かずの間。


父は1階だけで生活をしており

その1階も
雨戸はずっと閉めたまま

掃除もまともにしておらず

用事で立ち寄っても座る場所すら無い。


そこに
彼を連れて行かなければいけない。


大きな苦痛だった。


父に電話で頼んだ。

どうか
玄関とリビングとトイレだけは
綺麗にして迎えて欲しいと。





約束の日。

時刻は夕食時。

父と食事が出来るようにと
彼は寿司屋によって
桶にいろいろと詰めてくれて

それを持って出掛けた。

鍵は持っているから
自分で開けて入った。


あれだけ頼んだのに。

汚い玄関。
カビ臭い空気。
湿気を含んだスリッパ。


ぞっとした。


リビングに入れば
かろうじて座るスペースだけは在った。



彼が挨拶をして 寿司を囲んだ。


せっかく
気を遣って買ってきてくれたのに

父はまともに手を付けない。

いつもそうだ。

こういう時は
私が皿にとってやらなけりゃ
食べようともしない。


私は
必死で話しかけながら
父の皿に寿司を運んだ。



こういう時。

母親が居れば
お茶くらいは入れてくれるんだろうか。

彼に
明るい会話のひとつ位
してくれるんだろうか。


トイレ 掃除も
ちゃんとして迎えてくれたんだろうか。


とても空しかった。




父は反対はしなかった。

する資格も無いと思うけどね。


父は彼に言った。

「娘には何も教育をしていない」と。


そうやねって
思いながら聞いて居た。


「何も教えてやっていないから
 知らない事も多いと思うがよろしく」

と…言っていた。


「父さんよりも知ってるよ。いろいろとね。」
私は思ってた。


婚姻届けの証人に
名前を書いて貰い

しばらくして私たちは帰った。


その間
彼は一瞬も嫌な顔をしなかった。



その理由がわかったのは
この少し後だった。



続きはまたね。











急変から16日。

ぽんちゃんは昨夜は何も食べず。

朝まで
何度も水とトイレに行き
私の腕枕に戻ってきた。

一度吐いた。


少し食べたかと思えば
全く食べなかったり

楽そうにしてると思ったら
辛そうに固まってたり


1日の中でも
ころころと変化する状態に
その都度ハラハラして胃が痛む。



流動食は昨日から2回に減らした。

運動量は極端に減って居る。

最低限の栄養は必要。

自分で食べれない分は
補助してやらなければいけない。


でも
この子は糖尿病。


与える事で
血糖値が高い状態が長く続くと

ケトアシドーシスを引き起こす。


そうなればもう無理だろう。

臓器不全に陥って死を迎える事が

今までも看てきたから
想像できる。


高血糖が続くと
多飲多尿が見られるようになる。


昨日はそれがとても気になった。


だから
昨日から2回に減らして様子を見ている。



楽そうな時は可愛い表情をしてる。

寝顔も穏やかだ。



少しでも長く
この子が楽な時間が在って欲しい。






※ 申し訳ありませんが5月2日よりしばらくの間
  コメント欄の設置をお休みさせて頂きます。

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*

このぶろぐ。
『 癒え待ちよすが -イエマチヨスガ- 』は
「にほんブログ村」のランキングに参加しています。

下のバナーをクリック頂けるとカウントされます。
    どうか…ぽちっと
応援をお願い致します。 ヽo(´∇` 陽)oノ


にほんブログ村

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*






関連記事
スポンサーサイト
自己紹介。

月下陽香

Author:月下陽香
「月下陽香(げっかようこう)」の
ステージネームで
オリジナル楽曲を発信しながら

創作陶芸作家としても活動中。


このブログには
私がかつて
「摂食障害」・「自傷癖」と
共存して居た頃の出来事を綴った記事も
多く置いて居ます。


私にご興味を感じて頂ける
御訪問者さまや

初めてお立ち寄り下さった方は

まずこちらをご覧頂けると
このブログが見やすくなるかと
思って居ります。

【このブログ「癒え待ちよすが」について。】 ←クリック


リンクから
月下陽香のYouTubeなども
ご覧頂けます。


よろしくお願い致します。

カテゴリ。
Twitter。
最新記事。
カレンダー。
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
きんぎょ。
QRこーど。
QRコード
月別アーカイブ。
検索。
リンク。
カウンター。
ランキング参加中。
にほんブログ村参加中。
「このブログに投票」ボタンから
ぽちっといただけるとうれしぃです♡
お便りはこちらから❤

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。