❝ 月下陽香からのおしらせ ❞

  ♪:*:.:*:♪ ・らいぶ情報・ ♪:*:.:*:♪

     ❤ 2017年2月11日(土・祝)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-(選べる1ドリンク&1フード付き)
18:00 オープン  19:00 スタート
★月下陽香&井上タイキ・HAT TREAT ツーマンライブ!!

     ❤ 2016年11月6日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1500-+1ドリンク別途要

     ❤ 2016年5月22日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1000-+1ドリンク別途要

     ❤ 2015年12月25日(金)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 
「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-



  ♪:*:.:*:♪ ・CD情報・ ♪:*:.:*:♪

  ◆ ファーストシングル ・ 花いばら ◆
            2曲入り ¥500-
            2014.5.24 発売
花いばら

  ◆ セカンドアルバム ・ 生きてるからね。 ◆
            6曲+1曲入り ¥1000-
            2011.8.21 発売

いきてるからね。

※ こちらからもお買い求め頂けます。
  「お便りはこちら❤」から お名前とご連絡先をお知らせ下さい。

満ちる事を知らずして。(卒業後後半・42)




小さな花も
集まると力強いね。



今日は
記事をふたつ更新しておくね。



この連休中

昨年7月より書き続けてる過程を
お休みしているから


まずはこの記事に
その続きを少し書いておこうと思う。



そしてもうひとつの記事に

食べなくなってしまった猫との
状況や想いを書いておく。

【「今日命尽きてしまわぬように。」(2014.5.7)












2013年から

月下陽香が

ステージの上で必ず口にして真ん中に掲げてきた

「摂食障害」

「リストカット」

「自傷」。


私にとって「摂食障害」と「自傷」は
人生のほとんどを埋め尽くすものである。

これらと共に生きた20年間と
向き合って生きる事を始めたこの10年間を経て。


摂食障害や自傷の始まりであった
小学生の頃から
現在の私に至る足跡を

2013年7 月7日以来
記事として書き続けて居る。


綴ってきた記事は
「かてごり。」に時代別に分けてあります。


【「1・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(小学生の私)】
   ※4つ の記事があります。

【「2・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(中学生の私)】
   ※7つ の記事があります。

【「3・ 自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」 (高校生の私)】
   ※12の記事があります。

【「4・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(大学生の私)】
   ※17 の記事があります。

【「5・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代前半の私)】
   ※ 61の記事があります。

【「6・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代後半の私)】
   ※ 現在執筆中。






5月3日からこの連休中

過程の続きからは離れて

急変した飼い猫との現状や
想いを書いて居る。

【「消えないで。」 (2014.5.3)】

【「逝かれたくない命に。」 (2014.5.4)】

【「死を待たぬように。」(2014.5.5)】

【「まだ死なせたくないよ。」 (2014.5.6)】

【「今日命尽きてしまわぬように。」(2014.5.7)】




過程を綴る記事は
日々の想いと共に

20代後半頃の私を
記している途中だったよね。

【「生きる炎が消えないで欲しくて。」(2014.5.2)】





私は

経営していたスナックを閉店して
彼と暮らして居た。






今の彼はとても好きだ。

尊敬もしてる。
私を守ってくれている。

だけど揺れた。

元カレと会ったりしてみた。


これで良いのか

このままで良いのか

いつもわからなかった。




私は
いつも
答えを見付けられなかったように思う。


心の真ん中に空いたまんまの穴は

覗くと
真っ暗で

とても深くて

そこが空っぽなのか

何かが転がっているのか

犇めいているのか

さっぱりわからない。




ただ。いつも満ちない。


誰と居ても
何をしても

満たされない。

いつも不安で仕方がない。





結婚するのかな・・

そんな事を考えるようになった。

それまでに私は
結婚をしたいと思った事がなかった。


好きな男が出来れば
そりゃ離れたくないと思う。

でも
それが
イコール結婚かと問われると

わからなかった。



「結婚」イコール「地獄」

だと考えて居たから。





両親を見て来た。

金にも男にもルーズで

大きな抑圧と束縛を私に与え続けた母。

自分を変える努力が出来ず

すぐに人のせいにして

私に依存する情けない父。



離婚してバラバラになって

壊れた家庭。




人の妻になる事も

子を産み母となる事も

私はしたいと思わなかった。




母と同じ道を歩むのが
目に見えるようで

絶対に嫌だった。





でも。

彼と暮らし始めて

自分が無職となり

毎日彼の帰りを待つ生活の中で


自分は
ひとりでは生活出来ないんだと思い知った。


自力で稼げない女は
私が最もなりたくない者だったのに

なってしまった。




仕事を探せば良いのだけれど

働ける体でも
心でもない現状も自覚出来た。



それでも求人を見てみる。

何も無い。

田舎で30前の独身女が
何の資格も無く
生計を立てられる程の収入を得られる職が無い。


つい最近
スナックを閉店して
ホステスを辞めたばかり。


スーパーに行くのも
深く帽子をかぶり俯いて向かってた。

あちこちで客と遭遇してしまう。

見付からないように必死で隠れた。



そんな私がどこへ行ける?






ある夜。
夕食時。

彼が言った。

「転勤になるかも知れない。」



私は連れてって貰えるんだろうか。

ひとり残されるんだろうか。


父の居る家だけは帰りたくない。




彼に聞けなかった。

私はどうなるのか聞けなかった。





過程の続きは
しばらくは
少し飛び飛びになるかもしれないけど・・

必ず書いてゆくね。














4月30日。

去年も今年も同じ日に
飼い猫が急変した。


状況は去年よりも悪くて

この1週間

毎日毎日
まともに眠る事も無く
私は猫と向き合っている。



向き合っているのは
病気の猫だけではなく


それに対して

痛んだり嘆いたりして

苦しんで居る

私自身でもある。



どうしたって
吹き出してしまう痛みは

書き出されながら


自分で
自分を受け止めたり
諭したり導いたり

自分という人間が
感情をどう消化してゆけるのか

向き合う訓練でもあるように感じてる。





パソコンではたくさんの検索をした。

少しでも
糖尿と乳がんを抱えた高齢猫が
食べな くなってしまった時の

対処法やアイデアが知りたくて。

必死になって情報を集めた。


似た環境に
立たされた事のある人たちの
ブログもたくさん読ませて頂いた。


飼い猫はもう亡くなってしまったが

その看護・介護を綴ったブログを

改めてわかりやすく整理し
残して下さっている方もおられた。



その方がお世話した猫は何を食べたとか

流動食を与える時はどうしたかとか


その方が経験してこられた事を
とても細かく
わかりやすく書いておられて


気付かされたり
初めて知ったり

なるほどって思ったりしながら

たくさんの参考にさせて頂いている。




その方のお顔も名前も知らない。

どこに住んでいて
おいくつなのかもわからな い。



なのに。

同じような想いをされた方の言葉は

とてもやさしくて
読んでいると涙が出そうになる。


直接話してる訳ではないのに

わかって貰えてるような気がして
たまらなくなった。






世の中は情報に溢れてる。

ネットで何でも検索出来る。


私が学生の頃は
世の中はまだ
そんなに便利ではなくて


例えば・・
結婚のお祝いはいくらにしようと悩んでも

頼りない父親しか居なかった私は

親友のお母さんに相談して
教えて貰ったりしていた。

今はそんなのも検索すれば

とっても丁寧に教えてくれるサイトや
記事が溢れてる。




良い事ばかりではないけれど

そのおかげで

私は今日も
猫の看護や介護の情報を頂いていて

痛みを少し救われて居る。




私が
日々こうして綴るこのぶろぐも

どこかの誰かの心を

ある日の
ほんの少し

救えるものに

いつかはなれたらと思う。








※ 申し訳ありませんが5月2日よりしばらくの間
  コメント欄の設置をお休みさせて頂きます。


★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*


このぶろぐ。

『 癒え待ちよすが -イエマチヨスガ- 』は

「日本ブログ村」の
  ランキングに
     参加しています。

下のバナーをクリック頂けると
カウントされます。


どうか
ぽちっと

応援をお願い致します。

♪(。・ω・)人(。・ω・。)人(・ω・。)♪



にほんブログ村

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*


関連記事
スポンサーサイト
自己紹介。

月下陽香

Author:月下陽香
「月下陽香(げっかようこう)」の
ステージネームで
オリジナル楽曲を発信しながら

創作陶芸作家としても活動中。


このブログには
私がかつて
「摂食障害」・「自傷癖」と
共存して居た頃の出来事を綴った記事も
多く置いて居ます。


私にご興味を感じて頂ける
御訪問者さまや

初めてお立ち寄り下さった方は

まずこちらをご覧頂けると
このブログが見やすくなるかと
思って居ります。

【このブログ「癒え待ちよすが」について。】 ←クリック


リンクから
月下陽香のYouTubeなども
ご覧頂けます。


よろしくお願い致します。

カテゴリ。
Twitter。
最新記事。
カレンダー。
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
きんぎょ。
QRこーど。
QRコード
月別アーカイブ。
検索。
リンク。
カウンター。
ランキング参加中。
にほんブログ村参加中。
「このブログに投票」ボタンから
ぽちっといただけるとうれしぃです♡
お便りはこちらから❤

名前:
メール:
件名:
本文: