❝ 月下陽香からのおしらせ ❞

  ♪:*:.:*:♪ ・らいぶ情報・ ♪:*:.:*:♪

     ❤ 2018年2月3日(土)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 「 音(オン) 」
※詳細決まり次第ご報告致します。
★月下陽香&井上タイキ 大阪でのラストイベント

     ❤ 2017年2月11日(土・祝)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 
「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-(選べる1ドリンク&1フード付き)
18:00 オープン  19:00 スタート
★月下陽香&井上タイキ・HAT TREAT ツーマンライブ!!



  ♪:*:.:*:♪ ・CD情報・ ♪:*:.:*:♪

  ◆ ファーストシングル ・ 花いばら ◆
            2曲入り ¥500-
            2014.5.24 発売
花いばら

  ◆ セカンドアルバム ・ 生きてるからね。 ◆
            6曲+1曲入り ¥1000-
            2011.8.21 発売

いきてるからね。

※ こちらからもお買い求め頂けます。
  「お便りはこちら❤」から お名前とご連絡先をお知らせ下さい。

消えないで。




一昨日の夜中。


猫用のミルクや
流動食の代わりになりそうな物を買いに走った。


ジャパンかドンキなら開いてるはずだと
必死こいて行った。


昨日は朝からペットショップに
昼からはホームセンターに買い物に走った。



陶芸の焼成作業をしながら


この体
この心の周りを

気持ちは何度もぐるぐる回りながら

前向きを探した。




私はかつて3匹の猫と暮らして居た。

2匹は亡くなり現在は1匹。


動物が苦手な方には理解に苦しむ事だろうけれど


猫たちは

摂食障害の私も
自傷癖の私も

必要としてくれた家族だった。


親よりも

この世の誰よりも

私と共に長い年月暮らしてくれたのが

今一緒に居る1匹の猫だった。


糖尿病と乳がんを抱えた19歳の猫。



これまでにたくさんの治療もしてきた。

これまでたくさんたくさん闘ってきた。

数え切れぬ回数針を刺し
何度も腹を開け

辛い想いをしてきた。



そんな猫たちとの事を
以前書いた事が在る。

【「無様な生き方を責めるのはアンタやないよ。」 (2013. 3.16)


【「知り尽くした不足の吹き溜まりに吸い込まれぬように。」 (2013.5.11)






3年・・
いやもう4年になるのかな・・


乳がんの手術で左乳房を全摘した後


私は
抗がん剤治療も
放射線治療も
この子にはしない選択をした。


当時

抗がん剤を投与しても
副作用に苦しんだ上に
生き延びてもあと3ヶ月と言われ

ならばもう苦しまず

残った時間を
自宅で過ごして欲しいと思ったからだ。


私以外の人間に触れられる事を酷く嫌う

外出に酷く怯えるこの子の最期は

大好きな家で過ごそうと決めた。



その選択をしてから

3ヶ月どころか4年

この子は私のそばで生きてくれて居る。



大事な家族。

子供のような愛おしい存在。




火曜の夜から食べなくなり
急激に弱ってきて居る中

たくさんの問いかけを自分に繰り返した。













2013年から

月下陽香が

ステージの上で必ず口にして真ん中に掲げてきた

「摂食障 害」

「リストカット」

「自傷」。


私にとって「摂食障害」と「自傷」は
人生のほとんどを埋め尽くすものである。

これらと共に生きた20年間と
向き合って生きる事を始めたこの10年間を経て。


摂食障害や自傷の始まりであった
小学生の頃から
現在の私に至る足跡を

2013年7 月7日以来
記事として書き続けて居る。


綴ってきた記事は
「かてごり。」に時代別に分けてあります。


【「1・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(小学生の私)】
   ※4つ の記事があります。

【「2・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(中学生の私)】
   ※7つ の記事があります。

【「3・ 自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」 (高校生の私)】
   ※12 の記事があります。

【「4・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(大学生の私)】
   ※17 の記事があります。

【「5・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代前半の私)】
   ※ 61の記事があります。

【「6・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代後半の私)】
   ※ 現在執筆中。




過程を綴る記事は
日々の想いと共に

20代後半頃の私を記している途中。

【「生きる炎が消えな いで欲しくて。」 (2014.5.2)





今日は
過程の続きから離れて・・

とは言っても

過程を綴りながらも
そこには現状も書いていたけれど。

今日は猫の事を書くね。






火曜日の夜
眠る前に入れたキャットフードは
翌朝全く減っていませんでした。


家の中のあちこちに
ぽんちゃんのお気に入りの場所があって

探しに行きました。


表情は元気そうに見えたけど
その後も何も食べず。

ものすごい速さで弱って行きました。



病院に連れてゆこうとは思いませんでした。

もう
これ以上の治療はしないと
決めているから。


もし
この子をまた病院に連れてゆくとすれば

転移した癌が肺に飛んで
呼吸困難になった時。

その時は
酸素室に入れて貰えるようにお願いに行こうと

それだけを決めて居ました。



時間もお金も莫大に注いで

私も
この子も
とても辛い治療をしてきました。


もう老猫。

これ以上
他の人に触れられて怯える想いは
させないと決めました。



まだ他の猫たちも生きて居た頃

実際にこの手でしてきたから

いざとなれば
皮下注射なら私にも打てる。

点滴位は出来る。


でも
もう
この小さな体に
針を刺す事はしたくないと思って居ます。



食べなくなったこの子に
思い付くあらゆる物を与えました。

カリカリもふりかけも。

缶詰もいろんな味。
スープ状ムース状。

おやつも

普段から食が細くて
好き嫌いが激しいこの子が
好む物は全て与えて。


それでも全滅。


ささみを湯がいてほぐしたり
茹で汁を与えてみたり。

魚や肉
かにかまや鰹節

思い付く物は全て試した。



口元に持って行っても
匂いを嗅ごうともしない。

とても辛そうで

私まで避けるように
寝室の隅から動かなくなった。

それでも
トイレは自分の砂でしたいようで

ふらふらしながら
何度も転びながら行っていたけれど

もちろん便が出る事もなければ
もう尿意もないような状態になっていった。




病院には連れて行かない事と共に
思っていた事が在った。

無理矢理流動食を流し込む事はしたくない。


以前
他の猫にそれを続けた時の苦痛は
たまらないものだった。

当時
それをした猫は
まだ若かったから
迷わずそうした。


嫌がる口を開けて
喉の奥に
シリンダで入れて無理矢理飲み込ます。


その子は
その後数年
インシュリンを打ちながら生きた。



でも。

19歳のこの子にそれは必要だろうか。


そこまでする必要を感じられなくて

しないと決めて居た。





だけど。ふと。思った。


そして考えた。

とてもとても考えて悩んだ。



この子は病気だ。
だから今こんな状況に陥った。

私はそう思って居る。

確かにそれもあるだろう。


でも。それだけだろうか。


老化も
原因のひとつである事は間違いないだろ う。




私が今してる事は

治療放棄なのか

介護放棄なのか

どっち?





無理矢理でも食べさせる事で

この命があと数日だったとしても

楽に居られるかも知れない。


シリンダで食べさせる事をしたくないのは

この子じゃなくて私なんじゃないか?




以前
猫の1匹を
深夜病院で孤独に逝かせてしまった事を

私はとても後悔して居る。


自分が後悔しない選択をしたい。


してあげれば良かった
なんて思う後悔はしたくない。


もう時間は無い。





昨日
夕方からシリンダで流動食を与えてる。


一度に受け入れてくれる量は
10mlあるかないか。

2時間置きに与えてみてる。


この流動食のみならば
1日の必要量は85gの 缶3つ。

1日1缶も受け付けてくれない。


それでもやってみてる。



まだ1日も過ぎてない。

数日はやってみよう。


それでも悪化しかしないなら

もう足掻かずに見守ろう。




どうなるかわからない。

可能性は低いように感じる。



だけど。

もう数日。

足掻いて居させて欲しいと思う。








年々枯れてゆくバラが

花を咲かせた。





※前回の記事に引き続きコメント欄の設置はお休みします。

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*


このぶろぐ。

『 癒え待ちよすが -イエマチヨスガ- 』は

「日本ブログ村」の
  ランキングに
     参加しています。

下のバナーをクリック頂けると
カウントされます。


どうか
ぽちっと

応援をお願い致します。

♪(。・ω・)人(。・ω・。)人(・ω・。)♪



にほんブログ村

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*




関連記事
スポンサーサイト
自己紹介。

月下陽香

Author:月下陽香
「月下陽香(げっかようこう)」の
ステージネームで
オリジナル楽曲を発信しながら

創作陶芸作家としても活動中。


このブログには
私がかつて
「摂食障害」・「自傷癖」と
共存して居た頃の出来事を綴った記事も
多く置いて居ます。


私にご興味を感じて頂ける
御訪問者さまや

初めてお立ち寄り下さった方は

まずこちらをご覧頂けると
このブログが見やすくなるかと
思って居ります。

【このブログ「癒え待ちよすが」について。】 ←クリック


リンクから
月下陽香のYouTubeなども
ご覧頂けます。


よろしくお願い致します。

カテゴリ。
Twitter。
最新記事。
カレンダー。
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
きんぎょ。
QRこーど。
QRコード
月別アーカイブ。
検索。
リンク。
カウンター。
お便りはこちらから❤

名前:
メール:
件名:
本文:

ランキング参加中。
にほんブログ村参加中。
「このブログに投票」ボタンから
ぽちっといただけるとうれしぃです♡