❝ 月下陽香からのおしらせ ❞

  ♪:*:.:*:♪ ・らいぶ情報・ ♪:*:.:*:♪

     ❤ 2017年2月11日(土・祝)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-(選べる1ドリンク&1フード付き)
18:00 オープン  19:00 スタート
★月下陽香&井上タイキ・HAT TREAT ツーマンライブ!!

     ❤ 2016年11月6日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1500-+1ドリンク別途要

     ❤ 2016年5月22日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1000-+1ドリンク別途要

     ❤ 2015年12月25日(金)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 
「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-



  ♪:*:.:*:♪ ・CD情報・ ♪:*:.:*:♪

  ◆ ファーストシングル ・ 花いばら ◆
            2曲入り ¥500-
            2014.5.24 発売
花いばら

  ◆ セカンドアルバム ・ 生きてるからね。 ◆
            6曲+1曲入り ¥1000-
            2011.8.21 発売

いきてるからね。

※ こちらからもお買い求め頂けます。
  「お便りはこちら❤」から お名前とご連絡先をお知らせ下さい。

汚れた部屋で。(卒業後後半・40)




(追記 : 申し訳ありません。記事はアップしますが、次回更新より数日、コメント機能を設けません。
とても悩んで設置したままにしていましたが、次回から少しの間だけ止めようと思います。
落ち着いたらまた設置します。お許し下さい。2014.5.1.22:50)


早く死にたくて

早く消えたくて

今日を生きてる人はたくさん居る。


当たり前に日々をこなして生きてる人も

楽しんで生きてる人も

たくさん居るけれど。




今日も孤独の中で息をしながら

真ん中から溢れる痛みに

壊れそうな人がたくさん居る。




こんな私になりたくないのに。

こんな私になりたくなかった。


こんなはずじゃなかったのに。


この苦しみに誰も気付いてはくれない。




早く死にたくて今日を生きてる人は
たくさん居て。

少し前まで。
私もそのひとりだったんだ。





人は
私の顔を
前からも横からも後ろからも見てる。

人は私が見せる私を見てる。

外側の私を見てる。


私は

鏡に映る自分の顔を見てる。

私は
誰にも見せない私の
姿も想いも見てる。

内側の私を見てる。




私を誰よりも知って居るのは私。

ずるくて
汚い
情けない私を

うんざりするほど知って居るのに

私は私で居なければならない。



こんな汚れた部屋は
もう嫌だからって

引っ越せる訳じゃない。



なりたい私になる為に
闘う事を始めて10年。

私はやっと
前よりほんの少し
自分の事を愛せて生きて居て


生きたくて生きて在る。



私っていう部屋は
あちこち汚れて傷だらけで

住み心地が良い訳ではないけれど


ようやく少し気に入っている。



そして
その私は

昨日から

愛おしい命が消えてしまうのではないかと

苦しんで居る。












2013年から

月下陽香が
ステージの上で必ず口にして真ん中に掲げてきた

「摂食障害」

「リストカット」

「自傷」。


私にとって「摂食障害」と「自傷」は
人生のほ とんどを埋め尽くすものである。


これらと共に生きた20年間と
向き合って生きる事を始めたこの10年間を経て。

摂食障害や自傷の始まりであった
小学生の頃から
現在の私に至る足跡を

2013年7 月7日以来
記事として書き続けて居る。


綴ってきた記事は
「かてごり。」に時代別に分けてあります。


【「1・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(小学生の私)】
   ※4つ の記事があります。

【「2・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(中学生の私)】
   ※7つ の記事があります。

【「3・ 自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」 (高校生の私)】
   ※12の記事が あります。

【「4・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(大学生の私)】
   ※17 の記事があります。

【「5・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代前半の私)】
   ※ 61の記事があります。

【「6・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代後半の私)】
   ※ 現在執筆中。





過程を綴る記事は
日々の想いと共に

20代後半頃の私を記している途中。

【「命に心細いよ。」 (2 014. 4.30)】






店は閉店した。


人の裏側は
もう吐き気がする程に

見尽くしたと感じた。



私は
もう
どうしようもない位汚れたとも思った。

汚したんだと思った。


そのどれもが

自傷と結びついて居た事にも
気付き始めて居た。



店のかたずけが終わったら
毎日が休日になった。

こんなのは初めてだった。


朝6時起床で出勤する彼の生活リズムには
合わせられなかった。

長い年月

朝が来て眠る生活をしてきた習慣は
染み着いて居た。



目が覚めると彼はもう居なくて

ゆっくりと起き上がり

時間に追われる事なく
掃除をしたり洗濯をしたり
テレビを観たり。

時間を掛けて夕食を作ったり。


休憩時間には彼が必ず電話をくれた。


急にゆっくり流れるようになった時間。

これからを考える程に不安で。

でも。
今日
働かなくても居場所が在る事は
有難いと思った。


彼は一度も

「働かないなら食うな」

「働けないなら意見をするな」

など言わなかった。

私が
幼少期から
数えきれなく言われ続けた言葉を

彼は一度も言わなかった。




これまでの彼との暮らしでは
家賃と光熱費は彼が
食費は私が支払って成り立っていた。

無職になった私には
いくらかの蓄えはあったけれど

この先働く予定も無く
安易に貯金を引っ張り出して暮らす訳にもいかない。


彼にお金を貰ってスーパーに行く。


帰ってきて彼が食べる夕食は

作ってるのは私だけど
お金は彼が払ってる。

なのに彼は必ず丁寧に言う。


「ありがとう。」

「いただきます。」

「ごちそうさまでした。」



そんなふうに言って貰う事を
私はこの彼との生活で初めて経験して居た。



彼が居ない時間は嘔吐も出来た。

でも
その嘔吐する為の食料は
彼が働いたお金で用意されている。


自分を責めた。とても責めた。

でも止められなかった。





マンションの前には公園があって。
ベランダから毎日見てた。

冷たかった風が少しづつあたたかくなって

猫と日向ぼっこしながら
季節が流れてゆく事を感じてた。

この先どうなるのかな・・。

このまま同棲してて良いのかな・・。

もうすぐ30歳。

ひとりで生きてく力も無くして
私はどこへ向かってるんだろうか。


心には穴が空いたまんま。

ふと。

今共に暮らしてる彼の前に
付き合っていた男を思い出した。

閉めた店の名は
あの人との約束の名前だったなぁ・・・


会いたくなった。


いつも
満たされない心は

いつも
ふらふらと揺れて居る。



満たされない原因は

人ではなく
自分に在るんだろうに。

いつも揺れて居た。



続きはまたね。











去年の4月30日だった。

我が家の
大事な猫のぽんちゃんが急変した。

歩けない位急激に弱った。

もう駄目かと思った。


あれから1年。
頑張ってくれた。


再発した乳がんのしこりをお腹に抱えて
糖尿病を背負って

3キロもない小さな体は
今日も生きてそばに居てくれて居る。


けれど。
昨日から再びの急変。

昨日食べてくれたのは
ほんの数口の缶詰だけ。


この子の体の中では
明らかに何かが起きていて
とてもしんどいんだと思う。



細切れにうとうとしながら見て居た夕べ。

たくさんたくさん涙が出た。



親よりも
この世の誰よりも

長い年月を

私と一緒に暮らしてくれている大事な家族。



幸い
今は自宅の工房での仕事しかしていない。

作業しながらずっと様子を見てる。




作陶作業は昨日から焼成に入っていて

各日で高温と格闘しながら
次に本焼きするうつわの装飾をしてる。


うつわを作る時

いつも想うのは

その器が使われて在る光景。


私の手を離れ
私の知らない家庭の中で

楽しい時も辛い時も
なんてない時も

繰り返される毎日の中に

うつわが在る景色。


★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*


このぶろぐ。

『 癒え待ちよすが -イエマチヨスガ- 』は

「日本ブログ村」の
  ランキングに
     参加しています。

下のバナーをクリック頂けると
カウントされます。


どうか
ぽちっと

応援をお願い致します。

♪(。・ω・)人(。・ω・。)人(・ω・。)♪



にほんブログ村

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*



関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

KANNさん。

お久しぶりですね。
コメントありがとうございます。

せっかく教えて頂いたのですが。。
ぽんちゃんはそんな感じではないんですね。

慢性の糖尿病と
転移した乳がんを抱えて
もう19歳。

出来る限りの事をしてますが
難しいです。

あと。

散々治療で苦しんで来た子なので
私はもう尿院での治療を考えてないんです。

すごくすごくがんばった子だから。
出来る限りの事をしながら
あとはこの子に任せます。


嫌な予感が当たって
亡くなってしまったなら
その後にこのコメントにお返事するのが苦しいので

ばーっと書いてしまって・・

ごめんなさい。

ありがとうございます。

No title

ぽんちゃんの症状ですけど、口腔内たとえば歯肉等が痛くて食べられないって事はないですかね?
口の中を触ってみたら、痛むところがあれば分かると思います。
もしそうなら、抗生物質やステロイドで炎症をおさえたら、食べられるようになると思うんですけど。

ワタクシは専門家ではないので、経験だけで言ってますが、今までそれで一命を取りとめたニャンコが何匹かいました。
自己紹介。

月下陽香

Author:月下陽香
「月下陽香(げっかようこう)」の
ステージネームで
オリジナル楽曲を発信しながら

創作陶芸作家としても活動中。


このブログには
私がかつて
「摂食障害」・「自傷癖」と
共存して居た頃の出来事を綴った記事も
多く置いて居ます。


私にご興味を感じて頂ける
御訪問者さまや

初めてお立ち寄り下さった方は

まずこちらをご覧頂けると
このブログが見やすくなるかと
思って居ります。

【このブログ「癒え待ちよすが」について。】 ←クリック


リンクから
月下陽香のYouTubeなども
ご覧頂けます。


よろしくお願い致します。

カテゴリ。
Twitter。
最新記事。
カレンダー。
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
きんぎょ。
QRこーど。
QRコード
月別アーカイブ。
検索。
リンク。
カウンター。
ランキング参加中。
にほんブログ村参加中。
「このブログに投票」ボタンから
ぽちっといただけるとうれしぃです♡
お便りはこちらから❤

名前:
メール:
件名:
本文: