❝ 月下陽香からのおしらせ ❞

  ♪:*:.:*:♪ ・らいぶ情報・ ♪:*:.:*:♪

     ❤ 2017年2月11日(土・祝)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-(選べる1ドリンク&1フード付き)
18:00 オープン  19:00 スタート
★月下陽香&井上タイキ・HAT TREAT ツーマンライブ!!

     ❤ 2016年11月6日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1500-+1ドリンク別途要

     ❤ 2016年5月22日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1000-+1ドリンク別途要

     ❤ 2015年12月25日(金)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 
「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-



  ♪:*:.:*:♪ ・CD情報・ ♪:*:.:*:♪

  ◆ ファーストシングル ・ 花いばら ◆
            2曲入り ¥500-
            2014.5.24 発売
花いばら

  ◆ セカンドアルバム ・ 生きてるからね。 ◆
            6曲+1曲入り ¥1000-
            2011.8.21 発売

いきてるからね。

※ こちらからもお買い求め頂けます。
  「お便りはこちら❤」から お名前とご連絡先をお知らせ下さい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

焼け落ちる皮膚と焼け残る骨と。(卒業後後半・37)





先日

器の素焼き作業をしてた。


作業部屋の窓全開で

時々窓の外の空を見ながら
山を見ながら

こつこつと焼いていた。



素焼きの時は
器を重ねて窯に入れられる。
重ね方のルールはあるけどね。


成形した器を窯に入れて
700度まで

とにかく
ゆっくり
ゆっくり

温度を上げては
寝かせての繰り返し。



本焼きと違って
温度が低いから怖くはないかな。


陶芸を始めてから
温度に対しての感覚が変わってしまって(笑)

友達が言うには
700度はとんでもなく高温らしい。



私的には
700度くらいまでは低温に感じてる。

本焼きだと
1200~1250度との戦いになるからね。





順調に焼き始めたんだけど
突然窯の中からとても嫌な音がした。


窯には覗き穴があるけど
5センチほどの小さな物で
中がちゃんと見える事はない。


一体中で何が起きているのかは
開けなければわからない。


もし何かの拍子で
器のバランスが崩れて
電熱線に当たって居たら

器の破損はもちろん

窯が故障する。


しばらく仕事が出来なくなる上に
何十万もの支払いを負う。


確かめなければいけない。

でも
窯を開ければ
急激な温度変化で器が割れてしまう。



どうしよう・・

めちゃくちゃ考えた。


途中で
止めたり急に下げたりしてはいけない温度が在る。


その時の窯の温度はまだ196度。

止めよう。

決めた。



電源を落として
150度に下がるのを6時間ほど待って
中を確認。

大丈夫だった。
ほっとした。


素焼き作業は
翌日1からやり直しになった。



今年は
今までに使わなかった釉薬も使ってみようと思う。













2013年から

月下陽香が

ステージの上で必ず口にして真ん中に掲げてきた

「摂食障害」

「リストカット」

「自 傷」。

私にとって「摂食障害」と「自傷」は
人生のほとんどを埋め尽くすものである。


これらと共に生きた20年間と
向き合って生きる事を始めたこの10年間を経て。

摂食障害や自傷の始まりであった
小学生の頃から現在の私に至る足跡を

2013年7月7日以来
記事として書き続けて居る。


綴ってきた記事は
「かてごり。」に時代別に分けてあります。


【「1・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(小学生の私)】
   ※4つの記事があります。

【「2・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(中学生の私)】
   ※7つの記事があります。

【「3・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(高校生の私)】
   ※12の記事があります。

【「4・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(大学生の私)】
   ※17の記事があります。

【「5・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代前半の私)】
   ※61の記事があります。

【「6・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代後半の私)】
   ※現在執筆中。



寄り道をして
5月24日のライブへの想いを書いた後

【「こぼれそうな想いはそれぞれに在るように。」 (2014.4.24)】


過程を綴る記事は
5月発売のCDの経過報告や想いと共に

20代後半頃の私を記している途中。

【「働かざる者に課せられる掟。」 (2014.4.25)】







店を閉める決意を固めた。


でも

無職になる事には
やはり大きな抵抗が在った。


ひとりで出来る位の小さな店なら
大きな儲けは望めないけど
少ない費用で
自分のペースやってゆけるんじゃないか

そんな事も考えた。



辞めると決めたのに

それに向かって動き出したのに

働かない生活に
自分が生きる事に

感じる抵抗は
大きすぎた。


まるで
地団駄を踏んで居るようだった。 



不動産会社の客と話してみた。


中心部からは少し離れるが
ビル1階に良い店舗があるとの事。

見に行くことにした。

カウンターだけの小さな店。

内装も変えてくれるようだし
備品も揃えて貰えるようだった。



悩んだ。


体も

心も

もう限界を超え過ぎている。


でも

働かない事は
大きな罪悪感であり

どうすれば良いのか決められなかった。



一応保留として

まず今の店のビルオーナーと話をした。

翌月末に解約する事を決めた。


この店は辞める。

それは決めた。


あと2ヶ月弱。




従業員にも客にもまだ伝えなかった。

閉店か移転か
まだ決められなかったし。

すぐに噂になるだろうから

残り1ヶ月半を切る頃までは
黙って居ようと思った。




どうするの?

毎日悩んだ。


「少し休もう。」
「体を治そう。」

彼は言ってくれた。


私が働かなくても文句を言う人ではない。


でも。
自分で収入を得られなくなる事はやはり怖かった。


そして。

彼は知らない。


私の体の病は知って居ても

摂食障害や自傷には
まだ気付いて居ない。


共に暮らして居ても
生活リズムは逆だから

私が家で吐いていても
彼は働いてるからわからない。


私が自傷をしても
場所を選べば何とでも誤魔化せる。


彼は干渉をしない人だ。

私に対して
干渉も束縛も全くしない。


だから私はとても居心地が良い。


だけど
同じ時間に家に居る生活が始まったら

どうなるんだろうか。




嘔吐を始めて
自傷を始めて

20年を越えようとして居た。

続きはまた。












今日は
始めに

陶芸の素焼き作業の事を書いたけど。



熱ってすごいと思う。

火ってすごいなって。



その高温に耐え抜く土はすごいと
いつも思う。




以前

私は

窯で腕を焼いた事がある。


1200度の窯に腕を付けた。


押し付けるつもりだったけど

熱さよりも
強烈な痛みで

体が跳ねて

一瞬だった。


それでも
皮はずるっと捲れ落ちた。


想像以上に酷くて
病院に行かなくては仕方ない状態になり

翌日診てもらったら

3度の熱傷だと言われ


皮膚が再生しなければ
移植だと言われた。


なかなか再生せず
移植手術の話を始めた頃

ようやく皮膚が生まれ始めた。


40日。

毎日通院して
それだけの時間がかかり

再生した私の腕の皮膚には

アザのように跡が残っていたけれど


それも
2年程前辺りからは
ほとんどわからない位目立たな くなった。


私の体。
がんばってくれたんだと思った。







人や動物を火葬する時の温度は
1000度にも満たない。

そりゃ大火傷になるはずだ。



火葬された体は

肉を焼き消す熱の中で炙られても

骨が残る。



以前。

1匹目の猫が亡くなった時に
その子の骨の一部を
土に混ぜて焼いた事がある。

1250度で焼かれても
土も骨もそのままで残った。


骨の強さに驚いた。




私たちの体は
さまざまなもので形成されて居る。


生きて在る事は物凄い事なんだろうね。


今日ここに生きて在る事。


それはものすごい事なんだろうね。


★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*


このぶろぐ。

『 癒え待ちよすが -イエマチヨスガ- 』は

「日本ブログ村」の
  ランキングに
     参加しています。

下のバナーをクリック頂けると
カウントされます。


どうか
ぽちっと

応援をお願い致します。

♪(。・ω・)人(。・ω・。)人(・ω・。)♪



にほんブログ村

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*



関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

自己紹介。

月下陽香

Author:月下陽香
「月下陽香(げっかようこう)」の
ステージネームで
オリジナル楽曲を発信しながら

創作陶芸作家としても活動中。


このブログには
私がかつて
「摂食障害」・「自傷癖」と
共存して居た頃の出来事を綴った記事も
多く置いて居ます。


私にご興味を感じて頂ける
御訪問者さまや

初めてお立ち寄り下さった方は

まずこちらをご覧頂けると
このブログが見やすくなるかと
思って居ります。

【このブログ「癒え待ちよすが」について。】 ←クリック


リンクから
月下陽香のYouTubeなども
ご覧頂けます。


よろしくお願い致します。

カテゴリ。
Twitter。
最新記事。
カレンダー。
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
きんぎょ。
QRこーど。
QRコード
月別アーカイブ。
検索。
リンク。
カウンター。
ランキング参加中。
にほんブログ村参加中。
「このブログに投票」ボタンから
ぽちっといただけるとうれしぃです♡
お便りはこちらから❤

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。