❝ 月下陽香からのおしらせ ❞

  ♪:*:.:*:♪ ・らいぶ情報・ ♪:*:.:*:♪

     ❤ 2018年2月3日(土)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 「 音(オン) 」
※詳細決まり次第ご報告致します。
★月下陽香&井上タイキ 大阪でのラストイベント

     ❤ 2017年2月11日(土・祝)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 
「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-(選べる1ドリンク&1フード付き)
18:00 オープン  19:00 スタート
★月下陽香&井上タイキ・HAT TREAT ツーマンライブ!!



  ♪:*:.:*:♪ ・CD情報・ ♪:*:.:*:♪

  ◆ ファーストシングル ・ 花いばら ◆
            2曲入り ¥500-
            2014.5.24 発売
花いばら

  ◆ セカンドアルバム ・ 生きてるからね。 ◆
            6曲+1曲入り ¥1000-
            2011.8.21 発売

いきてるからね。

※ こちらからもお買い求め頂けます。
  「お便りはこちら❤」から お名前とご連絡先をお知らせ下さい。

不足の牙を向けて。(卒業後後半・35)




5月24日発売のCD

【花いばら】のジャケット。


制作会社さんには
パソコンで
その会社用のテンプレートで作成して
入稿するんだけど

イラストレーターとかを扱える
知識が私にはないから出来なくてね。


エクセルでデザインを作って
それを
会社の方にテンプレートとして代行して頂く事にして。

作ったのは作った。


よし。
これだ。

って思っては


翌日には
なんか違う気がして

またいじって。

繰り返し。


色がね。
迷うんだ。

迷って迷ってね。
 

一体
どれだけの時間
パソコン前でやり直し続けたんだろう。


とても疲れるけど
自分のCDのデザインで頭抱える事は

きっとしあわせな出来事だね。


やっとこさ。
この色にしようって決めた。



音源は郵送で入稿出来るんだけど

デザインとか
その素材とかは
パソコンから入稿でね。


私には難しくて
制作会社さんに問い合わせしまくってたけど

いつも
とっても丁寧にメールを下さって


ここにお願いする事にして良かったなぁと思ってる。


今日。入稿出来たよ。



CD作るのって
やっぱりお金がかかる。

大人数のバンドさんとかなら
割り勘出来るけど
ソロで出そうとなると
ひとりだから正直大変。


アマチュアのCDなんだから
高い値段には出来ないし

でも売価より高い経費は厳しいし。


あちこち問い合わせて

何とか
1枚の単価が
ギリギリ売価を超えない金額で
出来る所を見付けて。


お値段も有難かったけど

本当に丁寧に対応して頂いてて


そういう人たちにお金を払うのは
とても気持ち良い事だなって思う。


そういう仕事をして下さる会社さんに
出会えて良かった。



CDのクレジット欄には

スタジオさんとか
カメラマンさんとか

お世話になった方々の
お名前を記載するんだけど


この制作会社さんも
入れさせて頂く事にした。




月下陽香のCDは

ギター1本と
歌だけやから
とってもシンプル。


ピアノやらドラムやら
効果音やら

レコーディングスタジオにお願いすれば

パソコンで
入れて貰ったりも出来るから

CDくらいは
豪華にしたいなって気持ちも
ちょっとあったんだけどね。


やっぱり違うかなって思った。


月下陽香の楽曲は

ステージと同様

ギタリストさんの音だけで
きっと良いんだって。

格好つけてもね

偽物だなって。



今回のCDは

私にとっては
とてもやさしい作品になってると思う。


絶不調で挑むしかなかった事は
悔しいけれど

それが
声にも表れてしまってる気もするんだけど


それでも

希望を持って臨んだと思う。



お買い求め下さる方々にも

やさしい歌に
なってくれたらと願う。












2013年から

月下陽香が

ステージの上で必ず口にして真ん中に掲げてきた

「摂食障害」

「リストカット」

「自 傷」。

私にとって「摂食障害」と「自傷」は
人生のほとんどを埋 め尽くすものである。


これらと共に生きた20年間と
向き合って生きる事を始めたこの10年間を経て。

摂食障害や自傷の始まりであった
小学生の頃から現在の私に至る足跡を

2013年7月7日以来
記事として書き続けて居る。


綴ってきた記事は
「かてごり。」に時代別に分けてありま す。


【「1・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(小学生の私)】
   ※4つの記事があります。

【「2・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(中学生の私)】
   ※7つの記事があります。

【「3・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(高校生の私)】
   ※12の記事があります。

【「4・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(大学生の私)】
   ※17の記事があります。

【「5・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代前半の私)】
   ※61の記事があります。

【「6・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代後半の私)】
   ※現在執筆中。




5月発売の
CDの経過報告や想いと共に

過程を綴る記事は
20代後半頃の私を記している途中。

【「満ちる事の無い心の闇に。」 (2014.4.22)】






酒に飲まれると壊れてしまう彼女。


酔い潰れさえしなければ

切ない程にやさしい女の子なのに。


彼女は頑張って居た。

とても。

頑張って居たと思う。


でも。

それは
感情を押し殺して
我慢をし続けているという事。

症状が治った訳ではなく

ただただ我慢を続けてるという事。


彼女の我慢の風船は
日々どんどん膨らんで行った。

膨らんで膨らんで。

破裂する瞬間を待っていた。




その夜。

店は満席。

賑やかな店内。

突然大声が響いた。

破裂したんだ。
彼女の心が。


飲むペースが速いようで気になっていたが
満席の店内で
ずっと彼女を見てる訳にはいかない。

少し目を放した時。

後ろから突き刺さった彼女の怒鳴り声。


誰に向かって言ってるのかわからない
めちゃくちゃな
攻撃的な言葉が次々と叫ばれる。


なだめようとする客にも怒鳴り散らす。


とにかく店から出そうとした。


私の腕力だけではどうにもならず。


友達の男性が飲みに来ていたから
手伝ってくれて

暴れる彼女を
店の外に引き摺り出した。


店を放ってはおけない。

「俺が見てるからお前は仕事してこい」

友達の言葉に
とにかくお詫びと感謝を伝えて

店に戻った。


他のホステスそれぞれに
これからして欲しい事を指示して

店の空気を何とか戻そうと動いた。


有難い事に

そこに居た客みんなが
それを察してくれて

誰も帰る事なく居続けてくれた。


外からは

ずっと

彼女の怒鳴り声が聞こえていた。


しばらくすると

彼女が物凄い勢いで店内に入ってきた。

彼女を捕まえて
懸命になだめてくれていた
友達の手を振り払って入ってきた。


「お前ら私がそんなに邪魔なんか!」

「馬鹿にすんなよ!」

「殺したろか!」


客にも
私にも絡む。

私は
ホステスに
彼女のご主人に電話をかけさせて

友達と

再び彼女を外に引き摺り出した。


暴れまくって
店に戻ってくる彼女を

引き摺り出す繰り返 し。


必死で
なだめて居たけれど

もう耐えられなくなって

彼女に言った。



「ここは私の店やで。
 私の店を壊さんといて!」




やっとご主人が来て
彼女を連れて帰った。

私は友達と店に戻った。


気持ちがぐちゃぐちゃで

髪も化粧も乱れてて


まずトイレに入った。


泣けてきた。

辛くて辛くて泣いた。

声を殺して泣いて

化粧を直してカウンターに戻った。



客は
みんな閉店まで居てくれた。

友達も
最後まで居てくれて

迷惑を掛けたから
今夜はご馳走するって言ったのに

きちんと飲み代を支払ってくれた。


みんなを見送って

ひとりになった店内。

私はもうくたくただった。




もうずっと
体もとても苦しかった。

心も。

安定剤を飲みながら
何とか店に立っていた。




彼女の気持ちはわかるつもりで居たよ。

変わりたいと思う気持ちも
寂しさも苦しみも。


自分に置き換えれば
理解する事も出来た。


でも。


「変わりたい」思うだけじゃダメなんだ。

変わる為に
行動を起こさなければ
何も変わり始めない。


本人が
そこへ向かわなきゃ

誰が何を言ったって
何を捧げて注いだって


何も変わらない。



当時の私が

何度も何度も
もう止めたいと思いながらも

摂食障害とも
自傷行為とも

離れられずに居たように

変われる訳が無い。



痩せたい痩せたいって言いながら
食べてたら痩せる訳がないでしょ。

簡単に言っちゃえば似てるのかな・・





疲れたなって思った。

心の底から思った。

心全部が思った。




もう。
がんばれない。

もう。
がんばれない。

もう。いやだ。

もういやだ。
いやだ。
いやだ。・・・・・




店を閉めよう。

もうホステス辞めよう。

心に決めた。



続きはまたね。

次回はライブのお話しようかな。

大好きな方々とのライブまで
1ヶ月になるしね。













ぽんちゃんは
やたらひとりになりたがる。

何だか嫌な予感がしてる。


ぽんちゃん自身が
何かを感じてるように思う。


今年の私の誕生日は
一緒に居られるのかな・・。





前のおうちに
動物霊園の車が止まってた。

ドキっとした。



マンションの共有スペースに植えられてる
ハナミズキの花が一気に咲き始めた。


ほんの少し前は
固い蕾だったのに。


見せない所で準備してたんだね。


準備を重ねて

今だ!!って時に
一気に花開くんだね。



この世を去る時も


きっと


そうなんだろうね。


★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*


このぶろぐ。

『 癒え待ちよすが -イエマチヨスガ- 』は

「日本ブログ村」の
  ランキングに
     参加しています。

下のバナーをクリック頂けると
カウントされます。


どうか
ぽちっと

応援をお願い致します。

♪(。・ω・)人(。・ω・。)人(・ω・。)♪



にほんブログ村

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*



関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

自己紹介。

月下陽香

Author:月下陽香
「月下陽香(げっかようこう)」の
ステージネームで
オリジナル楽曲を発信しながら

創作陶芸作家としても活動中。


このブログには
私がかつて
「摂食障害」・「自傷癖」と
共存して居た頃の出来事を綴った記事も
多く置いて居ます。


私にご興味を感じて頂ける
御訪問者さまや

初めてお立ち寄り下さった方は

まずこちらをご覧頂けると
このブログが見やすくなるかと
思って居ります。

【このブログ「癒え待ちよすが」について。】 ←クリック


リンクから
月下陽香のYouTubeなども
ご覧頂けます。


よろしくお願い致します。

カテゴリ。
Twitter。
最新記事。
カレンダー。
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
きんぎょ。
QRこーど。
QRコード
月別アーカイブ。
検索。
リンク。
カウンター。
お便りはこちらから❤

名前:
メール:
件名:
本文:

ランキング参加中。
にほんブログ村参加中。
「このブログに投票」ボタンから
ぽちっといただけるとうれしぃです♡