❝ 月下陽香からのおしらせ ❞

  ♪:*:🌙.:*:♪ ・活動情報・ ♪:*:.🌙:*:♪

「 月待 陽 」として始動します!!
   ❤ 2018年5月12日(土)
★tetsu企画・番外編
東梅田【Live Bar B-flat】

18:00オープン / 18:30スタート ・ おひとり様¥1,500+1ドリンク
月待陽は20:10頃~出演します。
21:00~は
プラス1000円でドリンク・フードが付いたうち上げもあるそうです。

     ❤ 2018年2月3日(土)
★月下陽香イキザマ晒し劇場【 千秋楽 ・(ライブ活動休止前イベント)
  出演:月下陽香 / えんちゃん / HATTREAT

満員のお客さまとご出演者さまに、盛大に盛り上げて頂き
これまでの音楽人生で一番の、心から楽しんだ幸せな夜となりました。
ありがとうございました。

2018年2月3日のライブを区切りに
月下陽香は「イキザマ晒し劇場」と名付けたライブ活動を休止いたします。
もう「イキザマ」を板の上で晒さなくても
生きてゆけるような気がするのです。

このブログは継続しますが
ステージ活動はまた違う形でお届けする未来に向かいます。

月下陽香の歌も歌い続けながら
もっとみなさまにお近付き出来る歌も学びながら
次のスタイルを生み出し作り上げてゆきます。
よろしくお願い申し上げます。

その後のメインの発信場所を新たに設けました。
◆ブログ ★【癒え待ちの月-イエマチノツキ-】
blog
◆Instagram ★【陽Instagram】
blog
◆Twitter ★【陽Twitter】



満ちる事の無い心の闇に。(卒業後後半・34)





ぽんちゃんは
長毛にゃんこだから

一見わかりにくいけど


撫でれば
ごつごつと骨が当たり

日々痩せ衰えてゆくのがわかる。


お腹の腫瘍がわかりやすいように
少し散髪をしたけれど

最近は毛の伸びもとても遅くなった。



ベッドに飛び乗って
昼寝するのがお気に入りだけど

そのベッドに上がるのも
危なっかしくなってきた。

踏み台を探してあげないとね。



私が
何気なく置いていた箱を
気に入って入り込むから

苺模様のフリースを敷いてあげたら

おりこうに入って寝てる。



お願い。

がんばれ。


私の家族。












2013年から

月下陽香が

ステージの上で必ず口にして真ん中に掲げてきた

「摂食障害」

「リストカット」

「自 傷」。

私にとって「摂食障害」と「自傷」は
人生のほとんどを埋め尽くすものである。


これらと共に生きた20年間と
向き合って生きる事を始めたこの10年間を経て。

摂食障害や自傷の始まりであった
小学生の頃から現在の私に至る足跡を


2013年7月7日以来
記事として書き続けて居る。

綴ってきた記事は
「かてごり。」に時代別に分けてあります。


【「1・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(小学生の私)
   ※4つの記事があります。

【「2・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(中学生の私)】
   ※7つの記事があります。

【「3・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(高校生の私)】
   ※12の記事があります。

【「4・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(大学生の私)】
   ※17の記事があります。

【「5・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代前半の私)】
   ※61の記事があります。

【「6・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代後半の私)】
   ※現在執筆中。




5月発売のCDの経過報告や
想いと共に
過程を綴る記事は
20代後半頃の私を記している途中。

【「治らない病と生きる人たち。 」 (2014.4.20)】






彼が言った。


「彼女の病気は可哀想だけれど治らないよ。」



飲まれて変貌する人を
家族に持つ人の声だった。


私の父も酒癖はとても悪い。

私は
その父の言動に疲れ果てた経験が在る。


でも彼の父とはタイプが違う。

そして何よりも
彼の父の面倒を見ているのは
彼ではなく
彼の姉で

彼は
すべてを押し付けてしまっている姉を見て

そう言う訳 だ。


だから。

リアルな痛みこそ
直接自分に降りかかりはしなかったけれど

その分も
とても冷静に
感じ言えた言葉だったように思う。



正直私も彼女が治るとは思えなかった。

心が連れてくる
生きる上での障害は

その日の意志や

その人の想いだけでは

どうにもならない事くらい
もう十分に分かって居る。



だって。

私が。


当時は
まだ摂食障害も自傷も止められないまま

生きて居たのだから。





月日は流れ
クリスマスが近付いていた。


私は
店の女の子たちそれぞれに
小さなプレゼントを用意し た。

店で使える服だったり
靴だったり化粧品だったり。

クリスマスに使えるように
少し早くプレゼントした。



クリスマスイブの前夜
出勤した彼女は私にプレゼントをくれた。

美しいブルーのボールペンと
お揃いのストラップだった。



「ママはいつも
 100均で5,6本入ってるようなペンで伝票書いてるから。」

そう笑って言われた。


お揃いのストラップには
小さなちりめんの熊の人形がぶら下がってて

「ママは本当は可愛い物が好きやろ?」って

「私、ママとお揃いが欲しかってん。」と笑った。




お揃い。



私ね。


大好きな人とかにね。

よくお揃いの物をプレゼントしてしまう。


自分が使って良いなって思うから
差し上げたいと思う物も在る。

でもね。
そうじゃない物も在る。


迷惑でなければ
そばに置いてて欲しいなって
そう思って贈る物も在る。


お揃いの物が
あの人の近くに在ると思える事で

それが自分のお守りみたいに

ただ気に入ってただけの物が
特別な物になって
励ましてくれるものになるから


大好きな人に
お揃いを押し付けてしまう事が在る。


色違いのピアスとか 同じ本とかね。



今そうしてる私で
当時の彼女を見てあげれたら

もう少し
彼女の心の奥を
ちゃんと掴んであげられたのかも

知れない。


今になって思う。


続きはまたね。











ギタリストさんが
苺を届けてくれた。

陽の大好きな彼の絵と一緒に。



「苺」

私には特別なフルーツ。



私ね。

子供の頃

小さな頃

苺が大好きだったの。



幼稚園のスモッグにはね

みんな
お母さんが
刺繍やアップリケを付けるんだけど

私は苺の刺繍をして貰った。


母方のばあちゃん達がね
手提げや上履き入れなんかを
デニム生地で作って

それに
フェルト生地で苺のアップリケをしてくれた。


私は初孫やったから
きっと随分手を掛けて貰ってたんやろね。


幼稚園で
お母さんのお迎えはいつも遅くてね。

職員室で待ってるの。

担任の湯川先生が苺出してくれて。
待ってるの。





日々
いろんなシーンで親子を見掛ける。

家の両隣は
小さなお子さんが居るご夫婦でね

母親と子供の会話もよく聞こえてくる。


それを聞きながらいつも思う。


お母さんってこんなに優しいの?って。


子供と一緒に笑ってたりね

なんかね すごいんだ。

泣き止まない子供に
ブチ切れてる時もあるけどね。



この前は
金魚鉢の水を変えながら
子供と一緒に金魚と話したりしてるのね。



私にもね。

きっとそんな時間が在ったはずなのに。


ひとつも思い出せないの。



母親の顔色伺って

怯えて

我慢して

閉じ込めて振る舞って

そんな幼少期しか思い出せない。



母の笑顔が思い出せない。



いつも思い出すのは


怖い顔。


いつ何をされるか
恐怖に怯えた感情と


その時の母の顔。





それはとても悲しいんだけどね



だからかな


苺を頂くと
愛されてるような安心感を共に頂くんだ。


大事に食べよう。







例えば。

幼い頃に得られなかったものはね

取り戻せないんだよね。


どんなに足掻いても

それは無理なんだ。


自分には無いものだと諦めるしかない。



でも。

穴の空いた心は

ずっとそのまんま
不足したまんま

悲しみを連れてくる。



どうする?

それがあなただったなら。
あなたはそうする?


私は数えきれなく自分に問うてきた。




やっぱりね。

どうしても手に入れられない。

だから。


自分で埋める生き方を探して

今日もこうして記事を書くんだ。


★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*


このぶろぐ。

『 癒え待ちよすが -イエマチヨスガ- 』は

「日本ブログ村」の
  ランキングに
     参加しています。

下のバナーをクリック頂けると
カウントされます。


どうか
ぽちっと

応援をお願い致します。

♪(。・ω・)人(。・ω・。)人(・ω・。)♪



にほんブログ村

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*



関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ムーさん。

ぽんちゃんは
今日も
とってもひとりになりたがりました。

あんまり寂しくて
時々は
隠れたがるのを抱き上げて撫でました。

撫でられるのはうれしいみたいで
しばらく膝でぐるぐる言います。

ぐるぐる言う声(喉を鳴らす音?)も
急に変わりました。

少しでも長く
しあわせに長く
陽と一緒に生きて暮らして欲しいです。

踏み台探してます。
ダンボールで作ろうかな。。
早急に何とかします。

ありがとう。

おはよう

ポンちゃんに、踏み台用意してあげてね


一回、お客さんの靴がいっぱいになってるのを
気がつかずに
チビちゃんがこけた事がありました。

一足下ろしていたら
踏み台あったのに
どうして気がつかずにいたのかと

今も思います…


ポンちゃんにやさしい時間が
すこしでもたくさんありますように(*^^*)
自己紹介。

月下陽香

Author:月下陽香
オリジナル楽曲を発信しながら
創作陶芸作家としても活動しております。

2018年2月4日より
月下陽香としてのライブ活動は休止致しますが

このブログを継続しながら

ステージ活動は
また違う形でお届けする未来に向かいます。


このブログには
私がかつて
「摂食障害」・「自傷癖」と
共存して居た頃の出来事を綴った記事も
多く置いて居ます。


私にご興味を感じて頂ける
御訪問者さまや

初めてお立ち寄り下さった方は

まずこちらをご覧頂けると
このブログが見やすくなるかと
思って居ります。

【このブログ「癒え待ちよすが」について。】 ←クリック


リンクから
月下陽香のYouTubeなども
ご覧頂けます。


よろしくお願い致します。

カテゴリ。
Twitter。
最新記事。
カレンダー。
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
QRこーど。
QRコード
リンク。
きんぎょ。
にほんブログ村参加中。
「このブログに投票」ボタンから
ぽちっといただけるとうれしぃです♡
カウンター。
月別アーカイブ。
お便りはこちらから❤

名前:
メール:
件名:
本文:

ランキング参加中。
検索。