❝ 月下陽香からのおしらせ ❞

  ♪:*:.:*:♪ ・らいぶ情報・ ♪:*:.:*:♪

     ❤ 2018年2月3日(土)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 「 音(オン) 」
※詳細決まり次第ご報告致します。
★月下陽香&井上タイキ 大阪でのラストイベント

     ❤ 2017年2月11日(土・祝)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 
「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-(選べる1ドリンク&1フード付き)
18:00 オープン  19:00 スタート
★月下陽香&井上タイキ・HAT TREAT ツーマンライブ!!



  ♪:*:.:*:♪ ・CD情報・ ♪:*:.:*:♪

  ◆ ファーストシングル ・ 花いばら ◆
            2曲入り ¥500-
            2014.5.24 発売
花いばら

  ◆ セカンドアルバム ・ 生きてるからね。 ◆
            6曲+1曲入り ¥1000-
            2011.8.21 発売

いきてるからね。

※ こちらからもお買い求め頂けます。
  「お便りはこちら❤」から お名前とご連絡先をお知らせ下さい。

孤独の闇に信じて手探る扉。(卒業後後半・32)





生きてるって。

なぁに?



呼吸をして居れば
心臓が動いて居れば

生きてる。

確かにそう。


きっとそう。


でも。

肉体的に命が続いてれば

それが生きてる事だとは

私は
私自身に置いては感じられない。


自分を表現して在れてこそ
私は生きている。

そう考えて居る。

私が
私に対して
自分が生きていると思えるのには

条件として
それが必要だ。



歌。
うつわ。

私にとっては恐らくはそれらをさす。


それらが出来て
私は生きて在ると感じる。

自分が生きて在る事に
納得が出来る。


じっと固まって
静かに息をしてるだけなら

私は生きて居ない。












2013年から

月下陽香が

ステージの上で必ず口にして真ん中に掲げてきた

「摂食障害」

「リストカット」

「自傷」。

私にとって「摂食障害」と「自傷」は
人生のほ とんどを埋め尽くすものである。


これらと共に生きた20年間と
向き合って生きる事を始めたこの10年間を経て。

摂食障害や自傷の始まりであった
小学生の頃か 現在の私に至る足跡を

2013年7 月7日以来
記事として書き続けて居る。


綴ってきた記事は
「かてごり。」に時代別に分けてあります。


【「1・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(小学生の私)】
   ※4つの記事があります。

【「2・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(中学生の私)】
   ※7つの記事があります。

【「3・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(高校生の私)】
   ※12の記事があります。

【「4・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(大学生の私)】
   ※17の記事があります。

【「5・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代前半の私)】
   ※61の記事があります。

【「6・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代後半の私)】
   ※現在執筆中。




5月発売のCDの経過報告と共に

過程を綴る記事は
20代後半頃の私を記している途中。

【「力のかぎり。」 (2014.4.16)】



今日も少し続きを書くね。



ずっと。

きっとずっと。

孤独の中で息をして居たんだろう彼女。



彼女の気持ちは
自分に置き換えると
とてもわかるように思えて

大事にしてあげたいと思った。


開店以来
片腕となり務めていてくれる女の子も

他のホステスも
もちろんとても大切。


だから特別扱いではないけれど

彼女は
何かの弾みで壊れてしまう気がして

その言動には目を配るようにしてた。


私に好かれたい気持ちと
行き場のない痛みからの衝動も加わり

彼女の飲み方は日々激しくなっていった。


振り返れば
私も
売り上げが欲しくて
めちゃくちゃな量のアルコールを
日々のみ続けた時代もある。

その辛さはわかるから

無理矢理飲ませる事は
させないようにして居た。


飲んでくれるのは有難いけれど

美味しく飲める範囲で

きちんと
自力で
冷静に
帰宅出来る範囲で構わない。


無理して1杯飲む飲むのなら
その代わりに
目の前の客の話を
もうひとつ聞いてあげてくれたら良い。



店を守るのは私の仕事だけど

そこで働く従業員を守るのも
私の仕事だから。




でも彼女は無理をしてしまう。


次第に
営業中に酔い潰れる事が増えていった。


酔い始めは機嫌が良い。

面白おかしく
良く話して
客を楽しませる事も出来る。


ただ
それを過ぎ
越えてしまうと

もう誰にも彼女を止められない。


彼女が飲み過ぎる度に冷や冷やした。


どうか営業時間内は笑って居てくれと
気持ちを擦り減らし気を配った。



だが。

ある夜。

ついに彼女が壊れた。


幸い
良く知る人がひとりではあったが

まだ客が居る店内
彼女が切れた。



誰も私の事をわかってないと

大声で叫び暴れ

止めても聞かず


こういうのを酒乱って言うんだなって
感じかな・・。


どうにもならなかった。


客にひたすら謝り
店を閉め


ご主人が迎えに来るまで

怒鳴り散らしたり

かと思えば
泣いて謝ったり

そうかと思えば
またど怒鳴り始めたり


分刻みで入れ代わる彼女には

言葉が伝わらない。

会話が全く成り立たない。



迎えに来たご主人は
とても苦しい表情で
私に謝り言った。


「すみません。辞めさせて下さい。」




彼女はまともではない。

良い子だけれど
酒に飲まれたら
もう手がつけられない。



それでも

彼女には
離れずに共に居る家族が居 て。

それは
一見
とてもしあわせで恵まれて在る事だが


彼女は満ちる事がなく
いつも大きな孤独の中に居る。





翌日
彼女が泣きながら電話をしてきた。


自分がこんな状態だから
どの店もクビになってきたんだと話し出した。

他に行く所がないと。

もう一度だけチャンスを下さいと。



彼女の心は病んでいる。

簡単に変われる訳が無い。

きっとまた繰り返す。



だけど私は

彼女に
もう一度チャンスを与えた。

私と関わる上での

最後のチャンスを与えた。



続きはまた。












動かなくなったろくろは

今のところ頑張って動いてくれている。


今週は
まともに動けた時間が余りにも少ない。


どんなに
頑張っても
頑張っても

体にはいろんな苦痛が在り過ぎて

全てがとにかく少しづつ。



作陶も少しづつ。

器の削り作業をしてた。



陶芸を習い始めた時

まず謎だったのが器の底だった。

「高台(こうだい)」って言うんだけどね。

ろくろで形を作る時に
高台までどう作るの?っ て思ってた。


最初の授業で成形した器は

裾上げしてないパンツを履いてるみたいな形で


これが一体
どう器になるのか謎だらけだった。



次の授業で

ろくろの上に
1回目の授業で成形した器を
ひっくり返して置いて

回しながら中心を取り

底を削る事を学んだ。



そうか。。
底は別の工程なんだと知った。



この工程で余分な肉を削いでゆくのね。




この作業。

初心者には勇気が要る。


勢いのある初心者さんは

まだ大丈夫だと削り込んで
穴を空けてしまい

植木鉢を作ってしまう。


気の弱い初心者さんは

慎重になり過ぎて
削り足りなくて

ずっしり重たい器ばかり作ってしまう。



習い始めた頃の私は後者の方だった。



今はさすがに底に穴を空ける事も
削り作業足りない事もない。





作業部屋の窓際。

外を眺めながら作業をしつつ

季節の流れを感じる。



もう少し動けるようになりたい。

もう少し
今日より動けるようになりたい。





5月24日に発売する
CDタイトルを決めた。


【花いばら】



「キズグチイバラ」と

「癒え待ち野バラ」を

収録した物になる。



現在ジャケットデザインと格闘中。



これも
毎日頑張ってるのになかなか進まない の。


めちゃくちゃ踏ん張ってるんだけど
まだ入稿どころじゃない。



どうか。

どうか。

明日は
今日よりも動けますように。


未来は
今よりも

歌えて在りますように。


★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*


このぶろぐ。

『 癒え待ちよすが -イエマチヨスガ- 』は

「日本ブログ村」の
  ランキングに
     参加しています。

下のバナーをクリック頂けると
カウントされます。


どうか
ぽちっと

応援をお願い致します。

♪(。・ω・)人(。・ω・。)人(・ω・。)♪



にほんブログ村

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*


関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

DORAさん。

お返事お待たせしました。
ごめんなさい。
ありがとうございます。

生きてる・・。

生きてるのかなぁ・・

すごい不安や恐怖の中で
何とかそう在りたいと
とても足掻いてあるなぁと
日々思います。

いくら足掻いても
同じ所で足踏みしてるだけみたいで。

もう少し苦痛なく動けるようになりたいなって
とっても願っています。

生きてるね

生きてあれば

いつか

きっとと


生きてあればこそ



そう


そんな風に


聞こえるよ


うん


それが

とても…


良いなぁ

好きだなぁ

自己紹介。

月下陽香

Author:月下陽香
「月下陽香(げっかようこう)」の
ステージネームで
オリジナル楽曲を発信しながら

創作陶芸作家としても活動中。


このブログには
私がかつて
「摂食障害」・「自傷癖」と
共存して居た頃の出来事を綴った記事も
多く置いて居ます。


私にご興味を感じて頂ける
御訪問者さまや

初めてお立ち寄り下さった方は

まずこちらをご覧頂けると
このブログが見やすくなるかと
思って居ります。

【このブログ「癒え待ちよすが」について。】 ←クリック


リンクから
月下陽香のYouTubeなども
ご覧頂けます。


よろしくお願い致します。

カテゴリ。
Twitter。
最新記事。
カレンダー。
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
きんぎょ。
QRこーど。
QRコード
月別アーカイブ。
検索。
リンク。
カウンター。
お便りはこちらから❤

名前:
メール:
件名:
本文:

ランキング参加中。
にほんブログ村参加中。
「このブログに投票」ボタンから
ぽちっといただけるとうれしぃです♡