❝ 月下陽香からのおしらせ ❞

  ♪:*:.:*:♪ ・らいぶ情報・ ♪:*:.:*:♪

     ❤ 2017年2月11日(土・祝)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-(選べる1ドリンク&1フード付き)
18:00 オープン  19:00 スタート
★月下陽香&井上タイキ・HAT TREAT ツーマンライブ!!

     ❤ 2016年11月6日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1500-+1ドリンク別途要

     ❤ 2016年5月22日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1000-+1ドリンク別途要

     ❤ 2015年12月25日(金)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 
「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-



  ♪:*:.:*:♪ ・CD情報・ ♪:*:.:*:♪

  ◆ ファーストシングル ・ 花いばら ◆
            2曲入り ¥500-
            2014.5.24 発売
花いばら

  ◆ セカンドアルバム ・ 生きてるからね。 ◆
            6曲+1曲入り ¥1000-
            2011.8.21 発売

いきてるからね。

※ こちらからもお買い求め頂けます。
  「お便りはこちら❤」から お名前とご連絡先をお知らせ下さい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

揺れて乱れて。(卒業後後半・30)





CD発売に向けて
たくさんの事に追われて居る。


デザインも
そろそろきちんと決めてゆかなきゃ。


ここではお馴染みのまささんに
写して頂いたラ イブ写真を
CDにも使わせて頂けたらとお願いしたら

快く受け入れて下さった。


あとひとつ
使わせて頂きたい写真があって。
それは今問い合わせ中。



通院。
仕事。
CD制作。
もうひとつのレコー ディングの段取り。
ライブ準備。家事。


頑張っても頑張っても
体は少しづつしかこなせないから

少し前の私よりも
全てに時間が掛かり

費やす時間を
どれだけ絞り出して増やしても

いつもいつも追われてる。



必死でケアしてる。
出来る限りの事をしてみてる。

毎日毎日。



それでも
苦痛は増え続ける事に心が萎える。



少し前。

ほんの数か月前よりも
どうしようもならない悲しみは

心を占領してしまう。



乗り越えた者だけが
知れる喜びが在る事は知っている。


向かい乗り越えた者にだけ
与えられる進化の喜びが
在る事を私は知っている。


だからもがいてる。
だから足掻いてる。

痛みを晒し
嘆きを晒し

揺れて乱れてる。











2013年から

月下陽香が

ステージの上で必ず口にして真ん中に掲げてきた

「摂食障害」

「リストカット」

「自傷」。


私にとって「摂食障害」と「自傷」は
人生のほとんどを埋め尽くすものである。

これらと共に生きた20年間と
向き合って生きる事を始めたこの10年間を経て。


摂食障害や自傷の始まりであった
小学生の頃から現在の私に至る足跡を

2013年7 月7日以来
記事として書き続けて居る。


綴ってきた記事は
「かてごり。」に時代別に分けてあります。


【「1・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(小学生の私)】
   ※4つの記事があります。

【「2・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(中学生の私)】
   ※7つの記事があります。

【「3・ 自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」 (高校生の私)】
   ※12の記事があります。

【「4・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(大学生の私)】
   ※17の記事があります。

【「5・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代前半の私)】
   ※ 61の記事があります。

【「6・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代後半の私)】
   ※ 現在執筆中。




前回は

月下陽香の
レコーディングの経過報告を書いた。

【「朽ちゆくまでに。」(2014.4.11)】




過程を綴る記事は
20代後半頃の私を記している途中。

【「虚しさを食べながら。」 (2014.4.9)】


今日はこの続きを少し書こう。






新しい生活が始まった。


彼が暮らす1DKのマンションに
猫3匹を連れて引っ越した。


店が終わり
帰宅する頃は
当たり前に彼は夢の中。


私が眠り
少し過ぎた頃に

彼は起床し出勤する。


夕方には私は店に向かう。

私が働いている頃
帰宅する彼は
私が作っておいた夕食を温めて
ひとりで食べる。



生活は全く違う。

同じ部屋に暮らして
そこに共存する時間はほとんどない。


長い間独り暮らしをしてた私には
突然
常に人と居なければいけない生活ではない事は
気楽でもあり

家賃も光熱費も支払う事がなくなった分
洗濯をしたり食事を作ったり

出来る事はするようにしたが


父の為に家事をしていた頃のような苦痛は無く

少し楽しい事でもあり


自分のペースで暮らして居ても

帰れば彼が居て
ひとりではない事は
大きな安心でもあった。



ワンルームマンションで暮らして居た頃

私が不在の時間は
猫たちは首輪を鎖に繋がれて居た。

可哀想だけれど

ペット禁止の狭いマンションで

目の届かない時間
3匹を放してはあげられなかった。


彼のマンションもペットは禁止だったが

部屋も広くて

部屋とキッチンと玄関は
それぞれ扉で仕切られていたから
放してあげる事が出来た。



猫たちの嬉しそうだった事。

走り回ったり
出窓に飛び乗ったり

テレビの上を取り合って
重なって座り込んでたり。


こたつからは出てこなかった。

猫たちには初めてのこたつ。

小さなこたつに3匹が入れば
人が足を入れる隙間がほとんど無かった。



毎日に酷く疲れて居た私に

この生活環境の変化は大きな救いだった。


結婚を考えて
同棲を始めた訳ではなかった。

相変わらず
私は
結婚に対して
良いイメージを全く持っては居なかった。


でも
もう
ひとりで頑張る事に
疲れてしまっていたように思う。

ひとりではない。
とても大きな事だった。




もう辞めたい。

そう思い始めていた店に
日々向かう気持ちも少し楽になった。



もう何年前になるだろうか。

同じ店で働いていた事のある女の子から
久しぶ りに連絡があった。


彼女は私の妹と同じ名前。
歳は私よりもすっと若いが一児の母。

明るくて人懐っこい子で

同じ店で働いていた頃は
とても仲良くしていた。

その彼女が
私の店で働きたいと言ってきた。

私は迷う事無く受け入れた。



彼女が抱える痛みを

この頃は
まだ全く理解出来ていなかった。


続きはまたね。











昨夜
新しいパソコンになって
初めてフライヤーを作ってみた。

CD発売用のね。

近い内に紹介するね。




作陶作業は今
小さな器を成形中。

今日ふたつ目の写真は
少し前に友人がお見舞いに来てくれた時に
ご馳走した食事なんだけど

この大皿の上に乗ってる小さな器。

こんな感じのをたくさん成形してる。


この成形が終わったら
ここしばらく作ってきた物を一斉に素焼きする。



この春は
マグカップのご注文をたくさん頂いて

それも制作中なんだけど

その中のひとつは
お孫さんが
おばあちゃまに贈りたいとご依頼頂いた物。

リウマチで
指が変形してしまっているおばあ ちゃまが
持ちやすい形の
軽くて丈夫な物をとご相談頂いて

いろいろと考え中。






飲食出来る事。

それは当たり前ではないと思ってる。

精神的にも

肉体的にも

経済的にも

誰もに当たり前に
楽しく
嬉しく
もたらされる行為では

決してない。

そう思ってる。



だから大切。

体が生きてゆく為に
心も生きてゆく為に

命を頂き
繋ぐ行為は

必要であるからこそ

日々
それを

しあわせに感じられたならと

いつも考える。




長い年月を
摂食障害と自傷と共に
生きてきた私には

飲食という行為の

苦しさや
醜さを
知るからこそ

何とかして
伝えたい喜びが在って

土に触れる。







1年を迎えようとしてる。

彼女が召された日から。

1年を迎えようとしてる。



「あなたは奏で者なのよ」



最後に会った日に
彼女は私に言った。


彼女の使う
赤い花が描かれた
大きめのマグカッ プを思い出す。


★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*


このぶろぐ。

『 癒え待ちよすが -イエマチヨスガ- 』は

「日本ブログ村」の
  ランキングに
     参加しています。

下のバナーをクリック頂けると
カウントされます。


どうか
ぽちっと

応援をお願い致します。

♪(。・ω・)人(。・ω・。)人(・ω・。)♪



にほんブログ村

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*



関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

真美さん。

こちらこそ
いつもありがとう。

1年だね。
今日からまた
新しい1年だね。

去年の今頃は・・って思い出す景色から
彼女がいなくなる
新しい1年は
この1年よりも
真美ちゃんにやさしくあたたかく在るよう
心から祈ります。

思い出す景色から彼女がいなくなっても
ずっと一緒だしね。
ずっとずっと
真美ちゃんのそばに彼女は居るし
いつもうたの国に居るしね。

初めて真美ちゃんを紹介してもらった日の出来事は
いつでもくっきり私の中で再生されるから

彼女の分もたくさん笑って
たくさん泣いて
生きてゆこうね。

ありがとう・・・

陽姉。

ほんとうに
ほんとうに
お疲れさまです。

飽くなき挑戦。
応援しています。


大切なこの場所で、
大好きな彼女のことを
書いてくださってありがとう。。

明日は法要です。
大事な一日にしたいと思います。
自己紹介。

月下陽香

Author:月下陽香
「月下陽香(げっかようこう)」の
ステージネームで
オリジナル楽曲を発信しながら

創作陶芸作家としても活動中。


このブログには
私がかつて
「摂食障害」・「自傷癖」と
共存して居た頃の出来事を綴った記事も
多く置いて居ます。


私にご興味を感じて頂ける
御訪問者さまや

初めてお立ち寄り下さった方は

まずこちらをご覧頂けると
このブログが見やすくなるかと
思って居ります。

【このブログ「癒え待ちよすが」について。】 ←クリック


リンクから
月下陽香のYouTubeなども
ご覧頂けます。


よろしくお願い致します。

カテゴリ。
Twitter。
最新記事。
カレンダー。
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
きんぎょ。
QRこーど。
QRコード
月別アーカイブ。
検索。
リンク。
カウンター。
ランキング参加中。
にほんブログ村参加中。
「このブログに投票」ボタンから
ぽちっといただけるとうれしぃです♡
お便りはこちらから❤

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。