❝ 月下陽香からのおしらせ ❞

  ♪:*:.:*:♪ ・らいぶ情報・ ♪:*:.:*:♪

     ❤ 2017年2月11日(土・祝)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-(選べる1ドリンク&1フード付き)
18:00 オープン  19:00 スタート
★月下陽香&井上タイキ・HAT TREAT ツーマンライブ!!

     ❤ 2016年11月6日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1500-+1ドリンク別途要

     ❤ 2016年5月22日(日)
大阪市北区・東梅田駅~5分  Live Bar 
「 B-flat 」
※ 料金¥1000-+1ドリンク別途要

     ❤ 2015年12月25日(金)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 
「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-



  ♪:*:.:*:♪ ・CD情報・ ♪:*:.:*:♪

  ◆ ファーストシングル ・ 花いばら ◆
            2曲入り ¥500-
            2014.5.24 発売
花いばら

  ◆ セカンドアルバム ・ 生きてるからね。 ◆
            6曲+1曲入り ¥1000-
            2011.8.21 発売

いきてるからね。

※ こちらからもお買い求め頂けます。
  「お便りはこちら❤」から お名前とご連絡先をお知らせ下さい。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

殺めた季節に産み出せるもの。(卒業後後半・25)




2014年の4月が始まった。


4月。

いろいろな人を思い出す春。

殺めた人に懺悔する春。



あちこちで桜が咲き誇り
美しさに足を止めてしまう。


私のこの2~3週間は

やる事が多過ぎて
時間の余裕は全く無く

1日はあっという間過ぎて

予定に追われて居るのに。


少しでも足を止めたくなる。



今日も朝から追われて在る。


夜眠る前に
翌日しなければならない事と
出来ればやりたい事を
紙に書き出す。


たくさん在り過ぎて
わからなくなるから
全部書き出して

朝の通院後
どれから始めればロスが少ないか

優先順位と段取りを整理する。


目が覚めて
ひとつづつ向かうけれど

どれもが
目指す形への
途中段階にあるから

ひとつも
終わる事はなく

明日に続く。



持病が良くなっている訳ではない。
体調が回復してきた訳でもない。

一生懸命ケアしながら

絶対に倒れられないと言い聞かせ
向かうだけ。













2013年から

月下陽香が

ステージの上で必ず口にして真ん中に掲げてきた

「摂食障害」

「リストカット」

「自傷」。


私にとって「摂食障害」と「自傷」は
人生のほとんどを埋め尽くすものである。

これらと共に生きた20年間と
向き合って生きる事を始めたこの10年間を経て。


摂食障害や自傷の始まりであった
小学生の頃から現在の私に至る足跡を

2013年7月7日以来
記事として書き続けて居る。

綴ってきた記事は
「かてごり。」に時代別に分けてあります。


【「1・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(小学生の私)】
   ※4つの記事があります。

【「2・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(中学生の私)】
   ※7つの記事があります。

【「3・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(高校生の私)】
   ※12の記事があります。

【「4・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(大学生の私)】
   ※17の記事があります。

【「5・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代前半の私)】
   ※61の記事があります。

【「6・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代後半の私)】
   ※現在執筆中。





過程を綴る記事は
20代後半頃の私を記している途中。

【「感情を 殺しても自分は殺せない。」(2014.3. 30)】





久し振りに来店した客は
後輩を連れて来た。

感じの良い男性。
歳は私より3つ程下だった。


良い笑顔をする。

見て居ると
自分が恥ずかしくなるくらい

素晴らしい笑顔をする。


屈託の無い
憎めない
陰りの無い
裏の無い
萎縮も畏縮もしてない

素晴らしい笑顔。


私には無いもの。


笑顔を誉められた事なんて
一度もなかったし

幼い頃にはよく
うれしそうに笑えない事を
母に指摘されたりしてた。


笑って居ても
それは客との会話の中での
作り笑 いでしかないし

腹の底から笑ったなんて
いつだったか思い出せない。


毎夜必死で笑顔を作り続けてると
時々顔が痙攣を起こす。


私には出来ない笑顔はとても印象的で

そんな笑顔が出来る彼は
心のとても美しい人間に思えた。



連絡先を教え合った。

基本的に
出来る限り客の連絡先は教えて貰う。

自分は名刺を渡すしね。
相手からは
会話の中で出来る限り聞き出す。

客として捕まえる為に連絡先は必須。

だからもちろん
携帯番号とアドレスを聞いたけれど

私は彼には営業を掛けなかった。


お礼の連絡や
何気ないやり取りはしたけれど
営業を掛けようとは思えなかった。



元々の客である
久し振りに訪れた人や
会社の人達と
時々来てもくれたけど

あえてこちらから誘う事はしなかった。



ホステスと客と言うよりも
友達のようになって居た。


兵庫県出身で
仕事の移動でこの土地に来ていた彼は

狭い田舎での

私の消せない過去も
私に立てられる噂も

何も知らなかったから
安心出来た。


やりとりが増える中で
その笑顔以外にも感じる事がたくさんあった。

彼は何かを食べる時に
必ず「いただきます」と 言う。

食べた後には「ごちそうさま」と言う。


当たり前だけれど
必ずそう言える人は
私の周りには少なかった。

まず父がそれを言えない人だった。



彼は
どんなちいさな事にも
必ず「ありがとう」 と言う。

お礼を言うような事じゃないと
私が思っている事も

彼はきちんと「ありがとう」と言 う。


とても感動をした。



この人は
一体どんな環境で育ってきたんだろうかと思った。

私の心の中にいつも在る

恨みや妬み

罪悪感や卑下する気持ち

そんなものを
ひとつも持って居ないように思え た。


羨ましく思うけれど

私の中で彼をそう思う感情は
妬みと結び付くものではなく

尊敬や学びへと変わって行った。




続きはまたね。











昨日から
新しい土での作業を始めてみた。

ろくろは何とか動いてくれている。

部品が届いたから動かなくなったら解体しよう。


新しい土は極め細やかで少し扱いにくい。

右足でろくろのペダルを踏みながら

踏み込みで回転の調整をしながら

両手で土を引き上げてゆく。



ろくろを習い始めたばかりの頃
いつも先生に言 われた。

「最後まで手を離さない。
 最後まであきらめな い。
 手放さない。」


土を引きあげながら

初心者の私は
少しの歪みを感じる度に

失敗したと思い
焦り
土から手を離した。


歪みを修正してゆく
技術も
発想も
まだ私には根付いておらず

手を放し

だから

土はぐしゃっと潰れて
成形は失敗に終わる。



陶芸を仕事とするようになった今も

楽に成形し てる訳ではない。

気温や湿度

土の質や
土が含む水分量によって
感覚は日々変わる。

迷う事も在る。



だけど。
そんな時いつも思う。

「最後までこの指で引き上げるんだ」と。

「途中であきらめない」






一昨年までは
夏には器展を開催したりしていたから

ここにも
器について触れた記事を残して居た。

昨年からは
器展の開催を休止する事を決めたし

とても辛い事があり
大きな取引先を失い
生計を立ててゆく事が困難になり

陶芸は
創作をメインに切り替え
他の仕事もしながらの生活に変わる事を決め


摂食障害と自傷と
共に生きた過去を
記事として綴る事も始めて


あまり
陶芸に着いて書かなくなって居た。




2月に仕事をひとつ退職し

通院治療しながら
また陶芸で生きてゆくしかない環境に至った時。


とても不安だった。

半年以上
他の仕事と掛け持ちでの作陶だったから

最低限の依頼しか受けても居ない。

器は注文を頂いてから仕上がりまで2ヶ月は掛かる。
今日頂いたご依頼にお金を頂くのは2ヶ月後になる。


どうしてゆく事が
今の私に与えられた試練なのかと
頭抱えたりもしてた。




でも。

何も言っていなかったのに

古くからのお客さまから
依頼が飛び込んで来たり

お客さまが
お知り合いをご紹介下さったり

いくつかのご依頼が
続けて入ってきて

創ろうって

創りたいって

心に強く感じて。


そうしたら
大好きな女性がご依頼を下さったり

気に掛けて下さる方が
お店に出向いて下さって居たり

お仲間さんが
在庫商品をお買い求め下さったり

以前
器展で知り合った方々からのご依頼を与えて頂けて。



仕事に出て居た頃には不可能だった

長い時間を
作業部屋で過ごす生活に戻り。



そしたら
ろくろが故障して。


再びろくろが動きだして
土を乗せ回しながら改めて思った。


心底想った。

私。

陶芸。

好きだ。



この2年程はね

器作りが
苦しかったのね。

とても大変でしんどかった。

もう辞めようかって考えもした。


苦しかったけど

その時間が在ったから

今日
土に触れて創作出来る事は

こんなにもうれしくて

私に
器を創らせて下さる方々に

心から感謝をして在れる。




少し前にメールを頂いた。

「陶芸の事も書いて欲しい」と書かれて在った。

そうだなって思った。

摂食障害者であった私は

食の器を創って在る事も

もっとここに書いてゆこうと思った。




今日も夜まで。

詰め込みのスケジュールに
ひとつづつ向かう。


★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*


このぶろぐ。

『 癒え待ちよすが -イエマチヨスガ- 』は

「日本ブログ村」の
  ランキングに
     参加しています。

下のバナーをクリック頂けると
カウントされます。


どうか
ぽちっと

応援をお願い致します。

♪(。・ω・)人(。・ω・。)人(・ω・。)♪



にほんブログ村

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*



関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

和さん。

お返事遅くてごめんなさい。

ありがとうございます。

月下陽香の事も
器の事も
書いてゆきますね。

残念ながら昨日1日でダウンしてますが
越えられるよに踏ん張ってまいります。

素晴らしいですね

オリジナルソングや陶器を生み出せる才能、素晴らしいと思います。誰にでも出来る事ではありませんから、陶芸の事も、月下陽香の活動と一緒に紹介して欲しいと、僕も思います。
体調を悪化させないように気をつけて、忙しい日々を陽ちゃんらしく越えて下さい。
自己紹介。

月下陽香

Author:月下陽香
「月下陽香(げっかようこう)」の
ステージネームで
オリジナル楽曲を発信しながら

創作陶芸作家としても活動中。


このブログには
私がかつて
「摂食障害」・「自傷癖」と
共存して居た頃の出来事を綴った記事も
多く置いて居ます。


私にご興味を感じて頂ける
御訪問者さまや

初めてお立ち寄り下さった方は

まずこちらをご覧頂けると
このブログが見やすくなるかと
思って居ります。

【このブログ「癒え待ちよすが」について。】 ←クリック


リンクから
月下陽香のYouTubeなども
ご覧頂けます。


よろしくお願い致します。

カテゴリ。
Twitter。
最新記事。
カレンダー。
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
きんぎょ。
QRこーど。
QRコード
月別アーカイブ。
検索。
リンク。
カウンター。
ランキング参加中。
にほんブログ村参加中。
「このブログに投票」ボタンから
ぽちっといただけるとうれしぃです♡
お便りはこちらから❤

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。