❝ 月下陽香からのおしらせ ❞

  ♪:*:.:*:♪ ・らいぶ情報・ ♪:*:.:*:♪

     ❤ 2018年2月3日(土)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 「 音(オン) 」
※詳細決まり次第ご報告致します。
★月下陽香&井上タイキ 大阪でのラストイベント

     ❤ 2017年2月11日(土・祝)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 
「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-(選べる1ドリンク&1フード付き)
18:00 オープン  19:00 スタート
★月下陽香&井上タイキ・HAT TREAT ツーマンライブ!!



  ♪:*:.:*:♪ ・CD情報・ ♪:*:.:*:♪

  ◆ ファーストシングル ・ 花いばら ◆
            2曲入り ¥500-
            2014.5.24 発売
花いばら

  ◆ セカンドアルバム ・ 生きてるからね。 ◆
            6曲+1曲入り ¥1000-
            2011.8.21 発売

いきてるからね。

※ こちらからもお買い求め頂けます。
  「お便りはこちら❤」から お名前とご連絡先をお知らせ下さい。

傷付ける選択の手招き。(卒業後後半・23)




今日も疲れてる。

十分に自覚が在る。


ならばどうすべきか自分に問う。



明日はどうなるの?

明日は生きてるの?


どんな私で生きてしまうの?












2013年から

月下陽香が
ステージの上で必ず口にして真ん中に掲げてきた

「摂食障害」

「リストカット」

「自傷」。


私にとって「摂食障害」と「自傷」は
人生のほとんどを埋め尽くすものである。

これらと共に生きた20年間と
向き合って生きる事を始めたこの10年間を経て。


摂食障害や自傷の始まりであった
小学生の頃から現在の私に至る足跡を

2013年7月7日以来
記事として書き続けて居る。


綴ってきた記事は
「かてごり。」に時代別に分けてあります。


【「1・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(小学生の私)】
   ※4つの記事があります。

【「2・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(中学生の私)】
   ※7つの記事があります。

【「3・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(高校生の 私)】
   ※12の記事があります。

【「4・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(大学生の私)】
   ※17の記事があります。

【「5・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代前半の私)】
   ※61の記事があります。

【「6・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代後半の私)】
   ※現在執筆中。



過程を綴る記事は
20代後半頃の私を記している途中だ。


前回の記事は

【「生け贄は誰だろう。」(2014.3.21)】


この前回の記事まで

数回に分けて
私はある出来事を綴ってきた。



いつもここを読んで下さって居たり

長くここに触れて下さって居る
私の書く言葉を
良く知っておられる方々から見れば

通常の私よりもわかりにくい

伝わりにくい表現に
感じられただろうと思う。


申し訳ないが

書いておかなくてはいけないと思いながらも

私なりにかなりぼやかして
直球になる言葉を避けて綴ってある。

余りにもリアルに書いてしまっては
いけない気がしたから。







人生。



人の生きる道は実に様々だ。



子は
親を選べないと説く人も居れば

子は
まだ母の子宮に宿る前から

自分の人生に必要な課題が
そこにあると判断し

自分の意思で
そこに生まれる為に

その母を選び
寄生すると説く人も居る。



どれが真実なのかは

正直私にはわからない。


だって。

私には
母の子宮に宿る前の記憶は無いのだから。


何が本当の真実なのか

実際に見た事がない私にはわからない。



あらゆる説がある今日に

本人が

「そうだ」
「その通りだ」
「そうだったんだ」

などのように

感じられて
受け入れる事が出来て

消化し
生きてゆける説が

その人その人の
真実だと考えて居る。



私はどうだったんだろう?



まだ
確信と言える感情には
どこも至らない。


だた。

自分自身が

ふたつの命を闇に葬り

摂食障害と自傷に
長い年月を囚われ

それでも
今日生きて在る事に


私がするべき事や
しなければいけない事が

あるようには

とても感じて在る。



私にしか言えない

私だから言える

様々な人生の中の

ひとつの答えが在るとは思う。





それぞれの人生。

人は本当にそれぞれだ。


人の感情は

とても豊か過ぎて

それは余りにもそれぞれで。




その他大勢に馴染めない者は
弾かれがちで。



「10年ひと昔」
なんて言われる事があるけれ ど

ひと昔

ふた昔を思えば

またそのずっと前の時代を思えば

在り方は
恐ろしく変化をして居る。

世の中が余りにも違い過ぎる。






弾かれてしまう者たち。

そこに迷い込む者の選ぶ自傷は

ひと昔まえの自傷とは
内容が違う。




私の祖父や祖母は
戦争を知る年代だ。

今日食べて
今日生きる事に
心身共にすり減らし
繋いで居た時代に


私が背負ってきた

摂食障害も

自傷も

在り得なかっただろうと思う。



その時代に
生きた方々が
越えてきた苦労を

私は知らない。




私は
私が生まれ落ちた場所で

その時代と
環境の中に

今日までを生きて来た。



それでも
自分の周りに居た身近な人達と

同じ人生ではなかった。



人生はそれぞれだ。



そして

それぞれに

いくつもの困難が在る。

災いも在る。


傷付く事は数え切れなく在る。



思わぬ幸運が与えられる事も

容易に越えられる事も

にやけてしまうくらい
おいしい出来事だって在るだろう。




嫌でも
与えられてしまう環境も在る。


それを

「生まれる前から
 自分で選んでいたんですよ」

と言われても

重荷でしかなく感じる時も在る。





私なりに

現在に生きて

在り

思う。





人生には

呼び寄せるものと

課せられるものが在ると。


今の私はそう考える。




人生はは公平ではない。

目一杯不公平だ。

その

「不公平」

を選んだのは
自分だと言われても

そう思えたら楽かも知れないと
漠然に考えるだけ。




でも

人生で起こる様々な出来事は

幼少期では難しいが

ある程度の年齢になれば

自分で選ぶ事も
出来るようになる。




呼び寄せるんだ。

わざわざ
困難や痛みを
呼び寄せてしまう言動が在るんだ。





その根本にあるのは

「卑下」や
「羨み」や
「妬み」

「自責の念」に

在るように感じる。




おそらくは

それは
何かを失うだろう決断に迫られた時に。


それまでの人生が
与えられず
欠けて居ると自覚出来る人ほど


自分で自分を愛して

自分の感覚を

信じて欲しい。



自分を大切に
守る選択をして欲しい。




不幸を呼び寄せる自分を
振り払って欲しい。



自分を守る選択は

必ず出来るのだから

そこへ意識を向けて欲しい。










私の生きてきた過程を

私はまだ書いてゆく。


まずは
現在の私に至るまで
書き続けてゆく。

それから先の事は
まだ何も考えて居ない。






今日いちばん言いたい事は

あなたは

必ず
愛されると言う事。



きっとそれなんだと思う。



だから私は
新しい歌を書いたように思う。








先日。

夜中に
余りにも辛くて外に出た。

玄関の外に座り込み
しばらく月を眺めてた。



「ここからどこまでゆけるだろう」
 



5月には
やっと
今年初めてのステージに立つ。

そこまで必ず生きてゆく。




あとはそれから考えようか・・。


★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*


このぶろぐ。

『 癒え待ちよすが -イエマチヨスガ- 』は

「日本ブログ村」の
  ランキングに
     参加しています。

下のバナーをクリック頂けると
カウントされます。


どうか
ぽちっと

応援をお願い致します。

♪(。・ω・)人(。・ω・。)人(・ω・。)♪



にほんブログ村

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*



関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

和さん。

ありがtろうございます。

わかったように
感じて頂けて
うれしいです。

この数回の記事の中で
私なりに
直球で言葉を選べたならどんなに楽だろうと
そう思う事は
たくさんありました。


でも。
それはしたくない出来事でした。

もう
この世には居ない人と
そこに繋がり
今を生きて在る人が居らっしゃる中で
裂けては通れないけれど
直球は投げられませんでした。


ただ。
自分の愚行と
そこに行き着いた理由だけは
書きたいと考えました。

伝わる人は
僅かで在ろうと
それを選びました。


今の私は
体調面では何よりも
不安と恐怖の中に居り
日々
いくつかある選択に悩みながら
自分の背負う現実と向き合い
悩み痛みうなだれ落ち込み

それでも
踏ん張って在れるのは

こうして支えて下さるう方々のおかげです。

ありがとうございます。




ムーさん。

いつもコメントありがとうございます。

まだメールのお返事出来てなくて
ごめんなさい。

すごくね。
すごく。
うれしかったです。
また連絡しますね。


まずは。
コメントのお返事。


ムーさんとはね。

なんか不思議に思う事と
こうなるようになってたんだろうなって
想う事と

両方を日々感じています。

今の私で
関わって繋がって頂けて
それがもうめっちゃうれしいです。


出会った頃は
お互いに
20代でしたね(笑)

時に簡潔になりながらも
必ず年賀状を送っていたりね。

神様は
陽とムーさんをずっと繋げて下さって居て。

今を与えて頂いています。


どんどんと
コメントしにくくなってるだろう
このブログに

変わらずコメント下さって

より深く
私と関わって下さって

ありがとうございます。

どうかこれからも一緒に
おばちゃんになって
おばあちゃんになって
意見ぶつけあって

共に向かって生きる
大事な女性で居て下さい。

お疲れ様です

数回に渡り書き続けて、陽ちゃんが何を伝えたいと思っておられたのか、わかったように思いました。自分が守る事を選べない人が、きっと沢山いらっしゃるのだと、思いました。そういう方々が、ご自身の価値を感じて幸せに生きて欲しいですね。
これだけの記事を書く事は、とても大変だと思います。体調も悪い状態が続く中で、ろくろの故障事情も大変だと思います。返信は何日後でも、陽ちゃんが無理をしないで時間が出きた時にして下さいね!

うん

そうしよう

明日でもいいことは明日に(*^^*)


本当に、みんな違う人生と思います。


ただ…
今でよかった♪


陽ちゃんに出会えた
自己紹介。

月下陽香

Author:月下陽香
「月下陽香(げっかようこう)」の
ステージネームで
オリジナル楽曲を発信しながら

創作陶芸作家としても活動中。


このブログには
私がかつて
「摂食障害」・「自傷癖」と
共存して居た頃の出来事を綴った記事も
多く置いて居ます。


私にご興味を感じて頂ける
御訪問者さまや

初めてお立ち寄り下さった方は

まずこちらをご覧頂けると
このブログが見やすくなるかと
思って居ります。

【このブログ「癒え待ちよすが」について。】 ←クリック


リンクから
月下陽香のYouTubeなども
ご覧頂けます。


よろしくお願い致します。

カテゴリ。
Twitter。
最新記事。
カレンダー。
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
きんぎょ。
QRこーど。
QRコード
月別アーカイブ。
検索。
リンク。
カウンター。
お便りはこちらから❤

名前:
メール:
件名:
本文:

ランキング参加中。
にほんブログ村参加中。
「このブログに投票」ボタンから
ぽちっといただけるとうれしぃです♡