❝ 月下陽香からのおしらせ ❞

  ♪:*:.:*:♪ ・らいぶ情報・ ♪:*:.:*:♪

     ❤ 2018年2月3日(土)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-(選べる1ドリンク&1フード付き)
17:00 オープン  18:00 スタート
★月下陽香イキザマ晒し劇場【 千秋楽 】・(活動休止前イベント)
出演:月下陽香 / えんちゃん / HATTREAT

     ❤ 2017年2月11日(土・祝)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 
「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-(選べる1ドリンク&1フード付き)
18:00 オープン  19:00 スタート
★月下陽香&井上タイキ・HAT TREAT ツーマンライブ!!



  ♪:*:.:*:♪ ・CD情報・ ♪:*:.:*:♪

  ◆ ファーストシングル ・ 花いばら ◆
            2曲入り ¥500-
            2014.5.24 発売
花いばら

  ◆ セカンドアルバム ・ 生きてるからね。 ◆
            6曲+1曲入り ¥1000-
            2011.8.21 発売

いきてるからね。

※ こちらからもお買い求め頂けます。
  「お便りはこちら❤」から お名前とご連絡先をお知らせ下さい。

残酷な行き先へ。(卒業後後半・16)




日曜日からの熱が
まだ下がらない。


高熱ではないが
37.5度位がずーっと続いてて
集中力が長く続かない。


通院治療頑張ってるんだけどね。

まだ
喉の腫れが治まらなくて
顎の腫れはそれ以上に酷くて
鈍い痛みが24時間あって。


何してても痛いから
なんでも少しづつになってしまう。

何をするのも時間が掛かる。


歯磨きするだけでも
いつも以上の時間が要る。


鏡見るとうんざりするよ。

顎も喉も
見てわかるくらい腫れてて
輪郭が変わってしまってて

目も浮腫んで険しいから。
人と会うのが嫌になる。


いつもの自分の顔じゃないから

見られたくないのもあるし

苦痛を誤魔化せない状況を
人に見せる事は

すごく嫌な事だから。



5月のライブの準備も始めてゆきたくて

腫れと熱が
もう少し治まるのを
毎日願って待ってる。












2013年から

月下陽香が
ステージの上で必ず口にして真ん中に掲げてきた

「摂食障害」

「リストカット」

「自傷」。


私にとって「摂食障害」と「自傷」は
人生のほとんどを埋め尽くすものである。

これらと共に生きた20年間と
向き合って生きる事を始めたこの10年間を経て。


摂食障害や自傷の始まりであった
小学生の頃から現在の私に至る足跡を

2013年7月7日以来
記事として書き続けて居る。


綴ってきた記事は
「かてごり。」に時代別に分けてあります。


【「1・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(小学生の私)】
   ※4つの記事があります。

【「2・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(中学生の私)】
   ※7つの記事があります。

【「3・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(高校生の私)】
   ※12の記事があります。

【「4・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(大学生の私)】
   ※17の記事があります。

【「5・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代前半の私)】
   ※61の記事があります。

【「6・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代後半の私)】
   ※現在執筆中。



過程を綴る記事は
20代後半の私を書いて居る途中。

【「居場所なき自傷癖。」(2014.3.9)】



前回までは
この続きから反れて寄り道をした。

【「心は息切れても。」(2014.3.11)】

【「死にたい程辛いのに。」(2014.3.12)】



今日は過程の続きを書いておこう。





何かおかしいと感じながらも
採用した女の子は

過食嘔吐をせずには居られない
摂食障害者だった。


彼女がそうする理由はわからない。

摂食障害や自傷に行き着いてしまう人達には
それぞれに
原因や理由や痛みがあると思うけど

人はそれぞれに考えや感じ方が違うから

その真実は
きっと本人にしかわからない。



彼女の1日の勤務期間は4時間ほど。

その
4時間も
過食嘔吐から離れられない彼女に

時給を支払って店に居て貰う事は出来ない。


私は彼女と話し
彼女は店を辞めた。
2週間程の短い時間だった。


彼女が辞めて正直ほっとした。

自分の店で雇うと言う事は
勤務中のホステスに私は責任が在る。

彼女を背負える自信が私にはなかった。

自分も摂食障害者であるからこそ
わかる気持ちは在る。
リアルに想像も出来る。
辛いだろうととても思う。


でも

自分もそうだから知ってる。


摂食障害に一度捕まれば
そこから逃げ出す事が
どんなに難しいか

何よりも知ってる。


オーナーとして
彼女を背負えるとはとても思えなかった。

ならば。

もしあの時に

私がオーナーではなく
ひとりの摂食障害者として
彼女と知り合っていたなら

どうしただろうか。



きっと
関わりを持とうとは思わなかった。


彼女がどうこうよりも

自分の摂食障害や自傷が
周りの人達にばれてしまう事が怖かった。




彼女が店を辞めて
しばらくが過ぎたある夜

新規の客がやってきた。

私よりも少し年上の男。
ちょっと取っ付きにくい やんちゃな雰囲気だった。


仕事でしばらくこの土地に居るらしく

初めての土地の
飲み屋街を探索していたらし い。


たまたま通り掛かったにしても
この店はビルの6階。

特別派手な看板でもない。

いや。
むしろ看板はとっても地味だった。


若いホステスがうじゃうじゃ居るキャバクラで もない事は一目瞭然。

よく
ひとりでふらっと
この店に来たなぁと思った。


話せば気さくな人だった。

音楽の話になると
好きなアーティストが同じだったりして
話は弾んだ。

もう廃盤で手に入らない
私が探してたCDを見付けてきてくれたり

週に2、3度
夕食を兼ねて立ち寄ってくれるようになった。



この頃は

この関わりが迎える結末を

欠片も想像出来なかった。


続きはまた。










テレビで奈良のお水取りのニュースを見た。


お水取りと聞くといつも思い出す。



ホステスをしてた頃
帰りにタクシーを使う時は
いつも決まった人の車を呼んでいた。


それまでは適当に拾って乗っていたが

ある時に乗った個人タクシーで

自宅マンション前で降りようと
運賃を支払う際に

突然
運転手が前の座席から身を乗り出し
手を伸ばし
私の足に触れ

「舐めさせてくれ」

と言いだし

降ろして貰えな くなった事があった。


変に怒らせて
発車されたらたまらない。

自宅 は目の前。

強引に降りて追い掛けられても怖い。

人ひとり歩いてもおらず
辺りは静まり返った深夜。


私は
やさしい言葉を選んで
極力笑顔で
身を反らし断りながら
必死で降りようとした。

何とかドアを開けて降りる際
運転手が私の手を掴み何か握らせた。


必死で降りたら
車はすごいスピードで走り去り

手に
支払おうと渡した札がそのまま握らされていた。

以来
私は決まった人に頼むようになった。


いつもその人の携帯に
直接電話をして来て貰う。

運転中なら少しくらいは待ってるし

長くかかるようなら
その人の知り合いを回して貰って帰っていた。


その運転手はおじいちゃんで。

いろんな話をしたけれど。


この頃になるといつも言っていた。

奈良のお水取りが終わったら
ようやく春が来るんだって。


今年もニュースを見ながら思った。

春がくるんだなって。




今日の大阪は雨降り。

早く
熱と腫れが治まるように
願ってがんばろう。


ぽんちゃん
眠ってるよぉ。


★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*


このぶろぐ。

『 癒え待ちよすが -イエマチヨスガ- 』は

「日本ブログ村」の
  ランキングに
     参加しています。

下のバナーをクリック頂けると
カウントされます。


どうか
ぽちっと

応援をお願い致します。

♪(。・ω・)人(。・ω・。)人(・ω・。)♪



にほんブログ村

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*



関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

自己紹介。

月下陽香

Author:月下陽香
「月下陽香(げっかようこう)」の
ステージネームで
オリジナル楽曲を発信しながら

創作陶芸作家としても活動中。


このブログには
私がかつて
「摂食障害」・「自傷癖」と
共存して居た頃の出来事を綴った記事も
多く置いて居ます。


私にご興味を感じて頂ける
御訪問者さまや

初めてお立ち寄り下さった方は

まずこちらをご覧頂けると
このブログが見やすくなるかと
思って居ります。

【このブログ「癒え待ちよすが」について。】 ←クリック


リンクから
月下陽香のYouTubeなども
ご覧頂けます。


よろしくお願い致します。

カテゴリ。
Twitter。
最新記事。
カレンダー。
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
きんぎょ。
QRこーど。
QRコード
月別アーカイブ。
検索。
リンク。
カウンター。
お便りはこちらから❤

名前:
メール:
件名:
本文:

ランキング参加中。
にほんブログ村参加中。
「このブログに投票」ボタンから
ぽちっといただけるとうれしぃです♡