❝ 月下陽香からのおしらせ ❞

  ♪:*:.:*:♪ ・らいぶ情報・ ♪:*:.:*:♪

     ❤ 2018年2月3日(土)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-(選べる1ドリンク&1フード付き)
17:00 オープン  18:00 スタート
★月下陽香イキザマ晒し劇場【 千秋楽 】・(活動休止前イベント)
出演:月下陽香 / えんちゃん / HATTREAT

     ❤ 2017年2月11日(土・祝)
大阪市中央区・なんば駅すぐ  LIVE Space 
「 音(オン) 」
※ 料金¥1000-(選べる1ドリンク&1フード付き)
18:00 オープン  19:00 スタート
★月下陽香&井上タイキ・HAT TREAT ツーマンライブ!!



  ♪:*:.:*:♪ ・CD情報・ ♪:*:.:*:♪

  ◆ ファーストシングル ・ 花いばら ◆
            2曲入り ¥500-
            2014.5.24 発売
花いばら

  ◆ セカンドアルバム ・ 生きてるからね。 ◆
            6曲+1曲入り ¥1000-
            2011.8.21 発売

いきてるからね。

※ こちらからもお買い求め頂けます。
  「お便りはこちら❤」から お名前とご連絡先をお知らせ下さい。

居場所なき自傷癖。(卒業後後半・15)




昨日は早朝から慌ただしかった。


海の見える場所まで
行かなくてはいけなかった。


移動は車だから
体への負担は軽減されるけど

かなり不調のまま出掛けるのは
とても大変だった。


熱は下がっていたけれど

酷い浮腫みと
顎・目・頭の痛みは

薬を飲んでも治まらず。


行きの車中では気分が悪くなり

途中からは口もきけなかった。



到着してからはただただ気合い。

笑って動く為に
目一杯踏ん張るだけね。



久し振りにお会いする人達との
僅かな時間。

私はそこではいつもあまり喋らない。


ものすごく聞いて

ものすごく見てるけど

あまり話さない。


出来るだけ後ろの方で
静かにして居たい。



帰り道は外を眺めて座って居られた。

青い青い海。
空は晴れたり曇ったり。



お留守番させるのが
とても心配で辛かったけど

ぽんちゃんは
ごはんしっかり食べて
待っててくれました。

うん。かわいい。

良い子。



もう
体力は欠片の余裕も残って居らず

パソコンを立ち上げる事もせず
眠って。


目覚めれば強烈なだるさと熱。


今日は
体の苦痛と共に
少しづつ息をしてるような感じやね。











2013年から

月下陽香が
ステージの上で必ず口にして真ん中に掲げてきた

「摂食障害」

「リストカット」

「自傷」。

私にとって「摂食障害」と「自傷」は
人生のほとんどを埋め尽くすものである。


これらと共に生きた20年間と
向き合って生きる事を始めたこの10年間を経て。


摂食障害や自傷の始まりであった
小学生の頃から現在の私に至る足跡を

2013年7月7日以来
記事として書き続けて居る。


綴ってきた記事は
「かてごり。」に時代別に分けてあります。


【「1・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(小学生の私)】
   ※4つの記事があります。

【「2・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(中学生の私)】
   ※7つの記事があります。

【「3・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(高校生の私)】
   ※12の記事があります。

【「4・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(大学生の私)】
   ※17の記事があります。

【「5・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代前半の私)】
   ※61の記事があります。

【「6・自傷と共に生きてきた過程の始まりから。」(20代後半の私)】
   ※現在執筆中。



前回は寄り道した記事を書いた。

【「自責が呼び寄せた不安。」(2014.3.7)】



過程を綴る記事
20代後半の私を書いて居る途中。

【「不足の逃避に狂い堕ちて。」(2014.3.6)】

ここまでを書き終えたところだ。





続きを書くね。




ほんの数ヶ月だった。

取り憑かれたように溺れた。

明らかにイカレタひと時だった。



もし

あの時間が続いて居たならば

私の精神は
完全に壊れ切って

再起不能に陥って居ただろうと思う。


そんな数ヶ月だった。



男と別れてからしばらくは

心の片隅に
穴が空いたような感覚が
消えなかっ た。


思い出してしまう。

ふたりで過ごした夜。



私は
そんなに彼を愛していたのかと
自分に問う。


違う。
そうじゃなかった。

彼を愛してた訳ではなくて。



彼の体と
そこに逃げ込める非現実的な刺激が

たまらなく愛おしく

麻薬のように
溺れ浸かり在れただけでしかな い。


わかっているのに

孤独が増したように思えた。




そんな時
一人の女の子が店に面接に来た。


19歳。
可愛らしい顔をした小柄な子。

でもどこかおかしい。

普通じゃないな・・。
そんな気がした。

すぐに辞めるような気がした。


でも
店の空気を変えるにはいいかなと思った。

週に2日ほど
試しに来て貰う事にした。



実際に一緒に働いてみると
何がおかしいのかすぐにわかった。


客と普通に会話も出来る。

ふわっとした不思議な柔らかさもあり
客受けが悪い訳でもない。


でも彼女の心はいつもそこに無い。


ものすごく食べる。

フードの売り上げを上げてくれるのはうれしいが
食べ方に異常を感じる。


他の女の子や客が
気付いているようには思わなかったが

私にはわかる。


私が摂食障害者だから。

わかる。




例えば。

客から差し入れを頂く事がある。

寿司やらケーキやら
客からのお土産ね。

「ママに」とか
「後でみんなで食べてね」とかね。



物によっては
その場で開けて客と共に頂く。

そういう時の彼女は
接客も忘れて食らい付く。


そうでない物や
その後来店が続くと

置いておき
後で頂いたりする事になる。


接客中は
目の前の客の相手をするのが
当然だけれど

彼女はそれが出来ない。


先程まで着いていた席で
私が客から渡された
土産が気になって仕方ない。


今は違う席で
接客中にも関わらず

「さっきの○○が食べたい」

と言い出す。



食べる事への執着が余りにも異常。

そして

食べた後は必ずトイレにいく。


彼女の後に入ると
必ず嘔吐の匂いがする。

間違いなく過食嘔吐だ。




どうすべきか悩んだ。


摂食障害者として
考える想いも在れば

オーナーとして
考える想いも在る。


今の私は
どちらを優先させるべきか
とても悩ん だ。


悩んだ結果

私は

自分が現役の摂食障害者で在るくせに

オーナーとしての決断をした。




彼女とふたりで話した。

過食嘔吐をするのは彼女の自由だ。

でも
彼女が過食嘔吐する時間にも
私は金を払っている。

勤務中だけはそれをしないで欲しい。

出来なければ辞めてもらうしかない。


彼女はその日で店を辞めた。




数時間の勤務中だけでも
それを我慢する事が
出来ないという答えと受け止めた。



摂食障害者が
自分の下で
ほんの一時でも働く事になるとは
思っていなかった。

こんなにもすぐ身近に
摂食障害者が居る現実を
初めて感じた。



そして。

摂食障害者が

摂食障害者のままで

社会で生きてゆく事が
とても難しい事を

摂食障害者の目線だけではなく

オーナーとしての目線からも
感じ知る事が出来 た。


それが出来た事で

自分も

社会に受け入れられないだろう事も
改めて感じてた。



続きはまた。











何週間。

考え続けてたんだろう・・。

やっと。
歌がひとつ生まれた。



歌詞の一部と
メロディが
まず出来上がったものの

そこからの続きや繋がりに

自分の心と
一致する言葉がなかなか見付からな くて

行ったり来たりしていた。


悩めば悩む程に

そこに込めたかったはずの
想いがブレ始めた。



一体何が言いたいの?

行き詰まりかけた時に本を頂いた。


本の中で
「かけらを探す僕」と出会い

自分の心の
奥を静かに見つめ直した。



振り出しに何度も戻り

毎日問うて

吹き出す言葉を全て書き出し

要らぬ物を削ぎ落しながら


同時進行でメロディが付いてきた。


やっと。
ひとつの楽曲となった。



次の練習で
ギタリストさんに聞いて貰って相談 しよう。

彼はこれを
どう捉えて
どんな音を提案してくれるだろう。


レコーディング準備に入る為にも

早く喉の腫れが治まるように

今日も出来るだけ無理をし過ぎぬように


ケアしながら明日に向かおう。


★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*


このぶろぐ。

『 癒え待ちよすが -イエマチヨスガ- 』は

「日本ブログ村」の
  ランキングに
     参加しています。

下のバナーをクリック頂けると
カウントされます。


どうか
ぽちっと

応援をお願い致します。

♪(。・ω・)人(。・ω・。)人(・ω・。)♪



にほんブログ村

★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*:★。、:*:。.:*:・’゜☆。.:*



関連記事
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

自己紹介。

月下陽香

Author:月下陽香
「月下陽香(げっかようこう)」の
ステージネームで
オリジナル楽曲を発信しながら

創作陶芸作家としても活動中。


このブログには
私がかつて
「摂食障害」・「自傷癖」と
共存して居た頃の出来事を綴った記事も
多く置いて居ます。


私にご興味を感じて頂ける
御訪問者さまや

初めてお立ち寄り下さった方は

まずこちらをご覧頂けると
このブログが見やすくなるかと
思って居ります。

【このブログ「癒え待ちよすが」について。】 ←クリック


リンクから
月下陽香のYouTubeなども
ご覧頂けます。


よろしくお願い致します。

カテゴリ。
Twitter。
最新記事。
カレンダー。
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
きんぎょ。
QRこーど。
QRコード
月別アーカイブ。
検索。
リンク。
カウンター。
お便りはこちらから❤

名前:
メール:
件名:
本文:

ランキング参加中。
にほんブログ村参加中。
「このブログに投票」ボタンから
ぽちっといただけるとうれしぃです♡